MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

その他洗顔について関連記事

肌乾燥を防ぐための正しい洗顔方法

このブログ記事では、正しい洗顔方法についてご案内しています。

スキンケア商品のご使用方法については、以下のブログ記事をご覧ください。

モルトリーチェスキンケア商品ご使用方法





スキンケアの基本は、洗顔により肌を清潔にすることです。

洗顔は、肌に残ったクレンジング剤やほこり、古い皮脂や角質を取り除くために行います。

しかし、洗顔の方法を誤ると、肌に過剰な刺激を与えたり、肌の潤いを奪ってしまったり、肌トラブルの原因となることがあります。

以下の点に、注意しながらやさしく洗顔を行いましょう。



水温


水または体温よりやや低めのぬるま湯を使いましょう。

冬場は熱い湯を使いがちですが、熱すぎる湯は必要な潤い成分まで取り除き、肌への刺激も大きく、肌乾燥の原因にもなってしまいます。



予洗い


洗顔フォームを使う前に、なるべく予洗い(水またはぬるま湯で2〜3回ほど)することをおすすめします。

また、手もきれいに洗っておきます。

クレンジング後の洗顔の場合、モルトリーチェのクレンジングクリームは、水で洗い流すタイプですので、クレンジング後のお肌は予洗いされた状態となっております。

そのまま洗顔フォームをよく泡立てて、わずかに残ったクレンジングクリームの油分やその他の汚れを洗顔によって洗い流してください。



泡立て




洗顔フォームを1.5cm〜2cmほど手のひらに出します。

水を少しずつ加えながら、両手で丁寧に泡立てて、手のひらいっぱいくらいの大きなクリーム状の泡をつくりあげます。

手だけで大きなクリーム状の泡をつくりあげるには少々手間がかかるかもしれません。

泡立てネットを利用されますと簡単に豊かな泡が得られますのでおすすめします。



時々、洗顔フォームを両手で数回擦って軽く泡立てただけで洗顔をはじめたり、顔の上でさらにその洗顔フォームをゴシゴシやって泡立てたりする方がいらっしゃいます。

これでは、どんな優れた洗顔フォームを使っていても意味がありません。

むしろ、肌を強く擦ってしまい、肌表面を傷つけたり、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

肌への負担や刺激を防ぎながらやさしく汚れを取り除くためには、洗顔フォームを手のひらで十分に泡立てて洗顔するようにしましょう。



洗顔方法




洗顔は泡で顔を包み込むようにやさしく洗うのが基本です。

肌を強く擦るような洗顔は避けてください。

そのためにも、洗顔フォームをたっぷりと泡立てて使いましょう。

十分な泡が得られたら、その泡を顔の上に乗せ、泡で顔を包み込むように洗います。

おでこや鼻周辺のTゾーンは皮脂の分泌が多く、汚れが付着しやすい部分なので、まずこの部分から洗います。

小鼻のまわりは、指先を使って特に丁寧に洗います。

おでこや頬などは、手で顔肌を直に擦らないように、手と顔肌の間にクリーム状の泡が存在している状態でやさしく洗っていきます。

指先に力を入れずに、泡を振動させるように動かしながら洗うと肌に負担をかけずに洗顔できます。



すすぎ




洗い終わったら、水またはぬるま湯でよくすすぎます(熱すぎる湯は使わないようにしましょう)。

洗顔剤が肌に残らないように、すすぎは十分に(15回〜20回)行いましょう。

額の髪の生え際、小鼻のわき、あごのラインは洗顔剤が残りがちです。特に丁寧に行いましょう。



ふきとり




すすぎの後は、柔らかめのタオルやガーゼなどを使い、優しく抑えるように、お顔の水分をふきとります。

決して強くこすらないようにしましょう。

洗顔後の肌は皮脂膜が取り除かれ無防備な状態です。

化粧水や乳液を使用し、潤いを保つようにしましょう。

また、化粧水や乳液は、洗顔後の肌を弱酸性に整えるはたらきもあります。



その他ご注意


ハードな洗顔(肌をこすったり、強めの洗浄剤の使用)は、必要以上に皮脂成分やNMF成分・細胞間脂質を除去してしまうため、角質層の保湿機能を低下させてしまう恐れがあります。

ナイロンタオル等での洗顔は、肌への刺激となり、シミなどの原因となる場合がありますので、使用は極力避けましょう。

泡立てネットをお使いいただくと、よりクリーミーで豊かな泡立ちが生まれます。

肌をやさしくいたわりながら洗顔していただくために、十分に泡立ててご使用ください。

ただし、泡立てネットは泡を立てるためのみにご使用ください。泡立てネットで直接お肌を洗わないでください。

モルトリーチェのウォッシングフォームは、わずかな量でも洗顔に必要な泡立ちは生まれますが、肌を十分にいたわり、なおかつ美容成分の効果を活かすためにも、1.5〜2.0cmのほどの量でご使用いただくことをお勧めします。




商品のご使用方法や洗顔方法については、以下のモルトリーチェ公式サイト内のページでもご覧いただけます。

モルトリーチェ商品のご使用方法(公式サイト内)



洗顔の重要性に関連した以下のブログ記事もよかったらご覧ください。

肌乾燥の基本対策〜まずは正しい洗顔から!

乾燥肌の改善策は・・・角質層の水分を守るポイント「正しい洗顔」

火山灰、スクラブ等を含む洗顔料にご注意!

今年8月、火山灰やスクラブなどが含まれる洗顔剤を使うことで、眼に異物が入る可能性があること、そしてその異物によって眼が傷つけられる心配があることが、国民生活センターによって指摘されました。

独立行政法人国民生活センター「火山灰を含む洗顔料の使い方に注意!」(平成22年8月18日)(PDF:561KB)

これに伴い、厚生労働省からも、洗顔剤に含まれる火山灰やスクラブなどが眼に入ることを未然に防ぐために注意喚起を徹底するよう通達が出されています。

スクラブ等の不溶性成分を含有する洗顔料の使用上の注意事項について(平成22年8月18日厚生労働省報道発表資料)

今のところは、火山灰やスクラブが入った洗顔剤を使用することで、眼が傷つけられたという事例が極端に多いというわけでもありませんので、こういった洗顔剤を製造するなとか、販売するなとか、そういうことではありません。

ただ、事例がまだ少ないとはいえ、実際に眼に異物が入って病院に行った方もいるわけですから、こういったことが今後起きないよう、また、大きな事故につながらないよう、製造販売業者は使用する方に対して注意を促すよう情報提供を行いなさいということだと思います。



今回の国民生活センターや厚生労働省からの指摘というのは、眼を傷つけないように注意しましょうということからなされていますが、実際は、洗顔の際(特に目に近い部分を洗う時は)、目を閉じていることが多いと思いますので、火山灰やスクラブなど眼に入るケースというのは少ないのかもしれません。

しかし、眼表面を傷つけてしまう心配のあるものが含まれた洗顔剤で顔を洗うというのは、肌の保湿機能やバリア機能を守り肌を健やかに保つという観点からすると、やっぱり怖いと思います。

肌の表面の角質層、この角質層が健全な層構造を形成し水分を十分に保っていることが美肌の重要ポイントですが、わずか0.02ミリほどの厚さしかないこの角質層はちょっとしたことですぐに傷ついてしまいます。

スクラブや火山灰が入った洗顔剤というのは、洗浄力は高いのでしょうが、これは台所洗剤におけるクレンザーのようなもので、肌の深部の汚れや不要な付着物を取り除きますが、同時に角質層の層構造を傷つけてしまう可能性もあるように思います。

こういった強い洗顔剤を、毎日の洗顔に使うというのはあまりおすすめできません。

使うとすれば、多くて1週間に1〜2回程度で、このくらいだと不要な古い角質(本来は自然と剥がれ落ちる角質が残存している場合)を取り除き、肌表面の状態を整えクスミを防ぐなどの効果が期待できると思います

それから、肌表面の角質層が傷つくというのは、肉眼で見えない、痛みも感じない、小さな小さな傷です。なにしろ、角質層というのは、わずか0.02ミリほどの厚みしかないわけですからね。

実際には、角質層が傷ついたという実感がないまま、いつの間に肌が乾燥しやすくなったり、肌荒れになったり、カユミや炎症が起きやすくなったりします。

こういった状態にならないようにするためには、肌に負担を与えないやさしい洗顔剤で日々正しく洗顔することが大切です。

肌の汚れをとにかく落とせさえすればいいやといった、そういった洗顔を続けていると、それが肌老化や肌トラブルの原因となる可能性もありますので、注意が必要です。



なお、洗顔の重要性などについて、モルトリーチェ公式サイトの以下のページもご参照ください。

肌乾燥(角質層の水分不足)を防ぐために〜正しい洗顔について〜

モルトリーチェの洗顔フォームご使用体験談[Part2]

昨年10月から11月にかけて、モルトリーチェの洗顔フォーム「ウォッシングフォーム」のプレゼント企画を実施しましたが、ご当選者の皆様(5名様)から商品についてのご意見・ご感想を頂戴しましたので、ご紹介させていただきます。

参考にしていただければ幸いです。



MMさん / 42歳 / 大阪府

今までに使ったことがないような洗顔フォームでとても良かったです。

泡がたくさん出るし、そして密度が濃いというのか、クリームのような泡で、洗顔がとても気持ちよかったです。

洗い上がりもしっとりして突っ張らず、とても満足できる商品でした。



OSさん / 33歳 / 愛知県

少しの量できめの細かい泡がたくさんたちますね。泡洗顔の気持ちよさに洗顔中もうっとりで、ずっとそのまま泡でやさしく顔マッサージしたい気分になりました。

泡が多い分、すすぎも丹念に行う必要があるように思いますが、水で泡を流した後の肌もしっとりしてて、化粧水はもしかしていらないかもと思うほどでした。

乾燥を防ぐ洗顔という商品特徴はその通りのように思いました。



IJさん / 年齢? / 埼玉県

泡立ちが良くて、少しの量でも十分に洗顔できるので、お値段がかなりお高いと思っていましたが、意外とそれほどでもないのかなとも思います。

今、一ヶ月半ほど朝晩使っていますが、まだあります。二ヶ月以上もちそうな感じです。

洗った後の肌もふっくらした感じで、例年冬は肌の乾燥が気になりますが、この洗顔フォームを使ってから、今の季節でも乾燥が気にならないようです。



HSさん / 40歳 / 兵庫県

敏感肌ですが、問題なく使えています。洗い上がりがとても気持ちよくて、すっきりとしながら、しっとり潤いは残っているような感触です。

他メーカーの商品で泡洗顔が特長の洗顔剤と比べると、泡の量はこちらの方が少ないように思いましたが、ネットを使うと少ない量で洗顔には十分過ぎるくらいの泡が生まれますし、泡の質はこちらの方がソフトな感じがします。

ただ、購入となると洗顔フォームで6000円というのは少し勇気が必要です。メーカーさんのご英断があると嬉しいのですが、よろしくお願いします。



SMさん / 44歳 / 栃木県

この洗顔フォームのきめ細かな泡につつまれながら洗顔すると、とても幸せな気分で、お肌ってこういうふうに大切に扱うものだったのかと思い知りました。

おかげで冬でも肌の調子は良いです。高級な洗顔フォームで、自宅でエステ気分が味わえたようで、たいへんありがたく思います。




モルトリーチェの洗顔フォームご使用体験談 [Part1]もご覧になりたい方はこちら

モルトリーチェ洗顔フォームの詳細ご案内はこちら

洗顔で皮脂を奪わないように・・・?ということについて

肌乾燥を防ぐためにということで、最近よく取り上げられるのが洗顔です。

モルトリーチェでも以前から「保湿対策の基本は正しい洗顔」ということを言ってきました。

洗浄力の強すぎる洗浄剤の使用や肌に摩擦を与えるような洗顔方法を続けていると、肌の保湿機能やバリア機能を低下させ、肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

洗顔によって肌の付着物をきれいに取り除くことは大切だけど、洗顔が肌乾燥の原因とならないよう注意することも必要ということです。


洗顔で皮脂を奪わないで・・・ということについての疑問


こういった洗顔の重要性は、ここ数年テレビや雑誌でもよく取り上げられているのですが、その中で時々ちょっと疑問に思うようなことがあります。

どういうことかというと、「肌乾燥の原因になるので、洗顔で皮脂を取りすぎてはいけない」という説明についてなのですが・・・

時には、だから石鹸や洗顔フォームなどは使わずに洗顔する方が良いと説明している場合もあります。

確かに、皮脂は肌の潤いを守るための重要な要素です。

皮脂腺から分泌される皮脂という天然のクリームが肌の潤いを守るとともに、外的刺激からも保護してくれます。

年齢を重ねるにつれて皮脂の分泌も少なくなり、それに伴い肌も老化するとされています。

ですから、皮脂が肌表面に存在することは必要なことなのですが・・・

それでは、この皮脂をそのまま肌表面に残しておいてよいかというと、それはそれで肌トラブルの原因ともなってしまいます。

何故かというと、皮脂は私たちの体(皮脂腺)から分泌される正真正銘の天然のクリームだからこそ、時間の経過とともに酸化変質していきます。

新鮮な皮脂は肌に対して好影響を与えますが、古い皮脂はそれをそのまま肌表面に残しておくと肌に対して悪影響を与えてしまうということです。

ですから、洗顔によって古い皮脂は取り除かないといけないわけで、それに皮脂は油分ですので水洗いだけでは落としきれないということがありますので、石鹸や洗顔フォームなど洗顔剤が必要になってきます。

できれば、新しく分泌された新鮮な皮脂は残して、古い皮脂だけ取り除ければいいのでしょうが、肌表面でそれを分類することなんてできないわけですから、ここは一旦洗顔できれいに取り除いた方が良いでしょう。

ただ、冬場は皮脂の分泌量も極端に減るため、個人差はあるものの、朝の洗顔は洗顔剤は使用しなくても良いかもしれませんが、皮脂を残したままにしておこうという考え方には問題があるように思います。

冬場の肌乾燥防止であれば、皮脂を肌表面に残すというよりは、新鮮な皮脂の分泌を促すという考え方が必要で、そのためには入浴などで体を温めて皮脂が分泌されやすいような肌環境にすることをおすすめします。


皮脂を取り除いた後のケアが大切


ということで、肌表面の皮脂は洗顔によって一旦取り除くべきですし、冬場は新しい皮脂の分泌が少ないということもありますので、そのままだと肌は無防備な状態となってしまいます。

洗顔後の肌、特に冬場はこういった無防備な肌状態、つまり肌水分が奪われやすく外的刺激にも弱い状態が続くということになりますから、化粧水だけではなくて乳液やクリームなど皮脂の代わりをしてくれる油分を含んだ化粧品が必要になってきます。


洗顔と肌乾燥の関係で重要なこと


それから、洗顔と肌乾燥の関係は、皮脂を残す残さないとということだけではありません。

もっと大切なのは、洗顔によって、皮脂膜の下、皮膚最上層の角質層の保湿機能やバリア機能を低下させないということです。

角質層はわずか0.02ミリほどの薄い層ですが、この中に角質細胞が積み重なり、そして細胞と細胞の間には細胞間脂質(セラミドなど)やNMFといった潤い成分が存在し、水分をしっかりと保っています。

洗顔の際に、洗浄力の強い洗顔剤を使用したり、肌をゴシゴシ洗うような強い摩擦を与えますと、この角質層の層構造は傷つき、潤い成分が流出するなどして、その保湿機能やバリア機能は低下してしまいます。

その結果、肌の水分保持力が落ちて、肌は乾燥し、さらには肌荒れ状態となってしまいます。

ですから、肌にやさしい洗顔、肌表面の皮脂やその他付着物をきれいに取り除きながらも、角質層を傷つけないやさしい洗顔が大切ということになります。

洗顔で重要なのは、皮脂を奪いすぎないというよりは、角質層の機能を低下させない洗顔を行うということだと思います。




以下、今回のブログ記事に関連したモルトリーチェ公式サイトの各ページです。

ホームページで肌の保湿機能や肌乾燥防止対策についてまとめています。

肌老化の最大要因「肌乾燥」を防ぐための保湿対策

冬の肌状態とお手入れについて

モルトリーチェの乳液・美容液は皮脂に限りなく近い化粧品を目指し、皮脂成分と類似の植物由来成分で構成された化粧品ベースを採用しています。

モルトリーチェの乳液ミルクローションのご案内

モルトリーチェの美容液モイスチュアライザーのご案内

モルトリーチェのクレンジング剤や洗顔剤は肌の保湿機能やバリア機能を低下させないよう配慮しています。

モルトリーチェのクレンジングクリームのご案内

モルトリーチェの洗顔フォームのご案内

肌機能を守るやさしい洗顔モルトリーチェウォッシングフォームご使用体験談

肌乾燥を防ぎ潤いのある肌を保つためには、洗顔がとても重要ということはこのブログでも何度も書いてきました。

洗顔によって、肌表面の汚れを落とすことは必要ですが、その過程において肌本来の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があるからです。

洗顔はあまり作用の強い洗顔剤は使用せずに、よく泡立てて肌を擦ることなくやさしく洗うこと大切です。

モルトリーチェの洗顔フォーム(ウォッシングフォーム)は、独自処方の肌に優しいアミノ酸系&植物系の洗顔成分により、肌表面の汚れや刺激物などをきれいに洗い流しながらも、肌本来の機能に損傷を与えることが無いように設計された洗顔フォームです。

以下にご使用いただいた皆様のご使用体験談を紹介させていただきますので、是非ご一読ください。



M・Tさん / 26歳 / 東京

泡の質がとても良いです!

2cmとありましたが、実際には0.5mmくらいチューブから出し、一度目は手で泡立ててみました。

泡立てやすく、手でも充分に泡立ち、ふわふわのきめ細かなクリーム状の泡!感動しました。

今まで使った洗顔料の中では最高レベルと感じました。

至福の気分で、顔に泡をおきました。
上手く表現できないのが残念ですが、安っぽい軽さではない軽さがありますね。

2度目は泡立てネットで・・・泡立てネットを使うと、余分に洗顔料が必要なのかと思っていましたが、同じ分量でむしろ手よりたくさんの泡が出来ました。

泡立てネットを使用したほうが経済的にも、泡の質(含まれる空気の分量)の面でも良いのですね!

余談ですが、クリーム状の泡立ちをアピールして販売されている(1000円以内)洗顔料がたまたま親戚宅にあったのですが、それを使ってみたらあまりの違いに驚きました。

価格は、正直言って少し高いと思いました。けれど、これだけの品質はやはり低価格モノとは全く違いました。

「洗う」という概念ではなく「肌へ心地よさをプレゼントしてあげる」という気持ちで使えることに価値がありそ うです。

エステに1回6000円かけるのと、毎日心地よい一瞬(ひととき)を味わえるのと、どちらを選ぶかと考えれば、価格ぶんの価値は充分にありました。

肌の様子ですが・・・私の肌は、半分くらいの洗顔料は肌の調子が悪くなってしまいます。(使ってしばらくすると肌にブツブツができます。)

この洗顔料ではどうだったかというと・・・洗った後すぐの状態はすべすべ・しっとり・柔らかい感じでした。

乾燥ぎみなのですが、脂分をとりすぎることなく肌に優しい感じです。汚れは泡をのせるだけという洗顔方法ですが、きれいに落ちました。

3週間使用後も、肌の状態はとてもよいです。



Y・Sさん / 33歳 / 和歌山

届いたその日に使ってみました。

今までの安い洗顔と比べ物にならないくらいの泡立ちときめ細かさに感激しました。(まさにクリーミーな泡でしょうか・・・)

洗いあがりもつっぱらず適度なシットリ感で良かったです。(とってつけたようなモアモア感もなくて)

あと、匂いもするのかなって思ってたけどそんなに気にならなかったし、スッとするような感じがあって、あ〜これがアロマの香りか?なんて思いながら洗顔してます。

とても満足しながら使用しています。



J・Tさん / 長崎 / 42歳

顔に油が結構浮く方なので、いつも洗浄力の強いような、それでいて価格的には手ごろな洗顔フォームを使っていましたが、やはり高級洗顔フォームというのはかなり違いますね。

洗ったあとに、何か肌が柔らかくなったような感じがします。

それに、クリーミーな泡がホントにたくさん立ちますので、その泡で洗顔すると、顔を優しくいたわりながら洗おうという気持ちが自然と生まれますね。

いつのまにか、今までのようにゴシゴシ洗わなくなりました。

それでいて、汚れや油分がスッキリ取れて、感動しました。

値段が6000円と高いのですが、1回の使用量は少量でもOKな感じなので、結構長持ちします。

この洗顔フォームを使い続けると、今までの安い洗顔フォームへ戻すのに抵抗感があります。




モルトリーチェウォッシングフォームの商品紹介は以下のページをご覧ください。

モルトリーチェウォッシングフォームご案内ページ



カテゴリー
記事一覧ページ

モルトリーチェ公式サイトの中の以下のページでは、当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています




プロフィール
MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています









その他ご案内



♪会員登録で割引価格
♪ポイント還元実施中
♪無料登録受付中
♪会員登録で500ポイント進呈





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード