MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

その他美容に関する疑問について関連記事

角質をごっそり剥がすというのは肌荒れの原因にも!

洗顔剤やピーリング剤といった化粧品のCM宣伝などで、角質をごっそりと剥がしてしまうことを、その商品の優れた点としてアピールしていることがあります。

これみよがしに、こんなにたくさん角質が取れましたとかやってるわけですが、これって違うと思います。

確かに、本来であれば自然と剥がれ落ちていくべき古い角質が、剥がれ落ちずにそのまま残存してしまうと、肌にはいろいろと問題が生じます。

肌がくすんで見えたり、固くざらついた印象の肌になったり、表皮新陳代謝に乱れが生じたり、健全な角質層の形成にも悪影響を及ぼしたり、さらには肌の保湿機能やバリア機能も低下したり・・・

こういった状態にならないように、古い角質がスムーズに剥がれ落ちるようにお手伝いをするという考え方であれば、それは肌にとってプラスに作用すると思います。


角質をごっそり剥がしてしまうと・・・


しかし、角質をごっそり剥がすという考え方でピーリング剤などを使い、本当に大量の角質を取り去ってしまえば、肌は保湿機能やバリア機能を失い、カサカサに乾燥し、外的刺激にも弱く慢性的な肌荒れ状態になってしまう危険性があります。

このブログでは何度も書いてきましたが、肌の潤いや滑らかさというのは、角質層の状態によって左右されます。

角質層が健全な層構造を形成し、そこに保湿成分が十分に存在することで、肌の潤いが保たれ、肌内部への異物の侵入も防ぎ、健やかな肌状態が保たれます。

その角質を一挙に剥がしてしまう、それは角質層そのものを破壊してしまうことであり、美容上たいへん危険です。

もちろん、角質層の大部分を一旦取り去り、新たな肌(角質層)の再生を図る美容方法もありますが、本当にやるなら、処置後の肌状態を見ながら適切に対応できるよう専門の医師の監督のもとで行なう必要があります。

自宅で自分で行なうピーリングや、医療機関ではない施設で行なうピーリングというのは、あくまで角質層の上層部数層を剥がす程度にとどめておくべきと思います。


あくまで古い不要な角質だけをやさしく取り去ること


本来であれば、古い不要な角質というのは、自然と剥がれ落ちていくものであり、日ごろの洗顔や入浴などでも剥がれていきますので、それほど神経質になる必要はありません。

しかし、加齢、紫外線、肌水分不足、外的刺激など様々な原因により、新陳代謝のサイクルが乱れたりすると、時として古い角質がなかなか剥がれ落ちずに残存してしまうことがあります。

また、逆に古い角質が残存することが、新陳代謝に悪影響を与えるとともに、見た目にも肌の透明感や滑らかさが失われ、肌乾燥の原因ともなることがあります。

もし、肌のクスミやザラツキが気になったり、肌から柔軟性が失われているように感じたりした場合は、古い角質を取り除くというピーリングはおすすめだと思います。

ただ、自宅で行なうピーリングというのは、肌への刺激も極力抑えながら、あくまで角質層の層構造を壊さずに、不要となった古い角質のみをやさしく取り除くということです。

ピーリング剤を使う場合は、角質を剥がそうとして力を入れてゴシゴシ肌を擦ることがないようにしましょう。

それから、頻繁にピーリングを行なう必要はありません。せいぜい週2〜3回程度で十分だと思います。


こんなに取れた角質ポロポロの正体とは?


なお、先日見たCMでは、ピーリングジェルをガラス板の上で伸ばしても何も出てこない、でも皮膚の上で伸ばすと何やらポロポロと固まりのようなものが出てくる、ということを実験としてやってました。

このポロポロの固まりこそが剥がれた角質であり、こんなにたくさんの角質が残っていることは美容上大問題ということで、このピーリング剤だったらこんなに角質を除去できるので是非使いましょうということになるわけですが・・・

でも、モルトリーチェで販売している「クリア・ピールジェル」というピーリング剤だって、ガラスの上で伸ばしても何にも出てきませんが、皮膚の上で伸ばすとポロポロと固まりが出てきます。

これはどういうことかというと、ピーリング剤というのは、角質やその他の汚れを除去するために、タンパク質などを吸着し固まる成分が入っています。

ポロポロとした固まりというのは、ピーリング剤が角質を吸着し固まったものであり、この固まりが全て剥がれた角質ということではありません。

ガラス板のうえで伸ばしても何も出てこないというのは当然のことです。

本当にそれだけ大量の角質を剥がしてしまったということであれば、上記の通り、それこそ大変なことです。



以下の関連ブログ記事もよかったらご覧ください。

マイルドピーリング〜角質ポロポロ〜についての疑問



モルトリーチェで取り扱っているマイルドピーリングジェル「クリア・ピールジェル」の商品ご案内ページも是非ご覧ください。

クリア・ピールジェルのご案内ページはこちら
(モルトリーチェ公式サイト内)

マイルドピーリング「クリア・ピールジェル」

肌機能を守るためにコットンやティッシュにも注意!

前回のブログ記事で、火山灰やスクラブなどが含まれる洗顔料について注意しましょうということを書きました。

洗浄作用の強い洗顔料や肌に摩擦や刺激を与える洗顔方法などは、角質層の層構造を乱し、その保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があるからです。

角質層の機能が低下すると、肌は乾燥しやすくなり、トラブルも発生しやすくなります。

肌に対してマイルドで、なおかつ汚れもきちんと落とすという洗顔剤を選ぶべきですし、洗顔方法もゴシゴシこすらずにやさしく丁寧に行なう必要があります。

このように洗顔(クレンジング含む)というのは、とても重要なスキンケアです。

それから、肌表面(角質層)を傷つけないためには、コットンやティッシュペーパーの選択や使用方法にも注意が必要です。

クレンジングの際に、コットンやティッシュを使ったり、化粧水や乳液をつける時にコットンを利用したりする方もいらっしゃると思います。

コットンやティッシュで肌表面(角質層)を傷つけることもあります。

できるだけ、やわらかくて、キメの細かい、高品質なものを使い、決してゴシゴシと肌を擦らない、肌に強い摩擦を与えないというのが大切です。

ただ、クレンジングの際、コットンやティッシュで拭き取ると、どうしても肌を擦ってしまいがちです。

クレンジング剤は、水で洗い流せるタイプのものだと、肌を擦ることなくクレンジング剤を取り除くことができますし、コットンやティッシュを使う必要もないので、こういったタイプのクレンジング剤がおすすめです。

化粧水や乳液をつける時は、コットンでつけるか、手でつけるか、これもいろいろと意見がありますが、肌に刺激を与えないようにいうことであれば、安全なのは手でつける方かなと思います。

コットンを利用する場合は、肌への摩擦を少なくするために、コットンが十分にぬれるくらいに含ませてからつける必要があります。

その他、コットンやティッシュを使うことはいろいろとありますが、お顔に使うものについては、品質の良いものを選ぶべきだと思いますね。

火山灰、スクラブ等を含む洗顔料にご注意!

今年8月、火山灰やスクラブなどが含まれる洗顔剤を使うことで、眼に異物が入る可能性があること、そしてその異物によって眼が傷つけられる心配があることが、国民生活センターによって指摘されました。

独立行政法人国民生活センター「火山灰を含む洗顔料の使い方に注意!」(平成22年8月18日)(PDF:561KB)

これに伴い、厚生労働省からも、洗顔剤に含まれる火山灰やスクラブなどが眼に入ることを未然に防ぐために注意喚起を徹底するよう通達が出されています。

スクラブ等の不溶性成分を含有する洗顔料の使用上の注意事項について(平成22年8月18日厚生労働省報道発表資料)

今のところは、火山灰やスクラブが入った洗顔剤を使用することで、眼が傷つけられたという事例が極端に多いというわけでもありませんので、こういった洗顔剤を製造するなとか、販売するなとか、そういうことではありません。

ただ、事例がまだ少ないとはいえ、実際に眼に異物が入って病院に行った方もいるわけですから、こういったことが今後起きないよう、また、大きな事故につながらないよう、製造販売業者は使用する方に対して注意を促すよう情報提供を行いなさいということだと思います。



今回の国民生活センターや厚生労働省からの指摘というのは、眼を傷つけないように注意しましょうということからなされていますが、実際は、洗顔の際(特に目に近い部分を洗う時は)、目を閉じていることが多いと思いますので、火山灰やスクラブなど眼に入るケースというのは少ないのかもしれません。

しかし、眼表面を傷つけてしまう心配のあるものが含まれた洗顔剤で顔を洗うというのは、肌の保湿機能やバリア機能を守り肌を健やかに保つという観点からすると、やっぱり怖いと思います。

肌の表面の角質層、この角質層が健全な層構造を形成し水分を十分に保っていることが美肌の重要ポイントですが、わずか0.02ミリほどの厚さしかないこの角質層はちょっとしたことですぐに傷ついてしまいます。

スクラブや火山灰が入った洗顔剤というのは、洗浄力は高いのでしょうが、これは台所洗剤におけるクレンザーのようなもので、肌の深部の汚れや不要な付着物を取り除きますが、同時に角質層の層構造を傷つけてしまう可能性もあるように思います。

こういった強い洗顔剤を、毎日の洗顔に使うというのはあまりおすすめできません。

使うとすれば、多くて1週間に1〜2回程度で、このくらいだと不要な古い角質(本来は自然と剥がれ落ちる角質が残存している場合)を取り除き、肌表面の状態を整えクスミを防ぐなどの効果が期待できると思います

それから、肌表面の角質層が傷つくというのは、肉眼で見えない、痛みも感じない、小さな小さな傷です。なにしろ、角質層というのは、わずか0.02ミリほどの厚みしかないわけですからね。

実際には、角質層が傷ついたという実感がないまま、いつの間に肌が乾燥しやすくなったり、肌荒れになったり、カユミや炎症が起きやすくなったりします。

こういった状態にならないようにするためには、肌に負担を与えないやさしい洗顔剤で日々正しく洗顔することが大切です。

肌の汚れをとにかく落とせさえすればいいやといった、そういった洗顔を続けていると、それが肌老化や肌トラブルの原因となる可能性もありますので、注意が必要です。



なお、洗顔の重要性などについて、モルトリーチェ公式サイトの以下のページもご参照ください。

肌乾燥(角質層の水分不足)を防ぐために〜正しい洗顔について〜
プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています











その他ご案内







現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード