MOLTOLICE ダイアリー

海と大地の恵みを活かし肌機能をサポートするモルトリーチェのブログです

美白

夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス・色素沈着」を防ぐために

春から夏にかけて、大量の紫外線を浴びると、メラニン色素の生成が活発化します。

このメラニン色素が皮膚内部に残存してしまうと、それがシミ・ソバカスとなります。

今回は、夏の紫外線の後遺症と言えるこういったシミ・ソバカス・色素沈着の原因(発生過程)と対策について考えてみたいと思います。

なお、シミ・ソバカスの発生については、紫外線以外の内的な要因が関係することもありますが、ここでは紫外線の影響、つまり日焼けによるシミ・ソバカスに限定して進めたいと思います。


メラニン色素の生成について


シミ・ソバカスの原因として、よくメラニン色素があげられます。

メラニン色素は、表皮基底層のメラノサイトという色素細胞において、チロシン(アミノ酸の一種)を原料に、チロシナーゼという酵素がはたらいて生成されます。

そして、生産されたメラニン色素は、他の表皮細胞に受け渡されていきます。

メラニン色素そのものは、個人差はありますが、常に一定量が生成されていて、それが私たちの肌の色を決めています。

また、メラニン色素の生成自体は、紫外線が皮膚内部に侵入しないようにするためであり、私たちの皮膚を守るために不可欠な防御システムです。

分かりやすく言えば、メラニン色素がカーテンのような役割をして、紫外線の脅威から皮膚を守ろうとしているわけです。

健全な肌状態であれば、生成されたメラニン色素は他の細胞に受け渡されながら、新陳代謝とともに肌表面に押し上げられ、その後剥がれ落ちて排出されていきますので、肌の色は基本的には一定しています。


シミ・ソバカス・色素沈着の発生について


しかし、大量の紫外線を浴びたりすると、皮膚の防御システムが強くはたらき、メラニン色素の生成は通常以上に活発化しますし・・・

継続的に紫外線を浴びたりすると、紫外線の脅威が少なくなっても、メラニン色素の生成が活性化されたままになってしまうこともあります。

大量のメラニン色素が生成されたり、メラニン色素の生成が活発化した状態が続くと、メラニン色素が十分に排出されずに皮膚内部に残存してしまい、これがシミ・ソバカス・色素沈着ということになってしまいます。

また、夏の強力な紫外線は肌の潤いを奪い、新陳代謝の機能にも悪影響を与えますので、メラニン色素の排出機能そのものが低下していることもあります。

もちろん、老化による肌乾燥や新陳代謝機能の鈍化も、メラニン色素の排出機能を低下させ、シミ・ソバカスといった色素沈着が発生しやすい肌状態にしてしまいます。


シミ・ソバカスを防ぐために必要なこと


シミ・ソバカスを防ぐために、最も大切なことは、紫外線を極力浴びないようにすることです。

ここでは、夏の紫外線の後遺症として、シミ・ソバカスといった色素沈着をとりあげていますが、紫外線の悪影響はそれだけにとどまらず、肌に対して様々な悪影響を与え、肌老化を進行させます。

肌にとって百害あって一利無しとまで言われる紫外線です。

とにかく、紫外線から肌を守る努力が必要です。

とはいっても、春から夏にかけては、紫外線から肌を完全に防御するというのは不可能に近いと言えます。

大量の紫外線を浴び続けた肌に、紫外線の悪影響や後遺症が現れないようにケアすることが大切になります。

シミ・ソバカスの防止という観点からは、
「紫外線の影響で活発化したメラニン色素の生成を沈静化」
「大量に生成されてしまったメラニン色素のスムーズな排除」
この2点が重要です。


美白化粧品の効果について


そこで、メラニン色素の生成を沈静化したり、できてしまったメラニン色素を消し去るために、美白化粧品というものの出番となります。

美白化粧品と言うと、各化粧品会社から様々なタイプのものが発売されています。

しかし、正直なところ、どのような美白成分を使っていたとしても、化粧品(医薬部外品も含め)である以上、短期間でたちどころにシミ・ソバカスを消し去るといった劇的な美白効果は望めません。

確かに、理論上・実験上・体験上・・・優れた美白作用が確認される成分はあるわけですが、化粧品に配合する場合、お客様が皮膚トラブルを起こさないように配慮しないといけませんので、その作用が緩和されて使用されます。

ですから、夏の紫外線の後遺症であるシミ・ソバカスなどを防ぐためには、特定の美白化粧品や美白成分だけに頼るのではなく、地道なスキンケアも同時に必要となってきます。


メラニン色素生成の沈静化について


なお、活発化したメラニン色素の生成を沈静化しようとする目的の美白成分はいろいろとあります。

メラノサイトにおいてチロシナーゼという酵素のはたらきを阻害するなどしてメラニン色素の生成を抑制しようとする成分です。

モルトリーチェの商品で使用しているのは、強力な美白作用があるとされるハイドロキノン、桑の根の皮から抽出した成分ソウハクヒエキスなどです。

また、エイジツエキス、クララエキス、シャクヤクエキスなどの植物エキスにもそういった作用があると言われています。

こういった成分(メラニン色素生成を抑制するような成分)が配合された化粧品を継続的に使用することは、活発化したメラニン色素の生成を沈静化するうえでプラス効果が期待できます。


生成されたメラニン色素の排除について


ただ、夏の紫外線の後遺症、シミ・ソバカス・色素沈着を防ぐためには、それだけでは十分ではありません。

大量に生成されてしまったメラニン色素が、皮膚内部に残存しないようにケアしないといけないからです。

そのためには、メラニン色素の還元とメラニン色素の排出を考えないといけません。



まず、メラニン色素の還元についてですが、メラニン色素の生成過程というのは酸化の一種でもありますので、還元作用(=酸素を切り離す)により、メラニン色素を分解しようというものです。

この還元作用については、ビタミンCが有名なのですが、化粧品にそのまま配合しても、その成分としての不安定さから、実際の効果は期待できないため、ビタミンC誘導体として使用されます。

ハイドロキノンも、チロシナーゼ活性阻害作用とともに、メラニン色素の還元作用にも期待ができます。



それから、メラニンの排出については、表皮の新陳代謝が適正に行われることが必要です。

生成されてしまったメラニン色素を新陳代謝によって肌表面へ押し上げていき排出するわけです。

新陳代謝には、マッサージなどで血行を促進することが効果的とされています。

また、角質ケアにより古い角質の除去をスムーズにしてあげることもプラスにはたらきます。

肌細胞を元気づけるような成分(細胞賦活成分)が配合された化粧品のご使用もおすすめします。


シミ・ソバカスを防ぐためにも必要な肌保湿


なお、新陳代謝と肌の保湿機能はたいへん密接に関係しています。

新陳代謝が乱れると肌の保湿機能は低下しますし、また、肌の潤いが失われると新陳代謝のサイクルに悪影響を与えてしまいます。

ですから、新陳代謝が健全に行われている健やかな肌を保つためには、保湿ケアもたいへん重要です。


シミ・ソバカスを防ぐために大切なこと


美白対策というと、美白成分の入った化粧品を塗ることを思い浮かべがちです。

しかし、先にも述べた通り、化粧品(医薬部外品含む)は薬品ではありませんので、不特定多数の方にご使用いただいても、皮膚トラブルが起きないように配慮されてつくられています。

ということは、化粧品に配合される美白成分というのは作用がマイルドな状態で配合されているわけでして・・・

薬品と同じような感覚で、この美白化粧品さえ肌に塗れば、シミ・ソバカス・色素沈着は防げる(あるいは消えてしまう)などと過度な期待はできません。

このように考えると、これからの季節、夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス・色素沈着」を防ぐためには、

活発化したメラニン色素の生成を抑える

できてしまったメラニン色素を還元する

できてしまったメラニン色素を新陳代謝で排出する

肌の機能が健やかに保たれるように保湿対策を行う

といったことを念頭におきながら、日々のスキンケアを地道に継続していかないといけません。

もちろん、美白成分の配合された美白化粧品も、その成分によって、メラニン色素の生成抑制や還元などに期待ができます。

しかし、美白化粧品だけに頼るのではなく、保湿対策をはじめとして、肌が健やかに保たれるようなトータル的なスキンケアが必要ということになります。

秋の肌の美白対策について

秋の肌の美白対策について、前回のブログ記事の捕捉です。

秋の肌は、夏の紫外線でメラニン色素が大量に生成された後ということで、それがそのまま肌内部に残ってしまいシミ・ソバカスとなる危険性があります。

そこで、美白化粧品でシミやソバカスを防ごう、あるいは既にあるシミやソバカスを薄くしよう、できれば消してしまおうということになるのでしょうが・・・

前回のブログ記事でもご説明しました通り、美白化粧品を使う前に、まずは肌を健やかな状態に保つことで、新陳代謝をサポートしシミ・ソバカスがスムーズに排出されるようにすることが必要です。

詳しくは前回のブログ記事をご覧いただければと思います。



美白化粧品の多くは、メラニン色素の生成を抑えたり、メラニン色素を還元したりすることで、シミ・ソバカスを防ごうとするものです。

美白化粧品(あるいは使用している美白成分)の本来の効果も、肌が健やかな状態においてこそ、発揮されるものです。

美白化粧品(医薬部外品も含め)をシミ・ソバカスの薬のように考えるのではなく、あくまで美白対策を行うための必要な要素のひとつと考えるべきだと思います。

美白対策においても、やっぱり基本のお手入れは、正しい洗顔としっかりとした保湿対策であり、そこにプラスして美白化粧品を使用することで、より美白効果が期待できるものだと思います。



なお、モルトリーチェの取扱い商品の中で、美白対策というとホワイト・セラムHQが一番の人気商品でして・・・

このホワイト・セラムHQは、優れた美白作用があるとされながらも成分として不安定であったハイドロキノンをナノカプセル化することで安定化させ配合した製品です。

秋の美白対策に是非加えていただきたいと思うのですが・・・

ハイドロキノンの美白作用というのは、メラニン色素の生成の抑制、メラニン色素の還元に効果を発揮するとされていますが、美白対策のためには、上記の通り、肌を健やかに保ち、適正な新陳代謝によってメラニン色素をスムーズに排出することも重要です。

また、紫外線その他の影響によりメラニン色素が過剰に生成されないようにすることも大切です。

そのためには、紫外線に注意を怠らないということはもちろんのこと、保湿対策をはじめとして、肌が健やかに保たれるようなトータル的なスキンケアも継続して行いながら、プラスしてご使用いただければと思います。

ホワイト・セラムHQの商品詳細のご案内

以下のモルトリーチェ公式サイト内のページもご参照ください。

秋の肌状態とお手入れ

シミ・ソバカスを防ぐ美白対策

クスミ対策化粧品はシミ対策にも効果はある?

先日のブログで、美白化粧品はクスミ対策には直接的な効果はあまり期待できないということを書きました。

美白化粧品の美白成分というのはメラニン色素の生成を抑制したり還元したりすることでシミ・ソバカス・色素沈着を防ごうということで配合されています。

クスミというのは、主に古い角質が脱落せずにそのまま肌表面に残り、そのため肌から明るさや透明感が消えて暗く見えたり黒ずんで見えたりする状態です。

ですから、美白化粧品の美白成分がクスミに対して直接的に作用するということは考えられないわけです。



それでは、逆にクスミ対策用化粧品というのは、美白対策に効果は期待できるのでしょうか?

これは、期待できると言ってよいのではないかと思います。

ただし、クスミ対策化粧品の作用がそのままシミ・ソバカス・色素沈着に効果があるということではなく、その作用は美白対策にも必要であるということです。

クスミ対策というのは、美白対策に対して、十分条件ではないけど、必要条件ではあるということです。

クスミというのは、本来垢として日々少しずつ剥がれ落ちていくはずの角質がそのまま残存したために黒っぽく見える状態のことです。

この状態というのは、肌の新陳代謝が適正に行われていない状態でもあります。

ですから、肌表面の古い角質をスムーズに脱落させるとともに、その下から生き生きとした若い細胞の再生(新陳代謝)を促すことが大切になります。



クスミ対策化粧品というのは、肌表面の古い不要な角質の脱落を早め、肌に明るさや透明感をもたらすとともに、新陳代謝のための肌環境を整えるというはたらきがあります。

表皮における肌細胞の再生(新陳代謝)が適正に行われることにより、生成されたメラニン色素を肌表面に押し上げ古い角質の脱落とともに排出させることができます。

メラニン色素の生成抑制や還元にはたらく美白成分が配合された美白化粧品とともに、クスミ対策用化粧品を併用すればメラニン色素の排出もスムーズに行われ、より美白効果が期待できることになります。

もちろん、新陳代謝が適正に行われるには、不要な古い角質の除去に加え、角質層が健全な状態にあることが重要ですから、角質層の機能を低下せるような洗顔は行わない、保湿対策をきちんと行う、紫外線に極力あたらないということも大切です。


クスミ対策におすすめの商品のご紹介


モルトリーチェ スキンローション(化粧水)

海と大地の恵みたっぷりの高保湿&肌再生のための化粧水。マルチフルーツ酸配合で角質ケア!潤いを保ちツヤヤカ透明肌へ導きます。

商品の詳細はこちら



モルトリーチェ モイスチュアライザー(美容液)

天然由来の高保湿成分や美容液成分をバランスよく配合。肌ダメージをやわらげ肌老化を防ぎます。マルチフルーツ酸、オリゴフィココライユなどを配合し、肌再生をサポート、透明感のある若々しい肌を保ちます。

商品の詳細はこちら



クリア・ピールジェル(マイルドピーリング)

不要な古い角質のみをやさしく除去する低刺激なマイルドピーリングジェル。新陳代謝のための肌環境を整えツルツル・ピカピカ・透明肌へ導きます!

商品の詳細はこちら

安定化ハイドロキノン配合「ホワイト・セラムHQ」の美白効果について

モルトリーチェで取り扱っているホワイト・セラムHQは、強い美白効果が期待される「ハイドロキノン」をナノカプセルに封じ込めて、成分としての安定度を高め配合した製品です。

ハイドロキノンという成分は、メラニン色素の生成を抑える作用に優れ、またできてしまったメラニン色素を還元作用により薄くする作用もあるとされ、その美白効果そのものは以前から有名でした。

ただ、化粧品に利用するには、いくつか問題があるため、まだまだメジャーな成分とは言えないようです。

どういう問題かというと、まず成分として安定性が悪いということ、つまりすぐに変質し劣化してしまうということです。

変質しやすいということに加え、皮膚刺激性も強いので、化粧品に配合した場合、品質保持の問題と皮膚トラブルの問題が発生します。

ハイドロキノンが美白成分としてはたらくためには、表皮基底層のメラノサイト(メラニン生成細胞)まで到達する必要があります。

メラノサイトにおけるメラニン色素の過剰生成を阻止するというのが、ハイドロキノンの主な美白作用だからです。

これは、ビタミンCなども同じですが、理論上どんなに優れた美白作用があったとしても、その活躍の場(つまりメラノサイト)に行き着くことができなかったら意味がありません。

ハイドロキノンの安定性の悪さというのは、そのまま浸透効率の悪さにつながります。そして、それをカバーし美白効果を求めるためには、配合濃度を高めないといけなかったりします。

そうなると、今度は皮膚刺激性がさらに心配になってきますし、品質を保持するために保管にも気を使いますし、それでも変質が心配なので、少量単位でしか提供されなかったりします。

このように、ハイドロキノンの利用にはいろいろと問題があり、少し前までは化粧品への配合自体が法的に許されず、皮膚科等の医師の処方でのみしか使用できませんでした。

現在は、規制が緩和され日本でも化粧品への配合が許されていますし、ハイドロキノン配合の輸入化粧品なども出回っていますが、高濃度のハイドロキノンについてはやはり医師の監督のもとでの使用が望ましいと思います。

ということで、こういったことをふまえた上で、ホワイト・セラムHQという商品をご紹介させていただきます。


安定化ハイドロキノン配合「ホワイト・セラムHQ」について


ホワイト・セラムHQはハイドロキノンを直径100nm(髪の毛の1/1000)のナノカプセルに封入して配合しています。

ナノカプセル化することで、空気に触れると変化しやすいハイドロキノンを安定した状態で配合することができました。

さらに、ナノカプセル化することで、浸透効率が高まり、ハイドロキノン濃度を抑えながらも、その美白作用が発揮できるようになりました。

また、ハイドロキノンが、皮膚表面への直の接触を回避しながら、深部へ浸透することができますので、皮膚刺激性の心配も少なくなりました。

このように、ホワイト・セラムHQは、ハイドロキノンの美白作用をそのままに、成分の安定性の問題や皮膚刺激性の問題をクリアした商品ということになります。


美白対策のために必要なこと


ここまで書くと、ホワイト・セラムHQはさぞ効き目があるんだろうな・・・とお思いになるかもしれません。

実際、プレゼント企画へのご応募の皆様のコメント欄を読ませていただくと、かなり強い効果や即効性を期待されている方が多いように思います。

ただ、シミ・ソバカス・色素沈着というのは原因も様々ですし、単純にこのホワイト・セラムHQを塗ればたちまち白くなるということではありません。

ホワイト・セラムHQのハイドロキノン配合濃度は1.9%と低く抑え、皮膚への安全性を保ちながらも、ナノカプセル化することで浸透性を高め皮膚内部で効率よくその作用を発揮するようにしたものです。

1.9%の配合濃度ながら、ナノカプセル化したことで、通常のハイドロキノン濃度4%と同等の成分効果が確認できていますので、皮膚への刺激を心配せずに安心して美白対策に取り組むことができる商品です。

これは、どういうことかというと、あくまで皮膚への安全性や品質の保持を最優先に考えながら、その中で美白作用をギリギリまで追い求めたということです。

確かに、もっと高濃度のハイドロキノン配合のものであれば、このホワイト・セラムHQよりも強い美白効果が期待できるかもしれません。

弊社でも、研究開発の一環として配合濃度10%のハイドロキノンを試作して数十人の方に試用してもらったこともありましたが、美白効果が確認できた方は相当数いらっしゃったものの、かゆみや赤み、さらには軽い炎症などが起こる確率も高く、一般化粧品として製造販売するのは難しいようでした。

やはり、こういった高濃度のハイドロキノンというのは、医師の指導のもとで使用すべきものだろうと思います。

ただ、今はハイドロキノンの使用以外でも、レーザー治療などいろいろと方法はありますので、即効性を求めるのであれば、皮膚科や美容整形の病院で相談した方が良いと思います。

ホワイト・セラムHQは、あくまで化粧品であり、健やかな肌状態を保ちながら、継続してご使用していただくことで、メラニンの過剰生成を落ち着かせようという商品です。

そのためには、まずは、メラニン色素の過剰生成の原因となる紫外線から肌を防御することが必要です。

また、生成されてしまったメラニン色素がスムーズに排出されるように肌の新陳代謝が適正に行われる必要もありますので、保湿対策やマッサージなど日頃の地道なスキンケアが重要になってきます。

もちろん、バランスのとれた食事、十分な睡眠、そして心身の健康といったことも大切です。

シミ・ソバカス・色素沈着というのは、いろいろな要素が関係して発生しますので、どんな美白化粧品でも同じですが、含まれる美白成分だけに過度な期待をするのではなく、まずは肌の状態を健やかに保つことが美白対策の前提条件だと考えるべきだと思います。

なお、美白対策については、モルトリーチェ公式サイト内の以下のページもご覧ください。

シミ・ソバカス・色素沈着を防ぐ美白対策

ホワイト・セラムHQの商品案内ページはこちら

冬こそ美白対策を!(できてしまったシミを消すために)

美白対策というのは、どうしても紫外線が強くなる春から夏、そして夏の紫外線の影響を防ぐという意味で秋の初め頃に関心が高まります。

しかし、できてしまったシミを薄くしたり(できれば消してしまったり)といった美白対策というのは実は冬場こそチャンスなんです。


美白対策の基本は紫外線対策ですが・・・


シミ発生の大きな要因は紫外線です。

紫外線の影響でメラニン色素が大量に生成され、それが肌内部に残ってしまうとシミになってしまいます。

春・夏の美白対策というのは、こういった紫外線の影響というのを極力少なくし、メラニン色素が必要以上に生成されないようにすることが最も重要です。

紫外線以外の原因、例えば肌への強い刺激やホルモンバランスの乱れなどでも、メラニン色素の生成が活発化するということもありますが、紫外線というのはこういった状態をさらに助長しますので、とにかく紫外線の影響を排除するというのが美白対策の基本となります。

ですから、春・夏というのはUV対策用のファンデーションや帽子や日傘などで紫外線から肌を守ることが必要になるのですが、それでも完全に紫外線を防ぎきれるわけではありません。

また、美白成分はメラニン色素の生成をなんとか抑制しようということで化粧品に配合されていますが、紫外線の影響が強い春・夏というのはなかなか追いつかないといいますか、メラニン色素の大量生成を完全に沈静化するまでにはいたらないという面があります。


紫外線の少ない冬場こそ美白対策のチャンス


それでは冬場はどうかというと、冬場もある程度の紫外線は降り注いでいますが、春・夏と比べるとやはり少ないわけです。

その分、紫外線の影響を排除しようという意識が低くなりがちではありますが、紫外線の影響が少ないからこそ美白成分がそのはたらきを十分に発揮して、メラニンの生成を沈静化したり、生成されてしまったメラニン色素を還元したり、排出したりするチャンスでもあります。

ただ、メラニン色素の排出のためには、適正な肌の新陳代謝が行われている必要がありますが、冬場はどうしても肌機能が低下しますので、保湿対策をきちんとしたりマッサージを行ったりして、肌が健やかに保たれるようにお手入れすることも大切です。

このように考えると、春・夏の美白対策はシミができないように防御策を講じるということ、秋・冬の美白対策はできてしまったシミを薄くする(あるいは消し去る)と言えるのではないかと思います。




冬場の美白対策にも是非おすすめしたい「ホワイト・セラムHQ」は以下のページでご案内しています。

安定化ハイドロキノン配合「ホワイト・セラムHQ」はこちら

ホワイト・セラム HQ



カテゴリー
記事一覧ページ

モルトリーチェ公式サイトの中の以下のページでは、当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています




プロフィール
MOLTOLICE LINK

モルトリーチェ公式サイトの各ページへリンクしています

















公式サイトの以下のページでは当ブログ主要記事一覧を項目別に紹介しています









その他ご案内



♪会員登録で割引価格
♪ポイント還元実施中
♪無料登録受付中
♪会員登録で500ポイント進呈





現在実施中のプレゼント企画はございません





♪メアドのみで簡単申込
モルトリーチェ公式サイトからの配信となります

QRコード
QRコード