化粧品選びの重要ポイント
その化粧品ベースに注目しよう!



化粧品は様々な原料・成分により造られているわけですが、一般的には、コラーゲン配合・・・とか、ヒアルロン酸配合・・・とか、製品のアピールポイントとして、美容成分の配合ばかりが取り上げられることが多いように思います。

しかし、化粧品というのは、そういった美容成分だけでは造れません。

化粧品は、大まかに言うと、化粧品ベースが70%〜90%を占め、そこに各種の美容成分、あるいは品質保持のための成分などが加わって製造されます。

これまで、ある種の美容成分の配合ばかりが注目され、化粧品の土台の部分と言えるベース成分についてはあまり関心がそそがれていなかったように思います。

例えば、「天然○○成分配合」などと銘打った化粧品が販売されたりしていますが、そういった化粧品のベース成分は果たして天然由来成分なのでしょうか?

もし、そうでなかったら、消費者には天然の成分でつくった化粧品という印象を与えながら、実は天然由来成分はほんの数パーセントだったということになります。(実際のところ、こういうことは多いのです!)

ですから、効き目のありそうな美容成分の配合も大切ですが、その前に化粧品ベースがどのような原料あるいは成分で構成されているのかということも化粧品選びにおいてはたいへん重要です。

肌への馴染みの良さや使用感などは、この化粧品ベースによって決まってきますし、肌の潤い保持、保護作用、さらには刺激性などについても、化粧品ベースによって変わってきます。


化粧品ベースの基本構成は、水と油と界面活性剤
でもその原料は各社・各商品で様々!



化粧品ベースは、基本的には、水と油そして界面活性剤によって構成されます。

化粧水であればそのほとんどは水分ということになりますし、乳液やクリームなどは、水分と油分、そしてそれを混ぜ合わせるための界面活性剤で構成されます。

そして、各メーカー、各化粧品によって、どのようなベース成分が使われているのかというのが大いに違うのです。

油分ひとつとっても、鉱物油(石油由来)系なのか天然由来の油脂成分なのか?

天然由来だとしても、どういう考えで、何から得られた油脂成分なのか?・・・というふうに各社・各商品様々です。

水については、一般的には通常の精製水を使用していることがほとんどのようですが、界面活性剤についても、どのような界面活性剤を使用しているかというのは各社・各商品様々です。

化粧品メーカーも、これまでベース成分については、あまり詳しく説明してこなかったような気がします。

しかし、化粧品ベースこそが、化粧品の品質を左右するたいへん重要な要素です。

もっと、化粧品ベース成分についての詳しい説明も必要なのではないかと思います。

モルトリーチェでは、この化粧品ベースについてたいへんなこだわりを持ちながら、化粧品づくりに取り組んでいます。

様々な保湿成分や美容成分などを配合したモルトリーチェ化粧品でありますが、最大の特長はその化粧品ベース成分にあると言っても過言でないかもしれません。


モルトリーチェの化粧品ベース
海と大地の恵み活用で肌に優しく馴染みの良い化粧品ベース



モルトリーチェ化粧品は、「肌が自ら美しくなろうとする力=肌本来の健康機能」の維持を目的としています。

そのためには、肌に負担をかけない、肌にとって自然で馴染みの良い、肌本来の機能(保湿・バリア・肌再生など・・・)をサポートする化粧品でなければなりません。

モルトリーチェの化粧品ベースは、こういった考えに基づき、肌類似成分を中心に構成され、その原料・素材は海と大地の恵みに求めています。やみくもに石油系の原料は危険だからと避けているのではありません。

むしろ現在の化粧品原料であれば、石油系の方が安全な化粧品を低コストで簡単に造れるのではないかとさえ考えています。

ただ、肌に自然なもの、あるいは肌成分に類似したもの、といった考え方から化粧品原料・素材を厳選していくと、天然由来の原料が最適であったということです。

それでは、モルトリーチェの化粧品ベースについて、それを構成する水分・油分・界面活性剤に分けながら、もう少し詳しくご説明しましょう。


モルトリーチェの化粧品ベース
化粧品造り使用している水はアルカリイオン水



モルトリーチェでは、化粧品に使用する水にもこだわりを持ちたく、有害と考えられる酸性物質を取り除いたアルカリイオン水を化粧品製造に使用しています。

アルルカリイオン水というのはアルカリ性のミネラル成分を多く含み還元作用があると言われます。

酸化作用が強く、体や肌に好ましくないとされる過酸化物や塩素イオン等を中和して無毒化してくれる作用が還元作用です。

普通の生活環境には人体にとって好ましくないイオンや過酸化物が多くあります。

例えば水道水の塩素イオン、排気ガスのチッソ酸化物、オゾン、酸性雨、体内で言えば脂が酸化した過酸化脂質、老廃物、ガン細胞も酸素過剰な状態といえます。

私達の肌の表面も環境の影響を受けて過酸化状態になりがちです。また、化粧品成分そのものも酸化の可能性は否定できません。

モルトリーチェでは、こういった酸化によるマイナス要素を少しでも緩和できればと考え、化粧品製造にはアルカリイオン水を使用しています。



なお、アルカリイオン水の使用について、簡単に手順を述べますと、通常の水は、塩素や硫酸痕などの酸性成分の含まれることがありますので、これらを取り除く処置をしたうえで、酸性成分や水素イオン(H+)を含む酸性の水と、水の構成成分であるOHイオン(−)を含む水に分けます。

酸性の水は廃棄し、アルカリイオン水のみを化粧品製造に使用します。このように、化粧品づくりにアルカリイオン水を使用する目的は、有害と考えられる酸性物質を取り除く事にあります。

ただ、この段階でアルカリ性といっても、酸性成分を除去した事によって必然的にOHイオンが優勢になったために弱いアルカリ性になったに過ぎません。つまり、極わずかの酸性素材(乳酸、リンゴ酸、グリコール酸等)の配合によって簡単に酸性に傾きます。

ですから、お客様に提供する製品化したモルトリーチェ化粧品のpHにつきましては、化粧水・乳液などは弱酸性となっております。


モルトリーチェの化粧品ベース
油性成分は皮脂成分に類似した植物由来原料を使用



モルトリーチェ化粧品で使用されている油性成分は、肌に優しく自然な化粧品であるべきという考えのもと、全て植物由来の油脂成分により構成されており、鉱物油(石油系の油)は一切使用されておりません。

これは、私たちの肌表面に存在する皮脂の構成成分に限りなく近い化粧品を目指したためです。

健康な肌の表面には、皮脂や汗によって構成された天然のクリーム「皮脂膜」が存在し、乾燥や外界の刺激から肌を守ってくれています。

しかし、加齢とともに皮脂の分泌が減少したり、洗顔などでこの天然のクリームが除かれたりすると、肌は乾燥しやすくなり、トラブルも発生しやすくなります。

皮脂の不足が肌老化の大きな原因のひとつなのです。

モルトリーチェでは、肌健康の重要成分である皮脂の不足を補うために、また、肌に優しく馴染みの良い化粧品であるために、皮脂成分に類似した成分を自然界に求め採用しました。

その結果、モルトリーチェの化粧品ベースは、オリーブスクワラン、ホホバ油、大豆脂肪酸 など植物由来の皮脂類似成分によって構成されています。

ただし、皮脂成分は肌を守ってくれる反面、時間の経過とともに、酸化・変質してしまいます。

モルトリーチェでは、精製に精製を重ね、皮脂の欠点とも言える酸化・変質の原因物質を取り除いています。



[皮脂の構成成分]

・脂肪酸系物質(グリセライド・脂肪酸)
・スクワレン
・ロウ類 その他



[モルトリーチェの油性成分]

・大豆やヤシの実からとった脂肪酸
・オリーブの実からとったオリーブスクワラン
・ホホバの実からとったホホバ油(液体ロウ)






オリーブスクワランについて


オリーブ油にはスクワレンが極微量含まれています。オリーブスクワランは、オリーブ油から抽出したスクワレンを、空気酸化を受けて変質しない様に水素を付加し、更に精製して得られる安定性の高い原料です。

スクワランは、肌にも存在する成分ですので、肌との馴染みがたいへん良い、あっさりしたオイルです。肌表面に薄い皮膜を形成して、水分の蒸発を防ぎ、肌を保護する働きがあります。

深海ザメから得られるスクワランも有名ですが、サメ肝油にはプリスタンという刺激成分が含まれており、オリーブ油には含まれません。モルトリーチェではより高い安全性を目指し、オリーブ由来のスクワランを使用しています。


ホホバ油について


米国南部やメキシコ北部に自生している潅木ホホバの実から得られる液体ロウ。液体であるのでオイル(油)という言葉が用いられます。ホホバの実は古くから、様々な薬効を持つ植物として、アメリカの先住民に重宝されてきました。

特に、乾燥した皮膚を和らげ、油分を補う一方、余分な汚れを取り除いてフケやニキビ、切り傷を治すために用いられました。肌成分にもロウ類は含まれており、肌に自然な化粧品造りにとって液体ロウは重要です。

モルトリーチェでは、動物以外から得られる植物由来の天然液体ロウとしてホホバ油を使用しています。刺激が少なく、酸化もしにくく、また肌へのなじみも良いことから、化粧品原料としては最良の液体ロウと言えます。


モルトリーチェの化粧品ベース
界面活性剤は人にも環境にも優しい天然系&アミノ酸系



界面活性剤は、水分と油分といった通常は馴染みあわないものを混ざり合わせてくれる物質として、化粧品造りには不可欠です。

中には、界面活性剤は人にも環境にも有害なものと考える方もいらっしゃるようですが、界面活性剤が危険物質だという意見や情報については、界面活性剤をよく理解していない間違った考え方に基づいたものや、商品の宣伝のために界面活性剤の危険性を必要以上に煽っているものが多く見受けられます。

実際のところ、高品質な化粧品造りには、界面活性剤はどうじても必要です。

界面活性剤がなければ、水分と油分を混ぜ合わせる乳液やクリームなどの乳化物(エマルジョン)を造ることができません。また、洗浄効果を与えることができませんし、美容成分を化粧品ベースに溶かし込むことも難しくなってきます。

ですから、界面活性剤フリー(不使用)を謳っている商品や、界面活性剤悪玉説を主張する化粧品会社の商品でも、よくよく成分を見てみると、実際には界面活性剤なるものを使っていたりします。(こういうことも結構多いです!)

大切なのは、「界面活性剤=悪」だと全否定するのではなく、膨大な種類がある界面活性剤の中から、どの界面活性剤を利用するかということです。

ちなみに、石けんだって、油(脂肪酸)と水酸化ナトリウムあるいは水酸化カリウムにより合成された合成界面活性剤のひとつです。

モルトリーチェでも、この界面活性剤については、開発段階でその使用に際していろいろと検討いたしました。

製品として安定した高品質な化粧品を造る以上、界面活性剤は必要です。しかし、肌への刺激は極力抑えた安全性の高いものでないといけません。

また、モルトリーチェでは、その良し悪しは抜きににして、石油系の原料は使用せず、肌成分に類似した原料(あるいは肌に自然で馴染みの良い原料)を使用したいという基本的な考え方を持っており、そのために海と大地の恵みを活用した化粧品造りに取り組んでいます。

こういった中から、モルトリーチェが選んだ界面活性剤は、大豆など植物由来の脂肪酸系の界面活性剤や、安全性の高いアミノ酸系界面活性剤や、天然の界面活性剤とも呼べるレシチンなどです。

安全性にも配慮しながら、界面活性剤としてのはたらきを十分に持つものとして、これらの界面活性剤を併用しています。

また、環境問題への配慮からも、生分解性の良い(細菌などの微生物などにより簡単に分解される)界面活性剤を使用しています。



化粧品のベース成分の重要性、そしてモルトリーチェの化粧品ベースへのこだわり・・・ご理解いただけましたでしょうか?

ベース成分は化粧品の品質だけでなく、その製造コストにも大きく影響を与えます。化粧品の70%〜90%がベース成分が占めるわけですから当然のことでもあります。

単に、○○成分配合だから高級で優秀な化粧品ということではありません。化粧品の基本品質はそのベース成分によってかなりの部分が決まってくるのであって、そこにプラスして各種美容成分が配合され、美容効果を高めていくものです。

肌に優しく馴染みの良い化粧品を目指したモルトリーチェの最大の特長は、そのベース成分へのこだわりと言っても過言ではありません。