美しい肌・若々しい肌・健康的な肌・・・その最も重要なポイントは、肌に水分が十分に保たれているかどうかです。

肌の水分不足は、様々な肌老化現象・肌トラブルの原因となってしまいます。

通常、肌の水分不足は、肌表面のカサツキ感やつっぱり感などで自覚するのですが・・・

時々、肌表面は潤っているように感じながらも(つまり肌乾燥の自覚症状が無いのに)、肌内部が水分不足に陥っていることがあって、これを「インナードライ」と言ったりします。

肌の水分不足が問題だと言っても、特に重要なのは角質層に水分が十分保たれているかどうかということです。


本当の肌の潤いは角質層の水分で決まる


健康的な肌は角質層の水分保有率が15%〜20%に保たれていて、10%を切ると様々な肌トラブルが発生しやすくなります。

肌表面の乾燥を自覚しなくても、角質層の水分保有率が低下しているということだってあるのです。

角質層は皮膚の一番外側にある層で、わずか0.02ミリほどの厚さながら、水分をしっかりと保つとともに(保湿機能)、外部からの異物の侵入を防いでいます(バリア機能)。

健全な肌であれば、潤いを守る3要素「皮脂膜」「NMF(天然保湿因子)」「細胞間脂質」により、角質層の水分を維持します。

しかし、これらの潤いを守る3要素は、加齢とともに減少しますし、紫外線の影響やハードな洗顔などによっても奪われます。

潤いを守る3要素が不足すると、角質層の保湿機能は低下し、水分は不足します。

また、バリア機能も低下しますので、外からの刺激成分が皮膚内部へ侵入しやすくなります。

同時に、新陳代謝にも悪影響を及ぼしますので、肌のメカニズムが乱れてしまいます。

肌はカサカサどころかガサガサ状態となり、これが、シワ・クスミ・タルミなど肌老化につながりますし、カユミや炎症といった皮膚トラブルなども発生しやすくなってしまいます。



特に、春から夏にかけては、発汗量が増えてきますので、一見肌表面が潤っているように感じますが、実際には、肌内部つまり角質層は水分不足に陥っているということがありますので要注意です。

また、日常生活の中で少しずつ浴びる紫外線については、その影響による肌ダメージもなかなか自覚しにくいものです。

肌老化や肌トラブルを防ぐためには、夏場も油断することなく、規則正しいスキンケアを行う必要があります。


肌本来の機能をサポートするモルトリーチェ化粧品


モルトリーチェ化粧品では、角質層を健全に保ち、肌機能をサポートすることを最大の目的として商品設計がされています。

例えば、クレンジングや洗顔は、角質層の保湿・バリア機能を損傷しないことを第一に考えた商品造りをしています。

化粧水・乳液・美容液などは、皮脂の不足を補うと共に、角質層の機能を支える細胞間脂質やNMF成分のはたらきをサポートするという考え方で配合成分を厳選しています。

また、肌細胞を健全に保ち、正常な新陳代謝が保たれるよう細胞賦活作用のある天然由来成分を各種配合しています。

このように、モルトリーチェでは、化粧品の役目は「肌が本来有している健康機能=肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートすることだという考えのもとで商品設計をしています。

そのため、化粧品に使用する成分は、肌に存在する成分と同じ成分、あるいは類似した成分、肌の機能を補う成分を自然界に求め採用しています。

肌本来の機能を適正に保ち、若々しく美しい素肌を維持するために、モルトリーチェ化粧品で夏のお肌をやさしくケアしていただきたいと願っています。



モルトリーチェ化粧品についての詳細は以下のページをご覧ください。

モルトリーチェ化粧品の開発コンセプト

モルトリーチェ化粧品の特長(美肌サポート)

モルトリーチェ化粧品の商品設計と配合成分

肌機能とモルトリーチェ化粧品