無添加化粧品
⇒正確には旧表示指定成分無添加化粧品



無添加という言葉ってよく耳にしますね。

何らかの物質なり成分なりを添加していないということなのですが、化粧品に限って言えば、「無添加」という言葉自体が一人歩きしているような気がしてなりません。

無添加化粧品というと、何か悪い成分を添加していない(配合していない)化粧品としてイメージされている方が多いようですが・・・

通常、無添加化粧品とは、旧厚生省が指定した表示指定成分(化粧品に使用する場合は必ず表示しなければならない成分)といわれる102種類(香料含めると103種類)の成分を配合していない化粧品のことをいいます。

ですから、正確に言えば無添加化粧品とは「表示指定成分無添加化粧品」、もっと正確に言えば2001年から全成分表示制度がスタートしましたので「旧表示指定成分無添加化粧品」ということになります。


表示指定成分ってどういうこと?


これらの103種類の表示指定成分は、アレルギー等を引き起こす可能性がある成分として、何十年も前に当時の厚生省が表示の義務を求めたものです。

しかし、現在では様々な研究や技術が進み、化粧品に使用する成分は何千種類もあるといわれます。

103種類の表示指定成分の中には、強い毒性や発ガン性を持つ成分から、アレルギーが起こる可能性は低くアレルギーが起きたとしても軽い症状の成分まで様々です。

また、103種類の表示指定成分以外の成分にも有害とされる成分は多々あります。

ただし、仮にアレルギーを引き起こす可能性がこれら103種類の表示指定成分と同等あるいはそれ以上の成分を使用したとしても、当時の制度では成分表示義務は無いということになります。


例えばこんなことが・・・
「無添加=安全」というのは誤解



例えば、フェノキシエタノールという成分は、表示指成分であるバラペンと同じように防腐剤として化粧品に使われます。

ただ、このフェノキシエタノールは上記103種類の表示指定成分には含まれていなかったので、いわゆる無添加という化粧品の中には結構使用されています。

こういったこともありますので、無添加化粧品=安全と短絡的に考えてしまうことには少し違和感を感じます。

無添加ということばがよく使われるのは、化粧品会社側の思惑もあり、無添加といった方がイメージ的に良いし、販売する際の宣伝文句になるからだと思われます。

無添加化粧品の中にも、旧表示指定成分以外でありますが、アレルギーの可能性のある成分が使われるケースもありますし、防腐剤なども使われます。

無添加を標榜すること自体に、安全性において大きな意味合いがあるのかというと、少し違うのではないかと思ったりします。


現在の成分表示方法について


なお、このようなことをふまえ、2001年4月から薬事法が改正され、化粧品の配合成分を全成分表示することが義務付けられました。

全成分表示とは、化粧品に配合されるすべての成分の表示をすることです。

また、全成分の表示は、薬事法のルールに従い、基本的には配合量の多い順に並べなければなりません。

ただし、配合量が1%以下の成分は順不同、着色剤は最後にまとめて表示されます。

全成分を表示することにより、企業がその商品に責任を負うこととなり、企業の自己責任が明確化されます。

また、全成分の表示によって、お客様が商品を選択する際の指標や使用する際の参考として役立つことにもなります。

無添加化粧品についても、正しく言えば「改正前薬事法において表示を義務付けられていた103種類の成分を添加していない化粧品」ということになります。

つまり、冒頭とでも述べたように「旧表示指定成分無添加化粧品」ということになるわけです。



モルトリーチェスキンケア化粧品の詳細については、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでご案内しておりますので、是非ご覧ください。

モルトリーチェ公式サイトトップ

モルトリーチェ化粧品の特長や商品設計等はこちら