このブログで何度か書いてきたことですが、クレンジングで肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまい、いつの間にか肌乾燥や肌荒れになってしまうということがあります。

特に、寒い冬から暖かい春へと向かうこれからの季節というのは、ホルモンバランスの乱れもあり、肌状態が不安定になりがちですから、その危険性は高まります。

かといって、メイクアップをしている以上、クレンジングはしないわけにはいけません。

肌表面の付着物というのは、そのままにしておくと、それが肌への刺激物となって、これまた肌トラブルの原因となってしまうからです。

肌表面の付着物の中でも、メイクアップというのは基本的に油性成分ですから、これは水洗いや石鹸あるいは洗顔フォームなどでは完全に取り去ることは難しいので、メイク落とし用のクレンジング剤が必要になってきます。



面倒だからということで、石鹸や洗顔フォームでメイクアップも落としてしまおうとしても、通常の洗顔用の石鹸類ではメイクアップの油分を完全に取り込むほどの強い洗浄作用はありませんので、いくらかのメイクアップの油分が残ってしまうことになります。

中には、メイク落としまでできる洗顔フォームというのがありますが、もしメイクアップを完全に落とすことができるのであれば、それはそれで通常の洗顔石鹸や洗顔フォームよりも強い洗浄成分、つまり作用の強い界面活性剤の力によるものと思われます。



それから、拭き取るだけでOKというクレンジング用品もありますが、これも拭くだけで果たして完全にメイクアップが落とせるのかということもありますし、落とすためにはやはり作用の強い洗浄成分が必要ですし・・・

何より拭き取るという行為そのものが肌への摩擦つまり刺激となったり、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまったりという可能性も高まります。

肌を健やかに保つ、美肌を維持するというのは、何より自分の肌に対する愛情というのが大切で、何でも簡単に済ませてしまおうというと、そこには問題も出てくるということです。



ここで言う、肌の保湿機能やバリア機能というのは、皮膚最上層の角質層の機能のことなのですが、角質層が適正な層構造を保ちそこに細胞間脂質やNMF成分といった潤い成分が十分に存在することで、こういった機能というのは維持されています。

しかし、この角質層というのはわずか0.02ミリほどしかない層ですから、強く擦ったり、作用の強すぎる洗浄剤を使ったりするとすぐに傷ついてしまい、その機能は低下してしまいます。

このように、肌というのはデリケートで、ちょっとしたことで状態が変化しやすいものです。

ですから、クレンジングの方法やクレンジング剤の選択というのは、たいへん重要です。



クレンジングの方法やクレンジング剤の選択が適切でなかったとしても、摩擦による刺激というのは顔に赤みや痒みなど何らかの異常を感じて分かりやすいのですが、少しずつ角質層の層構造が傷ついているということはすぐには分かりにくいものです。

化粧水などで保湿対策はしているはずなのに、いつの間にか肌が乾燥しやすくなったり、肌荒れがしやすくなったりというのは、クレンジング(あるいは洗顔)が原因ということも考えられます。

どういったクレンジング(あるいは洗顔)を日頃行っているか見直してみてはいかがでしょうか。



忙しくて、あるいは疲れ果てて、毎日きちんとクレンジングを行っていないというのは・・・これは絶対にいけません。明らかに自分の肌への愛情が足りないということになります。

なお、この記事の中で、クレンジングもできる洗顔フォームや拭き取りタイプのクレンジング用品のことをあまりおすすめできないように書きましたが、どうしても面倒な方はこういった製品を使ってでもまずは毎日きちんとメイクアップは落とすということが必要です。

ただ、日々のクレンジングというのは、クレンジング剤でメイクアップを浮き上がらせ取り込んで落とす、そして洗顔フォームと水で洗い流すといった2ステップでのクレンジングというのが、メイクアップやその他の汚れをを完全に落としながらも、肌への刺激を与えず、肌本来の機能も守ることができますので、おすすめしたいところです。




モルトリーチェのクレンジングクリームは、肌の保湿機能やバリア機能を守りながらやさしくクレンジングやマッサージができるよう商品設計されています。

以下のページでご案内していますので、是非一度ご覧ください。

モルトリーチェクレンジングクリームのご案内はこちら

MOLTOLICEクレンジングクリーム