一般的に自然化粧品は安全という認識が広まっていて、化粧品会社も自然原料とか天然成分で造った化粧品というのをセールスポイントにしていることが多いですよね。

モルトリーチェ化粧品も「海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートする」と言ってるわけですから、自然原料を主体とした化粧品となるのですが、自然=安全と短絡的に考えてしまうことには少し抵抗があります。

ということで、今回は原点に戻って、自然化粧品について、モルトリーチェの考え方をご説明させていただきたいと思います。

なお、以前にも同様のテーマで書いたことがありますが、内容について若干加筆修正しています。


鉱物油を使用した化粧品の安全性について


自然化粧品がブームになり始めた頃とかは、「ガソリンや灯油を顔に塗るなんて危険だと思いません か!」みたいなトークで自社の自然化粧品なるものを強く推奨するケースが多くありました。

でも、化粧品に使われている石油系の油は鉱物油と言われ、ガソリンや灯油というものとは基本的には違います。

石油由来という意味では同じかもしれませんが、現在化粧品に使われている鉱物油は、技術的な進歩もあり、精製に精製を重ね、肌に対して害をおよぼすような成分は極力排除されています。



鉱物油が肌に対して有害と信じ込まれている背景には、何十年も前に社会的問題となった「女子顔面黒皮症」の事件があると思います。

化粧品によって皮膚障害が起きた消費者が、大手化粧品会社を相手に訴訟を起こし勝訴した事件です。

原因は正確には特定されていませんが、タール色素、石油系の油脂・界面活性剤、合成香料が、その犯人ではないかと言われました。



ただ、何十年も前と比較すると皮膚科学・精製技術は格段に進んでおり、「鉱物油=危険」というのは短絡的過ぎるかもしれません。

むしろ、鉱物油の方が、不純物や変質する成分が少ない分、原料としては安定しているという考え方もあります。

また、鉱物油をベース にする方が簡単で、安価に化粧品を作ることが出来るのは言うまでもありません。

しかしながら、鉱物油というものは本来肌には無い物質で、肌になじみが良い素材とは言えないかもしれません。

私たちの肌に対して自然で、なおかつ肌本来の機能を引き出すような化粧品作りを目指し、海と大地の恵み(自然の素材)を活かして化粧品をつくることをモットーにしているモルトリーチェ にとっては相容れない素材ということになります。


自然派化粧品のいろいろ


自然化粧品が安全かどうかという前に、いったい自然化粧品とはどういう化粧品なのか理解する必要があります。

現在、自然化粧品の多くは、実際には「自然派化粧品」と言っていることが多いようです。

モルトリーチェ化粧品も「自然派化粧品」ということになります。

どういうことかと言うと、一般的に言われている自然化粧品は大きく分けると以下の4種類に分類することができるのではないかと思います。



全て自然原料で作っている化粧品(例えば、自家製ヘチマ化粧水などの純粋な自然原料の化粧品で何らかの化学物質を一切添加していないもの)

化粧品ベースに自然素材原料、配合成分に自然素材の成分を入れている。

化粧品ベースは鉱物油系原料、配合成分に自然素材の成分を入れている。

化粧品ベースには一部自然素材原料、配合成分に一部自然素材の成分を入れている。



この中で本当に自然化粧品と言えるのは、「〜瓦銅然原料で作っている化粧品」のみで、あとは全て「自然派化粧品」です。

そして、この中で最も危険な化粧品は意外にも、「〜瓦銅然原料で作っている化粧品」なのです。

自然原料の中には、効能効果という面で非常に期待できるものがたくさん存在します。

しかしながら、自然原料には酸化・変質する成分、肌に対して刺激物となる成分も含まれています。

自然のままで使用すると、何らかのトラブルを起こす可能性は大です。

いわゆる「生 もの」だからこそ心配な点があるのです。



ですから、100%天然原料を謳っている化粧品があって、それが仮に事実だとしても、何らかの化学的処置がなされて安定化した(変質しないようにした)原料でないと使えません。

そうでないと、化粧品会社としてその化粧品を広く販売しようとする場合、会社にもお客様にもかなりのリスクがつきまといます。

こういった化粧品は確かに原料は天然由来なのかもしれませんが、化学的処置をされた原料ということは、自然化粧品というよりは自然派化粧品ということになるのだと思います。

由来が全て天然だから100%自然化粧品ということになれば、鉱物油のもともとの原料である石油やその前段階の原油というのは天然に液状で存在するものですから、鉱物油使用の化粧品だって自然化粧品ということになってしまいます(これは少し屁理屈かもしれませが)。


自然派化粧品選択の重要なポイント


例えば、私達の肌を保護してくれる「皮脂膜」、これは私達の皮膚から分泌される天然のクリームとして肌にとってはたいへん大切なものです。

この「皮脂膜」が減少していくからこそ、化粧品で補う必要があるわけです。

しかしながら、この「皮脂膜」を大切な天然のクリー ムだからと、洗顔しないで肌に放置すると、そのうち酸化・変質し、まず肌がかゆくなり、そのうち肌トラブルの原因にもなってきます。

また、高級化粧品によく使用されるスクワランも、天然に存在する状態ではスクワレンといって安定性の悪い物質ですのでそのままは使えません。

スクワレンが空気酸化を受けて変質しないように水素を付加し更に精製して安定性を高めたものがスクワランということになります。

また、柑橘類に含まれるある種の香料成分はベルロック皮膚炎という重篤な光アレルギーを起こすことがあるのは有名な話です。

天然そのものだからいいというのは同時に危険性も併せ持っていることにもなります。



自然素材の原料を使用する場合に重要なのは、自然原料の中から不純物や酸化・変質しやすい成分や肌への刺激物となる成分を十分に取り除くととともに(精製に精製を重ね)、化学的にも安定化させることです。

大切なのは、本当に肌の健康にプラスとなる成分を取り出すことであり、そのためには自然原料の良い部分だけを利用して、化粧品に活かすという知識と技術いわゆるノウハウが必要になってくるわけです。

ですから、自然を標榜している化粧品こそ、よくよく吟味して選ばないといけないのかもしれません。


モルトリーチェの自然派化粧品造りの考え方


モルトリーチェでは、肌が本来持っている機能(保湿・バリア・再生機能)をサポートするという観点から、

人の皮脂膜に類似した化粧品造りには何が原料として適しているか(当然のことながら皮脂膜の欠点である変質の可能性は排除しないといけません)

肌(角質層)の保湿・バリア機能を維持 するには何が原料として適しているか

肌再生をサポートするには何が原料として適しているか・・・

肌細胞の活性化をサポートするには何が原料として適しているか・・・

などを考えた結果、原料を自然に求めたわけであり、決して、自然=安全というイメージ的発想からではありません。



肌に対して有用とされる原料や成分はたくさんありますが、肌を健やかに保つためには、まずは肌に負担をかけないスキンケアが大切です。

そのためには、肌に存在するものと同じか類似した成分を使う必要があります。

そして、自然界に存在するものが最も適切な原料であったといいうことです。

もちろん、自然原料の欠点=変質の可能性を排除することが前提です。

このように、モルトリーチェ化粧品が自然派の化粧品であるという場合、「肌に自然」そして「原料が自然」というふたつの意味合いがあります。

これは「肌本来の機能=肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートし、健やかな肌状態を保つためのスキンケア化粧品でありたいという願いからです。




モルトリーチェ化粧品の開発コンセプト・商品特長・商品設計・商品一覧等の詳細はモルトリーチェ公式サイトをご覧ください。

モルトリーチェ公式サイトはこちら

二つの意味で自然な化粧品 MOLTOLICE