MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

化粧水について

秋肌にもおすすめ!潤いを保ちつややか透明肌へ導く化粧水

9月に入り、暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続いています。

もう少し涼しくなって、湿度も下がってくると、肌乾燥が気になる方が多くなってくると思いますが・・・

夏場、そして今の時期というのは、まだまだ汗や皮脂の分泌が多いので、肌乾燥をあまり意識しないかもしれません。

しかし、肌表面が潤っているように思えても、肌の内側、特に角質層は水分不足になっているということ(インナードライ)もあります。

肌を健やかに保ち老化を遅らせるためには、そういった角質層の水分保持能力こそがたいへん重要なポイントです。

参考ブログ記事:夏場も油断しないで!保湿対策は大切

角質層に水分が十分に保たれている状態というのは、バリア機能も正常に保たれ、新陳代謝も適正に行われている状態でもあります。

しかし、加齢とともに、角質層の保水機能やバリア機能、さらには新陳代謝の機能というのは衰えていきますし、紫外線はそれをさらに加速させます。

もちろん、体調不良やストレスなどもこういった肌機能の低下を早めます。

特に、今の時期は夏の強い紫外線で肌細胞が傷つけられ、肌本来の機能が低下し、角質層の水分保持力も低下している可能性があります。

そういった時に是非おすすめしたいのが、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」です。

モルトリーチェの化粧水スキンローション」は、海と大地の恵みの高保湿成分をふんだんに配合するとともに、保湿力をはじめとした肌本来の機能を適正に保つために、各種の肌再生サポート成分を配合しています。

これから肌乾燥や肌機能低下がさらに心配な秋冬がやってくわけですから、その前に、夏の紫外線の肌後遺症を防ぎ、健やかな肌状態を保っておくということは、肌老化防止のためにはたいへん重要です。

肌機能の低下を補い角質層の水分を適正に保つためのお手入れに、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」をどうぞよろしくお願いいたします。


肌本来の保湿機能をサポート!
角質ケアで肌再生もサポート!
潤いを保ちつややか透明肌へ導く!
モルトリーチェの化粧水




MOLTOLICE スキンローション

モルトリーチェ化粧品の基本コンセプトというのは、海と大地の恵みを活用し肌本来の機能(=肌が自ら美しくなろうとするチカラ)をサポートしようというものです。

化粧水の一般的な使用目的は、保湿・整肌・柔軟・収れん・ペーハー調整・・・などいろいろありますが、やはり最大の目的というのは保湿であり、肌の潤い保つことにあると思います。

ですから、モルトリーチェの化粧水スキンローションの基本コンセプトは、海と大地の恵みといった天然由来成分の活用により肌本来の潤い機能(=自ら潤うチカラ)をサポートし、肌水分を十分に保つということにあります。


 潤い成分の補給


まず、肌(角質層)の潤い成分の減少を補うという考えから、海由来の高保湿成分を2種類、肌の潤い成分NMFを構成する各種のアミノ酸(10種類)を配合しています。


 角質ケア


さらに、マルチフルーツ酸を配合することで、不要な古い角質の脱落を早め、角質層を健全な状態に保ちます。

これは、くすみの無い透明感のある肌に導くということになりますし、何より新陳代謝のための肌環境を整えるということにもなります。


 健全な角質層の形成


その他、バイオダインTRFといった肌細胞活性化成分や9種類の植物エキス、3種類の植物精油などを配合しています。

肌再生をサポートし、十分な保湿機能を有する健全な角質層の形成に寄与するためです。



このように、モルトリーチェのスキンローションは、単に潤いを与えるだけではなく、肌本来の潤い機能そのものが適正に保たれるように考えて開発された化粧水です。

冬場の肌乾燥にはもちろん、夏のインナードライ肌やクスミ肌にも是非おすすめしたい化粧水です。


モルトリーチェ化粧水スキンローションのさらに詳しい情報はこちら

化粧水は洗顔後にすぐつける!?

化粧水の使用方法については、その使用効果を高める方法については、様々な情報があって、疑問やとまどいを感じる方も多いかと思います。

特に、化粧水は、洗顔後すぐにつけるべきか?しばらくしてからつけるべきか?

それから、コットンを使うべきかどうか?パッティングは肌にプラスなのかマイナスなのか?

これまでも、化粧品の使用方法については、このブログでも何度か書いてきましたが、もう一度モルトリーチェの考えをまとめてみました。


化粧水は洗顔後すぐにつけましょう!


洗顔後は、皮脂膜が取り除かれ、肌は外的環境に対して無防備な状態にあります。

また、肌の水分が奪われやすい状態にあります。

洗顔(あるいは入浴)の直後は、肌表面に水分が残っているため、潤い感があるかもしれませんが、大切なのは角質層(皮膚再上層の厚さわずか0.02ミリほどの層)に水分が保たれていることです。

洗顔後は、すぐに化粧水をつけ、水分の補給とともに、化粧水に含まれる保湿成分などにより肌(角質層)の水分が奪われないようにするべきです。


化粧水をコットンでつける場合の注意点


化粧水は、角質層の角質細胞と角質細胞のすき間から浸透していきますので、コットンで軽く馴染ませるようにつけることで、そのすき間への浸透にプラス効果が期待できます。

ただし、コットンで化粧水をつける時に、力を入れすぎたり、強くこすってしまったりすると、肌表面を傷つけてしまい(=角質層の層構造を乱し)、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

こういったことを防ぐためには、コットンが十分に濡れるくらいに化粧水を含ませることが必要です。

水分が不足した(乾いたような)状態のコットンでは、肌表面を傷つけてしまう可能性があります。

また、使用するコットンは上質なもの(肌表面を傷つけないやわらかい素材のもの)を選ぶことが大切です。


強いパッティングは逆効果の可能性も


パッティングしながら化粧水をつけることで、化粧水の肌への浸透を助けますし、適度なパッティングはマッサージ効果も期待できます。

ただし、強いパッティングは、肌への刺激となりますし、角質層を傷つけてしまいます。

軽い力でやさしくパッティングすることが大切です。

特に、敏感肌の方や肌荒れやその他肌トラブルの状態では、絶対に強いパッティングは行わないようにしましょう。

パッティング時に痛みを感じたり、パッティングした後に肌が赤くなっているような状態というのは、力加減が少し強すぎると思われます。


効果的な化粧水のつけ方は? 重ねづけもおすすめ!


それでは、化粧水の美容効果を高めるためには、どういったつけ方が望ましいでしょうか?

コットンにたっぷりと化粧水を含ませて(十分に濡れた状態で)、やさしく拭くような感じで、顔全体に馴染ませるのが良いように思います。

顔の内側から外側に向かって、ほおやひたいなど広い部分から、鼻、あごと・・・ていねいに馴染ませていきます。

コットンを使わない場合は、両手のひら全体を使い、顔の内側から外側へやさしく馴染ませるようにつけます。

軽く(あくまで軽く)たたくように馴染ませるのも良いでしょう。

コットンで行うよりは力加減が分かりやすいので、肌への刺激とならないように行ってください。

手でつける場合は、化粧水の重ねづけがおすすめです。

一旦顔全体につけた後、もう一度化粧水を手のひらにとり同じようにつけます。

重ねづけすると、肌のしっとり感はかなり違いますし、コットン使用に比べても遜色がないように思います。

それに、重ねづけしても、コットン使用よりは化粧水の量は少なくてすむのではないでしょうか。

ということで、化粧水は洗顔後すぐに、両手でやさしくなじませる(できれば重ねづけする)というのが、最も効率的で安全な方法のように思います。



化粧水の使用方法に関連した以下のブログ記事もご覧いただければと思います。

化粧水の使用方法(つけ方)についての疑問〜コットン、パッティングの必要性の有無は?

化粧水の使用方法〜化粧水シャワーについて

肌機能を守るためにコットンやティッシュにも注意!

化粧水の使用方法〜化粧水シャワーについて

先日、化粧水の使用方法についてご質問を頂戴しました。

モルトリーチェの化粧水をスプレー式容器に移し変え、顔に噴射するような使用方法はOKか?という内容のご質問でした。

モルトリーチェの化粧水は粘度はそんなに高くありませんので、ご質問にあるようなご使用方法でも特に問題は無いと思います。

ネオ・ボーテの化粧水については、これは粘度が高いので(とろりとした使用感)、スプレーするのは難しいと思います。

注意していただきたいのは、移し変える容器に雑菌などが残っていてはいけないので、きれいに洗浄し乾燥させた上で移し変える必要があるということ。容器が耐熱のものであれば、できれば熱湯消毒した方が良いでしょう。

ただ、容器を移し変えるという手間をかけてまで、化粧水を顔にスプレーしたとして、それだけのプラスの効果があるのかというと少し疑問です。

化粧水をスプレーするというのは、手やコットンに化粧水をとる必要がなく、簡単手軽に肌水分の補給ができそうで、それは確かに利点ではあります。

しかし、化粧水で補給する水分というのは、あくまで一時しのぎの乾燥防止にしかならず、水分そのものはすぐに蒸発してしまいます。

大切なのは、肌の表面上に水分があることではなくて、肌の角質層の水分が十分に保たれていることです。

そのために、化粧水には水分と一緒に各種の保湿成分や美容成分が配合され、角質層の潤い成分を補給するとともに、角質層の水分が失われないようにつなぎとめているわけです。

こういった保湿成分や美容成分というのは、角質層の角質細胞と角質細胞の隙間から浸透していきますので、手を使ってやさしく馴染ませる方が良いと思います。

スプレーした場合でも、そのままにしておくのではなくて、やはり手を使って馴染ませるということが必要だと思いますし、ということであれば、わざわざスプレーを使う必要も無いのかなということになってしまいます。

それに、水を顔などにスプレーした場合、確かに気持ちよいし、一時的であっても肌の乾燥が防げたような気もするのですが、水が蒸発する際に一緒に肌の潤い成分も蒸発してしまうということを指摘する方もいます。

ということで、わざわざ化粧水をスプレー容器に移し替えるよりは、手にとってつける方をおすすめしたいと思います。

なお、化粧水のつけ方については、このブログでもとりあげていますので、よかったら下記ブログ記事もご覧ください。

ブログ記事:化粧水の使用方法(つけ方)についての疑問

化粧水の使用方法(つけ方)についての疑問

今回は化粧水の使用方法について書いてみました。

化粧水の使用方法というのは、基本的には、適量を手のひらにとり、それを顔全体に丁寧に馴染ませればよくて、それで化粧水の使用効果は十分に得られるはずなのですが、より化粧水の使用効果を高めるために、各化粧品会社や美容専門家の方から使用方法についていろいろと提案がなされています。

ただ、そういった化粧水の使用方法の中には、お客様が疑問に感じるようなことがあったり、少し注意が必要なものがあったりしますので、このブログでは、その点を整理しながらモルトリーチェとしての考え方をご説明したいと思います。

特に、化粧水の使用方法については、コットンを使うべきかどうか?
パッティングは肌にプラスなのかどうか?

・・・というのが、各化粧品会社や美容専門家によって考え方が違ったりして、とまどいを感じる方が多いと思います。


化粧水はコットンでつけるべきかどうか?


まず、化粧水をつけるときにコットンを使用すべきかどうかということですが・・・実は、私自身もずっと疑問に思っていました。

モルトリーチェを立ち上げる前にいた某化粧品会社では、会社としての指導方針はコットンを使うということでした。

それは、コットンを使用した方が肌への浸透がスムーズで、意外にも化粧水の使用量も少なくてすむから・・・ということでした。

それに、お客様など他の人へお手入れをしてあげる場合、やはり、手よりコットン使用の方が、パフォーマンス的にも良いということもあったと思います。

でも、以前の化粧品会社にいた時から、実際はどうなんだろうという疑問があって、どうみてもコットンでつけた方が化粧水の使用量は多くなるように思うし、これは購入サイクルを早めるための営業的な思惑があってのことではなかろうか・・・などと考えたりしていました。

ですから、仕事上はコットン使用をすすめながら、自分が自宅で使用する時は手でつけることが多かったように思います。

その後、ものは試しと一時期コットンを使用していましたが、今はまた手でつけることが多くなりました。



それでは、コットンを使うべきかどうかということですが、結論としては、これは、どちらでも良いというしか答えは出せないように思います。

ですから、モルトリーチェの化粧水の使用方法については、説明書等では「コットンまたは手のひらにとり・・・」と記載しています。

あえて曖昧といいますか、どちらでもいいという表現にしているわけですが、確かにコットンを使用した方が、丁寧につけることができて、肌への浸透もより期待できるように思います。

これは、化粧水が肌に浸透するというのは、角質層の角質細胞と角質細胞のすき間から浸透していくわけですから、コットンで軽く馴染ませるようにすることで、そのすき間への浸透にプラス効果をもたらすということがあります。

なお、時々、あたかも化粧水を毛穴から浸透させるかのように説明されている記述がありますが、毛穴の奥は皮脂腺という皮脂(油分)を分泌する所であって、毛穴から化粧水を入れ込むというのは変な話です。


化粧水をコットンでつける時の注意点


ただ、コットンを使用する場合、いくつかの注意点があります。

まず、コットンで肌をこすることにより、肌表面に目に見えない傷を付けてしまうことがあるということです。

コットンを使うことにより、角質細胞の間に水分や保湿成分を送り込もうとするわけですが、その時に力を入れすぎたり、強くこすってしまったりすると、角質層の層構造そのものを傷付けてしまい、角質層の保湿力を低下させてしまう可能性があります。

こういったことを防ぐためには、コットンが十分に濡れるくらいに化粧水を含ませることが必要です。

水分が不足した、半分乾いたような状態のコットンでは、肌への刺激となったり、上記のように肌表面に傷を付けてしまうことがあります。

また、使用するコットンは上質なものを選ぶことをおすすめします。コットンは、値段も品質も様々です。

高いものが必ずしも良いとは限りませんが、肌表面を傷付けないやわらかい素材のものを選ぶことです。


パッティングは肌にプラス?それともマイナス?


次に、パッティングは肌にとってプラスなのかどうかということですが、これはパッティグの方法によると思います。

パッティングすることにより、化粧水の浸透を助けるということもありますし、適度なパッティングはマッサージ効果をもたらすということもあります。

ただ、このパッティングも強く行いますと、肌への刺激となりますし、角質層を傷付けてしまいます。軽い力でやさしくパッティングすることが大切です。

体験的な話として、強く(しかも長時間)パッティングすることで、肌がキレイになったという人もいますが、その人の肌がたまたま刺激に対して強かったからかもしれません。

これは荒療治に近いものであって、多くの方にはあまりおすすめできません。

敏感肌の方や肌荒れやその他肌トラブルの状態では、絶対に強いパッティングは行わない方が良いと思います。

軽いパッティングといっても、その力加減というのは難しいところですが、パッティングする時に痛みを感じたり、パッティングした後に肌が赤くなっているような状態というのは、力加減が少し強いのかもしれません。


最終的に・・・化粧水の使用方法は?


それでは、化粧水の使用方法はどういった方法が望ましいかということですが・・・

コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、十分に濡れた状態のもので、やさしく拭くような感じで顔全体に馴染ませるというのが一番良いのかなと思います。

コットンを使ってのパッティングはあえて積極的にはすすめません。

パッティングのプラス効果も期待できますが、その方法によっては肌にマイナス効果を与える可能性もあるからです。



コットンを使わない場合は、手で顔全体にやさしく馴染ませます。

ここで重要なのは馴染ませるようにつけるということです。

軽く(あくまで軽く)たたくように馴染ませるのも良いでしょう。

コットンで行うよりは力加減が分かりやすいので、肌への刺激とならないように行ってください。



手でつける場合は、化粧水の2度づけもおすすめです。

一旦顔全体につけた後、もう一度化粧水を手のひらにとり同じようにつけます。

2度づけすると、肌のしっとり感はかなり違いますし、コットン使用に比べても遜色がないように感じます。

それに、2度づけしても、コットン使用よりは化粧水の量は少なくてすむと思います。

それから、これは多くの方が実行されていると思いますが、コットンや手に残った化粧水は、首にも是非つけてください。

首の横ジワを伸ばすようなイメージ、下から上へ軽く引っ張るような感じで伸ばします。

こういったことの積み重ねで、首のシワやタルミの発生も遅らせることも可能となってきます。

ということで、私の場合はどうかというと、一応コットンを使用した方が良いと思いながらも、今はついつい手でつけていることが多いですね・・・

化粧水の「とろ〜り感」と保湿効果について

今日は、化粧水の使用感といいますかテクスチャーについてお話します。

化粧水というのは、一般的には透明な液体で、肌に水分や保湿成分を補給するとともに、柔軟性を与えたり、収れん効果をもたらします。

化粧水は、健やかな肌を保つために、ほとんどの女性の方は使用されているのではないかと思います。

特に、肌の潤いを保ち乾燥を防ぐ化粧品としては、主役アイテムという感があります。

この化粧水、様々なタイプのものがありますが、最近目につくのが、液体でありながら、とろ〜りとした触感の少しこってりタイプのものです。

以前は、こういったタイプの化粧水は、高価格品に多かったのですが、近頃では低価格な化粧水にもこういったタイプのものがあります。


化粧水のとろ〜り感と保湿効果


さて、こういった化粧水の「とろ〜り感」の正体ですが・・・強力な保湿成分がたくさん配合されているためだと思っている方も多いようですが・・・実は増粘剤というものによって、とろ〜りとした触感をつくりだしています。

増粘剤を使用することで粘度を上げ、液体にとろみを加えたり、ゲル状にしたりしているわけです。

化粧水への増粘剤の使用は、タレ落ちを防げるというメリットもありますが、何より、肌につけた時の感触を良くしたり、高級感をかもし出したりするのが目的です。

確かに、増粘剤によって粘度を増した化粧水というのは、その「とろ〜り感」によって、肌につけた時に、一時的にいわゆる「しっとり感のようなもの」を感じるかもしれません。

しかし、本当の意味で肌をしっとりさせる(肌の潤いを保つと)いうことは、角質層の水分を十分に保つことが重要なのであって、増粘剤による「とろ〜り感」が角質層まで浸透して保湿効果を発揮するということはありません。

あくまで肌がしっとりしたような感触にさせるだけであって、保湿効果という点ではさほど重要なファクターではないと言えます。

まあ、お料理にとろみやこくを出すために片栗粉を入れても、味や栄養価には大きな変わりないのと同じような理屈かもしれません。

ただ、誤解しないでいただきたいのは、増粘剤を使用しているから、あるいは粘度が高いから、そういった化粧水は良くないと言っているわけではありません。

使用感やテクスチャーというのは理屈ではなく、各個人の好みということになってきますから、とろ〜りとした化粧水が好きな人もいらっしゃるし、あっさりしたタイプの化粧水が好きという人もいらっしゃると思います。

ただ、言いたいのは、「とろ〜り感=高い保湿効果」と考えるのは少し違いますよということです。

とろ〜りタイプの化粧水の中にも、本当に高い保湿効果があるものもあれば、それほどでもないものもあるということです。


モルトリーチェの化粧水の使用感と保湿効果


モルトリーチェの化粧水は、「とろ〜り感」というのはあまりなくて、どちらかというとアッサリした使用感の化粧水です。

時々、とろ〜りタイプの化粧水を使用していた方から、モルトリーチェの化粧水の保湿効果は大丈夫なのかというお問い合わせを頂戴することがあります。

先ほどから言ってますように、こってりタイプだから保湿力が強い、あっさりタイプだから保湿力が弱いいということ決してありません。

モルトリーチェの化粧水は、マリンコラーゲン、アミノ酸、バイオ酵母成分、様々な植物エキス、さらに何といっても保湿効果抜群の海藻エキス「シーモイスト」が配合されていますので保湿効果にはたいへん自信を持っています。

それから保湿機能にも大きな影響を与える肌の新陳代謝をサポートするためにマルチフルーツ酸AHAを配合しています。

実は、モルトリーチェでも、開発段階では、化粧水の粘度については結構迷ったんです。

粘度を上げて少しとろみを加えた方が、高級品っぽくなりますし・・・

でも、それよりも、若い人からお年を召した方まで幅広い年齢層の方にお使いいただくために、また、各種の美容成分の浸透をよくするために、結果的には化粧水の粘度はあまり高くはしませんでした。

なお、2008年6月より販売を開始しておりますネオ・ボーテ化粧品については、商品の基本ポリシーはモルトリーチェ化粧品とたいへん似ていますが、化粧水のテクスチャーについては、こちらは粘度が少し高く、とろ〜りとしてコクのある使用感です。

モルトリーチェの化粧水とネオ ボーテの化粧水、どちらも高い保湿力や細胞賦活作用が自慢の商品です。

ただ、手に取った時、肌につけた時の感触が違いますので、お好みの使用感でお選びいただければと思います。



モルトリーチェの化粧水のご案内はこちら



ブログ記事一覧
モルトリーチェ公式サイト内の以下のページでは、ブログ主要記事の一覧を項目別にご紹介しています。


プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています







その他ご案内







現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード