ここ最近、とてもとても暑い日が続いています。

そして、焼け付くような太陽の光が毎日たっぷりと降り注いでいるのですが・・・

街を歩いていると、意外にも紫外線対策に無頓着な女性が多くて、大丈夫なのかなと他人事ながら心配になります。特に、若い女性に多いですね。

日傘は差していないし、帽子はかぶっていないし、タンクトップにショートパンツだし、濃い色のサングラスはしてるけどノーメイクだし・・・紫外線に対して全くの無防備という女性もよく見かけます。

まあ、紫外線対策を完璧にやろうとすれば、ファッション性を犠牲にしないといけないし、暑さとの戦いともなるわけで、難しいとは思うのですが・・・

せめて日焼止め化粧品とか使っているのだろうかとか、何度も塗りなおしているだろうか・・・などと、これは商売抜きで心配になったりするわけです。

若い頃は、新陳代謝も活発なので、紫外線で何らかのダメージを受けてもそのうちに回復するだろうと思い、本人としてはそれほど心配していないのでしょうが、紫外線の悪影響というのは蓄積すると言われています。

若い頃の日焼が原因で、中年以降にシミや深いシワが発生するということはとても多いのです。

絶対に油断はしてはいけないと思います。紫外線をなめてはいけないのです。

とはいっても、紫外線対策を完璧に実行するというのは確かに難しいとは思います。

ただ、紫外線とは危険なものなだという認識を持ち、少しずつでもいいから、何らかの紫外線対策を取り入れていってもらいたいと思います。

日常生活の中での紫外線対策について下記のブログ記事でご紹介していますので、よかったらご覧ください。

日常生活の中で紫外線からお肌を守る方法