このブログ記事は、前回のブログ「敏感肌について【1】バリア機能の低下が肌トラブルを起こす」の続きとなります。前回のブログ記事もあわせてお読みください。



前回のブログ記事で、敏感肌というのは肌のバリア機能が低下した状態にあるということ、そして、肌のバリア機能は皮膚最上層の角質層が健全な状態にあってこそ保たれるということを書いてきました。

それでは、その肌のバリア機能を適正に保つためには、どのようようなことに注意すればよいのでしょうか。

肌のバリア機能が低下した状態というのは、角質層を構成する細胞がめくれ上がったり、必要以上に剥がされたり、不規則に並んでいたり・・・角質層の層構造が崩れた状態にあります。

また、角質層における細胞間脂質やNMFといった潤い成分が不足した状態でもあります。

これらの潤い成分は、水分をしっかりと保持するとともに、角質の細胞と細胞の間に存在し接着剤的なはたらきもしていますので、不足するとバリア機能も低下してしまいます。


角質層の保湿機能を補う!


角質層を健全に保ち、肌のバリア機能を適正に保つためには、とにかく「徹底した保湿対策」が必要です。

肌の水分、特に角質層の水分が不足し、肌が乾燥すると、わずか0.02ミリほどの厚さの角質層は、傷つきやすく、剥がれやすい状態になります。

また、角質層の水分不足、そして細胞間脂質やNMFの不足は、角質層における細胞の並びにもひずみを生み、異物が侵入しやすくなってしまいます。

保湿力のある化粧水、乳液、美容液、クリームなどをこまめに使い、肌に潤いを保つことで角質層を整えることが必要です。

細胞間脂質の不足を補うためにその主成分であるセラミドが配合されたものもありますし、NMFの不足を補うために、それに代わる様々な保湿成分が開発され、それぞれ化粧品に配合されていますので、化粧品の内容成分をよく吟味してお使いいただければと思います。


角質層を保護し水分の蒸散を防ぐ!


また、角質層の上に薄い膜をつくることで、水分の蒸散を防ぐとともに外部の刺激から肌を守ることが大切となります。

化粧水というのはほとんどの方が使用されていると思いますが、バリア機能を適正に保つということからすると、乳液、美容液、クリームなどの油分の含まれた化粧品の使用も必要だと思います。

本来、肌のバリア機能を補完するために、私たちの肌表面には、皮脂腺から出る皮脂と汗腺から出る汗が混じりあった皮脂膜という天然のクリームがあります。

皮脂膜は、肌水分の蒸散を防ぐとともに、様々な外的刺激から肌を守り保護するはたらきがあります。

皮脂膜が少ないと肌は乾燥しやすくなり、肌の保護機能も低下(バリア機能の低下)しやすくなります。

この皮脂膜は、加齢とともに少なくなっていきますし、秋冬の寒い時期になると少なくなります。

乳液、美容液、クリームなどには油分が含まれ、この皮脂膜のはたらきを補うことができます。


角質層を傷つけずに肌の付着物を取り去る!


クレンジングや洗顔にも注意が必要です。

刺激の原因となる肌の付着物をきれいに取り除くことがまず重要ですが・・・

その際に、必要な角質部分まで取り除いたり、角質層を傷つけるようなことがあると、肌のバリア機能は低下してしまいます。

ですから、クレンジングや洗顔は、決して肌を強く擦ることなく、やさしく行なうことが大切です。

また、洗浄力の強いものは、不要な肌の付着物と一緒に、必要な角質部分まで取り去ってしまう可能性がありますので、これも要注意です。

クレンジングや洗顔は、角質層の層構造を守りながら、肌の不要な付着物をきれいに取り除く!・・・これが、肌のバリア機能・保湿機能を適正に保つ基本です。


敏感肌を防ぐために肌に刺激を与えない!


それから、敏感肌の場合、あるいは敏感肌にならないようにするためには、肌への刺激となるようなものは極力避けるということが大切です。

敏感肌でない方でも、一旦何らかの刺激がきっかけで肌が反応してしまうと、上記の通り、そのままトラブルが起きやすい肌になってしまうことがあります。

健康的な肌であっても油断せずに、保湿対策をしっかり行なうこと、そして肌への刺激はできるだけ排除することが必要です。

クレンジングや洗顔に限らず、肌を触る場合は、決して強い摩擦を与えない。

肌の付着物はなるべく早めに取り除く。

化粧品なども、低刺激で肌に対して負担の少ないものを選ぶ。

紫外線になるべくあたらない。

こういったことには、特に注意する必要があります。

もちろん、バランスのよい食生活、規則正しい生活と十分な睡眠、精神的な安定などによる、心身の健康が肌の健康にたいへん重要であるということは言うまでもありません。



保湿対策については、モルトリーチェ公式サイトの以下のページもご参照ください。

【特集記事】「肌乾燥」を防ぐための保湿対策

ただ、上記ページでは、マッサージによる血行促進や不要な角質の除去による新陳代謝のサポートなども保湿対策のひとつとして取り上げていますが、肌が敏感な状態では、こういったお手入れは刺激となることがあります。

敏感な肌状態での保湿対策としては、まずは上記の通り「保湿剤を使い水分を失わないようにする」「不足した皮脂膜を補い水分の蒸散を防ぐ」「やさしい洗顔を行なう」といったことをお考えいただきたいと思います。



今回のブログ記事における敏感肌というのは、もともとの肌質とか体質というよりは、基本的には肌乾燥を主要因とする後天的な肌の問題としてとりあげてきました。

アレルギー肌、アトピー肌、化粧品かぶれなどについては、以下の関連ブログ記事もご覧いただきたいと思います。

化粧品による「かぶれ」について

肌トラブル時の化粧品の使用について

季節の変り目「春」の肌トラブルを防ぐために

化粧品アレルギーについて

アトピー肌に使えますか?

アトピー肌のスキンケアについて


敏感肌の方にもオススメ!モルトリーチェ化粧品


肌機能をサポート!モルトリーチェ化粧品

モルトリーチェ化粧品は、海と大地の恵を活かし、肌の保湿機能・バリア機能・再生機能をサポートします。

敏感肌の方にも安心してご使用いただけますよう、低刺激で肌に対して自然なスキンケア化粧品となっています。

以下のページで詳細をご案内していますので、敏感肌でお困りの方も是非一度ご覧いただきますようお願いいたします。

モルトリーチェ公式サイトトップページ

モルトリーチェ化粧品開発コンセプト

モルトリーチェ化粧品の特長

モルトリーチェ化粧品の商品設計と配合成分