9月に入り、暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続いています。

もう少し涼しくなって、湿度も下がってくると、肌乾燥が気になる方が多くなってくると思いますが・・・

夏場、そして今の時期というのは、まだまだ汗や皮脂の分泌が多いので、肌乾燥をあまり意識しないかもしれません。

しかし、肌表面が潤っているように思えても、肌の内側、特に角質層は水分不足になっているということ(インナードライ)もあります。

肌を健やかに保ち老化を遅らせるためには、そういった角質層の水分保持能力こそがたいへん重要なポイントです。

参考ブログ記事:夏場も油断しないで!保湿対策は大切

角質層に水分が十分に保たれている状態というのは、バリア機能も正常に保たれ、新陳代謝も適正に行われている状態でもあります。

しかし、加齢とともに、角質層の保水機能やバリア機能、さらには新陳代謝の機能というのは衰えていきますし、紫外線はそれをさらに加速させます。

もちろん、体調不良やストレスなどもこういった肌機能の低下を早めます。

特に、今の時期は夏の強い紫外線で肌細胞が傷つけられ、肌本来の機能が低下し、角質層の水分保持力も低下している可能性があります。

そういった時に是非おすすめしたいのが、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」です。

モルトリーチェの化粧水スキンローション」は、海と大地の恵みの高保湿成分をふんだんに配合するとともに、保湿力をはじめとした肌本来の機能を適正に保つために、各種の肌再生サポート成分を配合しています。

これから肌乾燥や肌機能低下がさらに心配な秋冬がやってくわけですから、その前に、夏の紫外線の肌後遺症を防ぎ、健やかな肌状態を保っておくということは、肌老化防止のためにはたいへん重要です。

肌機能の低下を補い角質層の水分を適正に保つためのお手入れに、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」をどうぞよろしくお願いいたします。


肌本来の保湿機能をサポート!
角質ケアで肌再生もサポート!
潤いを保ちつややか透明肌へ導く!
モルトリーチェの化粧水




MOLTOLICE スキンローション

モルトリーチェ化粧品の基本コンセプトというのは、海と大地の恵みを活用し肌本来の機能(=肌が自ら美しくなろうとするチカラ)をサポートしようというものです。

化粧水の一般的な使用目的は、保湿・整肌・柔軟・収れん・ペーハー調整・・・などいろいろありますが、やはり最大の目的というのは保湿であり、肌の潤い保つことにあると思います。

ですから、モルトリーチェの化粧水スキンローションの基本コンセプトは、海と大地の恵みといった天然由来成分の活用により肌本来の潤い機能(=自ら潤うチカラ)をサポートし、肌水分を十分に保つということにあります。


 潤い成分の補給


まず、肌(角質層)の潤い成分の減少を補うという考えから、海由来の高保湿成分を2種類、肌の潤い成分NMFを構成する各種のアミノ酸(10種類)を配合しています。


 角質ケア


さらに、マルチフルーツ酸を配合することで、不要な古い角質の脱落を早め、角質層を健全な状態に保ちます。

これは、くすみの無い透明感のある肌に導くということになりますし、何より新陳代謝のための肌環境を整えるということにもなります。


 健全な角質層の形成


その他、バイオダインTRFといった肌細胞活性化成分や9種類の植物エキス、3種類の植物精油などを配合しています。

肌再生をサポートし、十分な保湿機能を有する健全な角質層の形成に寄与するためです。



このように、モルトリーチェのスキンローションは、単に潤いを与えるだけではなく、肌本来の潤い機能そのものが適正に保たれるように考えて開発された化粧水です。

冬場の肌乾燥にはもちろん、夏のインナードライ肌やクスミ肌にも是非おすすめしたい化粧水です。


モルトリーチェ化粧水スキンローションのさらに詳しい情報はこちら