今回は、モルトリーチェ化粧品、特にスキンケア化粧品の特長についてお話します。

モルトリーチェ化粧品は、「肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートするスキンケア化粧品として、環境薬理研究所によって研究開発され、2003年6月より販売を開始しています。

「しわ・しみ・くすみ・肌荒れ・たるみ・・・」といった肌の老化現象やトラブルは、様々な要因により肌に本来備わっている健康維持機能(例えば保湿機能やバリア機能など)が低下したことが原因です。

私たちは、この肌に本来備わっている健康維持機能を「肌が自ら美しくなろうとする力」と言っているのですが・・・

こういった「肌が自ら美しくなろうとする力」というのは、加齢・紫外線・乾燥・その他様々な要因により、そのはたらきが低下します。

モルトリーチェ化粧品は、いつまでも若々しく美しい素肌を保つために、海と大地の恵みを活かしながら、「肌が本来有している健康機能=肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートするように商品設計されています。


肌と地球環境に優しい化粧品
肌の健康機能に沿ったスキンケアを目指しました



モルトリーチェ化粧品は、「肌の健康機能」=「肌が自ら美しくなろうとする力」を維持することにより、若々しく美しい肌を蘇らせ維持することを目的としています。

肌に優しく、肌の健康機能に沿った化粧品造りを実現するために、石油系および動物由来の原料は排除し、植物および海由来の原料を主体とした安全性と地球環境に配慮した化粧品です。

モルトリーチェでは、肌本来の機能を引き出すとともに肌に自然で馴染みの良い化粧品造りに取り組んでいます。

そのため、肌に存在する成分と同じ成分や類似した成分、肌の健康機能の向上につながる成分を自然界に求め厳選して採用しています。

化粧品の構成成分は最終的には全て分解され、環境を汚染することはありません。

また、モルトリーチェのパッケージは再生紙を、能書にはケナフ紙を使用しており、環境問題の一助となるよう配慮しました。


モルトリーチェ化粧品の配合成分
肌と環境に優しい厳選素材を採用



肌に存在する成分と同じ成分あるいは類似した成分、肌の健康機能の向上につながる成分を、自然界に求め使用しています。

オリーブスクワラン、ホホバ由など、全て植物由来油脂成分を使用しています。

石油系の原料や界面活性剤・動物由来原料は排除しています。

化粧品の構成成分は全て最終的に分解され、環境を汚染しません。

化粧品製造にはアルカリイオン水を使用し、過剰な活性酸素によるトラブルに配慮しています。

香りによるプラスの効果を活用しながら安全性にも配慮。合成香料は排除し、物由来の芳香油(精油)を使用しています。


肌機能に沿ったモルトリーチェの美肌サポート


皮膚は、表面から順に、表皮、真皮、皮下組織と、三つの層から成り立っていますが、それぞれの層において、肌を健やかに保とうとする機能(肌が自ら美しくなろうとする力)があります。

ただ、皮下組織は脂肪の層であり、皮膚表面の美容と健康という観点からすれば表皮と真皮の状態が重要です。

表皮はさらに、4つの層(基底層・有棘層・顆粒層・角質層)に分かれています。

表皮は約0.2ミリ、真皮でも2ミリ、表皮の最上層の角質層にいたっては、0.02ミリという薄さです。

通常、基礎化粧品によってケアするのは表皮の部分までで、かなり浸透性の高い成分を使用したとしても真皮層までと言われています。

モルトリーチェ化粧品は、健康な肌であれば本来有している「自ら美しくなろうとする力」を様々な面からサポートするという観点から、表皮〜真皮にいたる各層の機能に着目して、その機能に沿った商品設計がされています。


皮脂成分に限りなく近い化粧品ベース


皮膚表面には、皮脂膜は皮脂や汗によって構成された天然のクリームが存在し、乾燥や外界の刺激から肌を守ってくれています。

年齢とともに皮脂の分泌が減少すると、肌は乾燥しやすくなります。

モルトリーチェでは、肌に優しく自然な化粧品であるべきという考えのもと、皮脂成分に限りなく近い化粧品を目指しました。

その結果、化粧品ベースは「オリーブスクワラン」「ホホバ油」など、全て植物由来の油脂成分によって構成されています。


角質層の保湿機能・バリア機能をサポート


皮膚の最上層の角質層には、NMFといわれる天然保湿成分や細胞間脂質というセラミドで代表される脂質が存在し、肌の保湿機能やバリア機能が保たれます。

老化によるNMFや細胞間脂質が減少すると、角質層の層構造は乱れ、皮膚は乾燥し滑らかさを失います。また、様々なトラブルが生じやすくなります。

モルトリーチェでは、安全性が高い「植物性セラミド」やNMF構成成分に沿った「10種類のアミノ酸」を配合。

さらに「シーモイスト(紅藻から抽出)」「マリンコラーゲン」といった海由来の高保湿成分を配合し、角質層の保湿機能やバリア機能をサポートします。


透明感のある若々しい肌へ導きます


基底層で生まれた細胞は皮膚表面に押し上げられ角質層にとどまった後、はがれていきます。

このターンオーバーが乱れると、古い角質がいつまでも残り(角化不全)、肌は潤いや透明感が失われます。

モルトリーチェ化粧品では、ターンオーバーが適正に行なわれるよう肌環境を整えるために、角質除去作用のある天然の「アルファヒドロキシ酸(マルチフルーツ酸)」やバイオ酵母成分「バイオダインTRF」、海由来ミネラル成分「オリゴフィココライユ」などを配合しています。


肌の弾力性を保ち、タルミ・シワを防止


真皮層には、「繊維芽細胞」によって生成されたコラーゲン・エラスチンといった線維成分やヒアルロン酸などの保湿成分が存在し、肌の張りや柔軟性を保っています。

老化により、これらが変性・減少すると、肌は弾力性と水分を失います。

モルトリーチェでは、細胞活力成分を多く含んだバイオ酵母成分「バイオダインTRF」や、ミネラル成分をたっぷりの海藻エキス「オリゴフィココライユ」などを配合しています。

表皮層を健全に保つことにより、真皮「繊維芽細胞」の活性にも良い影響を与え、肌の弾力性と潤いが保たれるよう配慮しました。


肌健康のために27種の植物エキスを活用


健康な肌を維持するために、モルトリーチェ化粧品では19種類の植物エキス、5種類のフルーツ酸、3種類の植物精油など、合計で「27種の植物エキス」を活用しています。

それぞれの植物の特性に合わせた作用はもちろんのこと、その相乗効果も期待しての配合です。


三種類の植物精油によるアロマテラピー効果導入


最近は安全な成分や刺激のある香料成分が明確になってきました。

せっかくの香りの効果を無にするよりは、安全性の高い植物精油を利用し、心身のリフレッシュ効果を求めるのも化粧品の重要な役目であると私たちは考えます。

モルトリーチェでは、ラベンダーオイル、ローズマリーオイル、レモンセントティーツリーオイルといった3種類の植物由来の精油を極微量配合しています。



モルトリーチェスキンケア化粧品の詳細については、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでご案内しておりますので、是非ご覧ください。

モルトリーチェ公式サイトトップ

モルトリーチェ化粧品の特長や商品設計等はこちら

モルトリーチェの取扱い商品のご案内はこちら