これまで、このブログにおいても、ホームページ上においても、クレンジングの重要性は何度か取り上げてきました。

クレンジングにしろ、洗顔にしろ、不要な肌の付着物を除去することは、スキンケアの基本中の基本、とても大切です。

クレンジングや洗顔をおろそかにしたことによって、肌トラブルが発生したり、肌老化が進行したりするということは実に多いです。

肌の付着物は、実に様々で、時間の経過とともに変質した汗や皮脂、空気中のチリやホコリ、雑菌、ある種のアレルギーを発生させる物質、排気ガス、メイクアップ料、古くなった角質などがあります。

これらは肌の上にそのまま放置しておくと、肌への刺激物となったり、肌機能に悪影響を与えたりしますので、取り去ってあげないといけません。



さて、このような肌の付着物の中で、クレンジングの場合は、主に油分を含んだもの、特に皮脂やメイクアップ料を取り去るために使用します。

皮脂やメイクアップ料は、簡単に言えば油汚れですから、水だけでは落ちにくいわけで、そのため、クレンジング剤はメイクアップ料などと馴染みの良い油脂成分や乳化剤などがベース成分となり、油汚れを溶解し取り込むようになっています。



クレンジング用の化粧品には、クレンジングクリーム、クレンジングローション、クレンジングミルク、クレンジングジェル、クレンジングオイルなどが様々なタイプがあります。

いずれも肌表面の油汚れを落とすために、基本的には油脂成分と乳化剤そして水分をベースにして造られており、それぞれのタイプやメーカーによって、使用する油脂成分や乳化剤、さらにはその配合比率、配合方法、製法が違っています。



一般的には、クレンジング効果の高いもの、つまり強い洗浄効果のあるものは、メイクアップなどの汚れを簡単に取り去ることことができますが、この場合、刺激が強いとされる乳化剤(界面活性剤)を使用していることが多いようです。

こういった洗浄効果の強いクレンジング剤は、簡単に汚れが取れるので、一日の疲れがたまった状態でのメイク落しにはたいへん便利です。

しかし、長期間使い続けると、使用されている界面活性剤の影響や、強い洗浄作用による肌の潤い成分の減少などで、慢性的な肌乾燥や肌荒れ、さらには何らかの肌トラブルまで発生してしまう可能性があります。



また、あまりにマイルドなクレンジング剤だと、本来の目的であるメイクアップなどの油汚れをきちんと落とすという点が心配です。

また、汚れをきちんと落とすためについつい肌を擦ってしまうとということもあったりして、逆に肌にとってマイナスとなってしまいます。



ですから、どんなクレンジング剤を使用するかというのは、たいへん重要な問題と言えます。

汚れはきちんと落とさないといけない、しかし、肌を傷付けてはいけない・・・という両方の要素を持つクレンジング剤が必要となってくるわけです。


モルトリーチェのクレンジングは・・・


そこで、登場するのが、肌乾燥・肌荒れを防ぐクレンジング剤として開発されたモルトリーチェクレンジングクリームです。

肌の保湿機能やバリア機能を損傷せずに、なおかつ汚れをきれいに落とすとということを実現しています。

クリームタイプのクレンジング剤なのですが、オイルinウォーター、つまり油分を水分で包んだ構造ですので、水との馴染みが良く、クレンジング後に水で洗い流すことができます。

油性成分が乳化剤によって、水や保湿成分の中に細かな粒となって乳化された状態です。

クレンジングしますと、肌の汚れがクリームの油性成分の中に溶け込んで、細かな粒の状態になり、それを水分が包みこんだ状態となりますので、簡単に水で洗い流すことができます。

ですから、肌を強く擦る必要がありませんので、刺激を加えずに汚れを落とすことができます。



また、油性成分として、オリーブスクワランを中心に全て植物由来油脂を使用しています。

肌に存在する成分を植物原料に求めた化粧品造りをしていますので、肌との馴染みがたいへん良く、肌への負担を極力抑えることができます。

乳化剤には、植物由来のアミノ酸系活性剤や大豆由来の脂肪酸・レシチン等を使用しており、石油系の界面活性剤は使用していません。

さらに、海由来の保湿成分、9種類の植物エキス、肌細胞活性化成分など美容液成分をふんだんに配合しています。

肌の汚れを優しくきれいに取り除きながら、若々しく健やかな肌を保つよう配慮されており、マッサージクリームとしてのご使用もおすすめしています。



肌乾燥や肌荒れに悩まされている人は、化粧水・乳液・美容液・クリームといった肌に与えるタイプの化粧品に、その解決を期待することが多いようですが、実はクレンジングが原因で肌の保湿機能やバリア機能が低下しているということも可能性としては高いと思います。

慢性的な乾燥肌、敏感でトラブルを起こしやすい肌の場合、一度クレンジング剤を見直してみることも必要かもしれません。



モルトリーチェ公式サイトの以下のページにて、モルトリーチェのクレンジングクリームの詳細についてご案内しています。

モルトリーチェクレンジングクリームご案内ページ