毎日新聞のネットニュースで、某化粧品メーカーが40歳前後のいわゆるアラフォー世代の女性を対象に調査したところ、70%以上の方が「20年前に戻れるなら、日焼け対策を必ずする」と答えたという記事がありました。

そりゃそうですよね。

私も20歳前後の頃は、日焼した黒い肌がカッコいいと思っていたので、ほんとよく海に行って肌を焼いたものです。

やっぱり後悔していますね。

顔の方は、こういった仕事を数十年やってるせいなのか、当時の日焼の名残りというのは少ないかなと思いますが、両肩から背中にかけてのシミがすごいんです。

背中って自分では見れないですし、全くケアしていなかったものですから・・・もっと注意しておけばよかったと強く思っています。

だって、太陽光のもとでしかできない仕事やスポーツをやっていたのなら別ですが、ただ単にカッコよさそうということで、皮膚細胞破壊光線=紫外線に自ら積極的にあたりにいくなんて・・・まさに後悔先に立たずです。

ということで、紫外線の脅威について、再認識してもらうために、以下のページをご紹介します。

紫外線は、肌を黒くするとか、シミの原因になるとか・・・そういったことだけでなく、肌細胞にダメージを与え、著しく老化を促進します。

後々後悔しないように、日焼対策やスキンケアを行っていただければと思います。

シミ・ソバカスだけじゃない!紫外線の悪影響いろいろ・・・その対策は?