MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

肌乾燥を防ぎ潤いのある健やかな肌を保つために

肌に必要なのは油分?それとも水分?

どこかの化粧品の広告だったと思いますが、肌にとって必要なのは油分ではなく水分だったといった文言があって少し気になってしまいました。

確かに、肌にとって必要なのは水分であって、肌の水分量や水分を保持する機能が低下したり衰えたりすることが、肌老化の大きな原因です。

だったら、油分は肌に必要ないのかというと、そういうことではありません。

油分が肌表面に存在することで、肌水分の蒸散を防いだり、外界の刺激から肌を守ってくれます。


肌表面では皮脂という油分が肌を守ってくれる


私たちの皮膚から分泌される皮脂という油分は、汗と混じりあい、皮脂膜として肌表面に広がり、肌の水分の蒸散を防いでくれますし、外界の様々な刺激から肌を保護し肌トラブルの発生を抑制してくれます。

外界の刺激により肌トラブルなどが生じると、肌の保湿機能にも悪影響を与えますから、そういうことを考えると、大切な肌の水分を守るために、皮脂という油分はたいへん大きな役割を担っているということになります。

ですから、肌にとって必要なのは油分か?水分か?といった二者択一的な考え方をするのではなく、肌にとって必要なのは水分、その水分を維持するために油分は必要ということで、肌健康のためにはどちらも重要な要素です。


角質層では細胞間脂質という油分が重要なはたらきをしている


それから、肌の水分量が十分かどうか?肌が潤っているかどうか?肌が乾燥していないかどうか?というのは、基本的には皮膚最上層の角質層の状態のことを言います。

角質層の水分量や水分保持機能、さらにはバリア機能というのが適正であれば、肌はみずみずしく潤いが保たれ、肌の老化現象やトラブルも現れにくい状態となります。

そして、この角質層の中で重要なはたらきをしているのが、細胞間脂質といわれる油分であり、この細胞間脂質が角質層の細胞と細胞の間に存在し、角質層の層構造を適正に保つとともに、水分をしっかりと保持してくれています。


肌に必要な油分を補うのも基礎化粧品の役目のひとつ


こういったことからしても、肌に油分は必要ではないと言ってしまうと、それは違うのではないかとツッコミを入れたくなってしまいます。

それから、上記の皮脂にしろ細胞間脂質にしろ、その量は個人差もありますが、基本的には加齢とともに減少していきます。

そのため肌の水分保持力が衰え、肌乾燥そして肌老化・肌トラブルが起きてしまうということになります。

こういった肌にとって必要な油分の不足を補うことも基礎化粧品の重要な役割です。

乳液やクリーム、ある種の美容液など、油分の含まれる化粧品アイテムの大きな使用目的というのは、こういった肌にとって必要な油分を補うことで、肌を保護しながら、肌水分の蒸散を防ぎ、潤いに満ちた健康的な肌を保つことにあると言えます。


モルトリーチェの化粧品は・・・?


モルトリーチェの基礎化粧品で使用している油分は、皮脂構成成分を植物由来原料に求め採用しています。

そのため、肌の馴染みにたいへん優れ、自然な使用感となっています。

皮脂と同じように肌を保護しながら、水分の蒸散を防ぎ、エモリエント作用をもたらします。

また、細胞間脂質を補うセラミドやその他天然由来の各種保湿・美容成分を配合しています。

皮脂類似の油性成分とこういった保湿・美容成分の相乗効果(Wエモリエント効果)で肌の潤いをしっかりと保ちます。

健やかで美しい素肌のために、必ずやお役に立てるものと思います。

モルトリーチェの美肌サポート

モルトリーチェ化粧品の詳細は以下のページでご案内していますので、是非一度ご覧ください。

モルトリーチェ化粧品 開発コンセプト

モルトリーチェ化粧品 商品特長と美肌サポート

モルトリーチェ化粧品 商品設計と配合成分

ネオ・ボーテ化粧品も同じようなコンセプトで開発されたスキンケア商品です。以下のページでご案内していますので、こちらも是非ご覧ください。

ネオ・ボーテ化粧品 商品特長

ネオ・ボーテ化粧品 各商品のご案内

水を飲んでも直らない冬の肌の乾燥やかゆみ

冬になると多くの方が肌の乾燥に悩まされます。

ご高齢の方の場合、顔だけでなく、体中のあちこちが乾燥し、特に背中・腰・ふともも・脛といったところがかゆくなったりします。

老人性乾皮症とか老人性掻痒症と言ったりしますが、別に老人という年代でない方でも、同じような症状が発生することも多々あります。

かゆいからといって、かいたりしていると、さらに炎症がひどくなったり、時にはひっかいて血がにじんでしまったりということもあります。

このように症状がひどくなってくると、病院で薬を出してもらった方が早く改善できます。

本来は皮膚科の医師に相談した方がよいのですが、わざわざ診察してもらいに行くのが面倒という場合は、かかりつけの医師に相談すれば適切な塗り薬などを出してくれると思います。

ただ、症状がひどくなる前であれば、日々のケアによって、かゆみを防いだり抑えたりすることも可能です。

まず、寒くなると体中のあちこちがかゆくなるというのは、その原因は空気の乾燥であり、そのために肌の水分が失われ肌が乾燥してしまっていることにあります。

ご高齢の方は、皮脂の不足、新陳代謝の鈍化などにより、もともと肌(特に角質層)の水分維持機能が衰えている状態です。

そういった状態で、冬になり空気が乾燥してくると、肌はますます乾燥しカサカサになってしまいます。

角質層のバリア機能も低下し、外界の刺激に対して敏感になり、そういったところからかゆみが発生します。

かゆいところをかいてしまうと、それがさらなる刺激となり、炎症をおこしたり、かゆみがひどくなったりします。

ですから、肌の水分を保ち乾燥させないというのが大切になってきます。


水を飲んでも肌乾燥は改善しない!


時おり、ご高齢の方の肌乾燥は水分不足だからということで、水をたくさん飲もうというアドバイスを耳にしますが、これは肌の水分不足については、ほとんど意味がありません。

確かに、ご高齢の方は水分の補給が少なくなりがちで、それにより体調悪化や様々な病状の原因となることがありますので、適度に水を飲むということは健康のためには必要なことだと思います。

ただ、肌の水分が不足しているというのは、それは皮膚最上層の角質層の水分が不足しているということであり、飲んだ水がそのまま角質層まで補給されるかというとそういうことではありません。

問題は、真皮層の水分が、表皮の新陳代謝とともに角質層まで補給され、また角質層において水分を保つ機能が十分にはたらいているかどうかということです。

肌が乾燥しやすいという方は、こういったメカニズムに問題があったり、衰えがあったりすることが原因です。

水を大量に飲んだからといって、その水は角質層に補給されるのではなく、真皮層の水分が一時的に増え、むくみなどの原因になる可能性の方が高いと言えます。


日々、乳液やクリームでお手入れを!


それでは、肌を乾燥させないための日々のケアはどういうことが大切かというと、内側からではなく、外側から水分を補給するということ、ただし、それも一時的な対策でしかないので、同時に肌の水分が失われにくいようにするということです。

化粧水、乳液、クリームなどを日頃から(かゆくなる前から)塗っておく必要がありますし、特にお風呂上りの肌水分が蒸散しやすい時には必ず塗るようにすべきです。

ただ、全身に化粧水、乳液、クリームを塗るというのもたいへんですし、費用もばかにならないので、乳液だけか、クリームだけでも結構です。

乳液もクリームも、水分も油分も含んでおり、肌への水分補給、肌の保湿、肌の保護といった機能がありますので、どちらかのご使用をおすすめします。

ご高齢になると、皮脂分泌が少なくなり、そのため、肌水分が失われやすく、また外界の刺激から肌を守る機能も低下しますので、こういった油分も含まれたスキンケアアイテムで皮脂の代用をすることは大切です。


肌乾燥を防ぐための入浴時の注意点


それから、入浴時は多量の洗浄剤(石鹸やボディシャンプー)は使わずに、少量の洗浄剤をなるべくよく泡立てるようにして、ゴシゴシ擦らずにやさしく洗うようにしましょう。

これは、洗いすぎにより肌(角質層)の保湿機能・バリア機能を低下させないということと、刺激を与えてしまうことで皮膚の炎症を発生させないようにするためです。

ですから、洗浄剤も洗浄力よりは、肌に対して刺激の少ないものという観点から選ぶべきでしょう。

冬は、皮脂や汗も少ないですし、古い角質(垢)もお湯で洗い流すことである程度は取り去ることができます。

ほぼ毎日入浴するという方の場合、洗浄剤を使うのは2〜3日に1回でもよいかもしれません。

また、ゴシゴシ擦らないように体を洗うためには、皮膚に刺激の少ないやわらかいタオルなどを使うべきですし、なるべくであれば手でやさしく洗った方がよいと思います。

お湯の温度も熱すぎると肌への刺激となってかゆみが発生しやすくなりますので注意が必要です。


かゆみを防ぐためには刺激を与えないこと


かゆみの原因が肌の乾燥あるため、肌の水分を保つように注意することがまず大切ですが、それでも肌は乾燥しやすく、乾燥した肌というのは刺激に弱いので、やはりかゆくなったりします。

かゆみを防ぐ、あるいはかゆみの状態をさらに悪化させないためには、極力肌への刺激を少なくすることが重要です。

上記の熱いお風呂の湯もかゆみを発生させますし、肌に直に接する衣類などにも注意が必要です。

なるべく、肌を刺激しない、やわらかくて肌触りがよく、コットンなどなるべく自然素材のものがよいでしょう。

また、かゆみがあっても、爪でかいたりせずに、手のひらや指腹でなでるくらいで我慢するようにしましょう。



ご高齢者に限らず冬の肌乾燥でお困りの方も多いかと思います。

主として、お顔の乾燥についてではありますが、肌の乾燥防止については、下記のページ(モルトリーチェ公式サイト内)も参考ににしていただければと思います。

肌乾燥を防ぐ保湿対策(モルトリーチェ公式サイト内)

冬の肌状態とお手入れ(モルトリーチェ公式サイト内)

冬の肌乾燥を防ぐ保湿のための10項目

冬の寒冷・乾燥は、肌の水分を奪い、肌機能を低下させます。

冬場になると、多くの人が肌の乾燥に悩まされます。

また、これまで肌乾燥を自覚していない方でも、加齢、お手入れ不足、その他もろもろの理由により、肌の保水機能は低下していくものです。

油断していると、いつの間にか(もしかするとこの冬から突然)、乾燥肌になってしまうこともあります。

肌乾燥は、あらゆる肌老化・肌トラブルの最大要因といっても過言ではありません。

ですから、スキンケアの最大の目的というのも、肌の水分を維持し肌の乾燥を防ぐということにあります。

そこで、最も肌乾燥の危険性が高まる冬場の保湿対策として、以下の10項目をあげてみました。

これまで、このブログで書いてきたことでもありますが、参考にしていただければと思います。

なお、冬の肌の状態とスキンケアについては、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでもご説明していますので、そちらも是非ご覧ください。

冬の肌の状態とスキンケア(モルトリーチェ公式サイト内)


1.肌の保湿機能を低下させない洗顔・クレンジングを!


肌を清潔に保つことは、スキンケアの基本です。

しかし、洗顔(クレンジングも含む)の際に、洗浄力の強すぎる洗浄剤を使用したり、肌を強く擦ってしまったりすると、肌に過剰な刺激を与え、角質層の保湿機能・バリア機能そのものを低下させてしまいます。

その結果、いつの間にか慢性的な肌乾燥の状態に陥ったり、様々な肌の老化現象・トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

クレンジング剤にしろ、洗顔剤にしろ、なるべく肌にマイルドで、なおかつ肌の付着物をきれいに取り除くことができる製品を選ぶ必要があります。

それから、クレンジングや洗顔の際は、肌への負担や刺激を極力避けながら、やさしくやさしく行うことが大切です。

特に冬の肌は、皮脂や汗の量が極端に少ない状態です。

強い洗顔剤で、強く洗うというのは、絶対に避けるべきですし、洗いすぎにも注意が必要です。

洗顔やクレンジングについては、以下のモルトリーチェ公式サイト内の以下のページもご覧ください。

乾燥を防ぐ正しい洗顔(モルトリーチェ公式サイト内)


2.マッサージで保湿力のある肌を!


冬は血行が悪くなり、毛細血管から肌細胞への栄養分の供給がスムーズになされず、新陳代謝が乱れがちとなります。

また、肌の保湿機能が健全に保たれるには、適正な新陳代謝が行なわれている必要があります。

適度なマッサージによって、血液(毛細血管)の流れを良くし、肌の新陳代謝をサポートしましょう。

マッサージは、寒さによる毛細血管の収縮、外気と暖房の温度差による肌の生理機能の低下などには、有効なお手入れ方法です。

詳しくは以下のブログ記事でもご案内していますのでご覧ください。

顔のマッサージの究極の目的はやっぱり保湿

マッサージの方法や注意点はについては、以下のモルトリーチェ公式サイト内の以下のページもご覧ください。

スキンケアご使用方法(モルトリーチェ公式サイト内)


3.化粧水は洗顔後すぐに!


洗顔後は、皮脂膜が取り除かれ、肌は外的環境に対して無防備な状態にあります。

また、肌の水分が奪われやすい状態にあります。

洗顔(あるいは入浴)の直後は、肌表面に水分が残っているため、潤い感があるかもしれませんが、大切なのは角質層(皮膚再上層の厚さわずか0.02ミリほどの層)に水分が保たれていることです。

洗顔後は、すぐに化粧水をつけ、水分の補給とともに、化粧水に含まれる保湿成分などにより肌(角質層)の水分が奪われないようにしましょう。

以下の関連ブログ記事もよかったらご覧ください。

化粧水は洗顔後にすぐつける!?


4.冬の肌を守るために乳液やクリームを使おう!


冬場は、皮脂や汗からつくられる皮脂膜の量が極端に減少します。

また、加齢とともにこの皮脂膜の量は少なくなってきます。

皮脂膜の不足は、肌水分の蒸散、肌の保護機能の低下につながります。

油分を含んだ化粧品(乳液やクリームなど)は、この天然の皮脂膜に代わり人工の皮脂膜として、肌の潤いを保つとともに、外界の様々な刺激から肌を守るはたらきがあります。

油分を敬遠する方もいらっしゃいますが、冬場の保湿対策には、乳液やクリームも是非ご使用いただきたいと思います。

以下のブログ記事も参考にしていただければと思います。

肌に必要なのは油分?それとも水分?

寒い冬の肌を守るモルトリーチェミルクローション


5.冬の保湿対策に美容液は必須!


美容液などを利用し、肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ることも大切です。

通常、美容液は、化粧水よりも高保湿成分が配合され、また乳液やクリームと同等あるいはそれ以上のエモリエント効果があります。

美容液の使用によって、角質層の保水効果を高め、空気が乾燥しても角質層から水分を逃がしにくくしてくれます。

通常美容液を使用されてない方も、秋から冬の肌に対しては、化粧水とあわせて美容液も使用されますようおすすめします。


6.二度塗りでより入念な保湿対策


通常のスキンケアでは、洗顔後に化粧水・乳液・クリーム・美容液といった保湿・保護系の化粧品をお顔に塗ってそれでお手入れ終了という方が多いと思います。

冬場の乾燥肌を防ぐためにおすすめしたいのは、その後肌が落ち着いたところで、もう一度塗るという二度付けです。

方法やバリエーションはいろいろありますが、洗顔後一度目を付けてしばらく時間が経ってから寝る前にもう一度という方法でも結構ですし、洗顔後すぐにベッドに入る場合は、一度目をつけて肌が落ち着いたところでもう一度付けて寝るという方法でも結構です。

あるいは、まずは化粧水だけ二度付けして、その他は一度付け、そして寝る前にもう一度化粧水以外の乳液・クリーム・美容液などを付けるという方法でもよいかと思います。

寝ている間の部屋の冷気と乾燥から肌を守り、翌朝の肌のしっとり感が増します。


7.寒い冬には蒸しタオルパックもおすすめ


冬場は血行が悪化し、それが肌の新陳代謝に悪影響を与え、それが肌の保湿機能の低下にもつながってしまいます。

先に述べた通り、対策の一つとしてマッサージがありますが、蒸しタオルパックによっても、皮膚温を高め、血行を良くするなど、マッサージと同じような効果が得られます。

また、蒸しタオルパックは、古い角質の除去作用もあり、皮膚をやわらかくしてくれますので、美容成分などの浸透を助けます。

結果的に肌保湿にもプラスにはたらきます。

特に寒い冬にはとても気持ちの良いお手入れです。

ただし、肌が敏感な方は熱い蒸しタオルが肌への刺激となる場合がありますので注意が必要です。

詳しくは以下のブログ記事でご案内していますのでご覧ください。

オススメ〜冬の肌に気持ちいい蒸しタオル美容法

敏感肌・アトピー肌の方はご注意「蒸しタオル美容法」


8.日々の入浴は冬の肌乾燥防止に効果的


湯船に浸かり体を温めるということは、血行が良くなり、新陳代謝にも好影響を与えます。

適正な新陳代謝は、肌の保湿機能やバリア機能を保つうえでたいへん重要です。

冬場は、皮脂も汗も少ないので、体を清潔に保つという点では毎日の入浴は必ずしも必要無いかもしれませんが、肌乾燥防止など美肌対策のためには毎日湯船に浸かるという入浴はおすすめです。

また、体を温めることで、毛穴を開かせるとともに、寒さで固まった皮脂を柔らかくして、皮脂が皮膚表面に出やすい状態にしてくれます。

皮脂が天然のクリームとして肌を守ってくれることで、肌は乾燥しにくくなってきます。

詳しくは以下のブログ記事でご案内していますのでご覧ください。

寒い冬の美肌対策・乾燥防止は毎日の入浴から

日々の入浴が冬の肌乾燥防止につながります


9.メイクアップも立派な保湿ツール


冬であっても、戸外ではファンデーションなどのメイクアップは大切です。

紫外線の量は春・夏よりは減少していますが、それでもそれなりの紫外線は降り注いでいます。

まずは、紫外線の悪影響から肌を守るために必要です。

また、メイクアップにおける下地クリームやファンデーションに含まれる油分は、冷たい空気から肌をなるべく遮断し、寒さから肌を保護するはたらきもあるのです。

肌の乾燥を防ぐとともに、肌を保護するためにも、冬場もきちんとメイクアップすることをおすすめします。


10.基本は規則正しい生活とバランスの良い食事


冬場、特に年末年始というのは、様々な行事やイベントがあり、日々の生活もいろいろと忙しくなります。

生活のリズムが乱れたり、暴飲暴食や睡眠不足などにより体調をくずしたり、 肌のお手入れがおろそかになったりしがちです。

美肌の基本条件は、なんといっても心身の健康です。

規則正しい生活とバランスの良い食事、そしてその上で、日々のお手入れの積み重ねが肌の乾燥を防ぎ美肌を維持できるものだと思います。



冬の肌の状態とスキンケアについては、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでもご説明していますので、そちらも是非ご覧ください。

冬の肌の状態とスキンケア(モルトリーチェ公式サイト内)

汗の影響で肌乾燥?〜汗と肌健康の関係について

夏が近づき汗の量が増えてくると、ベタベタして気持ち悪いし・・・

女性の場合は、化粧くずれが気になるし・・・

あまり汗はかきたくないと思ったりもするわけですが・・・

汗には体温調節というたいへん重要な役割がありますし、恒温動物である私たち人間にとって、発汗はなくてはならい機能です。

汗は、私たち肌の状態にも大きな影響を与えています。

ただ、汗が肌健康にプラスにはたらく場合もあれば、逆にマイナスにはたらく場合もありますので、汗の肌への影響をよく理解したうえでスキンケアに取り組むことも大切です。

ということで、今回は、汗と肌健康の関係についてお話ししたいと思います。


汗が肌健康にプラスはたらく場合



汗が肌保湿にはたらく


汗は、塩化ナトリウム、尿酸、乳酸その他成分も微量含まれますが、その主成分(99%以上)は水です。

健康的な肌においては、皮脂腺から分泌される皮脂という油分と汗(水分)が混じり合って、まさに天然のクリームとして皮膚表面に広がり、肌乾燥を防いだり外的刺激から肌を保護したりしています。

秋冬になると、汗も皮脂もその量が少なくなりますので、この天然のクリーム(皮脂膜)も少なくなり、肌は乾燥しやすく肌荒れが生じやすくなったりします。

また、加齢とともに汗も皮脂もその分泌量は減ってきますので、それが肌老化の原因のひとつでもあります。

逆に、春から夏にかけては、汗も皮脂もその量はどんどん増え、皮膚表面には十分な天然のクリーム(皮脂膜)が広がり、肌は潤いを保ちやすい状態となります。


細菌の繁殖を防ぐ夏の汗


それから、健康的な皮膚のpH値は弱酸性であるとよく言われますが、皮膚表面は酸性に保たれることによって、皮膚に害を及ぼす細菌などの繁殖を抑えています。

そして、皮膚の酸性度は、汗に含まれる乳酸の量も関係しているといわれます。

春から夏にかけて、発汗量が増えるとともに皮膚の乳酸量も非常に多くなり、つまり皮膚の酸性度も高くなり、細菌に対して抵抗力の強い皮膚状態になります。

夏場は高温多湿で、細菌の繁殖なども心配されますが、汗の多さが乳酸量を増やし、酸性度を高め、肌を健やかに保つようにはたらいているわけです。



このように、汗は肌健康にとってプラスにはたらいてくれるという側面もあるのですが・・・

ただし、これはあくまで適度な発汗量の場合であって、度が過ぎると肌健康にはマイナスとなりますので要注意です(もちろん皮脂についても同じことが言えます)。


汗が肌健康にマイナスにはたらく場合


上記の通り、汗は肌保湿にプラスにはたらいてくれたり、皮膚の酸性度を高め細菌に対する抵抗力を強くしてくれたり、ということもあるのですが・・・

逆に、汗の影響で肌が乾燥しやすくなったり、トラブルが生じやすくなったりする場合もあります。


汗が細菌の繁殖を促すことも


まず、汗そのもののpH値は弱酸性なのですが、大量の発汗の後、それがそのまま放置されていると、汗のpH値はアルカリ性になり、皮膚表面の酸性が中和され細菌の繁殖しやすい状態になってしまいます。

さらに、汗で湿った状態の皮膚表面というのは、空気中のチリやホコリ、その他様々な浮遊物が付着しやすい状態です。

皮膚表面で細菌を抑える力が弱まり、そこに外部の異物が付着した状態というのは、肌荒れなどのトラブルが発生しやすい状態でもあります。

一旦肌荒れなどが生じてしまうと、新陳代謝のサイクルが乱れ、保湿機能やバリア機能の劣る角質層が形成されてしまう・・・

つまり、慢性的に乾燥しやくすくトラブルの起きやすい肌ということになってしまう危険性もあります。


汗と保湿〜角質層が担う保湿機能


ココで注意してほしいのは・・・

夏場、汗で皮膚表面が湿っていると、肌が十分に潤っているように感じてしまいますが、本当に水分が保たれておく必要があるのは角質層であるということです。

皮膚表面の湿り気(水分)というのは、夏場でも冷房のきいた部屋に入るとまたたく間に蒸散してしまいますが、それでも皮膚に必要な水分を逃さないようにしてくれるのは(肌乾燥を防いでくれるのは)、皮膚最上層の角質層です。

角質層が水分をしっかり保持してくれる状態であれば、バリア機能も正常に機能し様々な肌トラブルも起こりにくくなりますし、見た目にも滑らかでキメの細かい肌状態になります。

角質層は、厚さ0.02mmほどで、 薄い角質細胞が層状に10数枚から20枚ほど重なり合って形成されています。

角質細胞と角質細胞の間には、セラミドなどの細胞間脂質やNMFといった保湿成分が存在し、規則正しい層構造を形成することで、保湿機能やバリア機能を維持しています。


汗と保湿〜汗が肌乾燥の原因になることも


しかし、大量の発汗はこの角質層の保湿機能やバリア機能を低下させてしまうこともあるのです。

大量の汗が皮膚表面にどんどん出てくると、皮膚表面を潤すとともに、角質層にも大量に吸収されていきます。

一時的に角質層が汗という水分でふくらんだ状態(いわゆるふやけた状態)になってしまいます。

この水分が蒸散するにつれて、角質層も元の状態に戻るのですが、大量の水分が急激に蒸散する際に角質層の層構造を乱し、同時に細胞間脂質やNMFといった潤い成分を流出させてしまうことがあります。

そうなると、角質層の保湿機能やバリア機能は低下し、乾燥しやすく、トラブルも起こりやすい肌状態となってしまいます。

また、角質層に何らかの異変があると、それを修復しようと通常よりも早いペースで新陳代謝が行なわれるようになります(新陳代謝の亢進)。

これは、基底層で生まれた細胞が未成熟なまま角質層へ押し上げられ、層構造が不健全で細胞間脂質やNMFも不足した角質層が形成されてしまうことになります。

さらに角質層の保湿機能やバリア機能は低下し、慢性的な肌乾燥や肌荒れの状態になってしまいます。


大量の汗でその他にもこんな心配が


このように、大量の汗というのは、肌乾燥や様々な肌トラブル、そして肌老化の原因にもなりますし、他にもいろいろと心配なことがあります。


あせもについて


まず、思い浮かぶのは「あせも」です。

汗は汗腺から分泌され、汗管を通って汗孔という出口から皮膚表面に出てきますが・・・

大量の発汗が続くと、汗が皮膚表面にスムーズに出ることができず、汗管がつまった状態になることがあります。

汗管をつまりやすくなるのは、皮膚表面の付着物(皮脂・汚れ・古い角質・その他)も影響しています。

汗管がつまってしまうと、汗が汗管から皮膚組織に漏れ出し、水疱が生じたり、炎症を起こしてしまうことがあります。これが「あせも」です。

皮膚表面に近い部分で汗管がつまった場合の「あせも」は、白っぽくて痒みも伴わず、症状は比較的軽く、汗管がつまらないように洗浄に注意すればそのうちに治ることが多いです。

奥の部分で汗管がつまった場合の「あせも」は、赤くなり痒みも伴い、それを掻いてしまうと症状がさらに悪化します。この場合、薬の使用や医師への相談が必要となったりします。


汗の臭いについて


それから、汗は本来は無臭なのですが、大量の汗をかいた後、それが皮膚表面の様々な付着物と混じりあい、そこに細菌が繁殖すると、そのうちに臭いが発生してきます。

汗腺には、体中に分布するエクリン腺と、脇など一部の部分に存在するアポクリン腺という2種類の汗腺があって、強い悪臭(ワキガなど)の原因はアポクリン腺から分泌された汗なのですが・・・

実はエクリン腺から出る汗もアポクリン腺から出る汗も本来は無臭であって、どちらも、皮膚表面に出てきてから、そこに細菌が繁殖することで臭いを放つようになります。

アポクリン腺から出た汗がより強烈な臭いとなりますが、エクリン腺から出た汗も時間の経過とともに細菌が繁殖し、いわゆる汗臭い臭いというものになります。


汗を拭くときも要注意


汗を拭くときも注意が必要です。

次から次に流れ出る汗を拭こうと、タオルなどで何度も何度の肌の表面をゴシゴシやってしまうと、それ自体が強い刺激となりますし、薄い角質層を傷つけてしまうことになります。

ひどい場合は炎症を起こしてしまうこともありますし、そうでなくても、角質層の層構造を乱し保湿機能やバリア機能を確実に低下させてしまいます。

肌乾燥を防ぎ、肌荒れなどのトラブルを起こさないようにするためには、決してゴシゴシ擦らずに、やわらかい素材のタオルなどでやさしく押さえるようにして拭き取る必要があります。


夏の美肌のための汗対策


こういった汗の悪影響を防ぐためには、汗をかかないのが一番なのでしょうが、汗には体温調節というきわめて重要な役割があります。

また、肌との関係においては、汗を全くかかない状態というのは、間違いなく肌が乾燥しやすい状態にあるということでもあります。

やはり、夏場は、ある程度の汗をかきながら生活するということは避けられませんし、そういった中で、汗が肌に対してダメージを与えないように注意することが必要だと思います。


汗はこまめに拭き取る!ただしやさしく


大切なのは、汗をかいたあとのスキンケアになります。

大量の汗をかいてそのまま放置しておくと、汗のpH値はアルカリ性に傾き、皮膚表面は細菌の繁殖しやすい状態になります。

また、汗をかいて湿り気のある皮膚は、空気中の様々な浮遊物が付着しやすく、これもトラブルの原因となったりします。

汗をかいたら、なるべくこまめに拭きとるか、洗い流すようにしましょう。

ただ、汗を拭き取る際は、やわらかい素材のハンカチやタオルなどで、決して強く擦らずに、やさしく押さえるようにして汗を吸い取るようにしましょう。

もし、メイクアップ等の問題がなければ、少し濡らしたタオルなどを使うとよいでしょう。

それから、シャワーあるいは洗顔で洗い流す場合ですが、汗そのものは洗浄剤(ソープや洗顔フォームなど)を使わなくても、水だけで十分に洗い流すことができます。

ただ、汗が大量に出たときは、皮脂の分泌も活発になっていることも多く、また様々な付着物が皮膚表面に残っていることがあります。

洗浄剤は肌の潤いを奪うので、使いすぎはよくないという考えもありますが、やはり、一日に一度は洗浄剤を使って洗い流した方がよいと思います。

この場合、洗浄剤はなるべく低刺激のもので、よく泡立てるということ、そしてゴシゴシと擦らないで洗い流すようにしてください。


肌への保湿対策も忘れずに!


大量の汗をかいた後、それが蒸散する際に、肌の潤いまで同時に奪ってしまいます。

また、その時に角質層の保湿機能を低下させてしまう可能性もあります。

化粧水で潤いを補給するとともに、角質層の保湿機能をサポートするために乳液や美容液などを適宜使用することもおすすめします。

また、化粧水、乳液、美容液のpH値はほとんどが弱酸性であり、大量発汗の後アルカリ性に傾きかけた皮膚表面を弱酸性に保ち、細菌への抵抗力を高める効果もあります。

夏場は、湿度が高く、発汗量も多いので、皮膚表面が湿っているように感じますが、大切なのは角質層の水分保持機能が適正に保たれることです。

インナードライ肌とならないように夏場の保湿対策もしっかり行なう必要があります。



夏のインナードライ肌については、以下のブログ記事もご覧ください。

潤っているはずなのに〜肌乾燥で皮膚トラブル発生〜インナードライ要注意!

夏場も油断しないで!保湿対策は大切

敏感肌について【2】肌のバリア機能を保つには徹底した保湿対策

このブログ記事は、前回のブログ「敏感肌について【1】バリア機能の低下が肌トラブルを起こす」の続きとなります。前回のブログ記事もあわせてお読みください。



前回のブログ記事で、敏感肌というのは肌のバリア機能が低下した状態にあるということ、そして、肌のバリア機能は皮膚最上層の角質層が健全な状態にあってこそ保たれるということを書いてきました。

それでは、その肌のバリア機能を適正に保つためには、どのようようなことに注意すればよいのでしょうか。

肌のバリア機能が低下した状態というのは、角質層を構成する細胞がめくれ上がったり、必要以上に剥がされたり、不規則に並んでいたり・・・角質層の層構造が崩れた状態にあります。

また、角質層における細胞間脂質やNMFといった潤い成分が不足した状態でもあります。

これらの潤い成分は、水分をしっかりと保持するとともに、角質の細胞と細胞の間に存在し接着剤的なはたらきもしていますので、不足するとバリア機能も低下してしまいます。


角質層の保湿機能を補う!


角質層を健全に保ち、肌のバリア機能を適正に保つためには、とにかく「徹底した保湿対策」が必要です。

肌の水分、特に角質層の水分が不足し、肌が乾燥すると、わずか0.02ミリほどの厚さの角質層は、傷つきやすく、剥がれやすい状態になります。

また、角質層の水分不足、そして細胞間脂質やNMFの不足は、角質層における細胞の並びにもひずみを生み、異物が侵入しやすくなってしまいます。

保湿力のある化粧水、乳液、美容液、クリームなどをこまめに使い、肌に潤いを保つことで角質層を整えることが必要です。

細胞間脂質の不足を補うためにその主成分であるセラミドが配合されたものもありますし、NMFの不足を補うために、それに代わる様々な保湿成分が開発され、それぞれ化粧品に配合されていますので、化粧品の内容成分をよく吟味してお使いいただければと思います。


角質層を保護し水分の蒸散を防ぐ!


また、角質層の上に薄い膜をつくることで、水分の蒸散を防ぐとともに外部の刺激から肌を守ることが大切となります。

化粧水というのはほとんどの方が使用されていると思いますが、バリア機能を適正に保つということからすると、乳液、美容液、クリームなどの油分の含まれた化粧品の使用も必要だと思います。

本来、肌のバリア機能を補完するために、私たちの肌表面には、皮脂腺から出る皮脂と汗腺から出る汗が混じりあった皮脂膜という天然のクリームがあります。

皮脂膜は、肌水分の蒸散を防ぐとともに、様々な外的刺激から肌を守り保護するはたらきがあります。

皮脂膜が少ないと肌は乾燥しやすくなり、肌の保護機能も低下(バリア機能の低下)しやすくなります。

この皮脂膜は、加齢とともに少なくなっていきますし、秋冬の寒い時期になると少なくなります。

乳液、美容液、クリームなどには油分が含まれ、この皮脂膜のはたらきを補うことができます。


角質層を傷つけずに肌の付着物を取り去る!


クレンジングや洗顔にも注意が必要です。

刺激の原因となる肌の付着物をきれいに取り除くことがまず重要ですが・・・

その際に、必要な角質部分まで取り除いたり、角質層を傷つけるようなことがあると、肌のバリア機能は低下してしまいます。

ですから、クレンジングや洗顔は、決して肌を強く擦ることなく、やさしく行なうことが大切です。

また、洗浄力の強いものは、不要な肌の付着物と一緒に、必要な角質部分まで取り去ってしまう可能性がありますので、これも要注意です。

クレンジングや洗顔は、角質層の層構造を守りながら、肌の不要な付着物をきれいに取り除く!・・・これが、肌のバリア機能・保湿機能を適正に保つ基本です。


敏感肌を防ぐために肌に刺激を与えない!


それから、敏感肌の場合、あるいは敏感肌にならないようにするためには、肌への刺激となるようなものは極力避けるということが大切です。

敏感肌でない方でも、一旦何らかの刺激がきっかけで肌が反応してしまうと、上記の通り、そのままトラブルが起きやすい肌になってしまうことがあります。

健康的な肌であっても油断せずに、保湿対策をしっかり行なうこと、そして肌への刺激はできるだけ排除することが必要です。

クレンジングや洗顔に限らず、肌を触る場合は、決して強い摩擦を与えない。

肌の付着物はなるべく早めに取り除く。

化粧品なども、低刺激で肌に対して負担の少ないものを選ぶ。

紫外線になるべくあたらない。

こういったことには、特に注意する必要があります。

もちろん、バランスのよい食生活、規則正しい生活と十分な睡眠、精神的な安定などによる、心身の健康が肌の健康にたいへん重要であるということは言うまでもありません。



保湿対策については、モルトリーチェ公式サイトの以下のページもご参照ください。

【特集記事】「肌乾燥」を防ぐための保湿対策

ただ、上記ページでは、マッサージによる血行促進や不要な角質の除去による新陳代謝のサポートなども保湿対策のひとつとして取り上げていますが、肌が敏感な状態では、こういったお手入れは刺激となることがあります。

敏感な肌状態での保湿対策としては、まずは上記の通り「保湿剤を使い水分を失わないようにする」「不足した皮脂膜を補い水分の蒸散を防ぐ」「やさしい洗顔を行なう」といったことをお考えいただきたいと思います。



今回のブログ記事における敏感肌というのは、もともとの肌質とか体質というよりは、基本的には肌乾燥を主要因とする後天的な肌の問題としてとりあげてきました。

アレルギー肌、アトピー肌、化粧品かぶれなどについては、以下の関連ブログ記事もご覧いただきたいと思います。

化粧品による「かぶれ」について

肌トラブル時の化粧品の使用について

季節の変り目「春」の肌トラブルを防ぐために

化粧品アレルギーについて

アトピー肌に使えますか?

アトピー肌のスキンケアについて


敏感肌の方にもオススメ!モルトリーチェ化粧品


肌機能をサポート!モルトリーチェ化粧品

モルトリーチェ化粧品は、海と大地の恵を活かし、肌の保湿機能・バリア機能・再生機能をサポートします。

敏感肌の方にも安心してご使用いただけますよう、低刺激で肌に対して自然なスキンケア化粧品となっています。

以下のページで詳細をご案内していますので、敏感肌でお困りの方も是非一度ご覧いただきますようお願いいたします。

モルトリーチェ公式サイトトップページ

モルトリーチェ化粧品開発コンセプト

モルトリーチェ化粧品の特長

モルトリーチェ化粧品の商品設計と配合成分



カテゴリー
記事一覧ページ

モルトリーチェ公式サイトの中の以下のページでは、当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています




プロフィール
MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています









その他ご案内



♪会員登録で割引価格
♪ポイント還元実施中
♪無料登録受付中
♪会員登録で500ポイント進呈





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード