春から夏にかけて、大量の紫外線を浴びると、メラニン色素の生成が活発化します。

このメラニン色素が皮膚内部に残存してしまうと、それがシミ・ソバカスとなります。

今回は、夏の紫外線の後遺症と言えるこういったシミ・ソバカス・色素沈着の原因(発生過程)と対策について考えてみたいと思います。

なお、シミ・ソバカスの発生については、紫外線以外の内的な要因が関係することもありますが、ここでは紫外線の影響、つまり日焼けによるシミ・ソバカスに限定して進めたいと思います。



メラニン色素の生成について


シミ・ソバカスの原因として、よくメラニン色素があげられます。

メラニン色素は、表皮基底層のメラノサイトという色素細胞において、チロシン(アミノ酸の一種)を原料に、チロシナーゼという酵素がはたらいて生成されます。

そして、生産されたメラニン色素は、他の表皮細胞に受け渡されていきます。

メラニン色素そのものは、個人差はありますが、常に一定量が生成されていて、それが私たちの肌の色を決めています。

また、メラニン色素の生成自体は、紫外線が皮膚内部に侵入し悪影響を及ぼすことを防ぐためであり、私たちの皮膚を守るために不可欠な防御システムです。

分かりやすく言えば、メラニン色素がカーテンのような役割をして、紫外線の脅威から皮膚を守ろうとしているわけです。

健全な肌状態であれば、生成されたメラニン色素は他の細胞に受け渡されながら、新陳代謝とともに肌表面に押し上げられ、その後剥がれ落ちて排出されていきますので、肌の色は基本的には一定しています。



シミ・ソバカス・色素沈着の発生について


しかし、大量の紫外線を浴びたりすると、皮膚の防御システムが強くはたらき、メラニン色素の生成は通常以上に活発化しますし・・・

継続的に紫外線を浴びたりすると、紫外線の脅威が少なくなっても、メラニン色素の生成が活性化されたままになってしまうこともあります。

大量のメラニン色素が生成されたり、メラニン色素の生成が活発化されたままの状態が続くと、メラニン色素がスムーズに排出されずに皮膚内部に残存してしまいます。

これが、シミ・ソバカス・色素沈着ということになります。

また、夏の強力な紫外線は肌の潤いを奪い、新陳代謝の機能にも悪影響を与えますので、メラニン色素の排出機能そのものが低下していることもあります。

もちろん、老化による肌乾燥や新陳代謝機能の鈍化も、メラニン色素の排出機能を低下させ、シミ・ソバカスといった色素沈着が起こりやすい肌状態にしてしまいます。



シミ・ソバカスを防ぐために必要なこと


シミ・ソバカスを防ぐために、最も大切なことは、紫外線を極力浴びないようにすることです。

ここでは、夏の紫外線の後遺症として、シミ・ソバカスといった色素沈着をとりあげていますが、紫外線の悪影響はそれだけにとどまらず、肌に対して様々な悪影響を与え、肌老化を進行させます。

肌にとって百害あって一利無しとまで言われる紫外線です。

とにかく、紫外線から肌を守る努力や工夫が必要です。

とはいっても、春から夏にかけては、紫外線から肌を完全に防御するのは不可能に近いと言えます。

大量の紫外線を浴び続けた肌に、紫外線の悪影響や後遺症が現れないようにケアすることが大切になります。

シミ・ソバカスの防止という観点からは、

「紫外線の影響で活発化したメラニン色素の生成を沈静化」

「大量に生成されてしまったメラニン色素のスムーズな排除」

この2点が重要です。



美白化粧品の効果について


そこで、メラニン色素の生成を沈静化したり、できてしまったメラニン色素を消し去るために、美白化粧品というものの出番となります。

美白化粧品と言うと、各化粧品会社から様々なタイプのものが発売されています。

しかし、正直なところ、どのような美白成分を使っていたとしても、化粧品(医薬部外品も含め)である以上、短期間でたちどころにシミ・ソバカスを消し去るといった劇的な美白効果は望めません。

確かに、理論上・実験上・体験上・・・優れた美白作用が確認された成分はあります。

ただ、化粧品や医薬部外品は不特定多数の方にご使用いただくものです。

お客様が皮膚トラブルなど起こさないように安全性の問題に配慮しないといけません。

どんなに効果があると言われる成分であっても、化粧品や医薬部外品では、その成分作用は緩和されて使用されます。

ですから、シミ・ソバカスなどを防ぐためには、特定の美白化粧品や美白成分だけに頼るのではなく、地道なスキンケアも同時に必要となってきます。



メラニン色素生成の沈静化について


なお、活発化したメラニン色素の生成を沈静化しようとする目的の美白成分はいろいろとあります。

メラノサイトにおいてチロシナーゼという酵素のはたらきを阻害するなどしてメラニン色素の生成を抑制しようとする成分です。

こういった成分(メラニン色素生成を抑制するような成分)が配合された化粧品を継続的に使用することは、活発化したメラニン色素の生成を沈静化するうえでプラス効果が期待できます。



生成されたメラニン色素の排除について


ただ、夏の紫外線の後遺症、シミ・ソバカス・色素沈着を防ぐためには、それだけでは十分ではありません。

大量に生成されてしまったメラニン色素が、皮膚内部に残存しないようにケアしないといけないからです。

そのためには、メラニン色素の還元やメラニン色素の排出について対策を考える必要があります。



メラニン色素の還元は、メラニン色素の生成過程というのが酸化の一種でもありますので、還元作用(=酸素を切り離す)により、メラニン色素を分解しようというものです。

この還元作用については、ビタミンCが有名なのですが、化粧品にそのまま配合しても、その成分としての不安定さから、実際の効果はほとんど期待できないため、ビタミンC誘導体として使用されます。



メラニンの排出については、表皮の新陳代謝が適正に行われることが必要です。

生成されてしまったメラニン色素を新陳代謝によって肌表面へ押し上げていき、古い角質とともに排出するわけです。

新陳代謝には、マッサージなどで血行を促進することが効果的とされています。

また、角質ケアにより古い角質の除去をスムーズにしてあげることもプラスにはたらきます。

肌細胞の活性・維持に必要とされる成分が配合された化粧品もあります。



シミ・ソバカスを防ぐためにも必要な肌保湿


なお、新陳代謝と肌の保湿機能はたいへん密接に関係しています。

新陳代謝が乱れると肌の保湿機能は低下しますし、また、肌の潤いが失われると新陳代謝のサイクルに悪影響を与えてしまいます。

ですから、新陳代謝が健全に行われている健やかな肌を保つためには、保湿ケアもたいへん重要です。

夏場は、汗や皮脂の分泌が多いため、肌表面は潤っているように感じますが、大切なのは肌の内側、つまり皮膚最上層の角質層の状態です。

角質層が健全な層構造を保ち、そこに水分が適正に保持されている状態が、新陳代謝にも好影響を与えます。

ですから、夏場も油断しないで保湿ケアに取り組むことが重要です。



シミ・ソバカスを防ぐために大切なこと


美白対策というと、美白成分の入った化粧品の使用を思い浮かべがちです。

しかし、先にも述べた通り、化粧品(医薬部外品含む)は医薬品ではありませんので、不特定多数の方にご使用いただいても、皮膚トラブルが起きないように配慮されてつくられています。

ということは、化粧品に配合される美白成分というのは作用がマイルドな状態で配合されているわけです。

医薬品と同じような感覚で、この美白化粧品さえ使えば、シミ・ソバカス・色素沈着は防げる(あるいは消えてしまう)などと過度な期待はできません。

このように考えると、これからの季節、夏の紫外線の後遺症「シミ・ソバカス・色素沈着」を防ぐためには、


◎活発化したメラニン色素の生成を抑える

◎できてしまったメラニン色素を還元する

◎できてしまったメラニン色素を新陳代謝で排出する

◎肌の機能が健やかに保たれるように保湿対策を行う


といったことを念頭におきながら、日々のスキンケアを地道に継続して行う必要があります。

もちろん、美白成分の配合された美白化粧品も、その成分によって、メラニン色素の生成抑制や還元などに期待ができます。

しかし、美白化粧品だけに頼るのではなく、保湿対策をはじめとして、肌が健やかに保たれるようなトータル的なスキンケアが大切だということです。



以下の紫外線関連ブログ記事もご覧ください。

[関連ブログ記事]太陽光と紫外線の基礎知識

[関連ブログ記事]シミ・ソバカスだけではない!紫外線の肌への悪影響いろいろ

[関連ブログ記事]肌の大敵紫外線からお肌を守るために・・・化粧品でできることは?



初投稿:2011/08/26