モルトリーチェでは、化粧水と美容液(モイスチュアライザー)に、様々な天然由来の保湿成分や美容液成分とともに、フルーツ酸を配合しています。

美容液にフルーツ酸配合というのはありますが、化粧水に配合しているのはまだ少ないかもしれません。

ただ、このフルーツ酸を配合していることで、刺激を心配される方もいらっしゃいます。

最近、この件について、お客様よりお問合わせをいただきましたので、このブログでもご説明させていただきます。


モルトリーチェで配合のフルーツ酸について


モルトリーチェで配合しているフルーツ酸は、オレンジ、サトウカエデ、サトウキビ、ビルベリー、レモンの5種類の果実・植物から得られた混合果実酸(マルチフルーツ酸)です。



その成分は乳酸、グリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸といった数種類のアルファヒドロキシ酸(AHA)で構成されています。

アルファヒドロキシ酸は、高い保湿力を有するとともに、皮膚表面の不要な古い角質の結合を弱め、早めに脱落させてくれます。

そして、表皮における皮膚細胞の再生(角化)をスムーズにし、滑らかで透明感に満ちた、若々しい肌へと蘇らせてくれる作用があります。

特に、乳酸は角質に浸透し、乾燥し硬くなった皮膚を和らげてくれます。

また、グリコール酸は皮膚の角質溶解・柔軟作用とともに、コラーゲン、エラスチンをつくりだす繊維芽細胞を増殖させ、真皮組織を再生してくれることが期待できると言われます。

さらに、クエン酸にもコラーゲンの合成を促進する作用があると言われますし、酒石酸・リンゴ酸にも皮膚の弾力性を増すといった作用が期待されます。

マルチフルーツ酸は、これらの天然由来のアルファヒドロキシ酸を組合せ、その相乗効果により、さらに大きな効果をもたらすよう開発された化粧品原料です。



なお、アルファヒドロキシ酸(AHA)は、その角質剥離効果から、皮膚科や美容整形などで、ケミカルピーリングなどに利用されます。

この場合、平均的には濃度が30%ほどのもので行なわれているようです。

ケミカルピーリングによって厚くなった角質層が薄くなりますので、毛穴の開き、キメの粗さ、顔色のくすみ、美白効果なども期待できます。

しかし、処置後のはれ、炎症、痛み、完治までの時間などの問題がありますので、医師の指示、監督のもとに行わなければなりません。皮膚が弱い方や、敏感肌の方は心配な部分もあります。

モルトリーチェでは、化粧品として一般の方が、通常のお手入にご使用いただけますよう、その濃度は適度(数%)に抑え、皮膚への刺激が無いように配慮していますので、ご安心ください。

もちろん、アルファヒドロキシ酸(フルーツ酸)は、その名の通り、酸の一種には違いはありませんので、100%刺激が無いということも言えません。

もし、心配のある方は、お試しセットからのご試用をおすすめします。



スキンケア現品お試しセットは、お一人様1セット限りで、スキンケア商品の現品でのセットを格安お試し価格でご提供しています。

モルトリーチェスキンケア現品お試しセットのご案内はこちら