MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

保湿

秋肌にもおすすめ!潤いを保ちつややか透明肌へ導く化粧水

9月に入り、暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続いています。

もう少し涼しくなって、湿度も下がってくると、肌乾燥が気になる方が多くなってくると思いますが・・・

夏場、そして今の時期というのは、まだまだ汗や皮脂の分泌が多いので、肌乾燥をあまり意識しないかもしれません。

しかし、肌表面が潤っているように思えても、肌の内側、特に角質層は水分不足になっているということ(インナードライ)もあります。

肌を健やかに保ち老化を遅らせるためには、そういった角質層の水分保持能力こそがたいへん重要なポイントです。

参考ブログ記事:夏場も油断しないで!保湿対策は大切

角質層に水分が十分に保たれている状態というのは、バリア機能も正常に保たれ、新陳代謝も適正に行われている状態でもあります。

しかし、加齢とともに、角質層の保水機能やバリア機能、さらには新陳代謝の機能というのは衰えていきますし、紫外線はそれをさらに加速させます。

もちろん、体調不良やストレスなどもこういった肌機能の低下を早めます。

特に、今の時期は夏の強い紫外線で肌細胞が傷つけられ、肌本来の機能が低下し、角質層の水分保持力も低下している可能性があります。

そういった時に是非おすすめしたいのが、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」です。

モルトリーチェの化粧水スキンローション」は、海と大地の恵みの高保湿成分をふんだんに配合するとともに、保湿力をはじめとした肌本来の機能を適正に保つために、各種の肌再生サポート成分を配合しています。

これから肌乾燥や肌機能低下がさらに心配な秋冬がやってくわけですから、その前に、夏の紫外線の肌後遺症を防ぎ、健やかな肌状態を保っておくということは、肌老化防止のためにはたいへん重要です。

肌機能の低下を補い角質層の水分を適正に保つためのお手入れに、モルトリーチェの化粧水「スキンローション」をどうぞよろしくお願いいたします。


肌本来の保湿機能をサポート!
角質ケアで肌再生もサポート!
潤いを保ちつややか透明肌へ導く!
モルトリーチェの化粧水




MOLTOLICE スキンローション

モルトリーチェ化粧品の基本コンセプトというのは、海と大地の恵みを活用し肌本来の機能(=肌が自ら美しくなろうとするチカラ)をサポートしようというものです。

化粧水の一般的な使用目的は、保湿・整肌・柔軟・収れん・ペーハー調整・・・などいろいろありますが、やはり最大の目的というのは保湿であり、肌の潤い保つことにあると思います。

ですから、モルトリーチェの化粧水スキンローションの基本コンセプトは、海と大地の恵みといった天然由来成分の活用により肌本来の潤い機能(=自ら潤うチカラ)をサポートし、肌水分を十分に保つということにあります。


 潤い成分の補給


まず、肌(角質層)の潤い成分の減少を補うという考えから、海由来の高保湿成分を2種類、肌の潤い成分NMFを構成する各種のアミノ酸(10種類)を配合しています。


 角質ケア


さらに、マルチフルーツ酸を配合することで、不要な古い角質の脱落を早め、角質層を健全な状態に保ちます。

これは、くすみの無い透明感のある肌に導くということになりますし、何より新陳代謝のための肌環境を整えるということにもなります。


 健全な角質層の形成


その他、バイオダインTRFといった肌細胞活性化成分や9種類の植物エキス、3種類の植物精油などを配合しています。

肌再生をサポートし、十分な保湿機能を有する健全な角質層の形成に寄与するためです。



このように、モルトリーチェのスキンローションは、単に潤いを与えるだけではなく、肌本来の潤い機能そのものが適正に保たれるように考えて開発された化粧水です。

冬場の肌乾燥にはもちろん、夏のインナードライ肌やクスミ肌にも是非おすすめしたい化粧水です。


モルトリーチェ化粧水スキンローションのさらに詳しい情報はこちら

秋冬の肌乾燥を防ぐために乳液を活用しよう!

保湿対策として、化粧水はほんとんどの方が使用されていると思いますが、乳液やクリームは使用していないという方が多いのではないでしょうか。

実際のところ年間通しての販売個数では、化粧水が乳液・クリーム・美容液を大きく引き離しています。

若い方は乳液の油分を嫌って自分には必要ないと思っているかもしれませんし、ご使用になっている方でも、そのご購入サイクルからするとご使用の頻度や量が少ないのかもしれません。

しかし、肌の保湿をしっかりやろうとすれば、乳液などの油分を含んだ化粧品も是非ご使用いただきたいと思います。

このブログで何度も述べましたとおり、肌の乾燥を防ぎ健やかに保つためには、角質層が水分を保持し、バリア機能をに有していることが大切です。

化粧水で水分や保湿成分を補給すれば十分なのでは・・・?
と思うかもしれませんが、確かに化粧水の保湿成分は角質層の水分保持に効果を発揮するでしょうが、水分そのものはしばらくすると蒸散してしまいます。

化粧水の水分というのは、洗顔などで失われた肌表面の水分を一時的に補うとともに、保湿成分などを溶かし込み角質層に浸透しやすくしたものです。

本来、角質層の水分というのは、肌の内側の真皮層から他の栄養分などとともに供給されます。

健康的な肌でも角質層の水分は少しずつ蒸散していきますが、その分真皮層から供給されますので、角質層における水分量は十分に保たれます。

しかし、そのバランスが崩れると・・・
例えば・・・
空気の乾燥により角質層の水分の蒸散が激しくなったり・・・
新陳代謝の乱れにより角質層への水分供給が不足したり、角質層での水分保持機能が低下したり・・・
皮脂膜の不足により角質層の水分蒸散を抑えるはたらきが弱くなったり・・・
こういったことにより、角質層の水分不足=肌乾燥というのが生じてしまいます。

化粧水による水分補給というのは、洗顔直後の肌やカサカサした肌の表面を一時的に潤し、角質層から水分が奪われることを防ぎますが、その効果は長時間は続きません。

特に冬場は空気が乾燥し、発汗量も少なくなりますから、化粧水で補給した水分はまたたく間に失われ、そのうちに、角質層の水分まで失われ、肌が乾燥してしまいます。

冬場の保湿対策は、化粧水だけでは心もとないということになります。やはり、乳液など油分が含まれる化粧品も利用すべきだと思います。

乾燥しやすい肌に化粧水ですばやく水分補給する。そして、乳液など油分を含む化粧品で肌表面に薄い膜をつくり角質層の水分の蒸散を抑える。

特に、冬場は皮脂の分泌が極端に減少し、皮脂膜が不足してしまいますので、それを補うものとして油分を含んだ化粧品は必要です。

乳液の場合、クリームと比べて、油分が少なく水分が多いので、顔全体にのばしやすく、あっさりした使用感なので、油分が苦手という方にもご使用いただけるのではないでしょうか。

また、乳液には、角質層の早期剥離を防ぎ層構造を整えますので、角質層の保湿・バリア機能を保つとともに、肌を滑らかにする効果もあります。

今現在は肌の乾燥が気にならないという方、油分を含んだ化粧品は苦手という方にも、是非乳液はご使用いただきたいと思います。


モルトリーチェの乳液「ミルクローション」について


皮脂・細胞間脂質(セラミド)・NMF成分(天然保湿成分)などに支えられた肌本来の保湿機能の再現を目指した美容乳液です。

植物由来&肌成分類似の潤いベールで肌を優しく守ります。

天然由来の高保湿成分をたっぷり配合し肌の潤いを持続します。

各種肌細胞活性化成分により肌を若々しく健やかに保ちます。

肌にたいへん馴染みが良く、肌の保湿機能やバリア機能の衰えをカバーする乳液です。

モルトリーチェの乳液ミルクローションの詳細はこちら

MOLTOLICEミルクローション

肌乾燥防止はいろいろな角度から考えましょう

つい先日、秋のうちにしっかりと保湿対策を行い、さらに過酷な肌環境となる冬に備えましょう!・・・といったことをこのブログで書きました。

しかし、この数日間で一挙に寒くなりまして、街ではダウン姿の人も急に増えたし、我が家ではあわててストーブ出したりと・・・冬に備えるというより、その冬がもうやってきたという感があります。

肌乾燥の危険性が最も高まる季節がやってきたわけでして・・・

保湿対策も全開という感じで、やれることはやって、とにかく肌の水分が失われないようにしないといけません。

肌の乾燥というのが、あらゆる肌老化・肌トラブルの最大の要因といっても過言ではありませんからね。

特に、肌が乾燥しやすい人は、いくつかの要素が複合的に関係して、肌の保水機能が低下してしまっているということが多々あります。

また、肌乾燥を自覚していない方でも、加齢により、あるいはお手入れ不足、その他もろもろの理由により、肌の保水機能は低下していくものです。

いつの間にか乾燥肌の状態になっていることはよくあることで、油断していると、冬場に肌のトラブルや老化現象が一挙に現れるということもあります。

肌の乾燥は、単に保湿力のありそうな化粧品を塗っただけでは、解決しないことがあります。

それは、その化粧品の力不足というよりは、その化粧品が肌乾燥の原因に対して合致していないということかもしれません。

肌の乾燥を防ぐためには、肌の構造や機能を知るとともに、どこに問題があって肌が乾燥するのかということを考えることも必要です。

ただ、それらは複雑に影響しあっていますので、単純に肌乾燥の原因はコレだと限定してしまうことも難しいかもしれません。

乾燥しない肌を保つためには、いろいろな角度から保湿対策を行なうことが必要だと思います。

このブログでも、肌乾燥の原因や対策については、これまで何度も書いてきましたが、記事があちこちに分散したり、似たような内容があったりと、若干読みにくいかもしれません。

モルトリーチェの公式サイトの以下のページでは、そういった内容をまとめて記載していますので、肌乾燥を防ぐために是非参考にしていただきたいと思います。

※内容を若干リニューアルしていますので、過去読まれた方も是非もう一度どうぞ!

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・まずはじめに

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・皮脂膜について

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・細胞間脂質とNMFについて

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・正しい洗顔について

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・新陳代謝について

夏場も油断しないで!保湿対策は大切

一般的に、春から夏にかけては、湿度が高くなるということや、皮脂や汗の分泌が増えるといったことから、肌の乾燥で悩むという方はいくぶんか減ってきます。

皮脂は肌水分の蒸散を防ぐはたらきがありますし、汗(水分)が肌表面にあると肌は潤っているように感じるからでしょう。

しかし、冷房がきいた部屋にいると、肌の水分はまたたく間に奪われてしまいますし、皮脂や汗の分泌も少なくなりますので、やはり肌は乾燥してしまいます。

また、紫外線の悪影響というのは、シミ・ソバカスの発生にとどまらず、肌細胞にダメージを与え、肌の保湿機能を低下させてしまいます。

それに、皮脂をはじめとして肌の潤い成分というのは、加齢とともに確実に減少しますので、肌の保湿力は年々低下するものだという認識が必要です。

このように、春から夏にかけても、肌乾燥を防ぐための保湿対策というのは重要です。


夏のインナードライについて


夏場でも肌乾燥を自覚している方というのは、それなりに保湿対策を行っていると思うのですが、中には肌乾燥を自覚しないまま、実は肌の水分が失われているということもあります。

インナードライとかいいますが、夏場は発汗量が多く湿度も高いので、肌表面は乾いたような感覚が無いにもかかわらず、実は肌水分は不足しているということがありますので要注意です。

そもそも肌の潤いというのは、肌の表面上に水分があるかどうかということよりも、肌の内側である角質層に水分が十分に保たれているということが重要です。

角質層というのは、厚さわずか0.02ミリほどの層で、肌の内側といっても肌表面に最も近い部分です。

この角質層が適正な層構造を形成し、そこに細胞間脂質やNMF成分といった潤い成分が存在することで、水分をしっかりと保っています。

さらに、角質層の上(つまり肌表面)に皮脂が存在することで、膜をつくり水分が蒸散するのを防いでいます。

そして、この水分というのは、基本的には肌のさらに内側である真皮層から少しずつ補給されています。

健康的な肌であっても、角質層から少しずつ水分が失われますが、その分さらに内側から水分が補給され、だいたい角質層の水分保有率は15%〜20%に保たれています。

角質層の水分保持機能が低下し、水分保有率が10%を切るといわゆる肌乾燥状態ということで、様々な肌トラブルが発生しやすくなります。

化粧水で与える水分や汗(これも水分)が肌表面にあると、肌が潤っているように感じますが、こういった肌表面の水分というのは、あくまで応急措置的な潤いであって、こういった水分すぐに蒸散してしまいます。

大切なのは、真皮層から少しずつ補給される水分を角質層でしっかりと保つようにすることです。

角質層で水分を保つことができず、水分がどんどん失われていくと、自動的に真皮層からの水分補給が急ピッチとなります。

そうすると、真皮層の水分も急激に不足しますし、肌本来の潤い機能そのものが乱れ、肌はさらに乾燥し、肌トラブルが生じたり、肌老化が進行したりしてしまいます。


夏の保湿対策も油断しないで!


肌が健やかに保たれるには、様々な要素が関係していますので、これさえ注意すれば大丈夫ということはありませんが、こういったことを考えると、まずは、角質層に水分が十分に保たれていることが重要になります。

そのためには、夏場でも冷房がきいた部屋に長時間いることは避けた方が良いですし、紫外線には極力あたらないようにする工夫も必要です。

化粧品による日々のスキンケアでも、角質層の保湿機能を健全に保つ、あるいはサポートするということを考えながら行うことが大切です。

高保湿成分たっぷりの化粧品の使用もひとつの方法ですし、角質層の機能を低下させないようなクレンジングや洗顔、さらには健全な角質層が形成されるよう肌再生をサポートするといったことも考える必要があります。

いずれにせよ、春から夏にかけても、油断することなく日々の規則正しいお手入れを行い、肌の保湿対策に努めるべきだと思います。



夏の肌保湿やインナードライについては以下のブログ記事もご覧ください。なお、一部内容に重複する部分がありますことご了承ください。

潤っているはずなのに〜肌乾燥で皮膚トラブル発生〜インナードライ要注意!

知らず知らずのうちに肌乾燥〜夏のインナードライ肌について



保湿対策(特に角質層の水分を保つために)について、ホームページの特集記事でまとめています。以下のページもご覧ください。

肌老化・肌トラブルの最大要因「肌乾燥」を防ぐための保湿対策



インナードライ防止・くすみ防止にオススメ!
モルトリーチェの高保湿化粧水



モルトリーチェの化粧水スキンローションは、海と大地の恵みをふんだんに活用することで、肌が自ら潤うチカラをサポートし、夏のインナードライを防ぎます。

海由来の高保湿成分や10種類のアミノ酸により、角質層の潤い機能をサポート!

また、マルチフルーツ酸など角質をケアし肌細胞の再生をサポートする成分を配合し、潤いを保つとともに、くすみを防ぎ透明感のある肌へ導きます。

MOLTOLICE スキンローション

モルトリーチェスキンローションの商品詳細はこちら

1年中乾燥肌で困っている方へ・・・

乾燥肌で悩んでいる方は多いですよね。

なにしろ、肌の乾燥、肌の水分不足というのは、あらゆる肌老化や肌トラブルの元凶ですからね。

このブログでも、肌乾燥改善のための保湿対策については、何度か取り上げてきましたが、このたびモルトリーチェ公式サイトの中に、肌乾燥を防ぐ保湿対策としてページを設けました。

肌乾燥といっても、人によって状態は様々だと思いますが、慢性的な肌乾燥で悩んでいる方は、ただ単に効き目のありそうな保湿成分配合の化粧水や美容液などを使用しても、なかなか改善されないことも多いようです。

また、今は肌の乾燥は気にならないという方でも、肌の保湿力は加齢とともにどんどん低下していきますし、気候や生活環境の変化から乾燥肌になってしまうこともありますから油断は禁物です。

肌乾燥が気になりだすと、これひとつ使えば乾燥肌が改善といった類の製品を求めがちなのですが・・・

肌乾燥といっても、その状態や原因は様々ですし、慢性的な乾燥肌という方は、複合的な要素がからみあって肌の保湿能力が低下しているということも考えられます。

以下のページで、肌乾燥を防ぐための保湿対策として、いくつかのポイントに分けてご説明していますので、参考にしていただければと思います。

なお、以下のページの内容は、当ブログの中のいくつかの記事をまとめ直したものとなっていますが、ブログより少しは読みやすくなっているかと思います。

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・まずはじめに

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・皮脂膜

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・細胞間脂質とNMF

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・正しい洗顔

肌乾燥を防ぐための保湿対策・・・適正な新陳代謝



カテゴリー
記事一覧ページ

モルトリーチェ公式サイトの中の以下のページでは、当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています




プロフィール
MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています









その他ご案内



♪会員登録で割引価格
♪ポイント還元実施中
♪無料登録受付中
♪会員登録で500ポイント進呈





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード