私たちの皮膚表面には、皮脂や汗から構成される皮脂膜という天然のクリームが広がり、この皮脂膜が外的刺激から肌を守ったり、肌の水分の蒸散を防いでくれたりしています。

冬になると、皮脂(油分)の分泌も少なくなり、発汗量(水分)も減少しますので、皮脂膜が極端に不足し、肌乾燥・肌荒れが生じやすくなってしまいます。

これは、お顔だけでなく、体にも同様のことが言えます。

これからの寒い季節は体も乾燥してカサカサになったりします。

そのうちカユミも感じたりして、ついついその部分を擦ったりすると、そこから炎症を引き起こしてしまうこともあります。

こういった体の乾燥を防ぐには、日頃から保湿剤の入ったローションや油分を含む乳液をご使用いただくなど、お顔と同じような発想でスキンケアに取り組むことが大切です。


肌乾燥防止には入浴も効果的


それから、体の乾燥防止には入浴も効果的です。

冬になると、皮脂や汗の分泌量が減少しますが、もうひとつ言えるのは、寒さで皮脂が粘っこくなって固まったような状態になるということです。

皮脂は毛穴から皮膚表面に出てくるものですが、寒さで固まった皮脂は毛穴を詰まらせてしまうこともあり、こういったことから意外にも冬場にニキビが発生しやすくなる人だっています。

入浴は、毛穴を開かせるとともに、寒さで固まった皮脂を柔らかくしてくれます。

毛穴に詰まった皮脂やその他の汚れがとれやすくなりますし、皮脂が皮膚表面に出やすい状態にしてくれます。

そうすると、皮脂が天然のクリームとしてお肌を守ってくれますので、肌は乾燥しにくくなってきます。

その他にも、入浴には血行を良くしたり、新陳代謝を促進したりする効果がありますので、美肌作りにも欠かせません。

新陳代謝が正常に行われることで、皮膚最上層の角質層が健全な層構造を形成し、肌の保湿機能やバリア機能を保つことにつながります。

冬場は、皮脂も汗も少ないので、体を清潔に保つという点では、毎日のお風呂は必要無いのかもしれませんが、体(お顔も含めて)の乾燥防止など美肌対策のためには毎日の入浴はおすすめです。

なお、温浴効果や美容効果を高めるには、あまり熱くないお湯(38〜40℃)でゆっくり入浴されますようおすすめします。


肌乾燥防止のために入浴時の注意点


入浴の際は、石鹸やボディシャンプーなどでゴシゴシと体を洗うというのは避けましょう。

わずか0.02ミリしかない角質層を傷つけ、保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性、つまり、逆に乾燥しやすい皮膚状態になってしまうことがあります。

冬場は、皮脂(油分)の分泌は少ないので、強い洗浄力は必要無いですし、汗は水やお湯だけでほぼ洗い流すことができます。

石鹸やボディシャンプーも、なるべくマイルドな洗浄力のものを選び、使用量は夏場よりも少なめで、よく泡立て、手かやわらかいタオルなどでやさしく洗うようにしましょう。

ヘチマやブラシあるいはナイロンタオルで体をゴシゴシ洗うのはおすすめできません。

お顔も体も、皮膚表面の角質層を傷付けないことが、肌の潤いを保ち、肌荒れを防ぐことにつながります。


乾布摩擦は肌への悪影響が!


なお、古くから、冬の風邪の予防法として、乾布摩擦が広く知られています。

乾布摩擦することで、血行が良くなり、体の代謝機能が活発となり、免疫効果を高められ、病気にかかりにくい体になるということなのですが・・・

ただ、健やかな肌を保つという点からすれば、乾布摩擦という皮膚を強くこする行為は、角質層をまたたく間に傷付けてしまいます。

その結果、肌の保湿・バリア機能を大きく低下させ、肌を乾燥させ滑らかさを奪ってしまう心配があります。

また、有害物質の皮膚内部への侵入を許すこととなり、皮膚に炎症が起きやすくなってしまいます。

炎症が起きると、炎症のあとにはメラニン色素が増えやすくなるので、皮膚の色が黒ずんでくることもあります。

このように考えると、体の健康にはプラス面もありそうな乾布摩擦でありますが、皮膚をゴシゴシこすってしまう行為そのものは、皮膚の健康という面ではあまりおすすめできないように思います。

血行を良くし、代謝を高めるのであれば、リラックス効果も期待できる日々の入浴がおすすめです。