化粧品の安全性の問題となると、決まって俎上に載るのが、鉱物油、防腐剤、香料、そして界面活性剤です。

これまで、鉱物油、防腐剤、香料については、このブログでも取り上げたことがありますが、界面活性剤については以前のブログ記事「界面活性剤の入っていないシャンプーありますか?」で少しだけ触れたくらいで、あまり詳しいことは書いたことがなかったので、今回は界面活性剤をテーマにしたいと思います。

ただ、界面活性剤と一口に言っても、テーマとしてその範囲はあまりに広すぎますので、ここでは化粧品に使用する界面活性剤に絞って書いていきたいと思います。


誤解されている?界面活性剤


もう、ずいぶん前から、界面活性剤は、人にも環境にも有害なものとして考えられてきたわけですが、今回のブログを書くにあたって、改めてインッターネットで界面活性剤について検索してみると、今でも界面活性剤というのはたいへんな悪役としてとらえられているようです。

ただ、界面活性剤が危険物質だという情報については、界面活性剤をよく理解していない間違った考え方に基づいたものや、商品の宣伝のために界面活性剤の危険性を必要以上に煽っているものが多く見受けられます。

また、一般消費者の皆様に界面活性剤は危険だという誤解された情報が浸透しているために、あえて界面活性剤悪玉説に便乗してビジネス展開されているものなどもあったりします。

実際のところ、化粧品造りには、界面活性剤の使用は不可欠です。

界面活性剤がなければ、洗浄効果を与えることができませんし、乳液やクリームなど乳化物(エマルジョン)を造ることができません。

また、保湿成分など美容成分を化粧品ベースに溶かし込むことも難しくなってきます。

ですから、界面活性剤フリー(不使用)を謳っている商品や、界面活性剤悪玉説を主張する化粧品会社の商品でも、よくよく成分を見てみると、実際には界面活性剤なるものを使っていたりします。



確かに、界面活性剤の中には肌に対して危険なものもありますし、かなり以前にはそういった界面活性剤を使用した化粧品もあったようです。

しかし、現在では、化粧品に使用される界面活性剤については、肌への危険性が少ないものがほとんどのようです。

「界面活性剤=悪」と短絡的に考えてしまうと、本当に良い化粧品とも巡り合えなくなってしまいますし、その結果、肌を健やかに保つという本来の目的からもかけ離れてしまう可能性だってあります。

やみくもに界面活性剤を敬遠するのではなく、界面活性剤について正しく理解していただくことも必要ではないかと思います。


ひとくちに界面活性剤といってもたくさんの種類が!


界面活性剤、あるいは界面活性剤としての機能を持つものは、何千種類も存在するとされ、それぞれ、特徴や用途が違ったりします。

その中には、危険なものもあれば、安全なものもあります。皮膚や人体に対して、刺激の強いものもあれば、弱いものもあります。環境汚染につながるものもあれば、環境汚染の心配がないものもあります。

界面活性剤の素材自体も、天然由来のものから、天然系合成のもの、アミノ酸系合成のもの、石油系合成のものと様々です。

また、界面活性剤としての機能も様々です。界面活性剤としての機能が高くても刺激性が強ければ、安全性という面で問題がありますし、刺激性が弱くても界面活性剤としての機能が低かったら、高品質の製品はつくれません。

もちろん、どの界面活性剤を利用するかによって、製造コストも違ってきます。

化粧品メーカーは、こういった数多い界面活性剤の中から、その製品に適したもの、あるいは企業ポリシーに合致したものなどを取捨選択し、化粧品造りに使用しているわけです。



それでは、界面活性剤を使用することなく、化粧品はつくれないのでしょうか?

答えは基本的には「ノー」です。

界面活性剤を使用しないで化粧品をつくることは不可能ということはありませんが、製品として安定していて、使用感も良く、化粧品としての機能を高めるためには、やはり使わざるを得ないと考えます。

それは、界面活性剤には、汚れを落とす「洗浄」、水と油を混ぜ合わせる「乳化」、顔料(おしろい)などを均一に配合する「分散」、有効成分などを溶かし込む「可溶化」など、化粧品製造に不可欠なはたらきがあるからです。

問題は、数多くの界面活性剤の中からどの界面活性剤を選択して使用するかであって、界面活性剤そのものの使用を否定してしまうと、化粧品として品質の高いものはつくれません。

ですから、界面活性剤を使用していない化粧品というのは極めて稀です。


界面活性剤不使用といいながら実際には・・・


冒頭でも述べましたように、一部の界面活性剤フリー(不使用)というキャッチフレーズの化粧品にしても、よくよく調べてみると、実は合成界面活性剤を使用していないだけで、実際には界面活性剤が使用されているという化粧品が多くあります。

この合成界面活性剤フリー(不使用)というのも、実は怪しげな表現です。

このように記載している化粧品を調べてみると、確かに天然系の界面活性剤を使用していたりするわけですが、こういった天然系の界面活性剤と言われるものは、由来が植物など天然系ということであって、実際には人間が化学的に合成したものには間違いないですから、はっきり言って合成界面活性剤です。

例えば、天然系の界面活性剤と言われるもので代表的なものに、モルトリーチェでも使用しているステアリン酸グリセリルがあります。

これは無添加化粧品や合成界面活性剤フリー(天然界面活性剤使用)などと謳っている化粧品によく使用されたりしますが、グリセリンとステアリン酸(大豆など植物由来の脂肪酸)から化学的に合成されたものですから、由来は天然系かもしれませんが、実際には合成界面活性剤というべきです。

ですから、こういった場合は、合成界面活性剤フリー(不使用)と言うのではなく、「石油系合成界面活性剤フリー(不使用)」としないといけないと思います。

あるいは、せめて「天然系の合成界面活性剤を使用」などと言わなければいけないと思います。もちろん、グリセリンが植物由来の場合に限りますが・・・

また、上記の植物を由来とする天然系合成界面活性剤であっても、その中には作用が強く、その分皮膚刺激性も高いという界面活性剤も存在します。

一概に、天然系の界面活性剤だから安全というわけでもありません。



なお、純粋に天然成分から得られた界面活性剤もあります。例えば、レシチンやサポニンなどです。

ただ、これらは界面活性剤としての機能は弱く、化粧品に使用する場合は、他の界面活性剤と併用しないといけません。

また、非常に酸化しやすいため、レシチンなどは、酸化しないように水素を添加して安定化して使用することが多く、こうなると天然の界面活性剤ではなく、天然系の合成界面活性剤ということになってしまいます。

また、界面活性剤と対比して、安全なものと考えられている「石けん」にしても、脂肪酸ナトリウムあるいは脂肪酸カリウムのことであり、油(脂肪酸)と水酸化ナトリウムあるいは水酸化カリウムにより合成された合成界面活性剤のひとつです。

石けんは、人間がつくった最も古くて簡単な合成界面活性剤ということになるわけですが、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムといった劇物を使う以上、きちんとした製造工程をふまないと、完全に安全とは言い切れません。

化粧品を造る以上、何らかの界面活性剤の利用は避けては通れませんし、数多くの界面活性剤の中から、肌に優しく、機能が優れたもの、さらには環境に悪影響を与えないものを取捨選択し使用しないといけないわけです。


モルトリーチェで使用している界面活性剤は?


モルトリーチェでも、この界面活性剤については、開発段階でその使用に際していろいろと検討いたしました。

製品として安定した高品質な化粧品を造る以上、界面活性剤は必要です。

しかし、肌への刺激は極力抑えた安全性の高いものでないといけません。

また、モルトリーチェでは、その良し悪しは抜きににして、石油系の原料は使用せず、肌成分に類似した原料(あるいは肌に自然で馴染みの良い原料)を使用したいという基本的な考え方を持っており、そのために海と大地の恵みを活用した化粧品造りに取り組んでいます。

こういった中から、モルトリーチェが選んだ界面活性剤は、一般的には天然系の合成界面活性剤と言われたり、アミノ酸系合成界面活性剤と言われたりするものや、天然の界面活性剤とも呼べるレシチンなどです。

洗顔剤には石けん(ミリスチン酸石けん)を使用しています。

安全性にも配慮しながら、界面活性剤としてのはたらきを十分に持つものとして、大豆由来の脂肪酸系の合成界面活性剤が中心になっています。

また、環境問題への配慮からも、生分解性の良い(細菌などの微生物などにより簡単に分解される)界面活性剤を使用しています。

なお、モルトリーチェで使用している界面活性剤とその簡単な特徴は以下の通りです。

製品への使用用途として、界面活性剤的な機能や界面活性剤の補助を目的に配合されているもの(いずれも天然系由来成分)をご紹介しています。



ステアリン酸スクロース

スクロース(ショ糖)とステアリン酸(大豆由来の脂肪酸)の結合によりつくられた界面活性剤です。

乳化剤、分散剤として使用されています。

皮膚をなめらかにして肌のキメをととのえる効果や、皮膚柔軟効果があります。

食品添加物として乳製品に使用されたり、洗浄剤にも使用されたりします。



ステアリン酸グリセリル

グリセリンとステアリン酸(大豆由来の脂肪酸)の結合によりつくられ界面活性剤です。

乳化、分散、浸透作用に優れ、乳化の安定性を高める補助剤として使われます。

腐敗や酸化もされにくく、様々な化粧品、石けん、シャンプー、リンスなどに幅広く使われます。

安全性が高く、食品や医薬品にも使われ、無添加を標榜する化粧品にもよく使用されます。



ステアロイルグルタミン酸Na

アミノ酸の一種であるグルタミン酸と脂肪酸によりつくられた界面活性剤です。

洗浄力と起泡力があり、洗顔クリーム、石けん、シャンプーなどに使われます。

皮膚と同じ弱酸性で、皮膚や粘膜への刺激が弱いことから、敏感肌用の石けんやシャンプーなどにも使用されます。



ココイルアルギニンエチルPCA

アミノ酸の一種であるアルギニンと脂肪酸(ヤシ油由来)を結合し、ピロリドンカルボン酸塩としたものです。

界面活性剤として使用されるほか、抗菌性があるため天然の保存剤としても利用されます。



ココイルグリシンK

アミノ酸の一種であるグリシンとヤシ油由来の脂肪酸から得られる界面活性剤です。

低刺激の洗浄剤として無添加化粧品などによく使われます。クリーミーな泡をつくります。



コカミドDEA

ヤシ油由来脂肪酸とジエタノールアミン(DEA)により得られる界面活性剤です。

起泡性、泡の安定性、増粘性、洗浄性を高めるために、他の界面活性剤の補助として多く使用されます。



リゾレシチン

レシチンは、リン脂質ともいい、細胞膜を構成している大事な成分の一つで、天然の界面活性剤です。

化粧品原料としては、大豆から取れるダイズリン脂質が多く使われます。

保湿効果が高く、皮膚の柔軟効果があります。また、成分の肌への浸透性を高める効果に優れています。

ただ、レシチンの界面活性作用は、単独で使用できるほど強くなく、ほかの乳化剤などと組み合わせて使われます。

リゾレシチンは、レシチンを酵素により、アルキル鎖を一つ取り除いたもので、レシチンより親水性が増し、界面活性剤としての機能が強くなっています。

化粧水、乳液、クリーム、美容液、ファンデーション、メイクアップ化粧品、ヘアカラー、パーマネント剤などに使われています。食品添加物や、医薬品にも広く用いられています。



ミリスチン酸

ヤシ油やパーム油から得られる飽和脂肪酸でエモリエント効果や保湿効果がります。

このミリスチン酸を水酸化カリウムでケン化したものがミリスチン酸カリウム=石けん=界面活性剤です。

穏やかな洗浄作用で、泡立ちも良く、高級洗顔クリームに使用されます。



その他の界面活性剤

・ステアロイル乳酸Na ・ステアリン酸PEG-60グリセリル ・ステアリン酸ポリグリセリル−10 ・ジステアリン酸ポリグリセリル−10 ・ペンタステアリン酸ポリグリセリルー10

ステアロイル乳酸Naは、脂肪酸と乳酸との縮合物のナトリウム塩で、乳化剤として使用されます。

その他は、いずれも、グリセリンと、脂肪酸であるステアリン酸から作られる非イオン界面活性剤です。乳化剤、分散剤として使用されています。



さて、今回は界面活性剤についてご理解していただきたいということで、ここまで書いてきましたが、まだまだ説明不十分で、読者の皆様におかれましても消化不良というところではないでしょうか。

また近いうちに、続きを書きたいと思います。今しばらく、お待ちください。

⇒界面活性剤についてのブログ記事パート2はこちら
誤解が多い?化粧品の界面活性剤について【2】