モルトリーチェ化粧品は、3種の植物精油を使用して、香り付けを行っております。

モルトリーチェ化粧品の香りにつきましては、開発時点から私たちスタッフの中でも意見が分かれ、検討をかさねながら現在の香りにしております。

化粧品の香りについては、以前このブログでも取り上げたことがあるのですが、ここ最近、複数の方から香りの是非についてご意見・ご感想をいただきましたので、再度、モルトリーチェの化粧品の香りについての考え方をご説明させていただきたいと思います。


化粧品の香りについて
モルトリーチェの考え方



化粧品には、原料臭を消したり、イメージアップのためであったり、様々な理由により、昔から香料が使用されてきたのですが、この10数年は「無香料」という表示の化粧品をよく見かけます。実際そういった化粧品を好まれる方も多いようです。

「無香料」表示の化粧品が好まれるのは、「香料は肌への刺激物であり皮膚トラブルの原因となる成分なのでは・・・?」と、心配している人がそれだけ多いということだと思います。



確かに、かつては、化粧品による皮膚トラブルが多かった時代もありました。それは数々の化粧品素材・配合成分が合成されて使われてきた事によります。

また、何が原因でトラブルを起こすのかが、まだまだ十分に解明されてなかった時代でもありました。

そういった中、ある種の香料成分が界面活性剤と一緒になって皮膚に浸透し、紫外線の作用で皮膚障害を発生させるケースが多かったのも事実です。

しかし最近では、安全な成分は何か、刺激のある成分は何か、というのがかなり分かってきました。

浸透性の強い界面活性剤についても良くわかっていますし、光によってアレルギーをおこす香料成分は何かという事も明確になってきました。



一般的に化粧品に使われる香料は、調合香料(いわゆる合成香料)といって数十種類の単品香料の混合物です。

数十年ほど前、大きな社会問題にまでなった化粧品による皮膚トラブルは、ある種の単品香料も原因のひとつになっていることがわかりました。その結果、「無香料」化粧品というものが登場してきたわけです。

しかし現在では、どの単品香料に刺激が有るのか、どの単品香料に刺激が無いのか、という事が実証されています。また、化学構造からも判断できるようになってきています。

以前は、原料臭を抑えるために香料を配合していたという一面もあったのですが、化粧品素材の精製技術の進歩によって、素材そのものの原料臭も少なくなってきました。

その結果、原料臭を消すために配合する香料は極微量でよくなりました。

「香料がアレルゲンとなってアレルギーを引き起こす・・・」と心配する方もいますが、現在ではアレルギーを引き起こすほど多量な香料を配合している化粧品はほとんど無いのではないかと思われます。

また、分析技術や精製技術の進歩もあり、現在化粧品に配合されている香料は、刺激の原因となるものが取り除かれた、たいへん純度の高い成分となっています。

よって、皮膚組織に抗体を作ることはあまり考えられません。つまり、抗原(アレルゲン)としてアレルギーを引き起こす原因物質となる可能性は少ないと言えます。



過去に大きな皮膚トラブル事件の原因となったために(もちろん全ての香料ではなくある種の香料なのですが)、何となくマイナスイメージがつきまとう香料ですが、現在では香料による皮膚への刺激という問題はかなりの部分でクリアされていると思います。

化粧品製造技術が進展するなか、単純に「香料=肌への刺激物」というのは少々古い考え方(あるいは消極的な考え方)かもしれません。

むしろ、香りの持つプラス部分を活用し、肌健康の向上につなげるというのが新しい考え方ではないでしょうか。

また、香料の中には、刺激物となるものばかりでなく、皮膚の炎症を抑えるなど、肌健康に直接作用するものもあります。

さらに、香料には、殺菌・防腐・消毒などの作用がありますので、香り付けという目的以外に、保存剤としての機能も果たしています。

もし、香料を使わなかったら、余分に殺菌剤や防腐剤などを使わなければならないケースだってあるからです。


3種の植物精油を採用
モルトリーチェ化粧品の癒しの香り



このようなことにより、モルトリーチェでは、「無香料」表示の化粧品が好まれているという現状は認識しつつも、香料の安全性が確認できるのであれば、香りによるプラスの効果を化粧品に活用すべきであると考えました。

ただ、一般的に化粧品に使用されてきたいわゆる合成香料(調合香料)は、安全性は高くなったとは言え、完全に信頼できるかどうかという問題がありますし、人工的な香りによってプラスの効果が引き出せるかどうかという疑問もあります。

そのため、モルトリーチェでは「調合香料」は使用せずに、より安全性の高い「植物精油」を使用することによって、仄かな癒しの香りを化粧品に与えることにしました。

アロマテラピーの考え方を導入することによって、心身の健康維持をサポートするのが目的です。

モルトリーチェで使用している植物精油は、ラベンダーオイル、ローズマリーオイル、レモンセントティーツリーオイルの3種類です。



この3種類の植物精油を選んだのは、いずれも古くから様々なシーンで使用され、その安全性や有用性が認められたものということと、人によっての好き嫌いが比較的少ない香りであるということからです。

ただ、開発時点で多くのモニターの皆様からいただいたご意見は様々でした。

まずは香りの強弱、さらには3種の植物精油の香りのバランスについて、いろいろなご意見を頂戴しました。皆様のご感想があまりに様々で、なかなか整理しにくいといいますか、調整しにくいというのが正直なところでした。

その結果、3種の香りのバランスについては平均的ご意見を取り入れ、香りの強弱については、安全な植物精油と言えども刺激性は皆無ではありませんので、配合量は極微量とし、若干弱めの仄かな香りにいたしました。