化粧水や美容液は使っているけど、乳液やクリームは使っていないという方がいらっしゃいます。

特に若い方は、まだまだ皮脂の分泌も活発ですから、そこに乳液やクリームなどを使うと、油分で肌がべたついてしまうということで敬遠しがちのようです。

まだまだ若いからそこまでしなくても大丈夫という気持ちも少しはあるかもしれません。

でも、油断していると、いつの間にか乾燥肌で悩むということになってしまいます。

基本的には、若い方にも乳液やクリームなど油分が含まれたスキンケアアイテムもご使用いただきたいと思っています。

もちろん、皮脂の分泌が多く、どちらかというと脂性肌という方は、こういった油分を含む化粧品の使用は慎重に考えた方がよいかもしれません。

ただ、脂性肌の方でも冬場になると皮脂の分泌が極端に減ってしまう場合もあります。

また、顔のある部分は乾燥しているという混合肌の方もいらっしゃいます。

特に冬場は、乳液やクリームをスキンケアアイテムとして取り入れるべきだと考えます。



肌の潤いを守るために大切な油分


肌の乾燥を防ぐためには、皮膚最上層の角質層に水分が十分に保持がされている必要があります。

ただ、そもそもこの水分はどこから供給されているのかというと、それは私たちの体内からです。

化粧水などで補給する水分というのはあくまで応急的なものと考えた方がよいでしょう。

重要なのは、体内から供給されている水分が角質層から奪われないようにすることです。

角質層は、水分が奪われないように細胞間脂質やNMF成分などが水分をがっちりつかんで離さないような構造になっています。

さらに、角質層の上には皮脂膜という天然のクリームが広がり、角質層の水分が蒸散しないように薄い膜を張っています。

しかし、加齢により角質層の機能は低下していきますし、皮脂の分泌も減少していきます。

化粧水などで水分や保湿成分を補給し、角質層の水分維持機能を補ったりするのですが、これだけでは、皮脂膜の代わりとなるものがありません。

いくら、水分や保湿成分を補給したとしても、皮脂膜に代わるものがないと、角質層の水分は蒸散しやすくなってしまいます。

ですから、皮脂膜に代わるものとして、どうしても乳液やクリームなど油分が含まれるスキンケアアイテムが必要となってきます。

特に冬場は、ほんとんどの方が皮脂の分泌が減りますし、皮脂の分泌がそれなりにある方でも、洗顔直後は皮脂が取り除かれた状態です。

化粧水で水分や保湿成分を補給しても、しばらくすると肌の水分は蒸散してしまいます。

化粧水などの効果を長時間持続させるためにも、やはり乳液やクリームなどを使うべきだと思います。

[関連ブログ記事]秋冬の肌乾燥を防ぐために乳液を活用しよう!



冬のスキンケアの必須アイテム「乳液」


特に、冬のスキンケアの必須アイテムとして、乳液をおすすめしたいと思います。

乳液は、水分と油分が乳化されたもので、同じく水分と油分の乳化物であるクリームなどよりも粘度が低く液状になっています。

油分が含まれますので、肌に薄い膜を形成し水分の蒸散を抑えたり、外界の刺激から肌を守るなどの保護作用があります。

油分が含まれるといっても、クリームほど多くはなく、肌への馴染みが良くて、化粧水との相性にも優れています。

また、冬の肌は水分が失われやすく、硬くゴワゴワした状態になりがちです。

乳液は、皮脂膜に代わり、人工の皮脂膜として肌を保護するとともに、エモリエント効果(柔軟効果)を与えます。


オールインワン化粧品としても


各化粧品会社によって異なりますが、もちろん乳液にも様々な保湿成分や美容液成分が配合されています。

水分や油分に加え各種の美肌サポート成分も配合されているわけですから、乳液ひとつで「肌を保護する」「水分の補給」「水分を保つ」「水分の蒸散を防ぐ」といった機能を備えていることになります。

つまり、ここ数年大人気のオールインワン化粧品と同じような使い方も可能と言えます。

乾燥が特に気になる冬場は、化粧水・乳液・美容液・クリームなどでより入念な保湿対策を行い、他の季節は乳液のみをオールインワン化粧品として使うというのもよいかもしれません。

[関連ブログ記事]オールインワン化粧品について考える



モルトリーチェの乳液について


なお、モルトリーチェの乳液は、その油分というのは、皮脂と同じような構成成分を植物由来原料に求め採用しています。

肌への馴染みにたいへん優れ、比較的あっさりした使用感でべたつきは感じません。

また、海と大地の恵みの保湿成分や美容液成分をたっぷり配合していますので、角質層の水分維持機能をしっかりとサポートします。

以下のページでご案内していますので、是非一度ご覧ください。

[公式サイト内ページ]モルトリーチェの乳液のご案内




初投稿 2009/12/21