前回に続いてテレビ関連ネタです。

昼間はほとんどテレビを見ることはないのですが、昨日は検査で病院へ行って、その待ち時間でロビーのテレビを見ていたら、地上波でも化粧品の通販番組って結構あるんですね。

今日やってたのは、洗顔用石鹸のようでしたが、いろんな芸能人が出てきてその良さをアピールしたり、素人さんが使用感や使用効果を話したりしていて、その中で何人もの女性(素人さん)の片手だけをこの石鹸で洗って、洗った後の左右の手の違いを見るというものがありました。

全て洗う方の手は左手で、洗った後、右の手と比べると明らかに白くなっているのです。

一回洗っただけで、手がこんなに白くなるのであれば、顔に使えば必ず美肌が実現できるだろうと思わせるものなのですが・・・

この方法って、お客様に対するデモンストレーションとしては、たいへん効果的で、前の化粧品会社でも販売員の中にはこういった方法をやってる人はたくさんいました。

でも、よくよく考えてみると、一回洗っただけで手が白くなるということは実はありえないことであって、まず黒さの正体というのはメラニン色素であって、メラニン色素は皮膚内部にあるわけですから、これを一回洗うことで消すなんてことはできないわけです。



それでは何故、右手よりも左手が白くなったかというと、これはメラニン色素が消えたとか取れたとかいうことではなくて、手に付着している皮脂、汚れ、古い角質といったものが取り除かれたことにより、白く明るく見えるということです。

通常、両手一緒に洗ったりするわけですが、洗った後時間が経過するにつれ、皮脂が出てきてそこに空気中のチリホコリなど汚れが付着しますし、役目の済んだ古い角質細胞も肌表面に残存した状態にありますので、これらの影響で手も少しずつ黒ずみます。

両手一緒に洗っていて、同じペースで少しずつ黒ずみますので、通常はあまり気づかないのですが、一方の手だけ突然洗ったりすると、そういった黒ずみの原因が除去されますので、片方の手は白く見えます。

それから、多くの場合、右手と左手を比較すると、右ききの多い日本人の場合、左手と比べ右手の方がいくぶんか黒くなっている方が多いようです。

ですから、こういったデモンストレーションを行う場合は左手で行うのが一般的で、左手に石鹸などつけて洗って、洗った後両手を比較すると、左手の方が明らかに白く輝いて見えるということです。

もし、本当に一回洗っただけで白くなる石鹸があったとすれば、それはそれで危ないということで、洗顔に使用するなんてとんでもないということになります。



ということで、今お手持ちの石鹸で、昼間左手だけ洗ってみると、右手よりも白くなってることが分かると思います。ただ、分かりやすいのは夏場ですね。皮脂や汗の分泌も多く汚れ成分も付着しやすいですから。

重要なのは、こういった石鹸を顔に使った場合なのですが、顔は手よりもたいへんデリケートなので、皮脂、汚れ、古い角質といった除去すべき付着物を無理に取り去ろうとすると、刺激となったり、角質層の保湿機能を低下させたりしますので、洗顔剤の選択と洗顔の方法は注意が必要です。