先日、化粧水の使用方法についてご質問を頂戴しました。

モルトリーチェの化粧水をスプレー式容器に移し変え、顔に噴射するような使用方法はOKか?という内容のご質問でした。

モルトリーチェの化粧水は粘度はそんなに高くありませんので、ご質問にあるようなご使用方法でも特に問題は無いと思います。

ネオ・ボーテの化粧水については、これは粘度が高いので(とろりとした使用感)、スプレーするのは難しいと思います。

注意していただきたいのは、移し変える容器に雑菌などが残っていてはいけないので、きれいに洗浄し乾燥させた上で移し変える必要があるということ。容器が耐熱のものであれば、できれば熱湯消毒した方が良いでしょう。

ただ、容器を移し変えるという手間をかけてまで、化粧水を顔にスプレーしたとして、それだけのプラスの効果があるのかというと少し疑問です。

化粧水をスプレーするというのは、手やコットンに化粧水をとる必要がなく、簡単手軽に肌水分の補給ができそうで、それは確かに利点ではあります。

しかし、化粧水で補給する水分というのは、あくまで一時しのぎの乾燥防止にしかならず、水分そのものはすぐに蒸発してしまいます。

大切なのは、肌の表面上に水分があることではなくて、肌の角質層の水分が十分に保たれていることです。

そのために、化粧水には水分と一緒に各種の保湿成分や美容成分が配合され、角質層の潤い成分を補給するとともに、角質層の水分が失われないようにつなぎとめているわけです。

こういった保湿成分や美容成分というのは、角質層の角質細胞と角質細胞の隙間から浸透していきますので、手を使ってやさしく馴染ませる方が良いと思います。

スプレーした場合でも、そのままにしておくのではなくて、やはり手を使って馴染ませるということが必要だと思いますし、ということであれば、わざわざスプレーを使う必要も無いのかなということになってしまいます。

それに、水を顔などにスプレーした場合、確かに気持ちよいし、一時的であっても肌の乾燥が防げたような気もするのですが、水が蒸発する際に一緒に肌の潤い成分も蒸発してしまうということを指摘する方もいます。

ということで、わざわざ化粧水をスプレー容器に移し替えるよりは、手にとってつける方をおすすめしたいと思います。

なお、化粧水のつけ方については、このブログでもとりあげていますので、よかったら下記ブログ記事もご覧ください。

ブログ記事:化粧水の使用方法(つけ方)についての疑問