MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

新陳代謝

クスミ対策化粧品はシミ対策にも効果はある?

先日のブログで、美白化粧品はクスミ対策には直接的な効果はあまり期待できないということを書きました。

美白化粧品の美白成分というのはメラニン色素の生成を抑制したり還元したりすることでシミ・ソバカス・色素沈着を防ごうということで配合されています。

クスミというのは、主に古い角質が脱落せずにそのまま肌表面に残り、そのため肌から明るさや透明感が消えて暗く見えたり黒ずんで見えたりする状態です。

ですから、美白化粧品の美白成分がクスミに対して直接的に作用するということは考えられないわけです。



それでは、逆にクスミ対策用化粧品というのは、美白対策に効果は期待できるのでしょうか?

これは、期待できると言ってよいのではないかと思います。

ただし、クスミ対策化粧品の作用がそのままシミ・ソバカス・色素沈着に効果があるということではなく、その作用は美白対策にも必要であるということです。

クスミ対策というのは、美白対策に対して、十分条件ではないけど、必要条件ではあるということです。

クスミというのは、本来垢として日々少しずつ剥がれ落ちていくはずの角質がそのまま残存したために黒っぽく見える状態のことです。

この状態というのは、肌の新陳代謝が適正に行われていない状態でもあります。

ですから、肌表面の古い角質をスムーズに脱落させるとともに、その下から生き生きとした若い細胞の再生(新陳代謝)を促すことが大切になります。



クスミ対策化粧品というのは、肌表面の古い不要な角質の脱落を早め、肌に明るさや透明感をもたらすとともに、新陳代謝のための肌環境を整えるというはたらきがあります。

表皮における肌細胞の再生(新陳代謝)が適正に行われることにより、生成されたメラニン色素を肌表面に押し上げ古い角質の脱落とともに排出させることができます。

メラニン色素の生成抑制や還元にはたらく美白成分が配合された美白化粧品とともに、クスミ対策用化粧品を併用すればメラニン色素の排出もスムーズに行われ、より美白効果が期待できることになります。

もちろん、新陳代謝が適正に行われるには、不要な古い角質の除去に加え、角質層が健全な状態にあることが重要ですから、角質層の機能を低下せるような洗顔は行わない、保湿対策をきちんと行う、紫外線に極力あたらないということも大切です。


クスミ対策におすすめの商品のご紹介


モルトリーチェ スキンローション(化粧水)

海と大地の恵みたっぷりの高保湿&肌再生のための化粧水。マルチフルーツ酸配合で角質ケア!潤いを保ちツヤヤカ透明肌へ導きます。

商品の詳細はこちら



モルトリーチェ モイスチュアライザー(美容液)

天然由来の高保湿成分や美容液成分をバランスよく配合。肌ダメージをやわらげ肌老化を防ぎます。マルチフルーツ酸、オリゴフィココライユなどを配合し、肌再生をサポート、透明感のある若々しい肌を保ちます。

商品の詳細はこちら



クリア・ピールジェル(マイルドピーリング)

不要な古い角質のみをやさしく除去する低刺激なマイルドピーリングジェル。新陳代謝のための肌環境を整えツルツル・ピカピカ・透明肌へ導きます!

商品の詳細はこちら

新陳代謝〜周期が早過ぎてトラブル肌ということも

ここ最近のブログ記事で、肌保湿のためには適正な新陳代謝が大切だということを訴えてきました。

一般的に言われる肌の新陳代謝というのは、表皮基底層で生まれた細胞がどんどん上に押し上げられて、角質細胞としてとどまった後、垢として剥がれ落ちるまでの過程のことで、ターンオーバーとも言ったりします。

この新陳代謝は、通常28日周期で行われるとされています。基底層から角質層に達するまで14日間、角質層に到達後剥がれ落ちるまで14日間というのが平均のようです。

ただ、基底層で細胞が生まれる期間も含めると、新陳代謝は28日ではなく40日以上かかるという方が妥当だとも言われたりしますし、最近では顔と体の各部位とは若干日数が違うようだとも言われていますので、正確な新陳代謝の日数というのは多少曖昧になってきます。



いずれにせよこの新陳代謝の機能が衰えることによって、肌は潤いを失い、滑らかさも失い、透明感も失い・・・いろいろと老化現象が現れてくるわけです。

一般的には、加齢に伴い、新陳代謝は鈍化、つまり周期が遅くなってきます。

それから、冬場など気温の低下が原因で、新陳代謝が鈍化することもありますし、体調の変化が影響を与える場合もあります。

ですから、新陳代謝の機能を正常に保つように、日々規則正しくお手入れを行いましょう。健康管理にも気をつけましょう・・・

ということになるのですが、時として、新陳代謝の周期が早くなりすぎるという場合があります。



皮膚表面を強く擦ったり、洗浄力の強過ぎる洗顔料などを使用したりした場合、角質層を傷つけてしまうと、角質層のバリア機能は低下します。

肌水分の喪失を早めたり、異物の進入を許しやすくなってくるわけです。

そうすると、そういった状態を改善しようと、表皮の新陳代謝が異常に早くなってしまうということがあるのです。

角質層の損傷を修復をしようとする生体反応なのですが、どんどん細胞が生産され、次々と皮膚表面へ押し上げられていく状態です。



この状態というのは、ある意味、新陳代謝において細胞の交通渋滞のようなものがおこっているわけで、次第に見た目には厚く固くくすんだような肌状態となってきます。

また、基底層で生まれた細胞が十分な時間をかけずに角質層へ到達してしまうと、角質層は適正な層構造は形成されませんし、細胞間脂質やNMFといった潤い成分の生成・供給といったものもなされず、機能の劣った角質層となってしまいます。

この状態が続くと、肌荒れから炎症などのトラブルが生じてきますし、さらに慢性的な皮膚炎、炎症からメラニン色素の生成活発化といったことがおこります。



こういったことにならないようにするには、まず注意しないといけないのは、肌表面を極力傷つけないようにするということ、特に重要なのはやさしい洗顔ということになります。

体も同様です。お風呂でゴシゴシと洗うということは避けるべきです。

それでも、顔も体も目に見えない小さな損傷を日々受けたりしますし、洗った後の肌は無防備な状態に近いわけですから、化粧品などでしっかりと保護・保湿といったサポートをしてあげることが必要となります。

炎症などがひどくなってくると、化粧品などでは改善が難しくなってきますので、まずはそうならないように、日頃から肌にやさしくという気持ちでお手入れすることが大切です。

マッサージが肌乾燥を防ぐ理由

保湿対策のためにもマッサージをおすすめします!

肌乾燥を防ぐと言われる方法はいろいろあって、多くの方がご自分に合う方法を模索していらっしゃると思うのですが、今日は肌のマッサージをおすすめしたいと思います。


マッサージの目的は?


マッサージは何のためにするのかというと、若々しい肌を保つためとか、シワやタルミを防ぐためとか言いますよね。

そういう言い方が分かりやすいのかもしれませんが、マッサージの最大の目的は血行を良くして、肌の新陳代謝が適正に行われるようにすることです。

特に冬場は、温度が下がり、どうしても血行が悪くなってしまいますが、マッサージをすると明らかに皮膚温が上昇し、血行が良くなっていることが分かります。

血行が良くなると、毛細血管から肌細胞への栄養分がスムーズ供給されるようになり、新陳代謝にプラスの影響を与えてくれます。


適正な新陳代謝が肌に潤いを与える


新陳代謝というのは、表皮基底層で生まれた細胞が少しずつ皮膚表面へ押し上げられていき、角質細胞としてとどまった後、垢として剥がれ落ちていくといった一連のサイクルを言います。

新陳代謝は、一般的に肌の生まれ変わりとも言われ、肌が若々しくあるためにたいへん重要な機能なのですが、肌の潤い機能にも直接的に影響を与えます。

肌の潤い機能(水分保持機能)は、皮膚最上層の角質層が規則正しい層構造を形成し、そこに細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)といった潤い成分が存在することで維持されています。

この角質層の層構造は、新陳代謝が適正に行われることで形成されますし、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)といった潤い成分も新陳代謝の過程によってつくられます。

ですから、新陳代謝の乱れや鈍化というのは、肌(角質層)の潤い機能を低下させてしまい、肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

肌が乾燥すると、さらに新陳代謝は乱れますから、どんどん肌乾燥スパイラル(悪循環)ということになってしまいます。


日々のマッサージで新陳代謝をサポート


こういったことにならないようにするには、日々のマッサージが効果的です。

血行が悪くなりがちな冬場は、マッサージを継続することが新陳代謝のサポートにつながり、それが有効な保湿対策にもなります。

なお、マッサージは毎日行うべきすが、かといって肌への負担となってはいけません。

マッサージクリームは肌にマイルドなものを選び、マッサージを行う際は肌に対して決して強い摩擦を与えずにやさしく行いましょう。



マッサージの方法や注意点は下記のブログ記事でご紹介していますので、ご覧いただければと思います。

マッサージの方法



モルトリーチェ公式サイトの下記のページでもマッサージの方法や注意点をご紹介しています。

モルトリーチェスキンケア商品ご使用方法
(こちらでマッサージの方法や注意点をご紹介しています)

オススメ〜冬の肌に気持ちいい蒸しタオル美容法

冬は、乾燥、寒冷、肌機能低下などで、お肌は最悪のコンディションとなりがちです。

特に、肌の乾燥というのが一番の問題で、肌水分の不足から様々な肌の老化現象やトラブルを、引き起こしてしまいます。

そこで、多くの方が肌乾燥を解決する化粧品を探し求めるわけですが・・・

ただ、乾燥肌を防ぐためには、高保湿成分配合の化粧品を使うことも大切ですが、慢性的な乾燥肌や冬場の肌乾燥の場合は、それだけでは解決にならないことが多いのではないかと思います。


肌乾燥を防ぐために大切なことは?


肌の乾燥というのは、もう少し詳しく言うと、肌の角質層の水分量が不足しているということです。

そして、この角質層が十分に水分を保つためには、いくつかの要素が関係しています。

角質層の水分を保つ要素として、主要なものをあげると、
「皮脂膜」 「細胞間脂質」 「NMF(天然保湿因子)」 「正しい洗顔」 「適正な新陳代謝」 「紫外線防止」 〜などがあげられます。

このうち、「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF」などの不足は、化粧品によって一時的に補うことができます。

また、やさしいクレンジングや洗顔で肌本来の保湿機能を損傷しないことも重要です。

そして、乾燥肌の改善のために、もうひとつ重要なのが肌細胞の生まれ変わり「新陳代謝」です。

角質層の健全な層構造は、健全な新陳代謝によって形成されますし、角質層で保湿成分としてはたらくNMFや細胞間脂質も新陳代謝の過程でつくり出されます。

新陳代謝は肌保湿(乾燥防止)にたいへん大きな影響を与えています。

ですから、乾燥肌を改善するには、新陳代謝をサポートするお手入れも必要となってきます。

代表的なお手入れがマッサージです。

マッサージによって、皮膚温を高め、血行を良くして、肌細胞の活性化をサポートします。

また、新陳代謝が適正に行われるような肌環境にしてあげるために、パックやピーリングなども良いと思います。

その他に、細胞賦活作用のある成分を配合している化粧品を使うことも一つの方法だと思います。


新陳代謝をサポートし肌乾燥を防ぐために〜蒸しタオル美容法とは?


このように、新陳代謝をサポートするためのお手入れ方法もいろいろとあるわけですが、ここでは、これらのお手入れの効果を一挙に実現できる方法として「蒸しタオル美容法」をご紹介いたします。

特に寒い冬にはとても気持ちの良いお手入れですが、私自身は、もう20年ほど前から、冬だけでなく夏も時々行っています。

肌がくたびれたように感じた時や、くすんでいるように感じた時、乾燥がひどい時などに行うと、かなり効果があるように思います。

ただ、この記事の最後の方でもご説明しますが、蒸しタオルの使用は、肌への刺激となる場合もありますし、火傷などの心配もあります。

そういったこともあって、これまで公にはお勧めしていませんでした。

ただ、個人的にはたいへんお気に入りのお手入れ方法です。


おすすめの「蒸しタオル美容法」


1.まず、クレンジングでメイクアップを落とし、軽く洗顔後、水気をふき取ります。



2.お顔全体にクリームまたは乳液(クレンジングクリームは不可)を通常より多目に伸ばします。

※ クリーム等を多目に伸ばすのは、美容成分の浸透なども目的ですが、蒸しタオルの刺激をやわらげ肌を保護するためでもあります。



3.蒸しタオルを用意します。ミニタオルよりも通常サイズのタオルを、後から使いやすいようにたたんで使用されることをおすすめします。

※ 蒸しタオルは、水で濡らして絞ったタオルを電子レンジで1分弱ほど加熱するとできます。

ラップを巻いても結構ですが、ラップを剥がす際かなり高温のため要注意です。ラップ不使用でも大丈夫です。

※ 必ずお顔に乗せる前に蒸しタオルの温度を確認してください。熱すぎると火傷や刺激が心配です。



4.クリーム(または乳液)を伸ばしたお顔を蒸しタオルで覆います。

30秒〜40秒で冷めてきますので、タオルをたたみなおして暖かい部分で再度お顔を覆います。

タオルが冷たくなってしまう前に終わります。



5.蒸しタオルでクリーム等を軽くふき取った後、再度洗顔をして、化粧水や乳液など通常のお手入れを行います。

※ 蒸しタオル使用後の肌は敏感になっています。洗顔などは、肌を強く擦らずにやさしく行ってください。



蒸しタオル美用法により、皮膚温を高め、血行を良くするなど、マッサージ効果があります。

また、古い角質の除去作用もあり、皮膚をやわらかくしてくれますので、美容成分などの浸透を助けます。

毛穴に詰まった皮脂や汚れなどがとれやすくなります。

結果的に肌保湿にもプラスにはたらきます。

このように、蒸しタオル使用でいろいろな美容効果が期待できます。

一度お試しになってはいかがでしょうか。ただし、以下の点は注意してくださいね。


蒸しタオル美容法のご注意事項


蒸しタオル美容法は、一度行うだけで、肌がフワフワとなり、透明感も出てきて、気持ち的にもリフレッシュできるのですが、蒸しタオルの使用は、肌にとっては刺激となることもあります。

以下の点にはご注意ください。

肌が敏感な方や肌に炎症などトラブルがある場合はお止めください。

蒸しタオル使用の際にヒリヒリ感がある場合や、蒸しタオル使用後に肌が赤くなるなど異常を感じた場合は、蒸しタオルの使用はお止めください。肌の様子を見ながら蒸しタオルを使ってください。

肌状態により個人差もありますが、まずは、毎日ではなく、週1回〜2回程度からお始めください。




なお、肌保湿と新陳代謝の関係は下記のブログ記事でもう少し詳しく書いています。こちらもご覧ください。

乾燥肌の改善策は・・・角質層の水分を守るポイント「新陳代謝」

乾燥肌の改善策は・・・角質層の水分を守るポイント「新陳代謝」

この記事は、以前のブログ記事≪乾燥肌の改善策は〜角質層の水分を守るポイント「はじめに」≫の続きとしてお読みください。

上記のブログ記事では・・・

超乾燥肌あるいは慢性的な乾燥肌というのは、角質層が水分を十分に保てない状態であり、それを改善するためには単に何か高保湿成分を塗れば良いというものでもない。

角質層の水分を保つためのポイントとしては、「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF(天然保湿因子)」「正しい洗顔」「適正な新陳代謝」「紫外線防止」・・・などがあげられる。

ひどい乾燥肌で悩んでいる方は、これらの要素が複合的に関係しているために角質層が十分な保水機能を果たさなくなっているのであって、乾燥肌を改善しようとするには、お手入れの方法や使用するスキンケア化粧品のタイプなども含めて考え直す必要がある。

そこで、何回かに分けて乾燥肌を改善するための方法として、主に角質層の水分を保つためのポイントをこのブログでとりあげていきたいと思う。

・・・といったことを書きました。

ということで、今回は、角質層の水分を守るポイントとして「新陳代謝」をテーマとします。


角質層の水分を守るポイント「新陳代謝」


健康な肌においては、肌細胞が常に活発に増殖し、新しい細胞が生まれた分、古い細胞が死んで排除されていきます。

新しい細胞は、表皮の最下層である基底層で生まれ、その上の有棘層・顆粒層を経て、最上層の角質層まで押し上げられていきます。

角質層では、死んだ細胞となって、最終的にはアカとなり肌表面から剥がれ落ちていきます。

この過程を肌の新陳代謝(ターンオーバー)といいます。

肌細胞(表皮細胞)の一生といえる新陳代謝は、通常28日周期で行われます。


肌の保湿機能・バリア機能と角質層


角質層は、活動を停止した細胞(死んだ細胞)が20層ほど重なり、その細胞と細胞の間にNMFなどの保湿成分や細胞間脂質が存在します。

ちょうどレ ンガを20段ほど交互に積み上げ、そのレンガとレンガの間をNMFなどの保湿成分や細胞間脂質が、まるでセメントでレンガブロックを固定するかのように埋まっています。

レンガが整然と並んだ状態は表面が滑らかになっていますが、所々でレンガがめくれ上がった状態になると肌は荒れ肌となり、ざらざら・ カサカサと感じることになります。

こうなると、そこに隙間が出来るわけですから、表皮内部の水分が蒸発して肌はますます乾燥して角質層の構造が崩れ、皮膚表面に細かな小じわが出来てきます。

また、本来角質層には肌に対する異物の進入を防ぐバリア機能があるのですが、老化、お手入れ不足、紫外線などにより、角質層の 構造が崩れると、その隙間から異物が進入して、様々な皮膚トラブルが発生しやすくなります。



このように、角質層の状態が肌の保湿機能やバリア機能に大きな影響を与えています。

ですから、今回のテーマである乾燥肌の改善についても、いかに角質層を健全な状態に保つかということが重要になってくるわけで・・・

これまで「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF(天然保湿因子)」「正しい洗顔」という視点から角質層を健全に保ち肌水分を守るポイントについてお話してきましたが、「新陳代謝」は角質層の状態に特に大きく影響を与えています。


適正な新陳代謝によって形成される健全な角質層


角質層の健全な層構造は、健全な新陳代謝によってつくりだされるということです。

角質層が健全な状態、つまり角質細胞が20段ほど重なり、その角質細胞のまわりにNMFや細胞間脂質などが存在して、層構造が整っている状態というのは、健全な新陳代謝があってこそ形成されます。

また、角質層で保湿成分としてはたらくNMFは、その主成分は各種のアミノ酸であり、これらは新陳代謝の過程で表皮細胞が死んだ角質細胞になっていく中で、たんぱく質から分解されてつくられます。

細胞間脂質も新陳代謝の過程において、タンパク質分解酵素のはたらきによりつくり出されます。



年齢とともに、この新陳代謝の周期は遅くなりがちですし、気温の低下、お手入れ不足、体調不良などによって、新陳代謝の機能が衰えることもあります。

新陳代謝の機能が衰えると、肌に必要な保湿成分(NMFや細胞間脂質など)が十分に供給されなくなります。

また、角質層における層構造が乱れたり、剥がれるおちるはずの角質細胞が残ってしまったりします。

そうなると、角質層の保湿機能やバリア機能は低下し、肌は乾燥しやすくなります。さらに、なめらかさ・透明感を失い、肌の硬化・ざらつき・くすみが目立ってきます。

このように、新陳代謝は肌の保湿(乾燥防止)にたいへん大きな影響を与えており、新陳代謝が適正に行われていないと、様々な肌の老化現象やトラブルが発生しやすくなってきます。


適正な新陳代謝をサポートするお手入れ


それでは、新陳代謝が適正に行われるようにするには、どのようにすればよいのでしょうか。

新陳代謝は、肌細胞が健全な状態にあることが重要ですから、まずは体調管理が大切になってきます。

心身ともに健康な状態こそが、適正な新陳代謝の前提条件となってきます。



スキンケアにおいては、新陳代謝をサポートする代表的なお手入れ方法としては、マッサージがあります。

マッサージをすることで、血液やリンパ液の流れをよくしてくれます。

血液は肌細胞の活性に必要な栄養分を運ぶ役割をはたしていますので、マッサージによって血行を良くしてあげることは、健全な新陳代謝のために重要です。

また、リンパ液は老廃物を運ぶ役割を持っていますが、リンパ液の流れは血液の流れよりもゆるやかですので、マッサージによってその流れを速めてあげることも、新陳代謝に良い影響を与えてくれます。

それから、マッサージすることによって、古い角質が剥がれ落ちるリズムを整えることができますので、これも新陳代謝にプラスの効果をもたらします。



マッサージは短時間で毎日行うことをおすすめします。

マッサージの際は、マッサージクリームを十分に使用し肌に摩擦を与えないようにすること、強い力で肌をこすらずにやさしく行うことが大切です。

なお、マッサージについては、また別の機会にもっと詳しく書きたいと思いますが、マッサージの方法としては以下のページをご参照ください。

マッサージの方法はこちら(当ブログ内記事)

マッサージの方法はこちら(モルトリーチェ公式サイト内)



また、本来はいつの間にか剥がれ落ちていくはずの古い角質ですが、新陳代謝の乱れ・お手入れ不足・体調不良などにより、いつまでも肌表面に残ってしまうことがあります。

この状態をそのままにしておくと、見た目には肌にクスミやザラツキなどが生じ、角質層においては保湿機能やバリア機能が低下し、そのうち肌が乾燥し肌荒れが起きやすくなってきます。

さらに新陳代謝のリズムを乱してしまいますので、肌には様々なトラブルが発生してしまいます。

この場合、パック剤や角質除去のためのピーリング剤を使用することで、肌にとって不要となった古い角質を除去してあげることも効果的です。

ただし、除去するのは、あくまで不要となった古い角質だけです。

必要以上に、角質を取り除いてしまうと、逆に角質層の機能低下ということになりますので、作用のやさしい製品を選び、毎日というよりは週2〜3回程度が適当かと思います。



新陳代謝というのは、肌細胞の活性化が適正に行われることが大切ですから、化粧品によっては細胞賦活作用のある美容成分が配合されています。

モルトリーチェでも、細胞賦活作用のある成分や各種植物エキスを厳選し配合することで、肌細胞の活性化をサポートするように配慮しています。



それから、健全な新陳代謝のためには、肌表面の保湿ケアも重要です。

この記事のテーマが、保湿対策には新陳代謝が重要ですということなのに、新陳代謝のためには保湿ケアが重要ですというのは、なんとなく変な感じがするかもしれませんが、肌表面の潤いの状態と新陳代謝は相互に影響を与え合っています。

適正な新陳代謝が行われないと、乾燥しやすい肌(角質層)となってしまいますし、肌が乾燥するとさらに新陳代謝に悪影響を与えてしまうといった悪循環となるわけです。

ですから、化粧水・乳液・美容液・・・などで、肌の潤いを保つといったお手入れもあわせて必要になってきます。




乾燥肌改善のために、以下の関連ブログ記事もあわせてお読みください。

乾燥肌の改善策は〜角質層の水分を守るポイント「はじめに」

乾燥肌の改善策は〜角質層の水分を守るポイント「皮脂膜」

乾燥肌の改善策は〜角質層の水分を守るポイント「細胞間脂質・NMF」

乾燥肌の改善策は〜角質層の水分を守るポイント「正しい洗顔」



モルトリーチェ公式サイトの以下のページでも、乾燥肌の原因や改善策について取り上げています。

肌老化・肌トラブルの原因「肌乾燥」を防ぐための保湿対策

モルトリーチェの商品については、以下のページでご案内しています。

モルトリーチェ化粧品について(商品特長・商品設計その他)

モルトリーチェ化粧品商品一覧はこちら



カテゴリー
記事一覧ページ

モルトリーチェ公式サイトの中の以下のページでは、当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています




プロフィール
MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています









その他ご案内



♪会員登録で割引価格
♪ポイント還元実施中
♪無料登録受付中
♪会員登録で500ポイント進呈





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード