私達のカラダに欠かせないアミノ酸ですが、お肌を健やかに保つためにもたいへん重要な成分です。

今回は、美容成分としてのアミノ酸の美肌効果についてお話したいと思います。


そもそもアミノ酸とは・・・?


アミノ酸は数十億年前、原始の宇宙で発生したと言われています。

また、アミノ酸は太古の時代から地球に存在し、原始の生命体からヒトに至るまで、あらゆる生命の源とも言われています。

自然界では約500種類ものアミノ酸が発見されているようですが、私たちのカラダについては、そのうち20種類のアミノ酸が複雑に組み合わされて、10万種類もの様々なたんぱく質をつくっています。

例えば、筋肉、消化管、内臓、血中のヘモグロビン、毛髪、皮膚のコラーゲン・・・といったたんぱく質を構成している成分がアミノ酸です。

私たちが肉や魚や穀物などの食物から「たんぱく質」を摂ると、20種類のアミノ酸に分解され、私たちのカラダの中で、再び必要に応じて様々なたんぱく質に組み換えられます。

また、アミノ酸は生分解されやすいため環境を破壊する事がありません。むしろ微生物の栄養源となりますので、環境保護という観点からも重要な成分です。

まさにアミノ酸こそが究極の自然の恵みであり、体にも環境にも優しい成分であると言えます。


角質層の保湿機能・バリア機能を支えるアミノ酸


皮膚は、皮膚表面から順に「表皮」「真皮」「皮下脂肪」から成り、表皮の最外層を「角質層」といいます。

私たちが直接手で触れることの出来るのが角質層という部分で、肌が滑らかであるとか、乾燥してカサカサしていると感じるのはこの角質層の状態を表しています。


角質層の構造


角質層は、活動を停止した細胞が20層ほど重なり、その細胞と細胞の間にNMFなどの保湿成分や細胞間脂質が存在します。

角質層をレンガブロックに例えると、ちょうどレンガブロック(細胞間脂質)を20段ほど交互に積み上げ、そのレンガとレンガの間をNMFなどの保湿成分や細胞間脂質が、まるでセメントでレンガブロックを固定するかのように埋まっています。


角質層の保湿機能


角質層の層構造が正常な状態は、これらのレンガが整然と並んだ状態です。

この状態では、角質層の水分が十分に保たれ、肌表面は潤いがあり滑らかです。

逆に、所々でレンガがめくれ上がった状態は、角質層の層構造が乱れた状態です。

この場合、そこに隙間が出来るわけですから、角質層の水分は蒸散し、肌表面から潤いが失われ、肌乾燥・肌荒れなどが生じます。


角質層のバリア機能


また、本来角質層には肌に対する異物の進入を防ぐバリア機能があるのですが、角質層の構造が崩れると、その隙間から肌への刺激物が進入して、様々な皮膚トラブルを発生させてしまいます。


角質層の天然保湿因子NMFとアミノ酸


若々しく健康的な肌を保つためには、角質層の層構造を整え、その水分量を保持する事が必要です。

特に重要なのは角質層中に存在するNMFが、細胞間脂質と共に、水分保持に重要な役割を占めているという事実です。

NMFは、天然保湿因子(Natural Moisturizing Facto)のことで、その主成分こそがアミノ酸とその仲間であるPCA(ピロリドンカルボン酸)です。

これは、表皮の細胞が新陳代謝(ターンオーバー)の過程で死んで角質層になるときに、細胞内のたんぱく質が分解してアミノ酸として角質層中に放出されるためです。

加齢・乾燥・紫外線などにより、肌機能が低下すると、各種アミノ酸で構成されるNMFが不足しがちとなります。

これは、肌機能低下に伴い新陳代謝も乱れ、角質層へのアミノ酸供給が十分にされないことも関係しています。

結果的に、アミノ酸不足は角質層の水分保持力やバリア機能を低下させますので、肌の老化現象や何らかの肌トラブルを発生させてしまいます。


コラーゲンだってアミノ酸からできている



肌の弾力性を支える真皮の構造


表皮の下にある真皮は、皮膚の柔らかさや弾力性を保つために重要なコラーゲンやエラスチンといった線維成分や、真皮層において水分保持機能を有するヒアルロン酸やムコ多糖類などによって構成されています。

そして、これらの成分は、「線維芽細胞」によってつくり出されます。

様々な原因により、真皮の「線維芽細胞」の活動が鈍化すると、コラーゲン、エラスチンといった線維成分が不足するとともに、線維構造が変成し緩んだ状態となります。

そうなると、肌からハリや弾力性が失われ、目尻や眉間にシワが刻まれ始め、まぶた・あご・首などにはタルミが現れます。


アミノ酸とコラーゲン


こういったことから、コラーゲンを美容成分として配合した化粧品も多くありますが、実はコラーゲンやエラスチンも様々なアミノ酸が組み合わされてできています。

ちなみに、コラーゲンは分子量が大きく、肌表面での水分保持についてはたいへん有用ですが、肌内部への浸透という点はほとんど期待できません。

しかし、アミノ酸の場合、その分子量はコラーゲンの三千分の一ほどですから、肌内部にスムーズに浸透しその美容効果を発揮することが期待できます。

さらに、アミノ酸の美容効果としては、保湿機能に加え、最近では、真皮の繊維芽細胞の活性化しコラーゲン生成にプラスに作用する効果も報告されています。


アミノ酸を美肌に活かすモルトリーチェ化粧品


このように見てくると、アミノ酸はカラダを構成するための栄養素として重要なだけでなく、若々しく美しいお肌を保つためにも欠かせない成分と言えます。

特に、老化現象が現れたり、紫外線や乾燥などでダメージを受けた肌の状態は、水分とともにアミノ酸が極端に減少しています。

モルトリーチェでは、様々な原因により不足しがちなアミノ酸を補うために、肌にとって特に有益な10種類のアミノ酸をバランス良く配合しています。

また、洗浄剤もアミノ酸系洗浄剤を使用し、角質層の保湿機能やバリア機能が守られるよう配慮した化粧品造りを行っています。



モルトリーチェ化粧品の詳細については、以下のモルトリーチェ公式サイト内ページをご覧ください。

モルトリーチェ化粧品の商品特長・商品設計その他