モルトリーチェで取り扱っている「クリア・ピールジェル」についてですが、頂戴するお問合せを拝見しますと、ホームページ等の商品説明において、どうも皆様に誤解を与えてしまっているように思います。

具体的にはどういうことかというと、「角質ポロポロ・・・」といった表現が使われているために、角質や汚れを一挙に大量に取り去るような印象を与えたり、かかとなどの角質ケアにも使えそうな印象を与えてしまっているようです。

つきましては、このブログにおきまして、クリア・ピールジェルのピーリング効果について、ご説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。


ピーリングでの角質ポロポロの正体とは?


クリア・ピールジェルは、不要な古い角質のみをやさしく除去する、肌にマイルドなピーリングジェルです。

クリア・ピールジェルを使用して肌表面をやさしくマッサージしますと、そのうちにポロポロとかたまりのようなものが出てきます。

このポロポロと出るカタマリは、ジェルに含まれるタンパク質吸着成分が不要な古い角質を吸着して固まったものです。また、その際に毛穴の汚れなども同時に吸着したものです。

ポロポロ出るカタマリ全てが除去された角質や汚れということではありません。

しかも、マイルドなピーリングを特長としていますので、除去する角質というのは、肌の表面の古い角質のみです。

角質層というのは、厚さわずか0.02ミリほどの中に、角質細胞が20層ほど重なっていますが、その表面の古い角質(本来は剥がれ落ちるべき)のみを取り去ろうというのがクリア・ピールジェルです。

ですから、ポロポロ出るカタマリの主体となるのはジェル成分であって、その中に、古い角質や汚れが取り込まれているような状態です。


クリア・ピールジェルの美容目的とは・・・


本来、健康な肌であれば、古い角質は通常の洗顔などで自然と剥がれ落ちていくものです。

でも、加齢、疲れ、紫外線の影響、お手入れ不足・・・などにより、新陳代謝が乱れたりすると、
本来は剥がれ落ちるべき古い角質が肌表面に残存してしまうことがあります。

そうなると、外見上はくすんで見えたり、触感上はざらついたり、皮膚が硬くなった印象となったりします。また、この状態というのは、角質層の本来の機能も低下しており、肌ほ保湿機能も低下したり、新陳代謝にも悪影響を与えたりします。

そこで、表面の本来は剥がれ落ちるべき表面の角質を取りさろうというのが、このクリア・ピールジェルの目的です。

ただ、あまりに強いピーリング効果があると、まだ肌表面に残存すべき角質まで除去してしまうことがあり、これはこれで、角質層の保湿機能やバリア機能を損なうことになってしまいますので、注意が必要です。

ですから、クリア・ピールジェルでのピーリングというのは、角質層の表面のほんの数層を除去するといったマイルドなピーリングとなっています。

また、マイルドなピーリングと言いましても、あまりに頻繁にピーリングを行いますと、同じように必要な角質まで除去してしまう可能性が出てきますので、ご使用は週2〜3回をおすすめしています。


ハードなピーリングは医師の監督のもとで!


それから、ピーリングには、皮膚科や美容外科などで行う本格的なものがあります。

これは、薬剤を使用してもっと深く角質層やその下の層まで剥がそうとするものですが、肌表面の状態を一旦リセットするようなものですから、化粧品などのピーリング剤よりもっと劇的な美容効果が期待できると思います。

でも、当然のことながら刺激は強いですし、一時的に炎症を起こす可能性などもあり、医師の監督のもとに行わないといけません。

化粧品で行うピーリングというのは、あくまでご自宅で簡単に安心して行っていただくものです。

そのためには、肌に刺激を与えることなく、肌表面の古い角質のみをやさしく除去するといったものでないといけません。


あくまでマイルドなピーリング効果とお考えください


クリア・ピールジェルの商品ご紹介ページにおいて、「角質ポロポロ・・・」といった表現があって、いかにも角質をごっそりと取り除いてしまうような印象を与えてしまって、申し訳なく思っています。

また、クリア・ピールジェルは、肌表面の不要な古い角質や毛穴の汚れを、マイルドなピーリング効果によって除去するものです。

例えば、かかとなど足の裏の硬い部分のケアに使用されましても、かかとの角質層は顔よりもたいへん厚く(100層以上)、クリア・ピールジェルのマイルドなピーリング効果では、根本的な解決にはならないと思います。

この点につきましても、「角質ポロポロ・・・」という表現が誤解を与えてしまったのではないかと思っています。



クリア・ピールジェルの商品ご案内はこちら

クリア・ピールジェル