寒い日が続いています。

寒さや空気の乾燥は、肌のコンディションを低下させ、肌老化の進行や肌トラブルの発生につながります。

冬の肌状態や美肌対策については、このブログでも何度か書いてきましたし、モルトリーチェの公式サイトでもご説明しています。

詳細については以下のモルトリーチェ公式サイト内のページをご覧いただきたいと思いますが、ここでは冬の美肌対策について、ポイントとなる部分だけご案内したいと思います。

冬の肌状態とお手入れについて
(詳しくはこちらをご覧ください)


冬の肌はお手入れを欲しています!


冬の肌はどのような状態にあるのかというと・・・

まず、寒さにより、毛細血管が収縮し血行が悪くなると、肌細胞の活性に悪影響を与えてしまいます。

また、冬は、汗(水分)や油分(皮脂)の分泌量が夏に比べ大幅に減少します。

皮脂膜とよばれる天然のクリームが減少し、肌の保護機能が低下、肌の水分も失われやすくなります。

さらに、外気の乾燥が肌の水分の蒸散を加速させます。

寒さをしのぐための暖房も肌に対してマイナスです。

暖房による空気の乾燥は肌の水分をまたたく間に奪いますし、室内と室外の極端な温度差は肌に大きな負担をかけてしまいます。

肌はカサカサに乾燥し、肌に老化の兆しが表れやすい、そして肌荒れなど様々なトラブルが発生しやすい状態になります。

それに、冬場、特に年末年始は様々な行事やイベントが続き、暴飲暴食や睡眠不足など不規則な生活により体調をくずしたり、肌のお手入れがおろそかになったりしがちです。

まさに冬は肌がお手入れを欲している時季であり、日々のスキンケアに特に注意を払う必要があると言えます。


冬肌対策のポイントは「肌乾燥防止」と「肌細胞の活性化」


このような冬の肌状態にあって、若々しく健康的な肌を保つためには、「乾燥から肌を守ること」と「肌細胞の活性化」が大きなポイントだと言えます。

肌の乾燥は、「シワ」「たるみ」「肌荒れ」の直接的な原因となります。

さらに、肌の乾燥は、肌の機能低下にもつながりますから、「バリア機能低下によるトラブル」「ターンオーバーの鈍化」「シミやクスミさらには皮膚の硬化現象」も同時に進行していると考えた方が良いと思われます。

また、冬の肌は血行が悪くなり、肌細胞に十分に栄養分が供給されず、肌機能が低下しがちです。

血液(毛細血管)の流れを良くし、肌細胞の活性化や再生(ターンオーバー)がスムーズに行われるような環境作りが必要です。


規則正しいお手入れ(特にマッサージ)を行いましょう


冬の肌は血行が悪くなり、皮膚機能の働きが鈍化していきます。

シワ・たるみ・くすみといった老化現象が表れないよう、日々のお手入れを規則正しく行う必要があります。

マッサージによって血液(毛細血管)の流れを良くしましょう。

また、肌細胞の活性化や再生(ターンオーバー)がスムーズに行われる環境作りとして角質ケアも心がけましょう。

特に、冬場はマッサージをおすすめします。

マッサージの最大の効果は、血行をよくして新陳代謝(ターンオーバー)をサポートすることです。

寒さによる毛細血管の収縮、外気と暖房の温度差による肌の生理機能が低下などには、有効なお手入れ方法です。


乾燥を防ぐために正しい洗顔を行いましょう


スキンケアの基本は、洗顔により肌を清潔に保つことです。

しかし、洗顔の方法を誤ると、肌に過剰な刺激を与えたり、肌の潤いを奪ってしまったり・・・かえって肌トラブルの原因となることもあります。

肌の保湿対策というと、化粧水・美容液・クリームなど、肌に塗布するお手入れを連想しがちですが、その前に日々の洗顔にも注意が必要です。

実は、誤った洗顔方法によって、肌本来の保湿機能を損傷し、肌乾燥の大きな原因となっていることも多いのです。

誤った洗顔方法を続けると、肌に過剰な刺激を与え、肌の潤いを奪うだけでなく、角質層の保湿機能・バリア機能そのものを低下させ、肌の老化現象や肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

肌への刺激が少なく、なおかつ肌の付着物をきれいに取り除くことができる洗浄剤を選ぶ必要がありますし、肌の保湿機能やバリア機能を低下させないように、決して強く擦らずに、やさしくやさしく洗顔を行なうことが大切です。


入念な保湿対策を心がけましょう


冬の肌は水分が著しく減少し、かさかさの乾燥状態になりがちです。

肌に十分な水分が保持されてないと、肌乾燥から「シワ」「肌荒れ」「たるみ」などの肌老化につながります。

また、肌の水分保持力が低下しているということは、肌機能そのものが低下しているわけですから、「バリア機能低下によるトラブル」「ターンオーバーの鈍化」「シミやクスミさらには皮膚の硬化現象」も同時に進行しているケースが多々あります。

肌を乾燥から守るためには、「水分補給」「油分塗布」「水分保持」の3ステップで保湿対策を心がけましょう。


水分補給


洗顔後は皮脂や肌の潤い成分が不足しています。

肌は無防備な状態で、肌に残る水分が失われやすい状態にあります。

洗顔後はすぐに化粧水などでたっぷりと水分と保湿成分を補給しましょう。


油分塗布


油分を含んだ化粧品(乳液やクリームなど)は、皮脂に代わり、肌を保護するとともに潤いのベールを作り、水分の蒸散を防ぎます。

冬場は、ほとんどの方が皮脂の分泌が不足しますので、乳液やクリームなどは是非ご使用いただきたいと思います。


水分保持


保湿成分入りの化粧品(美容液など)を利用し、肌の水分を保持し、乾燥から肌を守るよう保湿対策を行うことも大切です。

化粧水のみの使用に対して、保水目的の美容液を併用した場合の肌の水分量維持率は大きく高まります。


適正な新陳代謝


肌の乾燥を防ぐためには、適正な新陳代謝(ターンオーバー)が行なわれ、肌の保湿機能が健全に保たれることも必要です。

肌細胞の活性化を促し新陳代謝がスムーズに行われるよう、細胞賦活成分が配合された化粧品や角質層のケアを目的とした化粧品使用することもおすすめします。


冬の美肌対策にメイクアップも重要


冬場は、紫外線の量は春・夏よりは減少していますが、それでもそれなりの紫外線は降り注いでいます。

まずは、紫外線の悪影響から肌を守るために、冬であっても戸外でのメイクアップは必要です。

また、メイクアップにおける下地クリーム、ファンデーション、フェイスパウダーなどに含まれる油分は、冷たい空気から肌をなるべく遮断し、寒さから皮膚を保護するはたらきもあるのです。

冬の寒さから肌を守るためにも、戸外に出るときはファンデーションなどのメイクアップを行うようおすすめします。



冬の肌状態や美肌対策については、モルトリーチェの公式サイトの以下のページにおいて、さらに詳しくご説明していますので、是非ご覧ください。

冬の肌状態とお手入れについて
(詳しくはこちらをご覧ください)