モルトリーチェで取り扱っているホワイト・セラムHQは、強い美白効果が期待される「ハイドロキノン」をナノカプセルに封じ込めて、成分としての安定度を高め配合した製品です。

ハイドロキノンという成分は、メラニン色素の生成を抑える作用に優れ、またできてしまったメラニン色素を還元作用により薄くする作用もあるとされ、その美白効果そのものは以前から有名でした。

ただ、化粧品に利用するには、いくつか問題があるため、まだまだメジャーな成分とは言えないようです。

どういう問題かというと、まず成分として安定性が悪いということ、つまりすぐに変質し劣化してしまうということです。

変質しやすいということに加え、皮膚刺激性も強いので、化粧品に配合した場合、品質保持の問題と皮膚トラブルの問題が発生します。

ハイドロキノンが美白成分としてはたらくためには、表皮基底層のメラノサイト(メラニン生成細胞)まで到達する必要があります。

メラノサイトにおけるメラニン色素の過剰生成を阻止するというのが、ハイドロキノンの主な美白作用だからです。

これは、ビタミンCなども同じですが、理論上どんなに優れた美白作用があったとしても、その活躍の場(つまりメラノサイト)に行き着くことができなかったら意味がありません。

ハイドロキノンの安定性の悪さというのは、そのまま浸透効率の悪さにつながります。そして、それをカバーし美白効果を求めるためには、配合濃度を高めないといけなかったりします。

そうなると、今度は皮膚刺激性がさらに心配になってきますし、品質を保持するために保管にも気を使いますし、それでも変質が心配なので、少量単位でしか提供されなかったりします。

このように、ハイドロキノンの利用にはいろいろと問題があり、少し前までは化粧品への配合自体が法的に許されず、皮膚科等の医師の処方でのみしか使用できませんでした。

現在は、規制が緩和され日本でも化粧品への配合が許されていますし、ハイドロキノン配合の輸入化粧品なども出回っていますが、高濃度のハイドロキノンについてはやはり医師の監督のもとでの使用が望ましいと思います。

ということで、こういったことをふまえた上で、ホワイト・セラムHQという商品をご紹介させていただきます。


安定化ハイドロキノン配合「ホワイト・セラムHQ」について


ホワイト・セラムHQはハイドロキノンを直径100nm(髪の毛の1/1000)のナノカプセルに封入して配合しています。

ナノカプセル化することで、空気に触れると変化しやすいハイドロキノンを安定した状態で配合することができました。

さらに、ナノカプセル化することで、浸透効率が高まり、ハイドロキノン濃度を抑えながらも、その美白作用が発揮できるようになりました。

また、ハイドロキノンが、皮膚表面への直の接触を回避しながら、深部へ浸透することができますので、皮膚刺激性の心配も少なくなりました。

このように、ホワイト・セラムHQは、ハイドロキノンの美白作用をそのままに、成分の安定性の問題や皮膚刺激性の問題をクリアした商品ということになります。


美白対策のために必要なこと


ここまで書くと、ホワイト・セラムHQはさぞ効き目があるんだろうな・・・とお思いになるかもしれません。

実際、プレゼント企画へのご応募の皆様のコメント欄を読ませていただくと、かなり強い効果や即効性を期待されている方が多いように思います。

ただ、シミ・ソバカス・色素沈着というのは原因も様々ですし、単純にこのホワイト・セラムHQを塗ればたちまち白くなるということではありません。

ホワイト・セラムHQのハイドロキノン配合濃度は1.9%と低く抑え、皮膚への安全性を保ちながらも、ナノカプセル化することで浸透性を高め皮膚内部で効率よくその作用を発揮するようにしたものです。

1.9%の配合濃度ながら、ナノカプセル化したことで、通常のハイドロキノン濃度4%と同等の成分効果が確認できていますので、皮膚への刺激を心配せずに安心して美白対策に取り組むことができる商品です。

これは、どういうことかというと、あくまで皮膚への安全性や品質の保持を最優先に考えながら、その中で美白作用をギリギリまで追い求めたということです。

確かに、もっと高濃度のハイドロキノン配合のものであれば、このホワイト・セラムHQよりも強い美白効果が期待できるかもしれません。

弊社でも、研究開発の一環として配合濃度10%のハイドロキノンを試作して数十人の方に試用してもらったこともありましたが、美白効果が確認できた方は相当数いらっしゃったものの、かゆみや赤み、さらには軽い炎症などが起こる確率も高く、一般化粧品として製造販売するのは難しいようでした。

やはり、こういった高濃度のハイドロキノンというのは、医師の指導のもとで使用すべきものだろうと思います。

ただ、今はハイドロキノンの使用以外でも、レーザー治療などいろいろと方法はありますので、即効性を求めるのであれば、皮膚科や美容整形の病院で相談した方が良いと思います。

ホワイト・セラムHQは、あくまで化粧品であり、健やかな肌状態を保ちながら、継続してご使用していただくことで、メラニンの過剰生成を落ち着かせようという商品です。

そのためには、まずは、メラニン色素の過剰生成の原因となる紫外線から肌を防御することが必要です。

また、生成されてしまったメラニン色素がスムーズに排出されるように肌の新陳代謝が適正に行われる必要もありますので、保湿対策やマッサージなど日頃の地道なスキンケアが重要になってきます。

もちろん、バランスのとれた食事、十分な睡眠、そして心身の健康といったことも大切です。

シミ・ソバカス・色素沈着というのは、いろいろな要素が関係して発生しますので、どんな美白化粧品でも同じですが、含まれる美白成分だけに過度な期待をするのではなく、まずは肌の状態を健やかに保つことが美白対策の前提条件だと考えるべきだと思います。

なお、美白対策については、モルトリーチェ公式サイト内の以下のページもご覧ください。

シミ・ソバカス・色素沈着を防ぐ美白対策

ホワイト・セラムHQの商品案内ページはこちら