化粧品の製造技術は日々進歩していますし、肌に害を与える成分もかなり分かってきましたので、数十年前のように社会問題となるような大きな皮膚トラブルはなくなってきました。

しかし、化粧品の安全性自体はかなり高くなってはいるはずなのですが、それでも化粧品によるかぶれなど肌トラブルで悩む人は後を絶ちません。

また、生活環境の変化もあってか、敏感肌の人は増えているような印象を受けますし、人によって肌トラブルの原因となる化粧品や成分も違うなど多様化しているようにも思います。

そこで、今回は化粧品によるかぶれなど肌トラブルについてお話します。


化粧品によるかぶれは何が原因?


化粧品によるかぶれなど肌トラブルが発生した場合、化粧品の中に何か肌に悪い成分が入っていて、それが原因で肌トラブルが起きたと考えがちなのですが、化粧品の配合成分が原因とばかりは決めつけられません。

化粧品によるかぶれなど肌トラブルは、大きく分けて以下の3つの原因が考えられます。



1つ目は、睡眠不足や病気などで体調が悪かったりして免疫力が低下しているとき、或いは逆に春先など新陳代謝が活発になっているとき、また、ホルモンのバランスが乱れたりしているときなどは、体が過敏になっていますので肌がかぶれやすい状態になっています。

なお、春の肌トラブルについては、以下のブログ記事においてもう少し詳しく書いております。

今回のブログとあわせてお読みいただければと思います。

春の肌トラブル要注意!



2つ目は、化粧品の使用方法の問題です。

マッサージや洗顔などによって肌を強く擦るといった行為があったときには、ヒリヒリ・痒みといった刺激を感じるときがあります。

また、肌を強く擦るという行為は、肌の角質層を傷つけている可能性も大ですので、肌のバリア機能が低下し肌はかぶれやすい状態になっていると考えられます。

その他に、クレンジング剤や洗顔剤などが、きれいに洗い流されずに肌に残っていた場合も、何らかの肌トラブルを起こす可能性があります。



3つ目は、化粧品に配合されている何らかの成分、たとえば防腐剤、香料、色素、その他ある種の成分が肌に浸透した際に拒否反応が出た場合です。

この場合、有用成分として配合している成分であっても(それが天然由来系の成分であっても)、人によっては拒否反応が出ることがあります。

なお、化粧品成分に対する拒否反応しては、一次刺激の場合とアレルギー反応の場合があります。


「肌がかぶれる」という現象はどうして起こるのでしょうか?


このように、化粧品によるかぶれといっても、体調が原因であったり、使用方法に原因があったりすることも多いのですが、化粧品そのものに原因があって肌がかぶれる場合、その現象には2通りあります。



1つは、一次刺激と言われるもので、極端な例として、皮膚に塩酸やカセイソウダのような濃い酸やアルカリが付着すると、ヒリヒリしたり、痛みを感じたり、最後には皮膚がただれてきます。

もちろん、化粧品にはこういった強い成分は配合されませんので、皮膚がただれるようなことはなく、赤み、ヒリヒリ感、痒みとして現れるわけですが・・・

このような現象は時間がたってから起こるのはなくて比較的短時間に起こってきます。

これは皮膚がタンパク質で出来ていて、そのタンパク質が酸・アルカリで変質した為に、そこで起こっている異常現象が脳に伝達され、刺激として感じる事によってその異常な状態を取り除こうとする生理的な現象です。



もう1つは、アレルギー反応といわれるものです。本来、体に存在しない物質が体内に侵入してきた時に、体がこれを異物と認識して排除することによって体を守ろうとする一種の防衛反応です。

こういった異物は体の中のタンパク質と結びついて抗原というものになります。

抗原に対してこれを排除するために体内に出来る対抗物質が抗体です。

ですからアレルギー反応は抗原抗体反応の一種です。細菌やバクテリアも異物ですから同様の反応を起こします。

そして、この反応の場合は必ずしも即時的ではなくて、2〜3日の潜伏期間の後、場合によっては1週間位たってから症状があらわれることもあります。

この抗原抗体反応の結果として、ブツブツが出来たり、赤く腫れたり、熱を発したりといった症状が出ます。


化粧品が肌に合わないということについて


化粧品を使用しているうちに、顔にブツブツが出てきたりした場合、その化粧品が肌に合わないと考えがちですが、必ずしもそういうことではありません。

もちろん、化粧品の中の何らかの成分が合わないということも可能性としては十分に考えられます。

しかし、化粧品を疑う前に、体調はどうか、ホルモンのアンバランスは考えられないか、悩みやストレスは無いか、昨日今日食べたものの影響は無いか、使用方法に問題は無いか・・・ということも考えてみる必要があります。

今まで何事も無く使えていた化粧品なのに、その化粧品の中の成分が原因で、急にブツブツや吹き出物が出るということは可能性としてはあまり高くないように思われます。

もちろん、体質が変化し、以前は大丈夫であった成分に対し反応するようになったという可能性もあるわけですが、別の原因も考えてみる必要があるかもしれません。



化粧品が原因のトラブルの場合、一次的な刺激は1〜2日以内、アレルギーでも2〜3日以内に、何らかの症状が出ます。

そのときは化粧品を疑ってみる必要があります。

ただし、肌に異常が発生した場合は、それが化粧品が原因であろうが、体調が原因であろうが、あるいはその他の原因であろうが、どのような原因でも、使用は一旦ストップして、様子を見ていただく、そして肌が元の状態に戻るのを待つということが賢明と思われます。

肌が元の状態に戻り、体調にも問題がなければ、化粧品の使用を再開しても問題なく使用できるということも多々あります。

ただし、それでも、その化粧品を使用するとやはり何らかの異常が発生すると言う場合は、その化粧品の成分に原因があると考えられます。

残念ではありますが、その化粧品の顔への使用は避けたほうが良いように思います。



なお、化粧品の使用で何らかのお肌の変調があった場合に、肌が良くなる前兆であるとか、毒素が出ているからであるとか・・・

このようなことを言う化粧品販売員が一部いるようですが、こういったことは普通考えられませんし、仮にそうだったとしても、使用を継続して肌の状態がさらに悪化する可能性の方が高くて心配です。

化粧品を使用していて、肌に何か異変が起きたら、まずは使用を一旦中止して様子を見る、肌の回復を待つというのが大原則です。

また、肌の状態がいつまでも良くならないとか、悪化するようならば皮膚科の医者に相談される事をお勧めします。


モルトリーチェ化粧品について


モルトリーチェ化粧品は、ご使用いただいたことによる化粧品かぶれをはじめとした皮膚トラブルが無いように細心の注意を払って開発・製造されています。

肌に存在する成分を自然界に求め原料として採用しており、しかも精製度が高く不純物や変質しやすい成分の少ない原料を用いています。

ですから、肌に対して自然で馴染みやすいし、かぶれなども起こりにくい化粧品ということで、ご安心いただきたいのですが・・・ただ、残念ながら100%の方に合う化粧品とは断言できません。

化粧品にしろ、薬品にしろ、その他どのようなものであっても、それが肌に塗布されたり付着したりすると、その人の体質や体調によっては、何らかの反応(かぶれやアレルギー)が起きる可能性を100%否定することはできません。

例えば、旅行などで別の地域の普通の水道水を使用しただけで、皮膚にトラブルが発生する方だっていらっしゃるわけですから。

ただ、化粧品を造るうえでは、そういった反応(かぶれやアレルギー)が起きる可能性を0%に近づけるよう日々努力をしていかないといけません。

モルトリーチェ化粧品は、このような考えのもと造られたスキンケア化粧品です。

もちろん、絶対に化粧品かぶれは発生しませんとは断言できませんが、かなりの高いレベルで安心してご使用いただける製品と自信を持っています。

敏感肌でお悩みの方や肌に合う化粧品がなかなか見つからない方にも、是非一度ご使用いただければと思っております。



モルトリーチェの商品については、以下のページでご案内しています。

モルトリーチェ化粧品について(商品特長・商品設計その他)

モルトリーチェ化粧品商品一覧はこちら