アトピーというのは、アレルギー体質が根本にあり、なかなか完治しにくいということから、治療方法に関する様々な情報が氾濫しています。

また、アトピーの治療によく使われるステロイド剤が、その副作用の部分だけが誇大に伝えられ、まるで悪魔の薬のように言われたりしていることもあります。

その結果、科学的な根拠のない様々な民間療法がはびこり、それにより無駄に大金を使ってしまったり、症状をさらに悪化させたりと、いろいろと問題も起きています。

アトピーでお悩みの方は藁にもすがる思いで、そういう民間療法を試してみようとするのかもしれません。

本来、医師でない限り治療行為を行なうことできないし、厚生労働省が認めた薬以外で薬効を謳うこともできません。

化粧品でも、時おり、あたかもアトピーの症状や体質そのものを治してしまうかのごとく宣伝しているものがありますが、化粧品ではそういうことはできませんし、できると言うことも許されていません。

化粧品は、あくまで、アトピーの症状が出にくくなるように、肌を健やかに保つためのものです。

具体的には、肌への刺激物となる可能性のある汚れや付着物をやさしく取り去ることだったり、肌の潤いを保ちそのバリア機能を適正に保つことだったり・・・敏感な肌が刺激や異物に対して過剰に反応しないようにするのが目的です。

ですから、化粧品自体も肌にやさしい低刺激なものである必要があります。

それから、ステロイド剤については、副作用が怖いとか、中毒になるとか・・・いろいろと不確かな情報が多くあり、それを信じている人も多いようですが、本当に危険な薬であれば、使用禁止になっています。

確かにステロイド剤で副作用のようなものが起こることもあるかもしれませんが、それはアトピーの症状を改善する過程で起きた結果であり、アトピーの治療を行なう中で何を優先するのかということも関係してきます。

まずは炎症やカユミを抑えないと、症状が長期化したり悪化したりする心配もあるわけですから・・・

それにステロイド剤も作用の強いものから弱いものまで何種類かあります。

専門の医師は、アトピーの患者さんに対して、十把一絡げでステロイド剤を使うというのではなく、それぞれの患者さんの症状の程度を見ながら、適切にステロイド剤を使用していきます。

症状が改善に向かう中で、ステロイド剤の強弱を変えたり、保湿剤を併用したり・・・最終的にはステロイド剤を使わなくても、アトピーの症状が治まるようにするのが治療の目標ということになります。

アトピーの症状が出たら、いろいろな情報に惑わされずに、まずは皮膚科の専門医に相談すべきだと思います。

ということで、昨日に続き、今日もアトピーに関する本を一冊ご紹介いたします。

今日ご紹介する本は、アトピーをめぐる様々な情報の氾濫とそこから生まれたアトピー関連ビジネスの問題点などが書かれています。

初版が平成12年で、内容的にちょっと古い部分もありますが、主内容は今でも十分に参考になります。

アマゾンで中古本を購入すると安いです。以下クリックするとアマゾンのページが開きます。

アトピービジネス (文春新書)
アトピービジネス (文春新書)
クチコミを見る