「自然化粧品=安全」・・・単純にそう信じていいのでしょうか?

例えば、化粧品によく使われる鉱物油という油は、ガソリンや灯油と同じように石油が原料だから肌に悪いと信じ込んでいる人がけっこう多いようです。

でも、現在化粧品に使われている鉱物油は、精製技術の進歩もあって、肌に対して害をおよぼすような成分は極力排除されています。

「鉱物油=危険」とは言い切れないように思います。

むしろ、鉱物油の方が、不純物や変質する成分が少ない分、原料としては安定しているという考え方もありますし、鉱物油をベースにする方が簡単で、安価に化粧品を造ることが可能です。



現在、自然原料を謳った化粧品が数多く発売されていますが、厳密に自然化粧品と言えるのは、全て自然原料のみで作った化粧品(アロエで造った自家製化粧水など・・・)ということになります。

実はこういった純粋な自然化粧品こそ意外にも危険なのです。

自然原料の中には、効能効果という面で非常に期待できるものがたくさん存在しますが、同時に、自然原料には酸化・変質する成分や肌に対する刺激成分も含まれています。

自然のままで使用すると、何らかのトラブルを起こす可能性は大です。

いわゆる「生もの」だからこそ心配な点があるのです。

例えば、私達の皮膚から分泌される「皮脂膜」は、天然のクリームとして肌を保護するたいへん大切なものです。

でも、洗顔しないで肌に放置すると、そのうち酸化・変質し、肌トラブルの原因ともなります。

また、柑橘類に含まれるある種の香料成分はベルロック皮膚炎という光アレルギーを起こすことがあるのも有名な話です。

天然そのものというのは有益性と同時に危険性も併せ持っているということです。

ですから、自然素材の原料を使用する場合に重要なのは、自然原料の中から不純物や酸化・変質しやすい成分や肌への刺激物となる成分を十分に取り除いて(精製に精製を重ね)、本当に肌にプラスとなる成分を取り出すことです。

自然原料の良い部分だけを利用して化粧品に活かすという、知識と技術いわゆるノウハウが必要になってくるわけです。

自然を標榜している化粧品こそ、よくよく吟味して選ばないといけないのかもしれません。



それでは、モルトリーチェは「鉱物油」による化粧品造りをしているのかというと、答えはNOです。

鉱物油の安全性云々は別として、鉱物油は本来肌には無い物質で、肌に対して自然で馴染みが良い原料とは考えられません。

肌本来の健康機能のサポートをテーマとするモルトリーチェにとって、鉱物油は相容れない素材ということになります。

肌に負担をかけずに日々のスキンケアを行うためには、肌に存在するものと同じか類似した成分を使うべきというのが、モルトリーチェの考え方なのです。

「人の皮脂膜に類似した化粧品造りには何が原料として適しているか?」

「肌の保湿機能を再現するには何が原料として適しているのか?」

「肌細胞の活性化をサポートするには何が原料として適しているのか?」

と考えていくと、自然界に存在するものが最も適切な原料であったということです。

もちろん、刺激の少ない安全性の高い自然原料を厳選しないといけませんし、変質や酸化するような成分も排除しないといけません。

決して、自然=安全というイメージ的発想からではなく、肌本来の健康機能を回復・維持させるために、最も適した原料として海と大地の恵み(植物成分や海洋成分)を用いた化粧品造りを行っているのがモルトリーチェです。



モルトリーチェのスキンケアについての考え方は、肌の機能に着目し、健康な肌であれば本来有している「肌の健康機能=自ら美しくなろうとする力」をサポートしたいというこことにあります。

モルトリーチェスキンケア化粧品の詳細については、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでご案内しておりますので、是非ご覧ください。

モルトリーチェ公式サイトトップ

モルトリーチェ化粧品の特長や商品設計等はこちら