前回のブログ記事で、メイクアップをしている以上、クレンジングをきちんとしないといけませんよということ、でも、クレンジングが原因で肌乾燥や肌荒れを引き起こすことがありますよということを書きました。

どういうクレンジングをするかという以前に、メイク落としを日々きちんと行うことがまずは大切なので、そのためには簡単にメイク落としができるクレンジング用品(例えばメイク落としもできる洗顔フォームやメイク落とし用拭き取りシートなど)もそれなりに意味があるということも書きました。

ただ、手っ取り早くメイクアップを落とそうとして、毎日毎日、こういったクレンジングを続けていると、肌本来の保湿機能やバリア機能を低下させてしまうことがありますので、あくまで緊急用と考えるべきかなと思います。

油性成分でしかも密着性の高いメイクアップを簡単に落とせるということは、そこには強力な洗浄成分、つまり作用の強い界面活性剤の力が必要となりますし、拭き取りシートなどの場合、どうしても肌を擦ってしまい、それが刺激となる場合もありますし・・・継続的なご使用にはあまりおすすめできません。


肌に良いクレンジグとは・・・


それでは、どういうクレンジングが肌にとって良いのかということですが・・・

クレンジングを行ううえで、重要と思われるポイントを以下にまとめてみました。

クレンジングの際は、肌に負担や刺激を与えないように、決して強く擦らない。また、強く擦らなくても、メイク落としができるクレンジング剤を使用する。

洗浄力の強すぎるクレンジング剤は避ける。角質層を必要以上に取り込んでしまい、角質層の機能を低下させてしまう可能性がある。

さらに、洗浄力が強いクレンジング剤には、作用の強い界面活性剤が使用されている可能性があり、こういった界面活性剤の中には、肌への浸透力が強く、肌への刺激となるものもある。

逆に、洗浄力が弱すぎるクレンジング剤ではメイクアップを十分に取り込めず、メイクアップが肌に残存してしまうことがある。

なお、肌への刺激を極力少なくするために、クレンジング剤の構成成分は肌への安全性、肌との相性・馴染みに優れたものが良い。

さて、これを読むと、肌に良いクレンジングというのがますます分からなくなったと思う人もいるかもしれません。

強く擦らずにメイクを落とすためには、強い洗浄作用は必要なはずだけど、それは良くないというし、かといって洗浄作用が弱いクレンジング剤も良くないというわけですからね。


モルトリーチェのクレンジング剤について


でも、こういった矛盾点といいますか、相反する要件を満たすようなクレンジング剤もあります。

モルトリーチェのクレンジングクリームは、こういった相反する要件を満たし、メイクアップをきれいに取り除きながらも肌本来の機能を守るように開発されたクレンジング剤なのです。



まず、モルトリーチェのクレンジング剤の成分構成ですが、主成分はオリーブスクワランや大豆由来脂肪酸など植物由来の油脂成分によって構成されています。

これは肌成分(皮脂成分)と類似した成分を植物由来原料に求めたためであり、肌に対してマイルドで、肌への馴染みに優れています。



また、洗浄成分はオリーブスクワランや低刺激で安全性の高い植物系&アミノ酸系界面活性剤を使用しており、クリームを肌表面にやさしく伸ばしていくとメイクアップとすぐに馴染みしっかりと取り込むことができます。

これは、メイクアップがクレンジング剤の油性成分の中に溶け込んで、細かな粒の状態になり、それを水分が包みこんだ状態です。

ですから、親水性が良く、水で簡単洗い流すことができます。つまり、肌を擦ることもなく(肌に刺激を与えずに)メイクアップをきれいに取り除くことができます。



ただ、それでも、クレンジング剤の油性成分が肌表面に若干残ってしまいますので、クレンジングの後は洗顔フォームをよく泡立て洗い流すことで、ほぼ完璧にクレンジングを完了することができます。

このように、クレンジング剤でメイクアップを取り込み水で洗い流す、そしてその後洗顔フォームで洗い流すというふうに二つのステップを要しますので、若干面倒くさいと思う人がいるかもしれませんが、肌への刺激を与えず、肌本来の保湿機能やバリア機能を損なわないクレンジングのするためには必要な手間と考えていただきたいと思います。

なお、モルトリーチェのクレンジングクリームは、天然由来の各種美容液成分や植物エキスをふんだんに配合し、やさしくクレンジングしながらも肌を若々しく健やかに保つよう配慮しており、マッサージクリームとしてもご使用いただけます。




モルトリーチェのクレンジングクリームの詳細ご案内はこちら

MOLTOLICEクレンジングクリーム


過去のクレンジング関連ブログ記事もよかったらご覧ください。

関連ブログ:クレンジングで肌傷つけていませんか?

関連ブログ:肌乾燥を防ぐためにクレンジング剤の選択はとても大切