前回のブログ記事におきまして、モルトリーチェLLC住所表記変更の件についてお知らせしました。

その経緯について、もう少し詳しくご説明いたします。

モルトリーチェ化粧品は、環境薬理研究所において研究・開発され2003年春から販売を開始しております。

当初は、販売業務も環境薬理研究所において行なっておりました。

そして、2008年10月に環境薬理研究所の販売部門を独立させモルトリーチェLLCとして法人化しました。

これにより、モルトリーチェLLCがモルトリーチェ化粧品の販売業務やホームページの運営を行なうことになりました。

モルトリーチェLLCの登記住所は、私と妻の出身地の長崎です。



これは、個人的な事情によるものなのですが・・・

当時、長崎には私の両親と妻の母親が住んでおり、年寄りだけの暮らしで、いろいろと心配なことも多くなってきたため、モルトリーチェのビジネスを始めた頃には、妻と子供は既に長崎へ帰しておりました。

はじめの頃は、妻の母親が高齢だったこともあり、その介護というのが一番の問題だったのですが、そのうちに私の両親の方にもいろいろと衰えが目立つようになり、いよいよ妻一人では難しい状況になってしまいました。

また、私自身も数年間家族と離れて生活していると、家族のありがたさというものを強く感じるようになっていました。

そこで、私自身も長崎へ帰り、長崎でモルトリーチェ化粧品の販売業務を行ないながら、家族との生活、そして親の介護をしようと考え、モルトリーチェLLCを設立した次第です。



ただ、当初は、商品在庫や販売や事務手続きに必要な備品等が環境薬理研究所にあったこと、また、関西近辺にいらっしゃっる得意先(販売代理店)・取引先が多かったことから、モルトリーチェLLCの営業活動も環境薬理研究所の事務所を利用しながら行なっておりました。

しばらくは、長崎と大阪を行ったり来たりしながら、営業活動を行なっておりました。

そのため、モルトリーチェLLCの連絡先住所も大阪の住所(環境薬理研究所の住所)を表記しておりました。

しかし、ここ数年、親の介護が日増しに大変になり、出張もままならない状況になっています。

そこで、得意先(販売代理店)・取引先の皆様にもご理解をいただきながら、全ての業務を長崎で行なえるような体制にいたしました。

現在は、モルトリーチェの商品の販売に関わる全ての業務は、モルトリーチェLLC合同会社の登記住所である長崎を拠点として行なわれており、実態にあわせて皆様へご案内する会社住所を長崎に変更いたしました。



関連ブログ記事:モルトリーチェLLC住所表記変更について

関連ブログ記事:モルトリーチェ化粧品パッケージへの発売元表示の変更について