MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

紫外線の悪影響と紫外線から肌を守るために

夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス・色素沈着」を防ぐために

春から夏にかけて、大量の紫外線を浴びると、メラニン色素の生成が活発化します。

このメラニン色素が皮膚内部に残存してしまうと、それがシミ・ソバカスとなります。

今回は、夏の紫外線の後遺症と言えるこういったシミ・ソバカス・色素沈着の原因(発生過程)と対策について考えてみたいと思います。

なお、シミ・ソバカスの発生については、紫外線以外の内的な要因が関係することもありますが、ここでは紫外線の影響、つまり日焼けによるシミ・ソバカスに限定して進めたいと思います。


メラニン色素の生成について


シミ・ソバカスの原因として、よくメラニン色素があげられます。

メラニン色素は、表皮基底層のメラノサイトという色素細胞において、チロシン(アミノ酸の一種)を原料に、チロシナーゼという酵素がはたらいて生成されます。

そして、生産されたメラニン色素は、他の表皮細胞に受け渡されていきます。

メラニン色素そのものは、個人差はありますが、常に一定量が生成されていて、それが私たちの肌の色を決めています。

また、メラニン色素の生成自体は、紫外線が皮膚内部に侵入しないようにするためであり、私たちの皮膚を守るために不可欠な防御システムです。

分かりやすく言えば、メラニン色素がカーテンのような役割をして、紫外線の脅威から皮膚を守ろうとしているわけです。

健全な肌状態であれば、生成されたメラニン色素は他の細胞に受け渡されながら、新陳代謝とともに肌表面に押し上げられ、その後剥がれ落ちて排出されていきますので、肌の色は基本的には一定しています。


シミ・ソバカス・色素沈着の発生について


しかし、大量の紫外線を浴びたりすると、皮膚の防御システムが強くはたらき、メラニン色素の生成は通常以上に活発化しますし・・・

継続的に紫外線を浴びたりすると、紫外線の脅威が少なくなっても、メラニン色素の生成が活性化されたままになってしまうこともあります。

大量のメラニン色素が生成されたり、メラニン色素の生成が活発化した状態が続くと、メラニン色素が十分に排出されずに皮膚内部に残存してしまい、これがシミ・ソバカス・色素沈着ということになってしまいます。

また、夏の強力な紫外線は肌の潤いを奪い、新陳代謝の機能にも悪影響を与えますので、メラニン色素の排出機能そのものが低下していることもあります。

もちろん、老化による肌乾燥や新陳代謝機能の鈍化も、メラニン色素の排出機能を低下させ、シミ・ソバカスといった色素沈着が発生しやすい肌状態にしてしまいます。


シミ・ソバカスを防ぐために必要なこと


シミ・ソバカスを防ぐために、最も大切なことは、紫外線を極力浴びないようにすることです。

ここでは、夏の紫外線の後遺症として、シミ・ソバカスといった色素沈着をとりあげていますが、紫外線の悪影響はそれだけにとどまらず、肌に対して様々な悪影響を与え、肌老化を進行させます。

肌にとって百害あって一利無しとまで言われる紫外線です。

とにかく、紫外線から肌を守る努力が必要です。

とはいっても、春から夏にかけては、紫外線から肌を完全に防御するというのは不可能に近いと言えます。

大量の紫外線を浴び続けた肌に、紫外線の悪影響や後遺症が現れないようにケアすることが大切になります。

シミ・ソバカスの防止という観点からは、
「紫外線の影響で活発化したメラニン色素の生成を沈静化」
「大量に生成されてしまったメラニン色素のスムーズな排除」
この2点が重要です。


美白化粧品の効果について


そこで、メラニン色素の生成を沈静化したり、できてしまったメラニン色素を消し去るために、美白化粧品というものの出番となります。

美白化粧品と言うと、各化粧品会社から様々なタイプのものが発売されています。

しかし、正直なところ、どのような美白成分を使っていたとしても、化粧品(医薬部外品も含め)である以上、短期間でたちどころにシミ・ソバカスを消し去るといった劇的な美白効果は望めません。

確かに、理論上・実験上・体験上・・・優れた美白作用が確認される成分はあるわけですが、化粧品に配合する場合、お客様が皮膚トラブルを起こさないように配慮しないといけませんので、その作用が緩和されて使用されます。

ですから、夏の紫外線の後遺症であるシミ・ソバカスなどを防ぐためには、特定の美白化粧品や美白成分だけに頼るのではなく、地道なスキンケアも同時に必要となってきます。


メラニン色素生成の沈静化について


なお、活発化したメラニン色素の生成を沈静化しようとする目的の美白成分はいろいろとあります。

メラノサイトにおいてチロシナーゼという酵素のはたらきを阻害するなどしてメラニン色素の生成を抑制しようとする成分です。

モルトリーチェの商品で使用しているのは、強力な美白作用があるとされるハイドロキノン、桑の根の皮から抽出した成分ソウハクヒエキスなどです。

また、エイジツエキス、クララエキス、シャクヤクエキスなどの植物エキスにもそういった作用があると言われています。

こういった成分(メラニン色素生成を抑制するような成分)が配合された化粧品を継続的に使用することは、活発化したメラニン色素の生成を沈静化するうえでプラス効果が期待できます。


生成されたメラニン色素の排除について


ただ、夏の紫外線の後遺症、シミ・ソバカス・色素沈着を防ぐためには、それだけでは十分ではありません。

大量に生成されてしまったメラニン色素が、皮膚内部に残存しないようにケアしないといけないからです。

そのためには、メラニン色素の還元とメラニン色素の排出を考えないといけません。



まず、メラニン色素の還元についてですが、メラニン色素の生成過程というのは酸化の一種でもありますので、還元作用(=酸素を切り離す)により、メラニン色素を分解しようというものです。

この還元作用については、ビタミンCが有名なのですが、化粧品にそのまま配合しても、その成分としての不安定さから、実際の効果は期待できないため、ビタミンC誘導体として使用されます。

ハイドロキノンも、チロシナーゼ活性阻害作用とともに、メラニン色素の還元作用にも期待ができます。



それから、メラニンの排出については、表皮の新陳代謝が適正に行われることが必要です。

生成されてしまったメラニン色素を新陳代謝によって肌表面へ押し上げていき排出するわけです。

新陳代謝には、マッサージなどで血行を促進することが効果的とされています。

また、角質ケアにより古い角質の除去をスムーズにしてあげることもプラスにはたらきます。

肌細胞を元気づけるような成分(細胞賦活成分)が配合された化粧品のご使用もおすすめします。


シミ・ソバカスを防ぐためにも必要な肌保湿


なお、新陳代謝と肌の保湿機能はたいへん密接に関係しています。

新陳代謝が乱れると肌の保湿機能は低下しますし、また、肌の潤いが失われると新陳代謝のサイクルに悪影響を与えてしまいます。

ですから、新陳代謝が健全に行われている健やかな肌を保つためには、保湿ケアもたいへん重要です。


シミ・ソバカスを防ぐために大切なこと


美白対策というと、美白成分の入った化粧品を塗ることを思い浮かべがちです。

しかし、先にも述べた通り、化粧品(医薬部外品含む)は薬品ではありませんので、不特定多数の方にご使用いただいても、皮膚トラブルが起きないように配慮されてつくられています。

ということは、化粧品に配合される美白成分というのは作用がマイルドな状態で配合されているわけでして・・・

薬品と同じような感覚で、この美白化粧品さえ肌に塗れば、シミ・ソバカス・色素沈着は防げる(あるいは消えてしまう)などと過度な期待はできません。

このように考えると、これからの季節、夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス・色素沈着」を防ぐためには、

活発化したメラニン色素の生成を抑える

できてしまったメラニン色素を還元する

できてしまったメラニン色素を新陳代謝で排出する

肌の機能が健やかに保たれるように保湿対策を行う

といったことを念頭におきながら、日々のスキンケアを地道に継続していかないといけません。

もちろん、美白成分の配合された美白化粧品も、その成分によって、メラニン色素の生成抑制や還元などに期待ができます。

しかし、美白化粧品だけに頼るのではなく、保湿対策をはじめとして、肌が健やかに保たれるようなトータル的なスキンケアが必要ということになります。

秋の肌の美白対策について

秋の肌の美白対策について、前回のブログ記事の捕捉です。

秋の肌は、夏の紫外線でメラニン色素が大量に生成された後ということで、それがそのまま肌内部に残ってしまいシミ・ソバカスとなる危険性があります。

そこで、美白化粧品でシミやソバカスを防ごう、あるいは既にあるシミやソバカスを薄くしよう、できれば消してしまおうということになるのでしょうが・・・

前回のブログ記事でもご説明しました通り、美白化粧品を使う前に、まずは肌を健やかな状態に保つことで、新陳代謝をサポートしシミ・ソバカスがスムーズに排出されるようにすることが必要です。

詳しくは前回のブログ記事をご覧いただければと思います。



美白化粧品の多くは、メラニン色素の生成を抑えたり、メラニン色素を還元したりすることで、シミ・ソバカスを防ごうとするものです。

美白化粧品(あるいは使用している美白成分)の本来の効果も、肌が健やかな状態においてこそ、発揮されるものです。

美白化粧品(医薬部外品も含め)をシミ・ソバカスの薬のように考えるのではなく、あくまで美白対策を行うための必要な要素のひとつと考えるべきだと思います。

美白対策においても、やっぱり基本のお手入れは、正しい洗顔としっかりとした保湿対策であり、そこにプラスして美白化粧品を使用することで、より美白効果が期待できるものだと思います。



なお、モルトリーチェの取扱い商品の中で、美白対策というとホワイト・セラムHQが一番の人気商品でして・・・

このホワイト・セラムHQは、優れた美白作用があるとされながらも成分として不安定であったハイドロキノンをナノカプセル化することで安定化させ配合した製品です。

秋の美白対策に是非加えていただきたいと思うのですが・・・

ハイドロキノンの美白作用というのは、メラニン色素の生成の抑制、メラニン色素の還元に効果を発揮するとされていますが、美白対策のためには、上記の通り、肌を健やかに保ち、適正な新陳代謝によってメラニン色素をスムーズに排出することも重要です。

また、紫外線その他の影響によりメラニン色素が過剰に生成されないようにすることも大切です。

そのためには、紫外線に注意を怠らないということはもちろんのこと、保湿対策をはじめとして、肌が健やかに保たれるようなトータル的なスキンケアも継続して行いながら、プラスしてご使用いただければと思います。

ホワイト・セラムHQの商品詳細のご案内

以下のモルトリーチェ公式サイト内のページもご参照ください。

秋の肌状態とお手入れ

シミ・ソバカスを防ぐ美白対策

秋のお手入れ〜夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス」を防ぐために

すっかり秋らしい気候となりました。といいますか、朝晩は涼しいというより寒いです。

肌のお手入れについて言えば、この時期に夏の肌ダメージをケアして、健やかな肌状態を保つことが必要です。

冬が近づくにつれ、大気は乾燥しますし、気温も下がります。皮脂などの分泌機能も低下し、血行も悪くなります。

これから、肌環境はどんどん厳しくなるわけですから、夏の間に受けた肌ダメージをかかえたままで冬を迎えてしまうと、肌の老化現象が一挙に現れる危険性があります。

この時期にきちんとお手入れして、肌の状態を健全にしておくというのはとても大切です。


夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス」を防ぐために


夏の肌ダメージのひとつとしては、紫外線を浴び続けたことによる、メラニン色素の大量生成、そしてそのメラニン色素が肌内分に残存することによるシミなど色素沈着の発生があげられます。

春から夏にかけて、どんなに紫外線を防ごうとしても完全には防ぐとことができません。どうしても、秋や冬よりも多くの紫外線を浴びてしまいます。

メラニン色素の生成が活発化し大量のメラニン色素を生み出すというのは、別に肌ダメージというわけではなく、むしろ皮膚深部に対する紫外線の悪影響を防ぐためですから、これはこれで私たちの皮膚、さらには身体にとって必要な機能です。

健やかな肌状態であれば、メラニン色素は新陳代謝によって古い細胞が垢として剥がれ落ちる過程で一緒に排出されていき肌内部に残るということはありません。

また、秋になって紫外線の脅威が小さくなると、メラニン色素の生成も落ち着いてきますので、そのうちに肌の色も元に戻ります。

しかし、大量のメラニン色素が生成された場合や、肌の新陳代謝の機能が低下していたりすると、メラニン色素が完全には排出されず、肌内部に残存してしまうことがあります。

そして、これがシミやソバカスの原因となってしまいます。いわば、夏の紫外線の後遺症ということになるわけですが、これは、なるべく早く対処しないと、時間が経てば経つほど、解決が難しくなります。

ですから、後々、シミやソバカスで悩まないようにするには、今の時期にきちんと対処することが重要です。


メラニン色素の生成を沈静化するために
秋も紫外線に対する注意を怠らない!



まず、必要なのは秋になっても紫外線に対する注意を怠らないということです。

秋になると、紫外線の量は少なくなっていますが、それでもある程度の紫外線は降り注いでいます。

紫外線というのは、可視光線ではありませんので目に見えません。つまり、まぶしさを感じません。また、熱さも感じません。

秋になって日差しもやわらかくなったしということで、油断していると思った以上に紫外線を浴びているということがあります。

秋になっても、紫外線を浴び続けていると、メラニン色素の生成が沈静化せずにシミやソバカスが発生しやすくなるというのはもちろんのこと、紫外線というのは肌の保湿機能やバリア機能、そして新陳代謝の機能にも悪影響を与えますので、肌の状態がなかなか健全な状態になりにくいということになります。


「シミ・ソバカス」を防ぐために
適正な新陳代謝でメラニン色素のスムーズな排出



それから、夏の間に大量に生成されたメラニン色素をスムーズに排出させるためには、新陳代謝が適正に行われることが必要です。

新陳代謝が適正に行われるためには、マッサージなどで血行を良くして、肌細胞に栄養が十分に供給されることも必要ですが、肌表面、特に角質層の状態を健全に保つことも大切です。

新陳代謝と角質層の状態というのは密接に関係しています。

適正な新陳代謝が健全な角質層を形成しますし、逆に、健全な角質層の状態においてこそ適正な新陳代謝が行われるということです。

健全な角質層というのは、新陳代謝によって肌内部(表皮基底層)から押し上げられてきた細胞が角質細胞として規則正しい層構造を形成し、そこに細胞間脂質やNMFなどの保湿成分が存在し、十分な水分を保持した状態です。

この状態は、肌の潤いがしっかり保たれ、外部からの異物の侵入がしにくい状態、つまり肌の保湿機能やバリア機能が正常に保たれている状態です。

加齢とともに新陳代謝が鈍化すると健全な角質層が形成されなくなり、肌から潤いが失われやすくなります。

また、角質層が損傷を受けると、それを修復しようと新陳代謝のサイクルが急激に早くなり、未成熟な細胞によって角質層が形成されることで、十分な保湿機能やバリア機能を有しない角質層となってしまいます。

ですから、適正な新陳代謝を保つには、角質層をケアしその機能(保湿機能・バリア機能)をサポートすることが重要です。


角質層を健全に保つことが
「シミ・ソバカス対策」にもつながる



角質をケアし健全に保つには、まず正しい洗顔が必要です。

肌表面を清潔に保ち、肌への刺激となる付着物を取り除きます。また、古い不要な角質が残っていたら、それを剥がして除去します。

ただし、この洗顔の際に、肌に強い刺激を与えたり、必要以上に角質を除去したりすると、角質層を傷つけたりして、その保湿機能やバリア機能を低下させてしまいますので、注意が必要です。

適切な洗顔剤を使用して、正しく洗顔することが大切です。

もちろん、保湿対策も不可欠です。

化粧水、乳液、美容液などを継続して使用することで、角質層の保湿機能をサポートし、肌の潤いがしっかりと保たれるようにしないといけません。

この時期、空気は乾燥し始めますし、皮脂などの分泌も少なくなってきますので、化粧水だけではなく乳液や美容液、あるいはクリームなども利用し、肌の水分が奪われないようにしっかりとした保湿対策が必要です。

角質層を健やかに保つ基本は、角質層を傷つけない、そして水分を逃さないということが重要で、そうすることにより適正な新陳代謝が行われ、生成されてしまったメラニン色素の排出にもつながります。

シミ対策というと、ある種の美白成分が配合された化粧品や医薬部外品に目を奪われがちですが、角質ケア、そして保湿対策というのが、シミ対策のための基本条件となります。

こういった健やかな肌を保つためのお手入れをきちんと行う中で、そこにいわゆる美白化粧品というものを加えることで、その本来の効果が発揮されやすくなるものだと思います。



なお、秋の肌のお手入れやシミ対策ないついては、モルトリーチェ公式サイトの以下のページで、もう少し詳しくご案内していますので、是非一度ご覧ください。

秋の肌状態とお手入れ

シミ・ソバカスを防ぐ美白対策

日常生活の紫外線対策の捕捉〜目を守るために

当ブログ(MOLTOLICE ダイアリー)の中の「日常生活における紫外線対策」という記事の捕捉説明です。

上記ブログ記事の中で、紫外線から目を守るためにはサングラスが有効ということを書いています。

紫外線の影響で角膜炎や白内障になりやすいからです。

それから、肌との関係においても、目から入った紫外線の影響でメラニン色素の生成が活発になるといった研究データも出ているようです。

メラニン色素というのは、有害な紫外線から私たちの体を守るために(皮膚内部に侵入させないように)生成されます。

メラニン色素は常に生成されていて、その生成量は人種や遺伝などにより一定していますので、それによって私たちの肌色も決まってきます。

大量の紫外線を浴びると、紫外線の侵入を防ごうと防御反応がはたらき、通常よりも多くのメラニン色素が生成されるようになり、シミやソバカスなどが発生しやすくなってしまいます。

目から紫外線が入った場合、目の角膜部分に小さな炎症が起こり、その情報をキャッチした脳が、全身を防御するためにメラニン色素の生成をするよう指令を出すということのようです。

目から入る紫外線でどれほどのメラニン色素が生成されるのか、かなり大きな影響があるのか、それほど神経質になるほどでもないのか・・・?

この点についてはまだ定かではありませんが、角膜炎や白内障を防ぐという点からも、目から入る紫外線についても注意が必要だと思います。

そのためには、サングラスを利用するというのが、最も手っ取り早い方法だと思います。

ただ、紫外線防止効果が高いサングラスとして、レンズの色の濃いサングラスを選びがちですが、これは紫外線対策としては逆効果になることがありますので、注意が必要です。

確かに、レンズの色の濃いサングラスの方が、太陽光のまぶしさを軽減しますし、一般的には衣類などでも薄い色よりも濃い色の方が紫外線を防ぐ効果は高いとされています。

ですから、レンズの色の濃いサングラスの方が、紫外線防止効果も高いように感じるのですが・・・

太陽光のまぶしさの実体は可視光線のことです。紫外線というのは目に見えない光で熱もありません。

色の濃いレンズでまぶしさを軽減したからといって、紫外線を浴びる量を少なくしたとは限りません。

レンズの色の濃いサングラスをした場合、暗くなって(光の量が少なくで)見えにくくなりますから、もっと光を入れて見えやすくするために瞳孔が大きく開きがちです。

そうすると、大きく開いた瞳孔から紫外線がどんどん入ってくるということになってしまいます。

まぶしさを防いだことで、紫外線も防いだつもりなのに、逆に紫外線を取り込みやすくしてしまっているわけです。

ですから、紫外線対策としては、サングラスのレンズの色の濃淡よりも、そのレンズにUV防止効果が施されているかどうかが重要になります。

最近のサングラスの多くはUV防止効果があるものとは思いますが・・・レンズの色が濃くて、UV防止効果も無いサングラスというのは、選ばないことです。

それから、紫外線はサングラスと顔の隙間からも侵入します。

紫外線防止効果を高めるためには、レンズが大きくて、顔になるべく密着したような形状のものがおすすめです。

梅雨もあけて、いよいよ紫外線が心配なのですが・・・

ここ最近、とてもとても暑い日が続いています。

そして、焼け付くような太陽の光が毎日たっぷりと降り注いでいるのですが・・・

街を歩いていると、意外にも紫外線対策に無頓着な女性が多くて、大丈夫なのかなと他人事ながら心配になります。特に、若い女性に多いですね。

日傘は差していないし、帽子はかぶっていないし、タンクトップにショートパンツだし、濃い色のサングラスはしてるけどノーメイクだし・・・紫外線に対して全くの無防備という女性もよく見かけます。

まあ、紫外線対策を完璧にやろうとすれば、ファッション性を犠牲にしないといけないし、暑さとの戦いともなるわけで、難しいとは思うのですが・・・

せめて日焼止め化粧品とか使っているのだろうかとか、何度も塗りなおしているだろうか・・・などと、これは商売抜きで心配になったりするわけです。

若い頃は、新陳代謝も活発なので、紫外線で何らかのダメージを受けてもそのうちに回復するだろうと思い、本人としてはそれほど心配していないのでしょうが、紫外線の悪影響というのは蓄積すると言われています。

若い頃の日焼が原因で、中年以降にシミや深いシワが発生するということはとても多いのです。

絶対に油断はしてはいけないと思います。紫外線をなめてはいけないのです。

とはいっても、紫外線対策を完璧に実行するというのは確かに難しいとは思います。

ただ、紫外線とは危険なものなだという認識を持ち、少しずつでもいいから、何らかの紫外線対策を取り入れていってもらいたいと思います。

日常生活の中での紫外線対策について下記のブログ記事でご紹介していますので、よかったらご覧ください。

日常生活の中で紫外線からお肌を守る方法



ブログ記事一覧
モルトリーチェ公式サイト内の以下のページでは、ブログ主要記事の一覧を項目別にご紹介しています。


プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています







その他ご案内







現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード