春になると、花粉症に悩む人が増えていますね。

花粉症と無縁だった人が、ある年から突然花粉症に悩まされることも少なくありません。

この時季になると、肌だってカユミやカブレなどのトラブルが発生しやすくなります。

花粉症と同様に、これまで肌トラブルと無縁だった人が(化粧品を変えたわけでもないのに)、何故か肌の調子が悪くなることだって多々あります。

このように、春の肌状態はとてもデリケートで、外界からの刺激に対して非常に敏感になっています。

これは、寒い冬から暖かい春へと季節が変わっていく中、体そのものが外部環境の変化に対応しようとするためです。

春になると、体の新陳代謝が活発になり、ホルモンの分泌も盛んになります。また、皮膚表面では、皮脂や汗の分泌も増えてきます。

こういう時期というのは、体調そのものが一種の緊張状態にあり、皮膚も含め体そのものが大変敏感になっています。

春になると、カブレや吹き出物などの皮膚トラブルが発生しやすいというのは、こういった体調の変化に関係しており、皮膚が外界からの異物に反応しやすくなっているためです。

それでは、どのようなメカニズムで肌トラブルが発生してしまうのか、そしてその肌トラブルを防ぐためにはどのような点を注意すればよいのか、お話していきたいと思います。


肌トラブル発生のメカニズム
健全な角質層が肌健康を支えます



本来、皮膚には、紫外線や汚れ、肌に害を与える異物などの外的刺激から、体を守るバリア機能があります。

特に皮膚の一番外側にあるわずか0.02ミリほどの厚さの角質層が皮膚のバリア機能を支えています。

角質層は、活動を停止した細胞が20層ほど重なり、その細胞と細胞の間にNMF成分などの保湿成分や細胞間脂質が存在します。

ちょうどレンガを20段ほど交互に積み上げ、そのレンガとレンガの間にNMFなどの保湿成分や細胞間脂質が、まるでセメントでレンガブロックを固定するかのように存在しています。

レンガが整然と並んだ状態では、肌表面は潤いがあり滑らかです。しかし、NMF成分や細胞間脂質が不足すると、所々でレンガがめくれ上がった状態となってしまいます。

角質層の層構造は崩れ、水分は失われ、バリア機能も低下します。肌は見た目にも、かさついた状態となり、滑らかさが失われます。

角質層の構造が崩れると、バリア機能は低下し、その隙間から刺激物質や異物が進入しやすくなります。

こういった刺激物質や異物が侵入してくると、皮膚(表皮)の免疫細胞は、カラダを守るために攻撃を始めます。



この攻撃が肌表面ではカブレや炎症などとなって現れます。

特に春先は体そのものがある種の緊張状態にありますから、普段以上にこういった現象が発生しやすくなります。

また、こういった刺激物質や異物の侵入に対応するために、表皮最下層の基底層では、どんどん新しい細胞をつくり角質層へ補おうとします。

そのため、普通はほぼ28日間で行なわれる新陳代謝(ターンオーバー)の周期が、急激に短くなってしまいます。

短期間で角質層へ押し上げられた細胞ですから、形も機能も不完全な角質細胞が角質層に並ぶことになってしまいます。

レンガブロックを積み上げたように角質細胞がきちんと並ぶはずの角質層の構造はますます乱れてしまいます。

このようになると、皮膚はますます乾燥し、角質層のバリア機能はさらに低下、さらに新陳代謝(ターンオーバー)が乱れ不完全な角質層を構成するという、悪循環に陥ってしまいます。

刺激物質や異物も侵入しやすい状態というのはそのままですから、慢性的な皮膚炎となってしまうこともあります。


肌トラブルを防ぐスキンケア
角質層を健全に保つ正しい洗顔



こうやって見てくると、春の肌トラブルを防ぐための最大ポイントは、「角質層を健全に保つ」ということになります。

そのためには、「肌に対する刺激を極力少なくすること」と、「角質層の水分を十分に保ちバリア機能を正常に保つようなスキンケア」を心がけないといけません。

特に重要なのは、日々の洗顔です。

まずは、洗顔によって、皮膚表面に付着した様々刺激物をきれいに取り除くことです。

刺激物というのは、汗や皮脂、空気中のチリ・ホコリ、雑菌、ある種のアレルギーを発生させる物質、排気ガス、メイクアップ料など、実に様々です。

こういった皮膚に付着する物質・成分を取り除き、皮膚に与える刺激を極力少なくすることが大切です。



ただ、注意しないといけないのは、洗顔によって皮膚に付着した刺激物を取り除くことは必要なのですが・・・

このときに、洗浄力が強すぎる洗顔料を使用したり、肌を強く擦るような洗顔を行なったりすると、逆に角質層を傷つけてしまいマイナス効果となってしまいます。

角質層が傷つくと、角質層の保湿構造やバリア機能が損傷を受けますので、刺激物や異物が侵入しやすくなります。

その結果、カブレなど肌トラブルが発生しやすくなってしまいますので、要注意です。



洗顔の際は、体温より若干低いぬるま湯を用い、低刺激の洗顔料で、決して擦らずに行なうことです。擦らないためには、よく泡立てて、泡で優しく汚れを落とすことです。

また、洗顔料が皮膚表面に残らないように、十分にすすぎを行なう必要があります。

洗顔の後は、化粧水で水分を補給するとともに肌を整え、そのあと美容液・乳液・クリームなど、それぞれの肌に合った保湿対策を行ないましょう。

保湿対策というと、化粧水・美容液・乳液・クリームなど、いわゆる与えるスキンケアについては誰もが高い関心を持っていますが、保湿対策の前提となるのは、肌本来の保湿機能を守ることです。

日々の正しい洗顔が、保湿対策としてはもちろんのこと、スキンケアそのものの基本とも言えます。



モルトリーチェのクレンジングや洗顔フォームは、肌の保湿機能・バリア機能を傷付けずに、優しく汚れを取り除くよう配慮されています!


モルトリーチェのクレンジングクリームのご紹介


・オリーブスクワランなど植物油性成分をベースに、洗浄成分も植物系ですので、肌に負担をかけることなく、クレンジングとマッサージの両方にお使いいただけます。

・ご使用後の肌の潤いを残すために、マリンコラーゲン、シーモイスト(紅藻エキス)など高保湿成分を配合。

・細胞活性化成分バイオダインTRF(酵母エキス)や各種植物エキスにより、肌細胞の再生をサポート。

モルトリーチェ公式サイト:クレンジングクリームご案内ページ


モルトリーチェのウォッシングフォームのご紹介


・豊潤な泡で肌を優しく包み込み、汚れをきれいに洗い流します。アミノ酸系・植物系の洗顔成分を使用しており、洗顔による肌表面の保湿機能を損傷しないように設計された洗顔フォームです。

・マリンコラーゲン、シーモイスト(紅藻エキス)など海由来の高保湿成分を配合し、洗顔後もしっとりと潤いが残ります。

・細胞活性化成分バイオダインTRF(酵母エキス)や各種植物エキスにより、肌細胞の再生をサポートします。

モルトリーチェ公式サイト:ウォッシングフォームご案内ページ