モルトリーチェでは、2008年6月1日より新しい基礎化粧品シリース「ネオ ボーテ化粧品」の取り扱いを開始することにいたしました。

このネオ ボーテ化粧品は、提携会社であります株式会社ネ オ ラ社の製品ですが、モルトリーチェ化粧品と同じようなコンセプトに基づき開発された商品です。

価格も比較的に安価で、幅広くご愛用いただけるのではないかと思います。

以下にご案内させていただきますので、モルトリーチェ化粧品と同様にご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


新しい基礎化粧品シリーズ
「ネオ ボーテ化粧品」の取り扱いについて



モルトリーチェ化粧品は、環境薬理研究所によって研究開発された製品ですが、ネオ ボーテ化粧品はネ オ ラ社によって研究開発された製品です。

実は、環境薬理研究所の開発責任者は、某大手化粧品会社において長年に渡り研究開発本責任者を務めていたわけですが、ネ オ ラ社の開発担当者はその部下としてその化粧品会社の某所の研究所長をしておりました。

また、ネ オ ラ社の代表者(Mさん)は、私とその某大手化粧品会社の元同僚です。

なお、ネ オ ラ社のほうが環境薬理研究所よりも3年ほど遅れて設立されています。

ただ単に人間関係があるので提携したわけではなく、化粧品開発についての基本的な考え方が同じということが、ネ オ ラ社の製品を取り扱うにあたって最も重要な部分です。

モルトリーチェ化粧品もネオ ボーテ化粧品も、商品造りにおける基本的なポリシーはたいへん似ていて、どちらも肌本来の自ら美しくなろうとする機能を健全に保ち、肌の「再生力」をサポートするように設計されたスキンケア化粧品です。

なにしろ、それぞれの開発責任者が元々は同じ化粧品会社の研究開発部門のトップとその片腕のような関係だったわけですから、当然かもしれません。

モルトリーチェ化粧品もネオ ボーテ化粧品も、肌本来の機能をサポートしたい、肌と馴染みの良い化粧品でありたい、そのために肌成分と類似の成分を自然界に求め採用したいという考え方に沿って開発されています。

ただ、それぞれの研究開発者のこだわりや考えに若干の違いがあるのも事実です。

そのため、使用している原料や成分、さらにはその製法にも違いがあります。

その結果、スキンケア化粧品としての特長に少し違いが出てきています。

モルトリーチェ化粧品は海と大地の恵みをふんだんに使用することで、特に肌の保湿機能やバリア機能をサポートする点に重点がおかれ、一方、ネオ ボーテ化粧品はナノカプセル技術を用いることで肌細胞の活性化をサポートする点に重点がおかれた商品設計となっております。


ネオ ボーテ化粧品 商品特長


ここでは、簡単にネオ ボーテ化粧品の商品特長をご紹介いたします。なお、商品についての詳細は、ホームページをご覧ください。

ネオ ボーテ化粧品は、肌の再生力をサポートするよう設計されたスキンケア化粧品です。

[特長1] 肌成分(皮脂)に類似の油性成分を植物に求めた化粧品ベース(だから肌に自然で馴染みが良い)

[特長2] 肌の潤いをしっかりと保つために角質層の水分保持機能を補います

[特長3] ナノカプセル技術を用い各種有用成分を肌細胞へスムーズに届けます(肌再生をサポートします)

[特長4] 17種類の植物エキスを配合 肌の状態を整え健やかに保ちます

[その他] 石油系の油や合成界面活性剤は使用していません。また、無着色、無香料です。ただし、植物エキスとしてバラエキス配合の影響(精油が含まれるため)により若干甘い香りと感じるかもしれません。


ネオ ボーテ化粧品 発売商品一覧


今回発売するネオ ボーテ化粧品の商品は以下の5点です。詳細はホームページををご覧ください。

・ネオ ボーテ クレンジングクリーム(クレンジング・マッサージ) 110g 本体価格3,500円

・ネオ ボーテ クレンジングフォーム(洗顔) 110g 本体価格3,200円

・ネオ ボーテ バランシングローション(化粧水) 150ml 本体価格4,800円

・ネオ ボーテ エマルジョン(乳液) 100ml 本体価格6,000円

・ネオ ボーテ クリームEX(クリーム・美容液) 32g 本体価格8,000円

※なお、上記商品価格には消費税が含まれておりません。

ネオ ボーテ化粧品は商品構成や商品設計の基本はモルトリーチェ化粧品と同じですので、ご使用方法につきましても、モルトリーチェ化粧品と同じようにお考えください。

ただし、ネオ ボーテ化粧品の洗顔フォーム(クレンジングフォーム)には泡立てネットは添付されていません。



ネオ ボーテ化粧品についての詳細情報はホームページをご覧ください。

以下のバナーをクリックするとご覧いただけます。