今回は商品(クレンジングクリーム)の使用方法の疑問についてお答えします。

モルトリーチェのクレンジングクリームは、オリーブスクワランを主体とした油性のクリームタイプですが、水中油型(O/W型)、つまり油分を水分で包んだ構造で乳化されていますので、水との馴染みが良く、クレンジング後に水で洗い流すことができます。

油性成分が乳化剤によって、水分の中に細かな粒となって乳化された状態のクリームなのですが、あっさりした感触のクリームで、肌表面でメイクアップなど油汚れと馴染みます。

これは、油汚れがクリーム中の油性成分の中に溶け込んで、細かな粒の状態になり、それを水分が包みこんだ状態です。

親水性が良い状態ですので、容易に水で洗い流すことができます。肌を擦ることもなく、つまり肌に刺激を加えずに汚れを落とすことができるのが特徴のひとつであります。


クレンジングしながらマッサージはOK?


このクレンジングクリームは、クレンジングだけでなく、マッサージクリームとしてもご使用いただけます。

今回の疑問は、クレンジングクリームをマッサージとしてご利用いただく場合についてです。

クレンジングしながらマッサージしてよいものなのか? それとも、一旦クレンジングしてメイクアップなど肌の付着物を取り去った後に、もう一度クレンジングクリームを出してマッサージするべきなのか?・・・ということです。

モルトリーチェのクレンジングクリームは、オリーンブスクワラン、ホホバ油などの油性成分が脂肪酸系及びアミノ酸系乳化剤によって水、保湿成分の中に細かな粒となって乳化されて、クリーム状態つまり分かり易く言うと食品のソフトクリームのような状態になっています。

クレンジングしますと、肌表面のメイクアップなどの油汚れが、乳化剤によってスクワランなどの油性成分の中に溶け込んで、細かな粒の状態になってしまいます。

汚れを抱き込んだ粒状の物は直接肌には触れませんので、乳化された油汚れが逆に皮膚の中に染み込んでいく、あるいは浸入していくという事は決してありません。

ですから、クレンジングしながらマッサージしたとしても特に大きな問題はありません。

ただ、汚れを包み込んだクリームでマッサージするのは、なんとなくきたないといいますか、抵抗感があると言う方もいらっしゃいますので、一旦水で洗い流して、再度クリームをとりマッサージされることをお勧めします。

この場合、若干水分が顔に残っていることにより、クリームの油分と水分が馴染み、ソフトな使用感でマッサージをしていただけます。



クレンジングしながらマッサージすると、クレンジングクリームの使用は1回でいいのすが、クレンジングとマッサージを別々に行なうと、クレンジングクリームの使用は2回ということになりますので、それだけ早くクリームが無くなってしまいます。

それでは、もったいないからということで、1回のクレンジングクリームの使用量を少なくすると、肌表面の汚れを十分に取り去ることができなかったり、肌に摩擦を与えて肌の負担を増やしたりして、これはよくありません。

クレンジングしながらマッサージするか?クレンジングとマッサージを別々に行なうか?は、個人の判断ということになるのかなと思いますが、いずれにせよ1回のクレンジングクリームの使用量はあまりケチってしまうと肌にはマイナスです。



ちなみに、こういったクレンジング&マッサージ両用クリームの場合、通常化粧品会社では(以前私が勤めていた会社もそうでしたが)、クレンジングを行なって肌の汚れを取り去ってから、もう一度クリームをとってマッサージを行なうように指導しているようです。

これは、その方が、商品の回転が早いということと、デモンストレーションなどする際に見た目がきれいだからということも理由にあると思います。

でも、ご自宅で使用する場合は、それは面倒くさいとお感じになる方もいらっしゃるかもしれません。

肌のことをよくよく考えると、クレンジングとマッサージ、それぞれ別々にクレンジングクリームをとり2段階で行なうというのがベストですが、クレンジング時にマッサージを行なってもさほど大きな問題はありませんのでご安心ください。



モルトリーチェのクレンジングクリームの商品詳細はこちら(モルトリーチェ公式サイト内)