シワにも2種類〜表皮のシワと真皮のシワ


皮膚は3つの層から成り立っています。肌表面から順に、表皮、真皮、皮下組織です。

表皮は約0.2ミリ、真皮でも2ミリほどという薄さです。表皮はさらに、4つの層(外側から角質層・顆粒層・有棘層・基底層)に分かれています。

皮下組織は脂肪の層ですので、肌表面の美容と健康という観点からは表皮と真皮の状態が重要です。

シワの出現には個人差もありますし、原因も様々ですが、大きく分けると、表皮および角質層の機能低下によって発生するものと、真皮の機能低下によって発生するものと、2種類あります。

それぞれ、シワが現れる原因は違いますし、その防止方法や対策も違ったりします。


表皮のシワが現れる原因は


皮膚の表面は「皮溝(ひこう)」と呼ばれる細かい溝があり、その溝で囲まれたように「皮丘(ひきゅう)」があります。

そして、皮溝と皮丘によりできた「皮紋」という模様があります。

10代のうちは、この皮紋が細かく均一なので、シワというものはありません。

20代になったくらいから、この皮紋は粗くなりはじめ、そのうち皮溝の深さが不均一になり、これにある方向性が出てくると、肉眼で見えるシワというものになります。

こういったシワができる最大の原因は、表皮の最上層つまり「角質層」の水分不足にあります。

加齢・紫外線・低温度・低湿度などにより、角質層の水分保持機能が低下すると、皮膚はかさつき、肌荒れを起こします。

そうなると、皮膚表面は収縮し、皮溝と皮丘の幅が広がり、皮紋が不規則な網目状となってしまいます。

そして、これが、シワとなって現れます。


表皮のシワ対策


こういったシワは、角質層の水分保持機能を正常にすることによって対処できます。

角質層の水分不足は、“藥號讚■裡唯董陛形格歇尚子)細胞間脂質といった潤いを守る3要素が何らかの原因により不足したために起こります。

ですから、こういった潤いを守る3要素を化粧品によって補充することでシワに対処することができます。

皮脂膜の主成分は、脂肪酸・スクワレン・ロウ類などです。NMFの主成分は10数類種のアミノ酸やPCA-Naなどです。

細胞間脂質の主成分はスフィンゴ脂質・セラミド・コレステロール・脂肪酸などです。

化粧品によって、これらを補うとともに、さらに保湿機能の高い成分を与えることで、角質層の水分保持力をサポートし、皮膚に潤いを取り戻すことができます。

化粧水で水分をたっぷり補給し、美容液などで水分を保持し、さらに水分が蒸散しないように乳液やクリームなどでカバーしてください。

また、角質層の保湿機能を損傷しないように、正しい洗顔を行なうことや、マッサージによって皮膚をケアすることも大切です。

そうすると、皮溝や皮丘が正常な網目状に整ってシワの解消につながります。

さらに、紫外線は、皮脂膜・細胞間脂質・NMF成分のはたらきを弱め、肌の保湿機能やバリア機能を低下させますので、紫外線対策もしっかり行なう必要があります。


真皮の構造とシワの原因は


真皮は、繊維芽細胞からつくられたコラーゲン繊維と、コラーゲン繊維を束ねるエラスチン繊維などから構成され、その繊維成分の間にヒアルロン酸などの高保湿成分が存在し、皮膚の弾力性を保持するスポンジ構造を形成しています。

真皮のシワといわれるものは、老化や紫外線の影響でコラーゲンやエラスチンからなる皮膚の弾力構造が崩れたり、これらの成分を作り出す細胞(繊維芽細胞)の活力が衰えたりすることによって、皮膚が弛緩し出来るシワです。

この真皮のシワは、コラーゲンやヒアルロン酸を外から塗布しても、皮膚組織が修復され、シワが解消するということはありません。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は分子量としては巨大な物質ですから、そう簡単に皮膚の中に浸透するというものではないからです。

ただし、水分を保持する能力が非常に高いので、皮膚表面に塗布した場合、角質層に水分を補給し表皮層の乾燥を防ぐという点では大いに効果を発揮します。


真皮のシワ対策


むしろ、真皮層のシワを予防するためには、コラーゲン繊維・エラスチン繊維・ヒアルロン酸などの生産細胞である繊維芽細胞の活力を適正に保つことが重要です。

細胞が元気であるためには、バランスの良い食生活や規則正しい生活を続け、身体そのものが健康である必要があります。

また、紫外線のうちUVAと波長の長いUVBは表皮を通り抜け真皮の層構造にまで損傷を与えますので、紫外線対策は必須です。

化粧品による対策にしても、繊維芽細胞の活力を高めることにより、コラーゲン繊維などの生成促進を期待して、いわゆる細胞活性サポート成分のようなものが化粧品には配合されたりしています。

細胞の活性をサポートすると言われる成分は、例えば、ある種のビタミンC誘導体、ペプチドや各種アミノ酸、各種ミネラル成分、各種植物エキス、さらにはある種のバイオ成分などいろいろあります。

しかしながら、それらの成分についても、肌内部(真皮層)まで浸透しその機能を発揮するかというと、実際のところ大きな期待はできないかもしれません。

むしろ、血行を促進し肌細胞の維持に必要な栄養分が十分に供給されるように、適度なマッサージを続けることが現実的な対策と思われます。

また、肌表面の保湿対策をしっかり行なうことで角質層を健やかに保つことが、表皮の新陳代謝をスムーズにして、真皮層の状態にも良い影響を与えることになります。

表皮細胞の新陳代謝と比べ、真皮細胞の新陳代謝はそのサイクルが長く、数年を要するといわれます。ですから、真皮のシワを出来てしまってから修復するというのは、非常に難しいと言えます。

日頃から、規則正しいスキンケアを行なうとともに、紫外線やその他の肌健康を害するものを避け、真皮の状態を健やかに保つことが最も重要です。



モルトリーチェ公式サイト内の以下のページでは、シワの原因と対策についてさらに詳しくご案内しています。是非ご覧ください。

シワの原因と対策 スキンケアで行うしわ対策