今回は皮膚の構造の中でも、私たちの肌健康を支えている角質層の重要な機能「バリア機能」「保水機能」について、少し詳しくお話します。

ちょっと長くなりますが、お付き合いください。

皮膚は、体の表面をおおっている器官で、外界にさらされながら私達のからだを様々な環境の変化から守ってくれています。その面積は約1.7平方メートルで、人体最大の器官でもあります。

皮膚は、体温調節、知覚、分泌・排泄、防御(バリア機能)、保護など、さまざまな役割を担っています。なかでもバリア機能と水分保持機能はたいへん重要な働きで、皮膚の健康維持に深く関っています。


「肌が美しい」「肌が荒れている」というのは
角質層の状態のことだった!



皮膚の構造は、外側から内側へ、上皮組織の表皮、結合組織の真皮、脂肪組織である皮下組織といった三つの組織から構成されています。

さらに、表皮は、外側から角質層、顆粒層、有棘層、基底層から構成されています。

私達が、「肌がつややか」とか「肌が荒れている」などと、美容上の「肌」の状態を言うとき、多くの場合、皮膚のいちばん外側の層である角質層のことを指しています。

また、皮膚を外部環境から守るということについても、角質層が最も重要ははたらきをしています。

角質層は、外部からの異物の侵入を防ぎ、水分の蒸発を防ぐとともに、内部の保湿成分の喪失を防止して、皮膚のみずみずしさを保っているのです。


肌状態を左右する角質層の重要なはたらき
バリア機能と保水機能



角質層は、厚さ0.02ミリほどの中に角質細胞が15層から20層にも重なり合ってできています。

角質細胞が、レンガのように並び、その細胞と細胞の間にセメント剤のように細胞間脂質やNMF物質が存在しています。

細胞間脂質は、角質細胞の間をつないでいる脂質のことで、皮膚内部の水分が外部に蒸散することを防いでいます。また、角質細胞と角質細胞を接着して、角質における層構造を支えています。

NMF成分は、角質層にある天然保湿因子です。その主成分はアミノ酸です。角質層で水分を含んで保持する重要なはたらきがあります。

角質層は、角質細胞・細胞間脂質・NMF成分などが薄く緊密に層状を形成し、外部からのウィルス、バクテリア、有害物質、その他異物の侵入を防いでいます。

健康的な皮膚状態というのは、角質層において角質細胞が緊密な層構造を形成しており、有害物質の侵入からも防御され、水分の蒸散も抑えられ、見た目にもしっとりと滑らかな肌となります。


新陳代謝で皮膚細胞は常に生まれ変わる


なお、角質細胞は、表皮の最下層(基底層)で生まれた細胞が徐々に押し上げられて、2週間ほどかけて角質層を構成する角質細胞となります。

さらに、これらの角質細胞は、2週間ほどすると、角質層の最下層から最上層へ押し上げられ、最終的にはアカやフケとして剥がれ落ちていきます。

このサイクルを皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)と言います。


角質層のバリア機能が傷つくと
肌乾燥・肌荒れ・くすみ・炎症など様々なトラブルが!



厚さ0.02ミリほどの角質層は、軽い物理的刺激でも傷つくことがあります。

例えば、かゆいからといって、皮膚表面をひっかいたりすると、角質層は傷つけられ、そこから微生物や有害物質が侵入することができるようになります。

また、クレンジングや洗顔による過度の摩擦、加齢による皮膚の老化、紫外線、寒冷、空気の乾燥、界面活性剤などの影響などにより、角質層が損傷を受けたり、細胞間脂質やNMF成分が不足すると、角質層におけるバリア機能・保水機能は低下します。

角質細胞は浮き上がって剥がれ、水分は失われ、皮膚は乾燥し、荒れた状態となってしまいます。


バリア機能の損傷は皮膚炎の原因に


さらに、角質層が損傷を受けると、角質層のバリア機能に続く第2の防御機能として、表皮の免疫細胞が異物の侵入に対し反応します。これが、炎症などの皮膚トラブルの原因となってしまいます。

アトピー性皮膚炎なども、角質層のバリア機能の低下あるいは損傷によって、外的刺激物が肌内部に侵入し、それに対して免疫細胞が反応することが原因のひとつでもあります。


角質層の機能低下と皮膚の新陳代謝


また、このように角質層のバリア機能が損傷を受けると、皮膚はそれを修復し有害物質の侵入に対処しようとします。その表皮基底層における細胞増殖が活発になり、生成された細胞は次々と上へ押し上げられ角質細胞となっていきます。

しかし、短期間で角質層へ押し上げられてしまった角質細胞は、即製の機能の劣る角質細胞であるため、角質層において十分ははたらきをすることができません。

古い角質細胞の自然剥離(フケやアカとして自然に剥がれ落ちること)にも支障をきたすようになり、角質細胞がいつまでも皮膚表面に残存し、皮膚表面は、カサカサとして、厚ぼったい状態となってしまいます。

このような角質層では、バリア機能・保水機能も低下していますので、様々な有害物質の侵入をさらに許すことになってしまいます。早めに対処しないと、まさに悪循環となって皮膚の状態をますます悪化させてしまいます。


バリア機能を傷つけないスキンケアを!


皮膚の健康を支えるバリア機能は、皮膚をこするなどの物理的刺激をはじめとして、界面活性剤などの化学物質、洗浄力の強い洗浄剤の使用、紫外線、大気の乾燥、温熱、寒冷、老化(加齢)など、様々な要因により損傷を受けたりその機能が低下したりします。

こういったバリア機能の損傷要因となるものを極力排除するとともに、角質層のバリア機能や水分保持機能を補うための日常のスキンケアも必要になってきます。


バリア機能保護の基本はクレンジング・洗顔


まず、クレンジングや洗顔など、皮膚の汚れを取り除く際に、洗浄力の強すぎるクレンジング剤や洗顔フォームを使わないことです。

また、クレンジングや洗顔の際、決して強くこすらないことです。皮膚に残存する必要のある角質細胞まで取り除き、角質層の機能を低下させてしまいます。

さらに、洗浄力の強い洗顔剤には、界面活性剤が使用されていることがありますが、界面活性剤には角質層の細胞間脂質を変性させバリア機能を低下させる作用もありますから要注意です。

特に、オイルクレンジングなどは油性の汚れが落ちやすい反面、界面活性剤が配合されていますので、使用については慎重に考えた方が良さそうです。


バリア機能のサポート
角質層の機能を支える三大物質を補給



次に、角質層のバリア機能と水分保持機能を補うために、水分、保湿成分、油分などを必要に応じて与えることも必要となってきます。

角質層ではバリア機能と水分保持機能は相関関係にあり、バリア機能が低下したときは水分保持機能も低下しており、水分保持機能が低下したときはバリア機能も低下しています。

角質層の水分保持機能を支えているのは、「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF成分」です。

「皮脂膜」は、皮脂と汗から構成されるもので、皮膚表面からの水分の蒸散を防ぎます。主成分は脂肪酸、スクワラン、ロウ類などです。

「細胞間脂質」は、角質細胞と角質細胞の間に存在し細胞の層構造を形成させるとともに、水分の角質層からの喪失を防いでいます。主成分はセラミドで代表される脂質です。

「NMF成分」は、細胞間脂質の間に存在し、水分を保持する能力が非常に高く、角質層に十分な水分を抱え込む役割を果たします。その主成分はアミノ酸です。

これらの成分は、年齢とともに減少していきますし、その他様々な要因により不足状態となってしまいます。皮膚の健康という面からも、見た目の肌の美しさという点からも、化粧品によってこれらの成分を補うことはたいへん重要なことです。

モルトリーチェの化粧水、乳液、美容液、クリームなどは、「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF成分」といった角質層のバリア機能や保水機能を支える物質を化粧品によって補うということを基本的発想としています。

そのため、モルトリーチェ化粧品の配合成分は、これらの物質と同じ成分や類似した成分、あるいはこれらの物質と機能や目的が同じ成分を自然界に求め採用しています。


皮膚細胞の再生をサポートするマッサージ


皮膚細胞は表皮の最下層である基底層で生まれ、一定の周期(約2週間)で角質層へ押し上げられていき、さらに2週間ほどでこれらの細胞(角質細胞)は剥がれ落ちていきます。こういった一連の流れを「皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)」と言います。

しかし、こういった新陳代謝のリズムが、寒冷・加齢・紫外線・体調の影響などにより乱れると、機能が劣る即製の角質細胞が角質層へ送り込まれたり、本来は剥がれ落ちるはずの古い角質細胞が残存したりして、角質層のバリア機能や保湿機能は低下します。

こうなると、肌はシットリ感やなめらかさを失い、硬くなったり、厚ぼったくなったり、くすんで見えたりします。

新陳代謝が正常に機能することは、健康的な角質層、そして美しい肌を保つために、たいへん重要なことです。

マッサージは、皮膚の血行を良くし、新陳代謝をサポートするために、毎日行うことをお勧めします。

モルトリーチェのクレンジングクリームはクレンジングとマッサージの両方に使用できます。

また、オリーブスクワランなどの植物油脂により優しくマッサージができます。

さらに、各種の保湿成分や細胞活性化成分を配合しており、皮膚の新陳代謝をサポートします。


滑らかで透明感のある肌へ!
マルチフルーツ酸で角質ケア



マルチフルーツ酸は、コケモモ(ビルベリー)、オレンジ、レモン、サトウキビ、サトウカエデの5種類の果実・植物から得られた混合果実酸です。

その成分は乳酸、グリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸といったアルファヒドロキシ酸で構成されます。

アルファヒドロキシ酸は、老化した細胞の結合を弱めることで皮膚表面から早めに脱落させるとともに、その下から皮膚細胞の再生を促します。

特にグリコール酸は皮膚の角質溶解・柔軟作用を有します。

また、クエン酸はコラーゲンの合成を促進し、酒石酸・リンゴ酸は皮膚の弾力性を増すといった作用があると言われます。

これら数種のアルファヒドロキシ酸を組み合わせる事によって、肌環境を整え正常な新陳代謝をサポートします。

モルトリーチェでは、角質層を健全に保ち、滑らかで透明感のある肌に導くために、化粧水および美容液にマルチフルーツ酸を配合しています。 



モルトリーチェ化粧品は、海と大地の恵みを活かし、肌本来の機能(保湿・バリア・再生機能)をサポートします。

商品特長や商品設計については、ホームページで詳しくご案内していますので、是非ご覧ください。

モルトリーチェ化粧品についての詳細はこちら

モルトリーチェスキンケア化粧品