前回のブロク記事では、化粧品によるかぶれについて書きました。

その中で、化粧品を使用していて何らかの肌の異変が起きたら(それが化粧品が原因であろうと、なかろうと)、使用は一旦ストップした方が良い。そして、肌が元の状態に戻るのをまずは待つべきだと書きました。

ただ、化粧品の使用をストップすると言っても、仕事をしている方はメイクアップが必要な場合もあるでしょうし、そうでなくても紫外線対策でファンデーションぐらいは使いたいということもあるでしょう。

そうなると、メイクアップを落とすためには、クレンジング剤が必要となってきます。

メイクアップをしていなくても、春夏は皮脂や汗の分泌も多くなりますし、空気中には様々な浮遊物があって、それが肌に付着するわけですから、洗顔剤も必要となってきます。

こういった場合、肌の付着物は取らないといけない、しかし、クレンジングや洗顔による刺激も心配ということもありますので、クレンジングや洗顔の際は、以下の点に注意しましょう。



クレンジングについては、クレンジング剤を肌の汚れ(メイクアップなど)によく馴染ませることです。

この時に、決してこすらずにやさしく馴染ませてください。

クレンジング剤と汚れが馴染んだら、水またはぬるま湯できれいに洗い流してください。

それでも、お肌にはクレンジング剤の若干の油分が残りますので、洗顔剤で洗い流します。

洗顔剤はよく泡立ててやさしく洗うことです。

泡立てる際は、顔の上で泡立てるようなことは厳禁です。手のひらでよく泡立てたうえで、その泡でつつみこむように洗います。

特に重要なのは、すすぎです。

洗顔剤が、顔に残らないように、水またはぬるま湯で、丁寧にすすいでください。

洗顔後のふき取りも、やわらかいタオルで、こすらずに、おさえるようにして、水分をふき取ってください。

洗顔後は、肌が乾燥しやすくなりますので、本来はここで化粧水、乳液、美容液、クリームなどを使用するわけですが、肌にトラブルがある間は控えていただく方が良いと思われます。

なお、肌の乾燥がどうしても気になる場合は、あとのケアは化粧水で肌を整える程度にとどめるか、使用量を少なめにする、或いは少品種ずつ慎重に使ってみる等の配慮が必要になってきます。

それから、メイクアップをされた場合は、メイクアップの必要が無くなりましたら、できるだけ早めに落とした方が良いと思います。

しつこいようですが、クレンジング剤や洗顔剤を使用する際は、決してこすらずにやさしくということと、使用後はそのクレンジング剤や洗顔剤が肌表面からきちんと取り除かれるよう注意してください。



化粧品の使用を中止して1週間〜10日ほど経過しても、肌が元に戻らないということであれば、原因が化粧品以外にもいろいろと考えられますので、早めに皮膚科医師に相談するようおすすめします。

化粧品の使用を中止して、肌が元に戻り落ち着いてきましたら、その化粧品の再使用するわけですが、中には再使用に不安がある方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合は、以下の簡単なパッチテストをしていただくのもひとつの方法かと思います。

簡単なパッチテストとは、化粧品が塗りやすく、万一トラブルが起きても目立ちにくい「二の腕の内側」で化粧品を試します。

「二の腕の内側」に化粧品をつけてから48時間以上経過しても、炎症やかゆみなどの反応がなければ問題ないと判断します。

複数の化粧品を一緒に行なうと、どの商品が反応があったのか分かりにくくなりますので、なるべく一品ずつ行なっていただくのがよいかと思います。

なお、一次性の化粧品かぶれ(一次刺激)は化粧品をつけた部位にのみ即時的に反応が現れますが、アレルギー反応の場合は、全身に及ぶことも多く、また数日間の潜伏期間の後(場合によっては1週間ほど経過した後)に症状があらわれることがあります。

一次性の化粧品かぶれについては、上記の簡単なパッチテストで化粧品が合うか合わないかの判断がある程度可能かと思いますが、アレルギー反応の場合は、自宅でのパッチテストでは判断が難しいところです。

アレルギー反応によるかぶれと思われる場合は、皮膚科医師に相談されるのが賢明です。