前回のブログ記事で、インナードライ(肌内側の水分不足)についてお話させていただきました。

そして、インナードライを防ぐためには、皮膚最上層である角質層の機能を健全に保つようにサポートすることが必要です。

そのキーポイントは角質層の水分量で、健全な角質層であれば、15%〜20%の水分保有率があるわけですが、冬の乾燥した空気に肌をさらしたり、夏に冷房のきいた部屋にいたりすると、水分はどんどん失われていきますし、通常の環境でもわずかずつですが常に水分は蒸散していきます。

ただ、健康的な皮膚状態が持続していれば、表皮の下の真皮から水分の補給を受け、角質層においてその水分を保持するなどして、こういった水分不足に対処する機能があります。

また、基礎化粧品の役目もこういった機能をサポートすることにあります。

特に角質層そのものの水分保持機能は皮膚健康のためにたいへん重要です。

この角質層の水分維持機能を支えているのが、以前にもお話した潤いを守る3要素「皮脂膜」「NMF(天然保湿成分)」「細胞間脂質」です。

「皮脂膜」は、皮脂腺から分泌された皮脂が天然のクリームとして肌の表面を覆い、膜となって水分の蒸散を防ぎます。

「NMF」は、角質層において水分をとらえて逃がさないはたらきを持っています。

「細胞間脂質」は、角質細胞と角質細胞をきちんとならべ、その間に水分をはさみこむことで、保水効果やバリア効果を高めます。

このように潤いを守る3要素が、角質層の水分保持のためにたいへん重要なはたらきをしているわけですが、今日はこの潤いを守る3要素について、もう少し詳しくお話したいと思います。


天然のクリーム=皮脂膜が水分の蒸散を防ぎます


皮脂膜は、皮脂腺から分泌された皮脂(油分)と汗腺から分泌された汗(水分)とで成り立っています。

皮脂腺から絶えず分泌されている皮脂は、常在する細菌類によって、脂肪酸やグリセリン、脂肪酸モノ・ジグリセリドなどの乳化剤に分離され、スクワレンやワックスエステルなどと混合し、汗で乳化されて、皮膚表面に広がっています。

油分と水分とが、ほどよく混じりあった状態で、油分を含みながら、水分をよく通し、しかも水分と結びつきやすい性質を持っています。

そのうえ、人間の体温に近い温度で融け、しっとりと広がるのです。まさに、天然のクリームと言えます。

皮脂膜は、NMFや細胞間脂質のはたらきにより蓄えられた水分が角質層から失われないよう、天然のクリームとして皮膚表面を覆い水分を蒸散させないようにしています。

また、皮脂膜には、皮膚表面からの水分の蒸散を防ぐだけでなく、皮膚に柔軟性や弾力性を与えるエモリエント効果、外部からの化学的有害物質や細菌類から皮膚を守る防御効果、熱を伝えにくいので、炎暑や極寒の気候から守ってくれる保護効果などがあります。


NMF(天然保湿成分)が水分を取り込んで離しません


NMFとは、ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクターの頭文字をとってこう呼ばれています。素直に訳せば天然保湿因子ということになります。

このNMFは、表皮の細胞が新陳代謝(ターンオーバー)の過程で死んで角質細胞になるときに、細胞内のたんぱく質が分解して放出されたアミノ酸を主体としています。

NMFは、とらえた水分を逃がさないというはたらきを持っています。

このはたらきを保湿機能と言います。

水分を取り入れるはたらき、つまり吸湿機能と同じように考えられがちですが、まったく別の性質です。

NMFは吸湿性もありますが、それよりも顕著なのはその保湿性で、一度とらえた水分をなかなか離しません。

肌アレした肌の状態を分析すると、健康な肌の状態と比べ、NMFの主成分であるアミノ酸やPCAの量が著しく減っていることが分かります。

潤いのある健全な肌状態を保つためにNMFが重要な役割を果たしていると言えます。


細胞間脂質は接着機能で水分をはさみこみ逃がしません


NMFの他に、うるおいを保つのに重要なものとして注目されているのが、細胞間脂質です。

その名の通り、角質の細胞と細胞の間に存在し、水分および水分をとらえたNMFをはさみこんで、水分を逃がさないようにしています。

細胞の間に水分をうまく閉じ込めることで、保水効果を高め、肌の潤いを保っています。

この細胞間脂質は、脂質といっても、表皮細胞のターンオーバーの過程のなかから生じるもので、皮脂腺から分泌される皮脂とは別のもので、セラミドを中心に遊離脂肪酸、コレステロールなどで構成されています。

角質の細胞と細胞の間に、水分をはさみこむことのほか、角質細胞の間を接着してきちんとならべ、角質細胞がバラバラになるのを防ぎ、正常な角質剥離以外に角質が剥がれ落ちないようにしています。

角質細胞、水分、細胞間脂質が規則正しく並び層構造を形成することで、保水機能はもとより、刺激物や異物の侵入を防ぐバリア機能を維持します。

また、見た目にもなめらかな皮膚を保つのにも、この細胞間脂質が重要なはたらきをしています。


不足しがちな潤いを守る3要素


「皮脂膜」「NMF」「細胞間脂質」といった潤いを守る3要素のそれぞれのはたらきについてお話してきましたが、残念なことに、これらの潤いを守る3要素は様々な原因により失われていきます。

そのため、角質層の水分は不足し、バリア機能も低下、その影響は新陳代謝(ターンオーバー)の乱れにまで及び、肌老化や肌トラブルを引き起こしてしまいます。


皮脂膜の不足について


皮脂膜の場合、皮膚健康のための重要成分であっても、皮膚表面に長時間存在するうちに酸化など変質してしまいますので、日々クレンジングや洗顔によって取り除く必要がありますし、マッサージやパックなどによっても取り除かれてしまいます。

このように、皮脂膜が取り除かれてしまうと、皮膚表面からの水分の蒸散を防止したり、皮膚を保護したりするはたらきも失われるわけですから、皮膚は無防備な状態になってしまいます。

また、乾燥肌の場合だったり、冬などに皮脂や汗の分泌が少なくなったりすると、皮脂膜の量が不足し、同じく皮膚の水分は奪われやすくなり、皮膚は乾燥します。

さらに、皮脂の分泌量は年齢を重ねるにつれ、どんどん減少していきます。この皮脂の分泌量の減少が、肌老化に直結しているという考え方もあるくらいです。


NMFの不足について


NMFは、クレンジングや洗顔による過度の摩擦によって失われていきます。

何しろ角質層そのものが、0.02ミリほどの厚さしかないわけですから、洗浄力の強すぎるクレンジング剤や洗顔剤、顔を擦るようなハードな洗顔方法などは避けないと、NMFはどんどん失われていきます。

また、加齢による皮膚の老化でターンオーバーが乱れたりすると、NMFを構成する成分の供給が少なくなり、NMFは不足します。

さらに、紫外線や寒さなどもNMFを不足させてしまう原因となります。


細胞間脂質の不足について


細胞間脂質は、タンパク質分解酵素などのはたらきが乱れて細胞間脂質の力が衰えると、角質細胞は浮かび上がって剥がれ、水分は奪われやすくなります。

細胞間脂質もターンオーバーの過程の中での産物ですので、加齢による皮膚の老化や、冬の血行悪化によるターンオーバーの鈍化は、そのまま細胞間脂質の不足につながっていきます。

また、NMFと同様に、ハードなクレンジングや洗顔によっても失われていきます。



このように、潤いを守る3要素は、加齢(老化)、クレンジングや洗顔、紫外線、寒冷などによって失われていきますし、様々なの皮膚への刺激や大気の乾燥などはこれに拍車をかけてしまいます。

ですから、肌老化を防ぐスキンケアというものも、不足しがちな潤いを守る3要素を補い、あるいは潤いを守る3要素のはたらきをサポートするという視点から考えないといけません。


潤いを守る3要素を補いサポートするモルトリーチェ化粧品


モルトリーチェ化粧品の目的は、健やかで美しい素肌を保つために、海と大地の恵みを活かしながら、「肌が本来有している健康機能=肌が自ら美しくなろうとする力」をあらゆる側面からサポートすることにあります。

角質層において潤いを守る3要素についても、その成分構成やはたらきに応じて、スキンケア化粧品として補いサポートするよう商品設計がなされています。


皮脂膜に限りなく近い化粧品を目指しました


天然のクリームとして、皮膚表面からの水分の蒸散を防ぎ、皮膚を保護する皮脂膜は、グリセライド42%・脂肪酸17%・スクワレン12%・ロウ類25%などにより構成されています。

モルトリーチェでは、「皮脂の不足を化粧品で補おう!」「化粧品は肌に対して自然で馴染みのよいものを!」という考えのもと、皮脂に限りなく近い化粧品を目指しました。

そして、皮脂の構成成分に類似の成分を自然界に求めた結果、モルトリーチェの化粧品ベースは、オリーブの実からとったスクワラン・ホホバの実からとったホホバ油・大豆やヤシの実由来の脂肪酸・パームヤシからとったパーム油等によって構成されています。

[皮脂の構成成分] ⇒ [モルトリーチェ化粧品ベース成分]

脂肪酸系物質(グリセライド・脂肪酸) ⇒ 大豆やヤシの実からとった脂肪酸やパームヤシからとったパーム油

スクワレン ⇒ オリーブの実からとったオリーブスクワラン

ロウ類その他 ⇒ ホホバの実からとったホホバ油(液体ロウ)


NMFのはたらきを補いサポートします


角質層において水分をとらえて離さないはたらきを持つNMFは、その主成分は各種のアミノ酸とピロリドンカルボン酸(PCA)で、その他は多糖類を含めた糖質成分です。

肌アレした肌状態では、各種アミノ酸の量が著しく減少しています。

モルトリーチェでは、NMFを構成するアミノ酸を中心に化粧品に配合することで、不足しがちなNMFのはたらきを補います。

NMFを構成する成分(アミノ酸その他)

・グリシン ・アラニン ・アルギニン ・セリン ・トレオニン ・リシン ・システイン ・ロイシン ・アスパラギン酸 ・バリン ・オルニチン ・シトルリン ・チロシン ・フェニルアラニン ・ヒスチジン ・PCA-Na ・糖類・尿素

モルトリーチェのアミノ酸

・グリシン ・プロリン ・アラニン ・グルタミン酸 ・アルギニン ・セリン ・トレオニン ・ベタイン ・リシン ・PCA―Na

また、NMFと同じように高い保湿機能を持つ成分、例えば海由来のマリンコラーゲン、紅藻抽出のシーモイストやオリゴフィココライユ、バイオダインTRF、各種植物エキスなどを配合し、角質層における水分保持機能をサポートしています。


細胞間脂質の減少を補います


細胞間脂質は角質の細胞と細胞をしっかりと接着しきちんと並べることで、水分をはさみこみ角質層の保湿機能を高めています。

また、角質層のバリア機能を高めるとともに、肌の滑らかさを維持し、キメを整えます。

細胞間脂質の主成分はセラミドですが、老化とともに減少します。

モルトリーチェでは安全が高く,変質の無い、且つ、保湿機能の高い植物性セラミドを配合し、細胞間脂質が減少することによって起こる保湿機能やバリア機能の低下を防ぐように配慮しています。


正常なターンオーバーをサポート


NMFや細胞間脂質が十分にあり、保湿機能やバリア機能が保たれている角質層の形成には、表皮のターンオーバーが正常に行なわれる必要があります。

ターンオーバーが乱れると、角質細胞としては機能不全の細胞が角質層に押し上げられていきますし、角質層においてNMFや細胞間脂質を正常に生み出すことができなくなります。

モルトリーチェでは、正常なターンオーバーをサポートするために、5種類のフルーツ酸、バイオダインTRF、各種植物エキスなど、表皮細胞の再生がスムーズに行なわれるよう配慮しています。



このように、モルトリーチェでは、化粧品の役目は「肌が本来有している健康機能=肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートすることだという考えのもと、肌に存在する成分と同じ成分あるいは類似した成分、肌の機能を補う成分を自然界に求め使用しています。

モルトリーチェ化粧品についての詳細はモルトリーチェ公式サイトをご覧ください。

 モルトリーチェ公式サイトはこちら