MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

インナードライ

秋肌にもおすすめ!潤いを保ちつややか透明肌へ導く化粧水

9月に入り、暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続いています。

もう少し涼しくなって、湿度も下がってくると、肌乾燥が気になる方が多くなってくると思いますが・・・

夏場、そして今の時期というのは、まだまだ汗や皮脂の分泌が多いので、肌乾燥をあまり意識しないかもしれません。

しかし、肌表面が潤っているように思えても、肌の内側、特に角質層は水分不足になっているということ(インナードライ)もあります。

肌を健やかに保ち老化を遅らせるためには、そういった角質層の水分保持能力こそがたいへん重要なポイントです。

参考ブログ記事:夏場も油断しないで!保湿対策は大切

角質層に水分が十分に保たれている状態というのは、バリア機能も正常に保たれ、新陳代謝も適正に行われている状態でもあります。

しかし、加齢とともに、角質層の保水機能やバリア機能、さらには新陳代謝の機能というのは衰えていきますし、紫外線はそれをさらに加速させます。

もちろん、体調不良やストレスなどもこういった肌機能の低下を早めます。

特に、今の時期は夏の強い紫外線で肌細胞が傷つけられ、肌本来の機能が低下し、角質層の水分保持力も低下している可能性があります。

そういった時に是非おすすめしたいのが、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」です。

モルトリーチェの化粧水スキンローション」は、海と大地の恵みの高保湿成分をふんだんに配合するとともに、保湿力をはじめとした肌本来の機能を適正に保つために、各種の肌再生サポート成分を配合しています。

これから肌乾燥や肌機能低下がさらに心配な秋冬がやってくわけですから、その前に、夏の紫外線の肌後遺症を防ぎ、健やかな肌状態を保っておくということは、肌老化防止のためにはたいへん重要です。

肌機能の低下を補い角質層の水分を適正に保つためのお手入れに、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」をどうぞよろしくお願いいたします。


肌本来の保湿機能をサポート!
角質ケアで肌再生もサポート!
潤いを保ちつややか透明肌へ導く!
モルトリーチェの化粧水




MOLTOLICE スキンローション

モルトリーチェ化粧品の基本コンセプトというのは、海と大地の恵みを活用し肌本来の機能(=肌が自ら美しくなろうとするチカラ)をサポートしようというものです。

化粧水の一般的な使用目的は、保湿・整肌・柔軟・収れん・ペーハー調整・・・などいろいろありますが、やはり最大の目的というのは保湿であり、肌の潤い保つことにあると思います。

ですから、モルトリーチェの化粧水スキンローションの基本コンセプトは、海と大地の恵みといった天然由来成分の活用により肌本来の潤い機能(=自ら潤うチカラ)をサポートし、肌水分を十分に保つということにあります。


 潤い成分の補給


まず、肌(角質層)の潤い成分の減少を補うという考えから、海由来の高保湿成分を2種類、肌の潤い成分NMFを構成する各種のアミノ酸(10種類)を配合しています。


 角質ケア


さらに、マルチフルーツ酸を配合することで、不要な古い角質の脱落を早め、角質層を健全な状態に保ちます。

これは、くすみの無い透明感のある肌に導くということになりますし、何より新陳代謝のための肌環境を整えるということにもなります。


 健全な角質層の形成


その他、バイオダインTRFといった肌細胞活性化成分や9種類の植物エキス、3種類の植物精油などを配合しています。

肌再生をサポートし、十分な保湿機能を有する健全な角質層の形成に寄与するためです。



このように、モルトリーチェのスキンローションは、単に潤いを与えるだけではなく、肌本来の潤い機能そのものが適正に保たれるように考えて開発された化粧水です。

冬場の肌乾燥にはもちろん、夏のインナードライ肌やクスミ肌にも是非おすすめしたい化粧水です。


モルトリーチェ化粧水スキンローションのさらに詳しい情報はこちら

夏場も油断しないで!保湿対策は大切

一般的に、春から夏にかけては、湿度が高くなるということや、皮脂や汗の分泌が増えるといったことから、肌の乾燥で悩むという方はいくぶんか減ってきます。

皮脂は肌水分の蒸散を防ぐはたらきがありますし、汗(水分)が肌表面にあると肌は潤っているように感じるからでしょう。

しかし、冷房がきいた部屋にいると、肌の水分はまたたく間に奪われてしまいますし、皮脂や汗の分泌も少なくなりますので、やはり肌は乾燥してしまいます。

また、紫外線の悪影響というのは、シミ・ソバカスの発生にとどまらず、肌細胞にダメージを与え、肌の保湿機能を低下させてしまいます。

それに、皮脂をはじめとして肌の潤い成分というのは、加齢とともに確実に減少しますので、肌の保湿力は年々低下するものだという認識が必要です。

このように、春から夏にかけても、肌乾燥を防ぐための保湿対策というのは重要です。


夏のインナードライについて


夏場でも肌乾燥を自覚している方というのは、それなりに保湿対策を行っていると思うのですが、中には肌乾燥を自覚しないまま、実は肌の水分が失われているということもあります。

インナードライとかいいますが、夏場は発汗量が多く湿度も高いので、肌表面は乾いたような感覚が無いにもかかわらず、実は肌水分は不足しているということがありますので要注意です。

そもそも肌の潤いというのは、肌の表面上に水分があるかどうかということよりも、肌の内側である角質層に水分が十分に保たれているということが重要です。

角質層というのは、厚さわずか0.02ミリほどの層で、肌の内側といっても肌表面に最も近い部分です。

この角質層が適正な層構造を形成し、そこに細胞間脂質やNMF成分といった潤い成分が存在することで、水分をしっかりと保っています。

さらに、角質層の上(つまり肌表面)に皮脂が存在することで、膜をつくり水分が蒸散するのを防いでいます。

そして、この水分というのは、基本的には肌のさらに内側である真皮層から少しずつ補給されています。

健康的な肌であっても、角質層から少しずつ水分が失われますが、その分さらに内側から水分が補給され、だいたい角質層の水分保有率は15%〜20%に保たれています。

角質層の水分保持機能が低下し、水分保有率が10%を切るといわゆる肌乾燥状態ということで、様々な肌トラブルが発生しやすくなります。

化粧水で与える水分や汗(これも水分)が肌表面にあると、肌が潤っているように感じますが、こういった肌表面の水分というのは、あくまで応急措置的な潤いであって、こういった水分すぐに蒸散してしまいます。

大切なのは、真皮層から少しずつ補給される水分を角質層でしっかりと保つようにすることです。

角質層で水分を保つことができず、水分がどんどん失われていくと、自動的に真皮層からの水分補給が急ピッチとなります。

そうすると、真皮層の水分も急激に不足しますし、肌本来の潤い機能そのものが乱れ、肌はさらに乾燥し、肌トラブルが生じたり、肌老化が進行したりしてしまいます。


夏の保湿対策も油断しないで!


肌が健やかに保たれるには、様々な要素が関係していますので、これさえ注意すれば大丈夫ということはありませんが、こういったことを考えると、まずは、角質層に水分が十分に保たれていることが重要になります。

そのためには、夏場でも冷房がきいた部屋に長時間いることは避けた方が良いですし、紫外線には極力あたらないようにする工夫も必要です。

化粧品による日々のスキンケアでも、角質層の保湿機能を健全に保つ、あるいはサポートするということを考えながら行うことが大切です。

高保湿成分たっぷりの化粧品の使用もひとつの方法ですし、角質層の機能を低下させないようなクレンジングや洗顔、さらには健全な角質層が形成されるよう肌再生をサポートするといったことも考える必要があります。

いずれにせよ、春から夏にかけても、油断することなく日々の規則正しいお手入れを行い、肌の保湿対策に努めるべきだと思います。



夏の肌保湿やインナードライについては以下のブログ記事もご覧ください。なお、一部内容に重複する部分がありますことご了承ください。

潤っているはずなのに〜肌乾燥で皮膚トラブル発生〜インナードライ要注意!

知らず知らずのうちに肌乾燥〜夏のインナードライ肌について



保湿対策(特に角質層の水分を保つために)について、ホームページの特集記事でまとめています。以下のページもご覧ください。

肌老化・肌トラブルの最大要因「肌乾燥」を防ぐための保湿対策



インナードライ防止・くすみ防止にオススメ!
モルトリーチェの高保湿化粧水



モルトリーチェの化粧水スキンローションは、海と大地の恵みをふんだんに活用することで、肌が自ら潤うチカラをサポートし、夏のインナードライを防ぎます。

海由来の高保湿成分や10種類のアミノ酸により、角質層の潤い機能をサポート!

また、マルチフルーツ酸など角質をケアし肌細胞の再生をサポートする成分を配合し、潤いを保つとともに、くすみを防ぎ透明感のある肌へ導きます。

MOLTOLICE スキンローション

モルトリーチェスキンローションの商品詳細はこちら

知らず知らずのうちに肌乾燥〜夏のインナードライ肌について

美しい肌・若々しい肌・健康的な肌・・・その最も重要なポイントは、肌に水分が十分に保たれているかどうかです。

肌の水分不足は、様々な肌老化現象・肌トラブルの原因となってしまいます。

通常、肌の水分不足は、肌表面のカサツキ感やつっぱり感などで自覚するのですが・・・

時々、肌表面は潤っているように感じながらも(つまり肌乾燥の自覚症状が無いのに)、肌内部が水分不足に陥っていることがあって、これを「インナードライ」と言ったりします。

肌の水分不足が問題だと言っても、特に重要なのは角質層に水分が十分保たれているかどうかということです。


本当の肌の潤いは角質層の水分で決まる


健康的な肌は角質層の水分保有率が15%〜20%に保たれていて、10%を切ると様々な肌トラブルが発生しやすくなります。

肌表面の乾燥を自覚しなくても、角質層の水分保有率が低下しているということだってあるのです。

角質層は皮膚の一番外側にある層で、わずか0.02ミリほどの厚さながら、水分をしっかりと保つとともに(保湿機能)、外部からの異物の侵入を防いでいます(バリア機能)。

健全な肌であれば、潤いを守る3要素「皮脂膜」「NMF(天然保湿因子)」「細胞間脂質」により、角質層の水分を維持します。

しかし、これらの潤いを守る3要素は、加齢とともに減少しますし、紫外線の影響やハードな洗顔などによっても奪われます。

潤いを守る3要素が不足すると、角質層の保湿機能は低下し、水分は不足します。

また、バリア機能も低下しますので、外からの刺激成分が皮膚内部へ侵入しやすくなります。

同時に、新陳代謝にも悪影響を及ぼしますので、肌のメカニズムが乱れてしまいます。

肌はカサカサどころかガサガサ状態となり、これが、シワ・クスミ・タルミなど肌老化につながりますし、カユミや炎症といった皮膚トラブルなども発生しやすくなってしまいます。



特に、春から夏にかけては、発汗量が増えてきますので、一見肌表面が潤っているように感じますが、実際には、肌内部つまり角質層は水分不足に陥っているということがありますので要注意です。

また、日常生活の中で少しずつ浴びる紫外線については、その影響による肌ダメージもなかなか自覚しにくいものです。

肌老化や肌トラブルを防ぐためには、夏場も油断することなく、規則正しいスキンケアを行う必要があります。


肌本来の機能をサポートするモルトリーチェ化粧品


モルトリーチェ化粧品では、角質層を健全に保ち、肌機能をサポートすることを最大の目的として商品設計がされています。

例えば、クレンジングや洗顔は、角質層の保湿・バリア機能を損傷しないことを第一に考えた商品造りをしています。

化粧水・乳液・美容液などは、皮脂の不足を補うと共に、角質層の機能を支える細胞間脂質やNMF成分のはたらきをサポートするという考え方で配合成分を厳選しています。

また、肌細胞を健全に保ち、正常な新陳代謝が保たれるよう細胞賦活作用のある天然由来成分を各種配合しています。

このように、モルトリーチェでは、化粧品の役目は「肌が本来有している健康機能=肌が自ら美しくなろうとする力」をサポートすることだという考えのもとで商品設計をしています。

そのため、化粧品に使用する成分は、肌に存在する成分と同じ成分、あるいは類似した成分、肌の機能を補う成分を自然界に求め採用しています。

肌本来の機能を適正に保ち、若々しく美しい素肌を維持するために、モルトリーチェ化粧品で夏のお肌をやさしくケアしていただきたいと願っています。



モルトリーチェ化粧品についての詳細は以下のページをご覧ください。

モルトリーチェ化粧品の開発コンセプト

モルトリーチェ化粧品の特長(美肌サポート)

モルトリーチェ化粧品の商品設計と配合成分

肌機能とモルトリーチェ化粧品



カテゴリー
記事一覧ページ

モルトリーチェ公式サイトの中の以下のページでは、当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています




プロフィール
MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています









その他ご案内



♪会員登録で割引価格
♪ポイント還元実施中
♪無料登録受付中
♪会員登録で500ポイント進呈





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード