すっかり秋らしい気候となりました。といいますか、朝晩は涼しいというより寒いです。

肌のお手入れについて言えば、この時期に夏の肌ダメージをケアして、健やかな肌状態を保つことが必要です。

冬が近づくにつれ、大気は乾燥しますし、気温も下がります。皮脂などの分泌機能も低下し、血行も悪くなります。

これから、肌環境はどんどん厳しくなるわけですから、夏の間に受けた肌ダメージをかかえたままで冬を迎えてしまうと、肌の老化現象が一挙に現れる危険性があります。

この時期にきちんとお手入れして、肌の状態を健全にしておくというのはとても大切です。


夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス」を防ぐために


夏の肌ダメージのひとつとしては、紫外線を浴び続けたことによる、メラニン色素の大量生成、そしてそのメラニン色素が肌内分に残存することによるシミなど色素沈着の発生があげられます。

春から夏にかけて、どんなに紫外線を防ごうとしても完全には防ぐとことができません。どうしても、秋や冬よりも多くの紫外線を浴びてしまいます。

メラニン色素の生成が活発化し大量のメラニン色素を生み出すというのは、別に肌ダメージというわけではなく、むしろ皮膚深部に対する紫外線の悪影響を防ぐためですから、これはこれで私たちの皮膚、さらには身体にとって必要な機能です。

健やかな肌状態であれば、メラニン色素は新陳代謝によって古い細胞が垢として剥がれ落ちる過程で一緒に排出されていき肌内部に残るということはありません。

また、秋になって紫外線の脅威が小さくなると、メラニン色素の生成も落ち着いてきますので、そのうちに肌の色も元に戻ります。

しかし、大量のメラニン色素が生成された場合や、肌の新陳代謝の機能が低下していたりすると、メラニン色素が完全には排出されず、肌内部に残存してしまうことがあります。

そして、これがシミやソバカスの原因となってしまいます。いわば、夏の紫外線の後遺症ということになるわけですが、これは、なるべく早く対処しないと、時間が経てば経つほど、解決が難しくなります。

ですから、後々、シミやソバカスで悩まないようにするには、今の時期にきちんと対処することが重要です。


メラニン色素の生成を沈静化するために
秋も紫外線に対する注意を怠らない!



まず、必要なのは秋になっても紫外線に対する注意を怠らないということです。

秋になると、紫外線の量は少なくなっていますが、それでもある程度の紫外線は降り注いでいます。

紫外線というのは、可視光線ではありませんので目に見えません。つまり、まぶしさを感じません。また、熱さも感じません。

秋になって日差しもやわらかくなったしということで、油断していると思った以上に紫外線を浴びているということがあります。

秋になっても、紫外線を浴び続けていると、メラニン色素の生成が沈静化せずにシミやソバカスが発生しやすくなるというのはもちろんのこと、紫外線というのは肌の保湿機能やバリア機能、そして新陳代謝の機能にも悪影響を与えますので、肌の状態がなかなか健全な状態になりにくいということになります。


「シミ・ソバカス」を防ぐために
適正な新陳代謝でメラニン色素のスムーズな排出



それから、夏の間に大量に生成されたメラニン色素をスムーズに排出させるためには、新陳代謝が適正に行われることが必要です。

新陳代謝が適正に行われるためには、マッサージなどで血行を良くして、肌細胞に栄養が十分に供給されることも必要ですが、肌表面、特に角質層の状態を健全に保つことも大切です。

新陳代謝と角質層の状態というのは密接に関係しています。

適正な新陳代謝が健全な角質層を形成しますし、逆に、健全な角質層の状態においてこそ適正な新陳代謝が行われるということです。

健全な角質層というのは、新陳代謝によって肌内部(表皮基底層)から押し上げられてきた細胞が角質細胞として規則正しい層構造を形成し、そこに細胞間脂質やNMFなどの保湿成分が存在し、十分な水分を保持した状態です。

この状態は、肌の潤いがしっかり保たれ、外部からの異物の侵入がしにくい状態、つまり肌の保湿機能やバリア機能が正常に保たれている状態です。

加齢とともに新陳代謝が鈍化すると健全な角質層が形成されなくなり、肌から潤いが失われやすくなります。

また、角質層が損傷を受けると、それを修復しようと新陳代謝のサイクルが急激に早くなり、未成熟な細胞によって角質層が形成されることで、十分な保湿機能やバリア機能を有しない角質層となってしまいます。

ですから、適正な新陳代謝を保つには、角質層をケアしその機能(保湿機能・バリア機能)をサポートすることが重要です。


角質層を健全に保つことが
「シミ・ソバカス対策」にもつながる



角質をケアし健全に保つには、まず正しい洗顔が必要です。

肌表面を清潔に保ち、肌への刺激となる付着物を取り除きます。また、古い不要な角質が残っていたら、それを剥がして除去します。

ただし、この洗顔の際に、肌に強い刺激を与えたり、必要以上に角質を除去したりすると、角質層を傷つけたりして、その保湿機能やバリア機能を低下させてしまいますので、注意が必要です。

適切な洗顔剤を使用して、正しく洗顔することが大切です。

もちろん、保湿対策も不可欠です。

化粧水、乳液、美容液などを継続して使用することで、角質層の保湿機能をサポートし、肌の潤いがしっかりと保たれるようにしないといけません。

この時期、空気は乾燥し始めますし、皮脂などの分泌も少なくなってきますので、化粧水だけではなく乳液や美容液、あるいはクリームなども利用し、肌の水分が奪われないようにしっかりとした保湿対策が必要です。

角質層を健やかに保つ基本は、角質層を傷つけない、そして水分を逃さないということが重要で、そうすることにより適正な新陳代謝が行われ、生成されてしまったメラニン色素の排出にもつながります。

シミ対策というと、ある種の美白成分が配合された化粧品や医薬部外品に目を奪われがちですが、角質ケア、そして保湿対策というのが、シミ対策のための基本条件となります。

こういった健やかな肌を保つためのお手入れをきちんと行う中で、そこにいわゆる美白化粧品というものを加えることで、その本来の効果が発揮されやすくなるものだと思います。



なお、秋の肌のお手入れやシミ対策ないついては、モルトリーチェ公式サイトの以下のページで、もう少し詳しくご案内していますので、是非一度ご覧ください。

秋の肌状態とお手入れ

シミ・ソバカスを防ぐ美白対策