肌の悩みの中で、「毛穴の黒ずみ」というのはかなり上位にランクされているということで、今日は毛穴対策について書いてみたいと思います。

毛穴の黒ずみを気にされている方で、毛穴用パックやスクラブ入り洗顔料などを使用されている方が時々いらっしゃいます。

これはこれで、毛穴の黒ずみを簡単に解消できるというメリットはあるのですが、あくまで応急処置的な解消法であり、しばらくするとやはり毛穴が黒ずんできたりして、根本的な解決にはなっていない場合があります。

また、毛穴用パックやスクラブ入り洗顔料というのは毛穴や肌表面の汚れを取り去る力がたいへん強いため、必要以上に角質層を剥がしたりして、肌本来の保湿機能やバリア機能を低下させてしまうことがあります。

その結果、肌は乾燥しやすくなり肌老化が加速したり、バリア機能も低下して様々な肌トラブルが発生しやすくなったりと、いろいろ心配な点がありますので、あまりおすすめはできません。

こういった製品を使用される場合は、あくまで一時的な対処方法であると認識して、あまり頻繁に使用しない、継続的に使用しないということが大切なように思います。

それでは、毛穴の黒ずみを解消するためには、どのようなケアを行ったらよいのでしょうか。


毛穴の黒ずみの正体は?


まず、毛穴の黒ずみの正体ですが・・・これは、毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される皮脂がその正体です。

皮脂というのは本来そんなに黒くないのですが、毛穴に詰まった状態で時間が経過すると空気と触れて酸化してしまいます。

さらに、肌表面に付着する様々な汚れや古い角質、落としきれなかったメイクアップなどが混じり合い、黒くなってしまいます。

ですから、毛穴パックを使用した場合、毛穴パックに付着してくる角栓は白っぽい色をしています。

これは皮脂という油が固まったものですが、空気と触れていない、あるいは汚れと混じり合っていない部分はこのように白っぽい色をしており、肌の表面に見える毛穴部分は黒っぽくなっているわけです。

このように、皮脂が毛穴に詰まった状態にあることから、毛穴の黒ずみというのは発生するのですが、これは皮脂の過剰分泌が原因です。

ただ、多少過剰に分泌されたとしても肌表面に広がった皮脂は正しい洗顔によって取り除けば毛穴が黒ずむということはあまりありません。

しかし、洗顔で落としきれなかった皮脂が毛穴に残り、そこに様々な汚れが混じり合うと、毛穴が黒く見えるといった外見上の問題はもちろんのこと、毛穴をふさいでしまい肌表面に出てくるはずの皮脂がせき止められ固まりとなり、ここにアクネ菌が繁殖してニキビが発生するなど、さらに問題が深刻化してしまいます。


毛穴対策の基本は正しい洗顔


こういった毛穴の詰まりを防ぐ、あるいは取り除くためには、正しいクレンジングと洗顔が基本となります。

ただ、ここで注意していただきたいのは、毛穴の汚れや余分な皮脂をしっかり取り除こうとして、強い洗顔料や肌を擦るようなハードな洗顔は決して行わないということです。

きれいに落としながらも、肌表面(角質層)を傷つけないということを考えないといけません。

そのためには、メイクアップなど油性の汚れを落とすクレンジング剤とその他の汚れを落とす洗顔剤は別々に考えた方が良いと思います。

まず、メイクアップや皮脂などの油性の汚れは、 肌への刺激が少なく、なおかつ水とも馴染みやすい油性成分を主体としたクレンジング剤で取り込み、それを洗い流す。

そして、その後に、残ったわずかな油分やその他の汚れを洗顔剤を使って洗い流します。

洗顔剤は、手で強くこすらなくてよいように、しっかりした泡立ちが得られるものを使い、その泡を動かすようなイメージでやさしく洗顔します。

メイクアップをしてない場合は、洗顔剤のみで汚れを洗い流します。

すすぎを入念に行い、洗顔料が肌表面に残らないようにすることも大切です。

ふき取りもやわらかいタオルを使い、こすらずにやさしく抑えるようにして水気をとります。

このような、クレンジングと洗顔を分けて2ステップで行うのが、肌を強く擦ることもなく、汚れをきれいに取り除くことができますので、おすすめです。



参考までに以下のページもご覧ください。

スキンケアご使用方法(モルトリーチェ公式サイト内)

肌乾燥を防ぐ正しい洗顔について(モルトリーチェ公式サイト内)

関連ブログ記事:クレンジング剤の選択について


毛穴の詰まりをとれやすくするために


それから、毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くには、入浴時の洗顔が効果的です。

入浴で体を温めたり、お風呂の熱気により、毛穴を開かせるとともに、固まった皮脂をやわらかくしてとれやすい状態にします。

この状態で洗顔を行うと強い刺激を与えることなく毛穴の詰まりを除去することが可能となります。

春から夏にかけては、皮脂の分泌が増えてきて毛穴の黒ずみが気になるという方も多くなりますが、夏場もシャワーだけで済ますのではなく、しっかり入浴して毛穴の詰まりがとれやすくすることも必要です。

また、お風呂に入るのと同じような効果(あるいはもっと強い効果)があるのが蒸しタオル美容法です。

ただ、高温の蒸しタオルを顔にのせるというのは、火傷の危険性もありますし、肌への刺激となって逆にトラブルの原因となることもありますので、注意が必要です。

蒸しタオル美容法については、冬場の肌乾燥防止や血行促進のための方法として、このブログでご紹介したことがありますので、そのブログ記事の中の注意事項を参考にしていただきたいと思います。

参考ブログ記事:冬の肌に気持ちいい蒸しタオル美容法


ピーリングジェルもおすすめ(ただしマイルドなもの!)


基本的には、丁寧かつやさしい洗顔で皮脂や肌表面の様々な付着物をきれいに取り除く、そしてこういったものが毛穴に詰まらないようにするというのが毛穴対策の基本です。

多少の毛穴の詰まりも、こういった洗顔を行っていると取り除かれてきます。

ただ、既に毛穴に皮脂が詰まった状態で、しかもそれが長期化してしまうと、洗顔だけではなかなか毛穴の黒ずみがとれないということになったりします。

本当は、洗顔だけではとれないという状態にならないよう注意しないといけないのですが・・・

こういった場合、冒頭でも述べましたように、毛穴パックやスクラブ入り洗顔料などで、手早く取り去ってしまおうと考えがちです。

頻繁に使わなければ、それでもよいのかもしれませんが、ここではモルトリーチェの取り扱い商品の中からマイルドなピーリングジェル「クリア・ピールジェル」をおすすめしたいと思います。

毛穴パックやスクラブ入り洗顔剤などよりも肌にやさしく、肌本来の保湿機能やバリア機能の低下がないように配慮されています。


マイルドピーリングジェル「クリア・ピールジェル」のご紹介


肌表面に残存する古い角質や肌の付着物を優しく除去するピーリングジェルです。

表皮角質層を強制的に剥がすのではなく、タンパク質のみに反応する吸着成分により、表面の老朽化した古い角質のみをを優しく取り除きます。

ピーリングと同時に、毛穴に詰まった汚れを除去し毛穴を目立たなくします。

ピーリングしながらも、角質層の保湿・バリア機能を低下させないよう配慮されています。

肌表面の古い不要となった角質のみを除去し、必要以上に角質を取り除きませんので、通常のピーリングのような強い刺激はありません。

古い角質を除去することで、クスミを防ぎ透明感のあるクリアな肌へ導きます。ピーリングの後はとても滑らかになった肌を実感することができます。

ピーリング効果により、新陳代謝のための肌状態を整え、若々しい肌を保ちます。

クリア・ピールジェル

クリア・ピールジェルの詳細はこちら

ということで、毛穴対策については、今回はこのくらいで一旦終わりにしたいと思います。

ただ、毛穴の黒ずみの根本原因である皮脂の過剰やその他の対策について、まだまだご案内できてないこともありますので、毛穴対策関連のブログ記事はこれからも書いていきたいと思っています。



毛穴の黒ずみ対策については、以下のブログ記事もご覧ください。

関連ブログ記事:毛穴の黒ずみ対策について