MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

ソバカス

夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス・色素沈着」を防ぐために

春から夏にかけて、大量の紫外線を浴びると、メラニン色素の生成が活発化します。

このメラニン色素が皮膚内部に残存してしまうと、それがシミ・ソバカスとなります。

今回は、夏の紫外線の後遺症と言えるこういったシミ・ソバカス・色素沈着の原因(発生過程)と対策について考えてみたいと思います。

なお、シミ・ソバカスの発生については、紫外線以外の内的な要因が関係することもありますが、ここでは紫外線の影響、つまり日焼けによるシミ・ソバカスに限定して進めたいと思います。


メラニン色素の生成について


シミ・ソバカスの原因として、よくメラニン色素があげられます。

メラニン色素は、表皮基底層のメラノサイトという色素細胞において、チロシン(アミノ酸の一種)を原料に、チロシナーゼという酵素がはたらいて生成されます。

そして、生産されたメラニン色素は、他の表皮細胞に受け渡されていきます。

メラニン色素そのものは、個人差はありますが、常に一定量が生成されていて、それが私たちの肌の色を決めています。

また、メラニン色素の生成自体は、紫外線が皮膚内部に侵入しないようにするためであり、私たちの皮膚を守るために不可欠な防御システムです。

分かりやすく言えば、メラニン色素がカーテンのような役割をして、紫外線の脅威から皮膚を守ろうとしているわけです。

健全な肌状態であれば、生成されたメラニン色素は他の細胞に受け渡されながら、新陳代謝とともに肌表面に押し上げられ、その後剥がれ落ちて排出されていきますので、肌の色は基本的には一定しています。


シミ・ソバカス・色素沈着の発生について


しかし、大量の紫外線を浴びたりすると、皮膚の防御システムが強くはたらき、メラニン色素の生成は通常以上に活発化しますし・・・

継続的に紫外線を浴びたりすると、紫外線の脅威が少なくなっても、メラニン色素の生成が活性化されたままになってしまうこともあります。

大量のメラニン色素が生成されたり、メラニン色素の生成が活発化した状態が続くと、メラニン色素が十分に排出されずに皮膚内部に残存してしまい、これがシミ・ソバカス・色素沈着ということになってしまいます。

また、夏の強力な紫外線は肌の潤いを奪い、新陳代謝の機能にも悪影響を与えますので、メラニン色素の排出機能そのものが低下していることもあります。

もちろん、老化による肌乾燥や新陳代謝機能の鈍化も、メラニン色素の排出機能を低下させ、シミ・ソバカスといった色素沈着が発生しやすい肌状態にしてしまいます。


シミ・ソバカスを防ぐために必要なこと


シミ・ソバカスを防ぐために、最も大切なことは、紫外線を極力浴びないようにすることです。

ここでは、夏の紫外線の後遺症として、シミ・ソバカスといった色素沈着をとりあげていますが、紫外線の悪影響はそれだけにとどまらず、肌に対して様々な悪影響を与え、肌老化を進行させます。

肌にとって百害あって一利無しとまで言われる紫外線です。

とにかく、紫外線から肌を守る努力が必要です。

とはいっても、春から夏にかけては、紫外線から肌を完全に防御するというのは不可能に近いと言えます。

大量の紫外線を浴び続けた肌に、紫外線の悪影響や後遺症が現れないようにケアすることが大切になります。

シミ・ソバカスの防止という観点からは、
「紫外線の影響で活発化したメラニン色素の生成を沈静化」
「大量に生成されてしまったメラニン色素のスムーズな排除」
この2点が重要です。


美白化粧品の効果について


そこで、メラニン色素の生成を沈静化したり、できてしまったメラニン色素を消し去るために、美白化粧品というものの出番となります。

美白化粧品と言うと、各化粧品会社から様々なタイプのものが発売されています。

しかし、正直なところ、どのような美白成分を使っていたとしても、化粧品(医薬部外品も含め)である以上、短期間でたちどころにシミ・ソバカスを消し去るといった劇的な美白効果は望めません。

確かに、理論上・実験上・体験上・・・優れた美白作用が確認される成分はあるわけですが、化粧品に配合する場合、お客様が皮膚トラブルを起こさないように配慮しないといけませんので、その作用が緩和されて使用されます。

ですから、夏の紫外線の後遺症であるシミ・ソバカスなどを防ぐためには、特定の美白化粧品や美白成分だけに頼るのではなく、地道なスキンケアも同時に必要となってきます。


メラニン色素生成の沈静化について


なお、活発化したメラニン色素の生成を沈静化しようとする目的の美白成分はいろいろとあります。

メラノサイトにおいてチロシナーゼという酵素のはたらきを阻害するなどしてメラニン色素の生成を抑制しようとする成分です。

モルトリーチェの商品で使用しているのは、強力な美白作用があるとされるハイドロキノン、桑の根の皮から抽出した成分ソウハクヒエキスなどです。

また、エイジツエキス、クララエキス、シャクヤクエキスなどの植物エキスにもそういった作用があると言われています。

こういった成分(メラニン色素生成を抑制するような成分)が配合された化粧品を継続的に使用することは、活発化したメラニン色素の生成を沈静化するうえでプラス効果が期待できます。


生成されたメラニン色素の排除について


ただ、夏の紫外線の後遺症、シミ・ソバカス・色素沈着を防ぐためには、それだけでは十分ではありません。

大量に生成されてしまったメラニン色素が、皮膚内部に残存しないようにケアしないといけないからです。

そのためには、メラニン色素の還元とメラニン色素の排出を考えないといけません。



まず、メラニン色素の還元についてですが、メラニン色素の生成過程というのは酸化の一種でもありますので、還元作用(=酸素を切り離す)により、メラニン色素を分解しようというものです。

この還元作用については、ビタミンCが有名なのですが、化粧品にそのまま配合しても、その成分としての不安定さから、実際の効果は期待できないため、ビタミンC誘導体として使用されます。

ハイドロキノンも、チロシナーゼ活性阻害作用とともに、メラニン色素の還元作用にも期待ができます。



それから、メラニンの排出については、表皮の新陳代謝が適正に行われることが必要です。

生成されてしまったメラニン色素を新陳代謝によって肌表面へ押し上げていき排出するわけです。

新陳代謝には、マッサージなどで血行を促進することが効果的とされています。

また、角質ケアにより古い角質の除去をスムーズにしてあげることもプラスにはたらきます。

肌細胞を元気づけるような成分(細胞賦活成分)が配合された化粧品のご使用もおすすめします。


シミ・ソバカスを防ぐためにも必要な肌保湿


なお、新陳代謝と肌の保湿機能はたいへん密接に関係しています。

新陳代謝が乱れると肌の保湿機能は低下しますし、また、肌の潤いが失われると新陳代謝のサイクルに悪影響を与えてしまいます。

ですから、新陳代謝が健全に行われている健やかな肌を保つためには、保湿ケアもたいへん重要です。


シミ・ソバカスを防ぐために大切なこと


美白対策というと、美白成分の入った化粧品を塗ることを思い浮かべがちです。

しかし、先にも述べた通り、化粧品(医薬部外品含む)は薬品ではありませんので、不特定多数の方にご使用いただいても、皮膚トラブルが起きないように配慮されてつくられています。

ということは、化粧品に配合される美白成分というのは作用がマイルドな状態で配合されているわけでして・・・

薬品と同じような感覚で、この美白化粧品さえ肌に塗れば、シミ・ソバカス・色素沈着は防げる(あるいは消えてしまう)などと過度な期待はできません。

このように考えると、これからの季節、夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス・色素沈着」を防ぐためには、

活発化したメラニン色素の生成を抑える

できてしまったメラニン色素を還元する

できてしまったメラニン色素を新陳代謝で排出する

肌の機能が健やかに保たれるように保湿対策を行う

といったことを念頭におきながら、日々のスキンケアを地道に継続していかないといけません。

もちろん、美白成分の配合された美白化粧品も、その成分によって、メラニン色素の生成抑制や還元などに期待ができます。

しかし、美白化粧品だけに頼るのではなく、保湿対策をはじめとして、肌が健やかに保たれるようなトータル的なスキンケアが必要ということになります。

肌の悩み「シミ」は化粧品で消せる・・・?

シミの無い透き通った肌というのは多くの女性(最近は男性も)の永遠の願いですし、化粧品を使うのもそういった願いを叶えるためでもあります。

こういった化粧品のビジネスをやっていますと

「このシミが消えるのだったら買いますよ」
「シミに効く化粧品ありますか」
「この化粧品はシミに効きますか」

・・・といったことをお会いする方からよく言われます。

まあ、化粧品屋に対しての挨拶のようなものかもしれないので、こちらも「ハイ、当社の製品を使えば、絶対にシミが消えてピカピカ美白肌ですよ!」などと笑いながら答えればいいのかもしれませんが・・・

特に、ホワイト・セラムHQという安定化ハイドロキノン配合のクリームなどは、美白作用についてはかなり効果が期待できるはずですからね・・・

でも、なかなか簡単には「この商品でシミが消えます!」とは言えないんですね。

もちろん、化粧品の目的のひとつは、シミの無い透き通った美しい肌を保つということですし、化粧品に期待をされるのは当然だと思いますが、この化粧品を塗ればたちどころにシミが消えてしまうということはありません。

これは、モルトリーチェの商品では難しいということではなくて、化粧品(医薬部外品含め)というのは、治療目的の薬ではなくて、あくまで肌を健やかに保つことで美しい肌を維持しようというものだからです。

化粧品にしろ医薬部外品にしろ、強い効果はあるけど危険性も伴うという成分は基本的には使用できません。これは、薬でも、一般的に入手可能なものであれば同様でしょう。

強い効果が期待できる成分があったとしても、危険性を軽減するために、配合量を抑えたり、何らかの化学的処理がされて使用されます。その結果、作用も緩和されてしまいます。



それでは、化粧品でシミを消すというのは全く期待できないのか?というと、そうではありません。

実際にモルトリーチェの商品をご使用いただくなかで、シミが消えた(あるいは目立たなくなった)という方もたくさんいらっしゃいます。

ただ、個人差やシミそのものの要因にも違いはありますので、残念ながら全ての方がシミが改善できたということではありませんし、効果があったという方にしても、モルトリーチェの商品を使用したことによってシミ治療ができたということではないと思います。

あくまで、モルトリーチェの商品によって、地道なスキンケアを継続する中で、肌が健やかに保たれ、新陳代謝やメラニンの排出がスムーズに行なわれるなどして、結果的にシミに対して効果があったということでしょう。

ですから、モルトリーチェの商品を使ったらシミが消えたというよりは、ご本人がスキンケアにおいて真剣に努力されたことがシミの解消につながったのではないかと思います。



シミの要因は様々ですし、要因によっては(特に内的要因)、化粧品だけでは対処できないものもあります。

紫外線を防いだり、紫外線によるダメージをやわらげたり、あるいはメラニン色素の過剰生成を抑えたり、生成されたメラニン色素を排出したり・・・シミを改善するためにサポートできることは化粧品にもいろいろとあります。

ただ、こういったことは、肌を健やかな状態に保つという基本的なことが大前提となります。

これさえやれば大丈夫とか、これさえ塗ればシミは消えるとか・・・そういったことではなくて、日々の規則正しいスキンケアを地道に続けることが大切になります。

ですから、化粧品によってシミを消すことは可能かもしれませんが、そのためには、美白化粧品の美白効果だけに過度な期待をするのではなくて、紫外線対策はもちろんのこと、保湿対策をはじめとしたトータル的なスキンケアが必要となります。

あせらず、あきらめず、地道なスキンケアを継続することが大切ですし、美白化粧品にしても、そういった中でご使用いただくことで、より効果を発揮するのだと思います。



なお、モルトリーチェが考えるシミ対策については、以下のページでご説明しています。

是非一度お読みいただければと思います。

シミをどにかしたい!・・・モルトリーチェの美白対策について

シミ・ソバカスを消したい!美白対策教えてください・・・について

シミを消したいという方からのお問合せはたいへん多いのですが、化粧品や医薬部外品でシミを短期間で消し去るというのは現実的には難しいところです。

やはり、まずはシミができないような努力をすることが必要ですし、出来たしまったシミについては美白化粧品だけに頼るのではなく、地道なスキンケアを行っていくことも大切です。

これまでも、美白対策については、このブログにおいて何度か書いてきましたが、再度、シミ・ソバカスを防ぐために、どのように考え、どのように対策を講じていくかをまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


メラニン色素とシミの発生について


私たちの肌の色は皮膚表面(表皮)の下層部にある基底層というところで作られるメラニン色素の量の多少で決まります。

顔のシミ・ソバカスというのは、メラニン色素が回りの組織に比べて少し多いために、そこだけが濃く見える部分のことです。

シミ・ソバカスは、多くの場合は紫外線が関与しているというのは間違いないところですが、ホルモンが関与していることも多く、原因についてはまだ不明な部分もあるようです。



ただ、原因は別として、シミ・ソバカスができるのは、表皮基底層(皮膚表面から0.2ミリほどの部分)にあるメラノサイトという色素細胞がメラニン色素の生成を活発に行うようになり、そのメラニン色素がそのまま残存したり、表皮基底層の下の真皮層に落ち込んだりするためです。

このメラノサイトという色素細胞は普段でもメラニン色素を常に生成していて、その生成量は人種や遺伝によって決まっていますので、それが私たちの肌の色となっているわけです。

通常はメラニン色素が次々に生成されても、表皮新陳代謝によって次々と排出されていきますので、肌色は一定しています。

しかし、何らかの原因によって(多くの場合は紫外線の刺激)、メラノサイトが通常以上に活発にメラニン色素を生成してしまい、そのメラニン色素が排出されずに皮膚内部に残ってしまい、それがシミという形となって肌表面に色の違う部分が現れます。



紫外線の影響によりメラノサイトでのメラニン色素の生成が活発化するのは、メラニン色素をたくさん生成することにより有害な紫外線が皮膚内部へ浸透するのを(まるでカーテンのように)防ごうしているためであり、とても重要な機能でもあります。

なお、シミ・ソバカスが濃いか薄いかは、皮膚の中のどの部位にメラニン色素が存在するかによって違ってきます。

表皮の浅い部分では薄茶 色に、比較的深いところでは茶色に、そして真皮にまで落ち込むと、くすんだ赤褐色に見えます。

メラニン色素が真皮層にまで落ち込むと色が抜けるのは難しく、生まれつきのあざは真皮層に出来た色素斑ですから自然に改善されることはまずありません。


シミの原因と対策について


メラニン色素が増える理由は、「ホルモンの分泌という内的なもの」と「紫外線を浴びることによってその影響を防御しようとする生理的な現象」、また「炎症や強い摩擦によって皮膚組織の一部が壊れるという外的な要因」があります。

女性ホルモンの関係で女性の20歳〜40 歳はしみの出来やすい年齢です。

しみの外的要因のほとんどは紫外線ですが、その他にも薬物によるカブレ、過度なマッサージやハードな洗顔などによる肌の損傷、香料と日光の作用による光線過敏症などによってもシミが発生したりします。

つまり何らかの外的な刺激があると、メラニン色素の生成が活発化されやすく、また、なかなか沈静化されにくい。さらに、肌機能の低下により、生成されたメラニン色素が残存してしまうということになるわけです。

このようなことをふまえてシミ対策を考えていくと、以下のことを考えないといけません。



1.紫外線を防ぐ(メラニン色素は紫外線への防御反応として生成されます)

2.メラノサイトでのメラニン色素の生成を抑える(チロシナーゼという酵素がメラニン生成に関与しますのでそのはたらきを抑えることがポイントとなります)

3.生成されたメラニン色素を還元する(メラニン生成は酸化の一種です)

4.生成されたメラニン色素を排出する(新陳代謝で肌細胞の生まれ変わりを促進する)

5.肌への刺激を極力少なくし健やかな肌状態を保つ



何かを肌に塗れば、たちどころにシミが消えるというものがあればよいのですが、残念ながら化粧品や医薬部外品にはそういうものはありませんし、薬事法上も許されておりません。

やはり、上記の5項目をふまえた地道なスキンケアが必要となってきます。


1.紫外線を防ぐ


まず、第1の紫外線を防ぐという努力は絶対的に必要です。

日傘や帽子などでは、紫外線を完全に防ぐことはできませんが、利用しないよりは利用した方が紫外線防止効果は断然高いので、外出時はこういったものも必要です。

また、UV対策用の化粧品も様々なものが出ていますので、外出時はこういった製品の使用も必要です。

ただ、SPF値の高さにはあまりこだわらなくてよいかと思います。通常の生活シーンでは、SPFが20以上くらいであれば十分なので、その中で刺激が少なく使用感の優れたものが良いと思います。


2.メラニンの生成を抑える


第2のメラニン色素の生成を抑えるという作用については、いろいろな美白成分があります。

アルブチン、コウジ酸などが有名です。植物成分ではソウハクヒエキス(桑抽出)がこの作用が強いといわれています。

最近は、エラグ酸やトラネキサム酸も注目されていますが、日本で化粧品等に使用できるレベルでは、どれも劇的な効果というわけにはいきませんので、こういった美白成分さえ使えばシミやソバカスが消えるなどと過度な期待はできません。



なお、メラニン色素の生成を抑えるという点では、ハイドロキノンの効果はかなり優れていると言われています。

もともと、皮膚科でのシミ治療薬に使われていて、日本では化粧品への配合は禁止されていたのですが、規制緩和によって化粧品にも使用できるようになりました。

ただし、成分の安定性が悪く、刺激も強いので化粧品には使用しづらく、まだメジャーな成分にはなっていません。

刺激を抑えようとして、配合濃度を低くすると(2%以下)、安全性は高まるものの、成分効果も低くなり、難しいところです。

ちなみに、皮膚科でシミ治療などで処方するハイドロキノンは4%〜10%ほどです。ただ、成分が劣化しやすいので、少量ずつしかもらえず、保管にも気を使ったりします。



モルトリーチェで取り扱っている「ホワイト・セラムHQ」は、このハイドロキノンを配合したクリームですが、ハイドロキノンをナノカプセル化していますので、成分の安定性と皮膚内部への浸透性が高まっています。

ハイドロキノン濃度は、1.9%と低く抑え、肌への安全性にも気をつかっています。

ナノカプセル化で浸透性が高くなった分、ハイドロキノンの作用効率も高くなり、ハイドロキノン濃度1.9%でも、医師処方の濃度4%のハイドロキノンクリームと同等の成分効果が確認されています。


3.メラニンの還元


第3のメラニン色素の還元ということでは、ビタミンCが有名です。

ただし、実際には、化粧品としての使用となると、ビタミンC自体は成分として安定性が悪く、皮膚内部でその効果を発揮することはほとんど期待できないと言われます。

そういったことから、各種のビタミンC誘導体というものが開発されています。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを化学的に処理し、成分の安定性を高め、皮膚内部への浸透性を高めたものです。

一般的には、このビタミンC誘導体はひとくくりにされることが多いのですが、ビタミンC誘導体は様々な種類があります。

なかには、皮膚内部へは浸透しても、そこからスムーズにビタミンCへ変換されにくいものもあり、これだと作用は弱くなったりします。


4.メラニンの排出


第4のメラニン色素の排出ということでは、肌の新陳代謝がスムーズに行なわれるようにしないといけません。

直接的にはマッサージなどで血行を促進し肌細胞を活性化したり、ピーリングなどで角質をケアすることで新陳代謝が適正化されるような肌環境を作ることも重要です。

また、化粧品には肌細胞の活性化を促進するような各種美容成分が配合されたりしていて、こういった成分も新陳代謝のサポートという点で期待できるのではないかと思います。

また、新陳代謝が適正に行なわれる状態というのは、肌が健やかな状態であり、そのためには最も大切なのは肌の潤いです。

美白対策と保湿対策を別々に考える方も多いのですが、肌の保湿対策をきちんとやることがシミ対策においても基本条件となります。


5.肌を健やかに保つ


第5の肌への刺激を極力少なくし健やかな肌状態を保つということも、美白対策には重要です。

そのためには、クレンジングや洗顔においても、ただ単に汚れを落とせれば良いと考えるのではなく、肌に負担を与えずにやさしく行うようにしないといけません。

作用の強い洗浄剤の使用や肌をこするような洗顔方法では、それが肌への刺激となってシミの原因となることもありますし、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまい、新陳代謝にも乱れを生じさせたりします。

結果的にシミ・ソバカスの発生、あるいは改善されないということになってしまいます。



シミ・ソバカス対策というと、効果のありそうな美白化粧品を求めがちではありますが、美白化粧品だけに頼るのではなく、まずは紫外線にあたらないようにするということが重要です。

そして、日頃から肌を健やかに保つよう、正しい洗顔・肌の保湿・肌細胞の活性化など念頭においた適切なスキンケアを行うことが大切です。


ホルモンが関与するシミについて


少し厄介なのが肝斑といわれるしみ。これは女性ホルモンの分泌過剰によって起こります。

特に妊娠を契機に妊産婦や経産婦に多く見られる女性特有の症状で、目の周りや鼻の下によく見られます。肝斑は紫外線によって濃くなったり、又広がったりしますから、極力日光を避けることです。

女性ホルモンの分泌過剰によって起こるものだけに、加齢とともにホルモンの分泌が減少してくると次第に肝斑も消えていくこともありますが、特別な内服薬以外に治療法はありません。

美白化粧品に頼るだけでなく、外出の際はSPF20以上のファンデーションを使用するようにして、できるだけ日光紫外線を避けることが大切です。


高年齢でのしみについて


また、高年齢になると、目の周りや頬、手の甲にくっきりとした斑点がよく見られるようになりますが、これは老人性色素斑です。

原因は 老化によってメラニンを作る細胞(メラノサイト)の機能がバランスを崩し、メラニンの生成を促進するためです。

これも予防法としては、若いうちからできるだけ、紫外線に肌をさらさないように気をつけることです。

外に出るときは日傘をさしたり、帽子をかぶったり、ファンデーションを塗るなど、極力紫外線にあたらないようにすること。

また、美白用化粧品だけでに頼るのではなく、常に保湿対策をはじめとしてスキンケアに気を配り、肌機能の衰えを防ぐことが大切です。

なお、無理に肌を焼くことなども、しみ・そばかす、そして肌老化を防ぐためにも避けるべきです。

美白成分って本当に頼りになるの?

以前のブログ記事において、美白化粧品に配合される美白成分について、あまりに過度な美白効果を期待してはいけませんよ・・・というようなことを書きましたが、その後いくつかお問い合わせをいただいています。

美白対策用の化粧品を販売したりしながら、その中に配合されている美白成分に頼ってばかりでは駄目ですよ・・・なんて言ってるわけですから、商品を購入された方やホームページをご覧になった方からすれば少し心配になりますよね。

そこで、この件について、再度ご説明させていただきます。



日焼けによるシミ・ソバカス・色素沈着は、紫外線の影響を受けてメラニン色素が通常より大量に生成されてしまい、それが皮膚内部に残ってしまうために発生します。

化粧品等に配合される美白成分というのは、メラニン色素の生成を抑えたり、メラニン色素を還元(酸化されたものを元に戻す)したりする作用により、シミ・ソバカス・色素沈着を防ごうとする成分です。

ただし、その作用というのは、活発化したメラニン色素の生成をいきなりストップさせたり、大量に生成されたメラニン色素をのきなみ還元消去してしまうような強力な作用ではないということです。

以前のブログ記事でも書いたように、化粧品や医薬部外品というのは、どうしても安全性への配慮は欠かせません。

本来は強い美白作用のある成分であったとしても、化粧品や医薬部外品に配合される場合は、作用を弱めた状態で配合されます。

例えば、メラニン色素の生成を抑制する作用が極端に強い美白成分があったとすると、それをシミ・ソバカスの気になる部分に塗れば、確かに短期間で美白効果が確認できるかもしれません。

でも、その場合、シミ・ソバカスとともに、その強い美白成分を塗った部分だけ白くなってしまい、他の部分から浮き上がったような白抜きの状態になることもあり得ます。

これは、活性化したメラニン色素の生成を抑えるだけではなく、本来は私たちの皮膚を守る防御システムであるメラニン色素の生成そのものを機能不全にしてしまっているということです。

また、強い作用の美白成分は、それだけ皮膚刺激性も強く皮膚トラブルの発生率も高くなります。

こういった美白成分については化粧品(医薬部外品も含め)に配合されるものではなく、やはり皮膚科のお医者様の管理下で使用されるべきものだと思います。



ですから、化粧品によるシミ・ソバカス・色素沈着の防止というのは、特定の美白化粧品や美白成分だけに頼るのではなく、地道なスキンケアも同時に必要となってくるわけです。

もちろん、化粧品や医薬部外品に配合される美白成分も、皮膚刺激性が抑えられているとは言っても、メラニン色素の生成抑制や還元においては十分に期待ができます。

ただし、この美白成分さえ塗ればたちどころにシミ・ソバカスが消えてしまうということではありません。

「ローマは一日して成らず」・・・「美白も一日して成らず」です。日々の規則正しいスキンケアを継続していくことが重要です。

新陳代謝でメラニン色素の排出がスムーズに行われるようケアすることも大切です。

また、新陳代謝が健全に行われるためには、肌細胞が元気な状態でないといけませんし、何より肌の水分が十分に保たれていないといけません。

美白成分だけに頼るのではなく、保湿対策をはじめとして、肌が健やかに保たれるようなトータル的なスキンケアが必要です。

また、健やかな肌状態でこそ、美白化粧品や配合された美白成分の作用が効率よく発揮されるのです。



ブログ記事一覧
モルトリーチェ公式サイト内の以下のページでは、ブログ主要記事の一覧を項目別にご紹介しています。


プロフィール

モルトリーチェLLC

某大手化粧品メーカーの元社員数名で設立した小さな化粧品会社です。
海と大地の恵みを活かし肌本来の機能をサポートする独自処方のスキンケア化粧品「モルトリーチェ化粧品」の製造・販売やOEM化粧品の開発などを行なっています。

MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています







その他ご案内







現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード