今回のテーマは「冬の肌状態とお手入れ」です。

ちょうど1年前にも、同じようなテーマで書いていますが、基本的に内容についての大きな変更はありません。

ただ、若干リニューアルされている箇所がありますので、以前に読まれた方も、もう一度お読みいただければと思います。


冬は肌がお手入れを欲しています!


冬の肌は、「温度の低下(寒冷)」「湿度の低下(空気の乾燥)」「暖房」などの影響を受けて、四季の中で最悪のコンディションとなります。他の季節よりスキンケアの必要性が高まる季節であり、まさに「肌がお手入れを欲している季節」とも言えます。

それでは、具体的にはどのような影響があるでしょうか?


血行の悪化


冬になり、温度が低下すると(寒くなると)、毛細血管が収縮し血行が悪くなります。

そうすると、毛細血管からの栄養分や酸素などの供給が十分にされず、肌細胞の活性化が鈍化するなどして、肌の新陳代謝が適切に行なわれなくなります。

新陳代謝の乱れは、肌の様々な機能に悪影響を与え、肌の衰えを早めてしまいます。


分泌機能の低下


冬は、汗(水分)や皮脂(油分)の分泌量が夏に比べ大幅に減少します。そのため、汗や皮脂により構成される皮脂膜とよばれる天然のクリームが不足してしまいます。

この皮脂膜とよばれる天然のクリームは、私たちの肌を乾燥や外界の刺激から守ってくれているたいへん重要な肌の分泌物です。

冬になると、乾燥肌の方はもちろんのこと、脂性肌の方さえも、この皮脂膜が不足してしまいます。そのため、肌の潤いは失われ、肌荒れなどが起こりやすくなってしまいます。


肌の水分の蒸散


冬は、肌の水分分泌量が減少することに加え、外気の乾燥により肌の水分が蒸散し失われていきます。皮脂(油分)も不足しますので、水分の蒸散を防ぐ機能そのものも低下します。

肌の乾燥こそが、肌老化・肌トラブルの諸悪の根源です。冬の肌は、カサカサに乾燥し、肌に老化の兆しが表れやすい、たいへん危険な状態と言えます。


暖房の影響


冬は、外気の乾燥に加え、室内においても暖房による空気の乾燥が肌の水分を奪っていきます。

また、室内と室外の極端な温度差が肌に大きな負担をかけています。このような肌への負担が老化につながっていきます。


その他


12月〜1月とパーティーや宴会の機会も多く、暴飲暴食や睡眠不足など不規則な生活により体調をくずしたり、肌のお手入れがおろそかになったりしがちです。

冬は、「身体の健康」「肌の健康」ともに、注意を要する季節です。

このように、冬になると、保湿機能をはじめとした肌の健康機能そのものが低下します。肌はダメージを受け、様々な老化現象が発生しやすい季節です。

日々のスキンケアには、特に注意を払う必要があります。


ポイントは「肌乾燥の防止」と「肌細胞の活性化」


上記の通り、肌への悪影響が考えられる冬の肌環境にあって、若々しく健康的な肌を維持するためには、「乾燥から肌を守ること」と「肌細胞の活性化」が重要なポイントです。

肌の乾燥は、「シワ」「たるみ」「肌荒れ」の直接的な原因となります。

さらに、肌の乾燥は、肌そのものの機能低下にもつながりますから、「バリア機能低下によるトラブル」「ターンオーバーの鈍化」「シミやクスミさらには皮膚の硬化現象」も同時に進行していると考えた方が良いと思われます。

また、冬の肌は血行が悪くなり、肌細胞に十分に栄養分が供給されず、肌機能が低下しがちです。血液(毛細血管)の流れを良くし、肌細胞の活性化や再生(ターンオーバー)がスムーズに行われるような環境作りが必要です。


適正な肌再生のために、規則正しいお手入れを!


冬の肌は血行が悪くなり、皮膚機能の働きが鈍化していきます。シワ・たるみ・くすみといった老化現象が表れないよう、日々のお手入れを規則正しく行う必要があります。

マッサージによって血液(毛細血管)の流れを良くしましょう。マッサージの最大の効果は、血行をよくして新陳代謝(ターンオーバー)をサポートすることです。

寒さによる毛細血管の収縮、外気と暖房の温度差による肌の生理機能の低下などには、有効なお手入れ方法です。

また、不要な古い角質が、いつまでも肌表面に残存していると、クスミやザラツキはもちろんのこと、新陳代謝にも悪影響を与えてしまいます。肌細胞の活性化や再生(新陳代謝)がスムーズに行われる環境作りとして角質ケアも大切です。


乾燥防止のために正しいクレンジングや洗顔を!


スキンケアの基本は、肌を清潔に保つことです。まず、クレンジング剤で、メイクアップ料や古い皮脂など油性の汚れを取り除きます。次に、洗顔剤で、肌に残ったクレンジング剤やほこりその他の汚れや肌の不要な付着物を洗い流します。

しかし、洗顔の方法を誤ると、肌に過剰な刺激を与えたり、肌の潤いを奪ってしまったり・・・かえって肌トラブルの原因となることもあります。

肌の保湿対策というと、化粧水・美容液・クリームなど、肌に塗布するお手入れを連想しがちですが、その前に日々の洗顔にも注意が必要です。

実は、誤った洗顔方法によって、肌本来の保湿機能を損傷し、肌乾燥の大きな原因となっていることも多いのです。

洗浄力の強すぎるタイプのものを使用したり、肌を強く擦ってしまうような洗顔方法を続けると、肌に過剰な刺激を与え、肌の潤いを奪うだけでなく、角質層の保湿機能・バリア機能そのものを低下させ、肌の老化現象や肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

クレンジング剤にしろ、洗顔剤にしろ、なるべく肌にマイルドなものがおすすめです。

ただし、肌に優しくても、汚れをきれいに取り除くことができなかったら、意味がありません。

クレンジングや洗顔は、汚れを落とすだけだから安いのでいいや・・・なんて考えずに(もちろん安くても良いものはあるかもしれませんが)、よくよく吟味して選ぶべきだと思います。

クレンジングや洗顔は、その商品や方法によっては、肌乾燥や肌荒れに大きな影響を与えるのです。


肌を乾燥から守るために入念な保湿対策を!


肌老化の最も大きな要因の一つは「肌の水分不足」です。肌に十分な水分が保持されてないと、肌乾燥から「シワ」「肌荒れ」「たるみ」などの肌老化につながります。

また、肌の水分保持力が低下しているということは、肌そのものの機能が低下しているわけですから、「バリア機能低下によるトラブル」「ターンオーバーの鈍化」「シミやクスミさらには皮膚の硬化現象」も同時に進行しているケースが多々あります。

健やかな肌を維持するための最重要ポイントは「肌の保湿」といえます。

冬の肌は水分が著しく減少し、かさかさの乾燥状態になりがちです。肌荒れが起こったり、シワやたるみが目立ちやすくなってきます。

肌を乾燥から守るためには、「水分補給」「油分塗布」「水分保持」の3ステップで保湿対策を心がけましょう。


水分補給〜潤いを与える


洗顔後は皮脂や肌の潤い成分が不足しています。化粧水などでたっぷりと水分や保湿成分を補給しましょう。

乾燥気味の肌は角質層の水分が不足し柔軟性が無い状態です。

特に冬の肌は、大気の乾燥や暖房の影響により、角質層はの水分量は著しく低下し、硬くゴワゴワした状態になりがちです。

化粧水は水分や保湿成分を補給するとともに、皮膚を柔らかくして乳液やクリームなどとなじみやすくしてくれます。

また、洗顔の際にアルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻し、細菌に対して抵抗力のある正常な肌状態にしてくれます。


油分塗布〜潤いのベール


次に、油分を含んだ化粧品(乳液やクリームなど)により潤いのベールを作り、水分の蒸散を防ぎましょう。

乳液やクリームは、油分・保湿成分・水分を含み、皮脂膜と同様に肌を守ってくれます。

皮膚は、皮脂や汗からつくられた皮脂膜によって、肌の潤いを保つとともに、外界の様々な刺激から守られています。

秋〜冬にかけて、皮脂の分泌量は落ちていきますし、洗顔後はこの皮脂膜が取り除かれた状態となっています。また、加齢とともにこの皮脂膜の量は少なくなってきます。

乳液やクリームは、この天然の皮脂膜に変わり代わり人工の皮脂膜として肌を保護すると同時に、柔軟効果を与えてくれます。


水分保持〜潤いをしっかり保つ


さらに、美容液などを利用し、肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ることも大切です。

通常、美容液は、化粧水よりも高保湿成分が配合され、また乳液やクリームと同等あるいはそれ以上のエモリエント効果があります。

美容液の使用によって、角質層の保水効果を高め、空気が乾燥しても角質層から水分を逃がしにくくしてくれます。

化粧水のみ使用した場合と比較すると、保湿機能のある美容液を併用した場合は、肌の水分量維持率は大きく高まります。

また、美容液は、肌に柔軟性を与えるともに滑らかにしてくれますので、化粧ののりも良くなります。

通常美容液を使用されてない方も、秋から冬の肌に対しては、化粧水とあわせて美容液も使用されますようおすすめします。


その他冬肌対策に必要なスキンケア


肌乾燥を防ぐためには肌細胞の再生を促進することも重要です。新陳代謝(ターンオーバー)が適切に行われることによって、肌表面では細胞間脂質やNMF成分が十分に存在する角質層が構成されます。

ですから、適度なマッサージは、肌の新陳代謝をサポートし、肌の保湿にもプラスの影響を与えます。

その他、スキンケア化粧品には、高い保湿機能やエモリエント機能以外にも、様々な美容効果を兼ね備えたものがあります。

例えば、肌細胞の機能を活性化してくれる成分(細胞賦活成分)が配合された化粧品は、新陳代謝をサポートする効果が期待されます。

角質剥離作用のある化粧品は、不要となった古い角質をスムーズに除去し、肌のくすみやザラツキの解消に役立ち、新陳代謝にも好影響を与えます。

また、いわゆる美白化粧品と言われるものは、紫外線などの影響で活性化されたメラニン生成を抑えたり、生成されてしまったメラニンを還元作用により薄くしたりして、シミ・ソバカスなど色素沈着を防ぐことが期待されます。

特に、紫外線が少ない冬という季節は、シミ・ソバカス対策に真剣に取り組むチャンスでもあると思います。

このように、目的に応じて様々なスキンケア化粧品があり、肌の状態に応じて日々のスキンケアに導入していくことも必要かと思います。

ただし、こういった化粧品の効果を肌において引き出すためには、まず基本は肌(特に角質層)の保湿機能・バリア機能が健全な状態であるということが重要です。


冬のメイクアップは肌健康のためにも重要です


冬であっても、戸外に出るときはカバー力のあるファンデーションなどを使い、きちんとメイクアップすることは、健康的な素肌を保つためにもたいへん重要です。

紫外線の量は春・夏よりは減少していますが、それでもそれなりの紫外線は降り注いでいます。

まずは、紫外線の悪影響から肌を守るために、冬であっても戸外でのメイクアップは必要です。

また、メイクアップにおける下地クリーム、ファンデーション、フェイスパウダーなどに含まれる油分は、熱の不良導体なので、メイクアップをすることによって、冷たい空気を何重にも緩和して肌へ伝えることができます。

つまり、メイクアップには、冷たい空気から肌をなるべく遮断し、寒さから皮膚を保護するはたらきもあるのです。

冬は、寒さが肌へ与える影響が大きく、長い間冷たい空気にさらされていると、次第に表皮の一番上の角質部分が厚くなり、真皮まで弾力がなくなります。

また、気温が下がると、細胞へ栄養分を運んでくれる毛細血管は萎縮し、肌を保護してくれる皮脂や汗の分泌は減少します。

こういった冬の寒さから肌を守るためにも、戸外にでるときはファンデーションなどのメイクアップを行うようおすすめします。