保湿対策として、化粧水はほんとんどの方が使用されていると思いますが、乳液やクリームは使用していないという方が多いのではないでしょうか。

若い方は乳液の油分を嫌って自分には必要ないと思っているかもしれませんし、ご使用になっている方でも、そのご購入サイクルからするとご使用の頻度や量が少ないのかもしれません。

しかし、肌の保湿をしっかりやろうとすれば、乳液などの油分を含んだ化粧品も是非ご使用いただきたいと思います。

このブログで何度も述べましたとおり、肌の乾燥を防ぎ健やかに保つためには、角質層が水分を保持し、バリア機能をに有していることが大切です。

化粧水で水分や保湿成分を補給すれば十分なのでは?と思うかもしれませんが・・・

確かに化粧水の保湿成分は角質層の水分保持に効果を発揮するでしょうが、水分そのものはしばらくすると蒸散してしまいます。

化粧水の水分というのは、洗顔などで失われた肌表面の水分を一時的に補うとともに、保湿成分などを溶かし込み角質層に浸透しやすくしたものです。

本来、角質層の水分というのは、肌の内側の真皮層から他の栄養分などとともに供給されます。

健康的な肌でも角質層の水分は少しずつ蒸散していきますが、その分真皮層から供給されますので、角質層における水分量は十分に保たれます。

しかし、そのバランスが崩れると、例えば以下のようなことが起こる可能性があります。

・空気の乾燥により角質層の水分の蒸散が激しくなったり・・・

・新陳代謝の乱れにより角質層への水分供給が不足したり、角質層での水分保持機能が低下したり・・・

・皮脂膜の不足により角質層の水分蒸散を抑えるはたらきが弱くなったり・・・

こういったことにより、角質層の水分不足=肌乾燥というのが生じてしまいます。

化粧水による水分補給というのは、洗顔直後の肌やカサカサした肌の表面を一時的に潤し、角質層から水分が奪われることを防ぎますが、その効果は長時間は続きません。

特に秋から冬にかけては空気が乾燥し、発汗量も少なくなりますから、化粧水で補給した水分はまたたく間に失われ、そのうちに、角質層の水分まで失われ、肌が乾燥してしまいます。

秋冬の保湿対策は、化粧水だけでは心もとないということになります。

やはり、乳液など油分が含まれる化粧品も利用すべきだと思います。

乾燥しやすい肌に化粧水ですばやく水分補給する。

そして、乳液など油分を含む化粧品で肌表面に薄い膜をつくり角質層の水分の蒸散を抑える。

特に、秋から冬にかけて皮脂の分泌が減少ていきますので、皮脂膜が不足しがちになりますので、それを補うものとして油分を含んだ化粧品は必要です。

乳液の場合、クリームと比べて、油分が少なく水分が多いので、顔全体にのばしやすく、あっさりした使用感なので、油分が苦手という方にもご使用いただけるのではないでしょうか。

また、乳液には、角質層の早期剥離を防ぎ層構造を整えますので、角質層の保湿・バリア機能を保つとともに、肌を滑らかにする効果もあります。

今現在は肌の乾燥が気にならないという方、油分を含んだ化粧品は苦手という方にも、是非乳液はご使用いただきたいと思います。


モルトリーチェの乳液「ミルクローション」について


皮脂・細胞間脂質(セラミド)・NMF成分(天然保湿成分)などに支えられた肌本来の保湿機能の再現を目指した美容乳液です。

植物由来&肌成分類似の潤いベールで肌を優しく守ります。

天然由来の高保湿成分をたっぷり配合し肌の潤いを持続します。

各種肌細胞活性化成分により肌を若々しく健やかに保ちます。

肌にたいへん馴染みが良く、肌の保湿機能やバリア機能の衰えをカバーする乳液です。

モルトリーチェの乳液ミルクローションの詳細はこちら

MOLTOLICEミルクローション