肌乾燥を防ぐと言われる方法はいろいろあります。

多くの方がご自分に合うお手入れ方法をお探しのことと思います。

今日は保湿対策として肌のマッサージをおすすめしたいと思います。



マッサージの目的は?


マッサージは何のためにするのかというと、若々しい肌を保つためとか、シワやタルミを防ぐためとか言われます。

そういう言い方が分かりやすいのかもしれませんが、マッサージの最大の目的は血行を良くして、肌の新陳代謝が適正に行われるようにサポートすることです。

特に冬場は、温度が下がり、どうしても血行が悪くなってしまいますが、マッサージをすると明らかに皮膚温が上昇し、血行が良くなっていることが分かります。

血行が良くなると、毛細血管から肌細胞への栄養分がスムーズ供給されるようになり、新陳代謝にプラスの影響を与えてくれます。



適正な新陳代謝が肌に潤いを与える


新陳代謝というのは、表皮基底層で生まれた細胞が少しずつ皮膚表面へ押し上げられていき、角質細胞としてとどまった後、垢として剥がれ落ちていくといった一連のサイクルを言います。

新陳代謝は、一般的に肌の生まれ変わりとも言われ、肌が若々しくあるためにたいへん重要な機能なのですが、肌の潤い機能にも直接的に影響を与えます。

肌の潤い機能(水分保持機能)は、皮膚最上層の角質層が規則正しい層構造を形成し、そこに細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)といった潤い成分が存在することで維持されています。

この角質層の層構造は、新陳代謝が適正に行われることで形成されますし、細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)といった潤い成分も新陳代謝の過程によってつくられます。

ですから、新陳代謝の乱れや鈍化というのは、肌(角質層)の潤い機能を低下させてしまい、肌が乾燥しやすい状態になってしまいます。

肌が乾燥すると、さらに新陳代謝は乱れますから、どんどん肌乾燥スパイラル(悪循環)ということになってしまいます。



日々のマッサージで新陳代謝をサポート


こういったことにならないように、日々のマッサージをおすすめします。

血行が悪くなりがちな冬場は、マッサージを継続することが新陳代謝のサポートにつながり、それが有効な保湿対策にもつながります。

なお、マッサージは毎日行うべきすが、かといって肌への負担となってはいけません。

マッサージクリームは肌にマイルドなものを選び、マッサージを行う際は肌に対して決して強い摩擦を与えずにやさしく行いましょう。



マッサージの目的や方法については以下のブログ記事でもご案内しています。

[関連ブログ記事]顔のマッサージの究極の目的はやっぱり保湿

[関連ブログ記事]マッサージの方法



モルトリーチェ公式サイトの以下のページでもマッサージの方法や注意点をご紹介しています。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェスキンケア商品ご使用方法




初投稿:2009/12/01